2019.03.16

『運び屋』(クリント・イーストウッド)

運び屋

一番大切な家族を何十年も犠牲にして、育ててきた花が一日しか咲かないという皮肉。

運び屋 デイリリー

「時間がすべてだ。何でも買えたが、時間だけは買えなかった」を心に突き刺しておきながら、「居場所がわかるだけましだわ」でくすりと笑わせる余裕の名人芸。

まさに“中西部で最高のポークサンド”級の逸品。



[原題]The Mule
2018/アメリカ/116分
[監督]クリント・イーストウッド
[出演]クリント・イーストウッド/ブラッドリー・クーパー/ローレンス・フィッシュバーン/マイケル・ペーニャ/ダイアン・ウィースト/タイッサ・ファーミガ/アリソン・イーストウッド/アンディ・ガルシア

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2019.03.16

クリント・イーストウッド

クリント・イーストウッド

鑑賞64本 感想21本 関連記事17
NEW! 『運び屋』

運び屋(The Mule)監督/製作/出演(2018)NEW!
●15時17分、パリ行き(The 15:17 to Paris)監督/製作(2018)
サッドヒルを掘り返せ(Sad Hill Unearthed)出演(2017)
ハドソン川の奇跡(Sully)監督/製作(2016)
アメリカン・スナイパー(American Sniper)監督/製作(2014)
ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)監督/製作(2014)
人生の特等席(Trouble with the Curve)出演/製作(2012)
J・エドガー(J. Edgar)監督/製作/音楽(2011)
ヒア アフター(Hereafter)監督/製作/音楽(2010)
●インビクタス/負けざる者たち(Invictus)監督/製作(2009)
グラン・トリノ(Gran Torino)監督/製作/出演(2008)
●チェンジリング(Changeling)監督/製作/音楽(2008)
●硫黄島からの手紙(Letters from Iwo Jima)監督/製作/音楽(2006)
●父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)監督/製作/音楽(2006)
ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)監督/製作/音楽/出演(2004)
●ピアノ・ブルース(Piano Blues)監督(2003)
●ミスティック・リバー(Mystic River)監督/製作/音楽(2003)
●ブラッド・ワーク(Blood Work)監督/製作/出演(2002)
●スペース カウボーイ(Space Cowboys)監督/製作/出演(2000)
●クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー(Clint Eastwood: Out Of The Shadow)出演(2000)
●トゥルー・クライム(True Crime)監督/製作/出演(1999)
セルジオ・レオーネ(Once Upon a Time: Sergio Leone)出演(1999)
●目撃(Absolute Power)監督/製作/出演(1997)
●マディソン郡の橋(The Bridges of Madison County)監督/製作/出演(1995)
●パーフェクト・ワールド(A Perfect World)監督/出演(1993)
●ザ・シークレット・サービス(In the Line of Fire)出演(1993)
●許されざる者(Unforgiven)監督/製作/出演(1992)
●ルーキー(The Rookie)監督/出演(1990)
ホワイトハンター ブラックハート(White Hunter Black Heart)監督/製作/出演(1990)
●ピンク・キャデラック(Pink Cadillac)出演(1989)
●バード(Bird)監督/製作(1988)
●ダーティハリー5(The Dead Pool)出演(1988)
ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場(Heartbreak Ridge)監督/製作/出演(1986)
ペイルライダ-(Pale Rider)監督/製作/出演(1985)
●シティヒート(City Heat)出演(1984)
●タイトロープ(Tightrope)製作/出演(1984)
●ダーティハリー4(Sudden Impact)監督/製作/出演(1983)
センチメンタル・アドベンチャー(Honkytonk Man)監督/製作/出演(1982)
●ファイヤーフォックス(Firefox)監督/製作/出演(1982)
●ダーティファイター/燃えよ鉄拳(Any Which Way You Can)出演(1980)
●ブロンコ・ビリー(Bronco Billy)監督/出演(1980)
●アルカトラズからの脱出(Escape from Alcatraz)出演(1979)
●ダーティファイター(Every Which Way But Loose)出演(1978)
ガントレット(The Gauntlet)監督/出演(1977)
●ダーティハリー3(The Enforcer)出演(1976)
●アウトロー(The Outlaw Josey Wales)監督/出演(1976)
アイガー・サンクション(The Eiger Sanction)監督/出演(1975)
●サンダーボルト(Thunderbolt and Lightfoot)出演(1974)
●ダーティハリー2(Magnum Force)出演(1973)
●愛のそよ風(Breezy)監督/出演(1973)
●荒野のストレンジャー(High Plains Drifter)監督/出演(1973)
●シノーラ(Joe Kidd)出演(1972)
●ダーティハリー(Dirty Harry)出演(1971)
恐怖のメロディ(Play Misty for Me)監督/出演(1971)
●白い肌の異常な夜(The Beguiled)出演(1971)
●戦略大作戦(Kelly's Heroes)出演(1970)
●真昼の死闘(Two Mules for Sister Sara)出演(1970)
●ペンチャー・ワゴン(Paint Your Wagon)出演(1969)
●荒鷲の要塞(Where Eagles Dare)出演(1968)
●マンハッタン無宿(Coogan's Bluff)出演(1968)
●奴らを高く吊るせ!(Hang 'Em High)出演(1968)
続・夕陽のガンマン(Il Buono,il brutto,il cattivo)出演(1966)
夕陽のガンマン(Per qualche dollaro in più)出演(1965)
荒野の用心棒(Per un pugno di dollari)出演(1964)



【関連記事】
『アメリカン・スナイパー』の最新情報まとめ
『ジャージー・ボーイズ』の最新情報まとめ
クリント・イーストウッドの『マディソン郡の橋』『タイトロープ』Blu-ray発売!
『続 夕陽のガンマン』スチールブック仕様Blu-rayがかっこよすぎる!
『人生の特等席』の最新情報まとめ
クリント・イーストウッドの『パーフェクト・ワールド』『ブラッド・ワーク』Blu-ray発売!
WOWOWがクリント・イーストウッド特集で10作品を放送!
クリント・イーストウッド監督『インビクタス/負けざる者たち』予告編
『愛のそよ風』ついにDVD発売!『白い肌の異常な夜』も同時発売!
全米興行成績、『グラン・トリノ』が首位!
イーストウッド、老いてますます盛ん
クリント・イーストウッド×アンジェリーナ・ジョリーで『ダーティハリエット』!?
ハリー・キャラハン復活か!?
イーストウッド、『ヒズ・ガール・フライデー』を語る
イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』に高まる期待
クリント・イーストウッド43年ぶりに来日、石原都知事を表敬訪問
イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』がアカデミー賞で主要部門4冠!

【リンク】
クリント・イーストウッド - allcinemaONLINE
Clint Eastwood - IMDb

好きな映画監督や俳優など【目次】

 

TB(0) CM(3) EDIT

2019.03.10

『イップ・マン外伝 マスターZ』(ユエン・ウーピン)

イップ・マン外伝 マスターZ

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。


2019年のベストワン確定。号泣。最高。

あの時のイップ・マンの教え、「一番大切なのは、そばにいる人だ」。それを踏みにじられた時、男はついにその封印を解く。「詠春拳 張天志」の名乗り、詠春拳の構え、満を持して鳴り響くメインテーマ、外されるリミッター。詠春拳の構えの美しさに涙腺決壊。大傑作。

イップ・マン外伝 マスターZ グラス割り

飲み物の入ったグラスをテーブルから落として割ろうとするミシェル・ヨーvs割らせまいとするマックス・チャン、時間も長くて無駄にハイレベルで、『ヒーロー・ネバー・ダイ』の伝説のワイングラス割対決級の名場面。その後の格闘対決も凄かったけど、こっちのが燃えたw



[原題]葉問外傳:張天志
2018/香港・中国/108分
[監督]ユエン・ウーピン
[出演]マックス・チャン/デイヴ・バウティスタ/トニー・ジャー/ミシェル・ヨー/リウ・イエン/ケビン・チェン/パトリック・タム/クリッシー・チャウ/シン・ユー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『イップ・マン 序章』(ウィルソン・イップ)
『イップ・マン 葉問』(ウィルソン・イップ)
『イップ・マン 継承』(ウィルソン・イップ)

 

TB(0) CM(0) EDIT
PREV  | BLOGTOP |  NEXT