2020.01.19

『フォードvsフェラーリ』(ジェームズ・マンゴールド)

フォードvsフェラーリ

映像も音もレースシーンの迫力は凄まじいけど、それ以上にビールとダンスが、喧嘩の見物が最高。

フォードvsフェラーリ カトリーナ・バルフ

「親父に乗せてやりたかった」でヘンリー・フォード2世と一緒に号泣。

フォードvsフェラーリ ヘンリー・フォード2世

エンツォ・フェラーリが帽子を脱いで敬意を表すところで終われば完璧だったのに、その後は全部蛇足。



 

[原題]Ford v Ferrari
2019/アメリカ・フランス/152分
[監督]ジェームズ・マンゴールド
[出演]マット・デイモン/クリスチャン・ベイル/ジョン・バーンサル/カトリーナ・バルフ/トレイシー・レッツ/ジョシュ・ルーカス/ノア・ジュープ/レモ・ジローネ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ラッシュ/プライドと友情』(ロン・ハワード)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2019.11.03

『ジョン・ウィック:パラベラム』(チャド・スタエルスキ)

ジョン・ウィック パラベラム

“This is 裏社会”な描写の数々と世界観が素晴らしかったのは1作目だけで、前作に続いて今回もかなり微妙。

ジョン・ウィック パラベラム キアヌ・リーブス

キアヌが実際に“動ける”必要はないけど、少なくとも誰よりも強く“見える”必要はあるのに、マーク・ダカスコス戦はもちろん、雑魚相手にすらそうは“見えない”。





[原題]John Wick: Chapter 3 - Parabellum
2019/アメリカ/131分
[監督]チャド・スタエルスキ
[出演]キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/マーク・ダカスコス/エイジア・ケイト・ディロン/ランス・レディック/アンジェリカ・ヒューストン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ジョン・ウィック』(チャド・スタエルスキ/デヴィッド・リーチ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2019.11.03

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』(アレクセイ・シドロフ)

T-34 レジェンド・オブ・ウォー

舞台は違えど、好敵手との対決、部下の信頼の掴み方、まさに『眼下の敵』直系。

さらに、『ガールズ&パンツァー 劇場版』を超える戦車戦が実写で観られる(しかも極上爆音上映で)という夢のような映画。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー

白鳥の湖に合わせての“踊り”は反則だろ!

涙がちょちょぎれるくらい最高。

大傑作。



[原題]T-34
2018/ロシア/139分
[監督]アレクセイ・シドロフ
[製作]ニキータ・ミハルコフ 他2名
[出演]アレクサンドル・ペトロフ/イリーナ・ストラシェンバウム/ヴィンツェンツ・キーファー/ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ/アントン・ボグダノフ/ユーリイ・ボリソフ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『眼下の敵』(ディック・パウエル)
『ガールズ&パンツァー 劇場版』(水島努)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2019.11.03

『イエスタデイ』(ダニー・ボイル)


前半の3人でのレコーディングシーン等、ダニー・ボイルならではのテンポの良さもいいけど、完全に原案・脚本のリチャード・カーティスの映画で、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』を年間ベストにした人間には今回もたまらない映画。



リリー・ジェームズがキュートすぎる!





[原題]Yesterday
2019/イギリス・ロシア・中国・日本/116分
[監督]ダニー・ボイル
[原案]ジャック・バース/リチャード・カーティス
[脚本]リチャード・カーティス
[出演]ヒメーシュ・パテル/リリー・ジェームズ/エド・シーラン/ケイト・マッキノン/ジョエル・フライ/ジェームズ・コーデン/アレクサンダー・アーノルド/ミーラ・サイアル/サンジーブ・バスカー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(リチャード・カーティス)

 

TB(0) CM(0) EDIT

2019.09.14

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(クエンティン・タランティーノ)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。

最高。最高。最高。タイトルの文字が画面に映る時の感動は、『ウエスタン』のそれに匹敵する。いやー、素晴らしすぎた。

『イップ・マン外伝 マスターZ』の時に2019年のベストワン確定と書いたけど、ホセ・フェリシアーノ「California Dreamin’」が流れた瞬間に逆転したかも。

「California Dreamin’」、車窓からの街並、ネオン、上映中の映画タイトルの数々。クリフがリックに向け続ける愛しい眼差し、二度と戻らない1969年のハリウッドを文字通り抱きしめ、そこに被さる『Once Upon a Time... in Hollywood』。完璧。最高。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ポスター

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ポスター

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド レオナルド・ディカプリオ ブラッド・ピット

セルジオ・コルブッチ監督×リック・ダルトン主演の『Nebraska Jim』を観ることは叶わないけど、タランティーノ×ディカプリオなら可能なので、ぜひお願いします!(他の3本も)

Nebraska Jim








[原題]Once Upon a Time in Hollywood
2019/アメリカ・イギリス・中国/161分
[監督・脚本]クエンティン・タランティーノ
[出演]レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット/マーゴット・ロビー/エミール・ハーシュ/マーガレット・クアリー/ティモシー・オリファント/オースティン・バトラー/ダコタ・ファニング/ブルース・ダーン/アル・パチーノ/マイク・モー/ダミアン・ルイス/ルーク・ペリー/デイモン・ヘリマン/ロレンツァ・イッツォ/ニコラス・ハモンド/スクート・マクネイリー/レナ・ダナム/クリフトン・コリンズ・Jr/カート・ラッセル/ゾーイ・ベル/マイケル・マドセン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ヘイトフル・エイト』(クエンティン・タランティーノ)
『ジャンゴ 繋がれざる者』(クエンティン・タランティーノ)
『イングロリアス・バスターズ』(クエンティン・タランティーノ)
『デス・プルーフ』(クエンティン・タランティーノ)
『キル・ビル』(クエンティン・タランティーノ)

 

TB(0) CM(0) EDIT
PREV  | BLOGTOP |  NEXT