2008.11.22

『レッドクリフ Part I』(ジョン・ウー)

レッドクリフ Part I

二挺拳銃はもちろん出てきませんが、代わりに二刀流が活躍。
コートはおかしいので、代わりにマントが翻ります。
そして、鳩は今までで一番の活躍ぶり!

今回は、“男ならこれを観ろ!”から、待ちに待ったジョン・ウーの三国志『レッドクリフ Part I』です。

オープニング、おそらくは日本版にだけ付け加えられた説明が入ります。
三国志ファン的には、何をいまさらという基本中の基本で、テンションがた落ち…。
でも、三国志のことをまったく知らない方には、この説明は親切ですね。これすら知らないと、何が何だかさっぱりということにもなりかねませんので…。
結果的に大ヒットしているので、試みとしては成功しているんでしょう。

さて、2部作ということは事前にわかっていて、肝心の赤壁の戦いが今回は出てこないというのもわかっていました。
前ふりにしては2時間半は長いよなぁと思っていましたが、いきなりきましたね見せ場が。
赤壁の戦いほど有名ではありませんが、三国志の大きな見せ場の一つ、長坂の戦い。

糜夫人・甘夫人と阿斗が逃げ遅れていると知るや、単騎救出に向かう趙雲。
足手まといになると、自ら井戸に身を投げた糜夫人。
阿斗を抱えた趙雲が、ボロボロになりながらも、一人曹操軍を蹴散らし、劉備の元へ阿斗を無事届けます。

ここが、この映画一番の見所と言っても言い過ぎではないでしょう。
フー・ジュンかっこよすぎ!!

その他の戦闘シーンでも、関羽よりも、張飛よりも、ダントツでかっこいいですね。

レッドクリフ Part I フー・ジュン

戦闘シーンでは、陣形へのこだわりにニヤリとさせられ、中でも八卦の陣の再現は涙もの。
太鼓の合図により、次々と陣を変えていき、敵の反撃に合いそうになると、趙雲、関羽、張飛、甘寧が一人ずつ出てきて、一人で大勢を蹴散らします。
おまけに、なんと周瑜まで敵陣に突入していくサービス付。ありえない活躍を見せる周瑜ですが、そこはちゃんと負傷して、ちゃんとオチもつけてます(笑)

この負傷ですが、リン・チーリン扮する小喬の包帯の巻き方、あれは何なんですか?エロすぎ(笑)
それだけにとどまらず、まったく必要のないラブシーンまで…。
これはエイベックスの意向で、ジョン・ウーは乗り気でなかったみたいですが、どう考えてもいらないよなぁ。
おかげで女性客も呼び込めて、エイベックスの戦略は大成功しているわけですが。

三国志ファンとしても、満足な点もありました。
中でも、武将への比重のかけ方が素晴らしく、魯粛と蔡瑁のクローズアップぶりに本気度が伺えます。
赤壁の戦いを描くにあたって、この二人の果たす役割は大きく、そこをちゃんとおさえているあたり、さすがはジョン・ウー。

エピソードとしては、水牛泥棒の件が素晴らしい。
犯人を不問に付そうと、全員の足に泥をつけさせる周瑜、指導が至らなくて申し訳ないと農夫に頭を下げる甘寧、名場面でした。

最後に鳩が大々的に飛んでいきましたが、むちゃくちゃ中途半端なのは仕方ないですね。
さあここから盛り上がるぞ!という所で、ぷつんと終わるわけですから。

早く2を観せてくれとしか言いようがないですが、公開は4月とのこと。
ずいぶんと待たされるなぁ…。

リン・チーリンを筆頭に、突っ込みどころもいろいろありますが、2時間半という長さが全く気になりませんし、映画館で観る価値は十二分にあると思います。



[原題]赤壁 上
2008/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国/145分
[監督]ジョン・ウー
[アクション監督]コリー・ユン
[音楽]岩代太郎
[出演]トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/フー・ジュン/ヴィッキー・チャオ/中村獅童/リン・チーリン/ユウ・ヨン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『レッドクリフ Part Ⅱ -未来への最終決戦-』(ジョン・ウー)
トニー、『赤壁』を辞退。伝説の幕開け?
赤壁→・・・→タンゴ
偏差値30からの三国志!

TB(10) CM(14) EDIT

*Comment

■>tonboriさん

オープニング、作戦的には大成功なんでしょうが、テンション一気に下がりますよね・・・。
名前のスーパーもおっしゃるようにうざかったです。黄蓋がスルーなのは?でしたが、彼は後編で大活躍でしょうか。
とはいうものの、『オレ三国志』には大満足ですよね(笑)
バーサンジャブの関羽、横山漫画版とほんとにそのまんまですよね(笑)
micchii |  2008.12.15(月) 15:24 |  URL |  【コメント編集】

■やっと鑑賞

やっと観てきました。
OPは確かにちょっといらないなと思いましたねー。
親切なのはいいけれど、なんだかなあとなってしまいました。
あとやたらと出てくる名前のスーパーもうざかった。
なのに黄蓋将軍とかその他はスルーなのも?だったし。
それでもウー師の『オレ三国志』堪能いたしました(笑)
で、フー・ジュンの趙雲も素晴らしかったですけれど個人的にはバーサンジャブが演じた関羽雲長がナイスでした。
横山漫画版から入った人なんでまるでイメージ通り(笑)
PARTⅡも楽しみですねえ。
tonbori |  2008.12.10(水) 00:40 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

返事遅れてすいません。

フー・ジュン、申し訳ありませんが、今回ばかりはトニーよりも遥かにかっこよかったです(笑)

そういえば、前売券2枚お持ちでしたね。
吹き替えだと、ラブシーンは、よりメロドラマみたいになっちゃうのかなぁ。

第一段前売券完売とは!
4週連続1位ですし、ほんとに大人気ですね。

ピー集団ということは、何体ももらえるんでしょうか?
孔ピーも机の引き出しに眠ってますが、どうせもらえるならたくさんの方がいいかも(笑)
micchii |  2008.12.05(金) 14:04 |  URL |  【コメント編集】

■やはり

フー・ジュン、大人気(笑)。
正直、トニーよりもかっこよかったかも・・・(汗)。

今週末、行けたら、吹替えも観てこようと思っています。前売券使わなくちゃ。
のんびりしていたら、パート2の第一段前売券はとっくに完売してました。必勝孔ピーがついてるやつでしたっけ?
確か次の次あたりの前売券特典が、ピー集団だったような。それを狙おうかな~

4月のパート2も楽しみです。
hi-chan |  2008.11.28(金) 13:54 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあさん

確かにフー・ジュンのかっこよさが全てを吹き飛ばしてしまう映画でしたが、エロ包帯も要チェックですよ(笑)まったく必要ないシーンですが・・・。
1月下旬ですか、いいなぁ。4月まで先は長いです・・・。
micchii |  2008.11.25(火) 15:06 |  URL |  【コメント編集】

■>Cardhuさん

どういう展開かドキドキしながらだと、さらに時間の長さは気にならないと思いますよ。
後から冷静に考えたら、あと15分は削れると思いますが、観ている間は全然気になりませんでした。
確かにSWに比べれば全然短いですが、もう完成しているんだから、さっさと公開してほしいです・・・。
micchii |  2008.11.25(火) 15:03 |  URL |  【コメント編集】

■>リーチェンさん

恥ずかしいなんてとんでもないです!
最初の説明や、いちいち入る字幕、三国志に詳しくない方の方が多数派でしょうから、やっぱりあって正解ですね。
でも、ファン的にも唸る場面もあり、どちらも満足させるとは、さすがジョン・ウーでした。
鳩、結局は鳩さえ飛んでくれれば満足なんですが(笑)
micchii |  2008.11.25(火) 15:01 |  URL |  【コメント編集】

■>春巻さん

趙雲ほんとにありえないくらいかっこよかったですね。
あのルク警視がここまでかっこよくなるとは(笑)
実際は関羽や張飛に助けにきてもらった方が戦力的には上なのかもしれませんが、むさくるしいので、趙雲に助けにきてもらいたいですね(笑)

どこまで具体的に要望を出したかはわかりませんが、恋愛の要素も入れてくれと頼んだみたいですね。ちっ、余計なことを。

>だれに向けてのサービスショットなのかナゾ。

降板から復帰してくれたトニーへのサービスですかね(笑)
micchii |  2008.11.25(火) 14:57 |  URL |  【コメント編集】

■>zukkaさん

こちらにもありがとうございます。
ほんと、フー・ジュンはかっこよすぎでした。
本来なら関羽や張飛よりは目立たない役どころですが、完全に主役級でしたね。
粘っこい、確かに(笑)
わざわざあんなふうに巻かなくてもいいですよね・・・。
水牛泥棒のくだり、ベタといえばベタですが、素直に感動しました。
micchii |  2008.11.25(火) 14:52 |  URL |  【コメント編集】

■やっぱフー・ジュンさん

コメ&TBありがとうございました。
包帯の巻き方、エロかったでしたっけ?
フー・ジュンさんのカッコよさで頭がいっぱいになって、覚えてないですわ。
こちらの正規版DVDを買いましたので、エロ包帯をチェックしてみます(笑)

こちらでは2(下)は春節(1月下旬)あたりに公開らしいので、お先に楽しませていただきますね~。
けろにあ |  2008.11.24(月) 21:06 |  URL |  【コメント編集】

■原作は…

結局マンガ版すら読めなかったので、どういう展開なのかドキドキしながら観ることになりそうです、笑
先の展開がわかってると4月まで我慢もできるかもしれませんが、わからないとつらそうですねー。
でもSWに比べればブランクは短いので…大丈夫か。
他の期待作もありますし!
Cardhu |  2008.11.23(日) 08:41 |  URL |  【コメント編集】

■やはり三国志を読まねばですね。

TB&コメント、ありがとうございました!

お恥ずかしい記事なので、TBは控えさせていただきましたが、なるほど、そうなのか・・・micchiiさんの感想からファン目線でもしっかりと名場面が再現されていることが伺えます。

鳩・・・あれもとっても気になるんですけどね(笑)
リーチェン |  2008.11.23(日) 01:03 |  URL |  【コメント編集】

■趙雲ステキー!

もう趙雲すばらしくかっこいいですねー!
頼れる男、という感じでした。私も戦闘に巻き込まれた暁には趙雲に助けにきてもらいたいです(キッパリ)。

包帯シーンは何らかのサービスショットかと思いましたが、だれに向けてのサービスショットなのかナゾ。エイベックスの意向だったんですね。エロ包帯巻きよりも、趙雲の勇姿を増やしてくれたほうが女性客も大喜びだと思われますが…。うむ…。

4月が楽しみでございます。
春巻 |  2008.11.22(土) 22:14 |  URL |  【コメント編集】

■フー・ジュンかっこよすぎ

こんにちは。
かっこよすぎですよねー。
素敵な画像、このシーンも良かった。
とっても気に入った映画で、既に2度観ました。

包帯を巻くシーンは私も粘っこい(笑)と・・
違う雰囲気で包帯、巻けないもんか?なんて。

水牛泥棒の件もいいシーンでしたね。
ジーンとさせられました。

本当に4月が待ち遠しいです。
zukka |  2008.11.22(土) 21:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/952-afab40fa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『レッドクリフ Part1』

□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ?...
2008/12/18(木) 17:52:19 | 京の昼寝~♪

「レッドクリフ Part1」大地を駆けるいにしえの男たち

レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考える?...
2008/12/02(火) 08:22:48 | soramove

レッドクリフ Part I

ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎつ..
2008/11/25(火) 23:47:39 | だらだら無気力ブログ

レッドクリフ Part I

映画「レッドクリフ Part I」の感想です
2008/11/25(火) 13:33:24 | ジャスの部屋 -映画とゲーム-

「レッドクリフ PartI」

二時間半という長尺の割りに、くたびれずにすらすら見られる。キャラクターがみんな「ご存知」という感じで、それをまたきちんとゲームのキャラクターばりに図式的に絵解きしてくれるから、製作スケールはものすごく大きいにも関わらず、時間感覚からするとテレビの長時間...
2008/11/25(火) 10:30:15 | prisoner\'s BLOG

『赤壁(邦題:レッドクリフ) 上』(簡体字字幕&英語字幕)

日本より一足先にアジア各国で今月10日から公開されている『赤壁(レッドクリフ)』、見てきました。 すごく混んでました。初めて並んでチケ...
2008/11/24(月) 21:00:03 | けろにあ・みだすのつぶやき

**鳩が飛びます〈レッドクリフ/赤壁〉**

いやいやこんばんは。 ジョン・ウーさんといえば、いわずと知れた鳩。鳩。鳩。平和の象徴の鳩。ソウルでは丸焼け疑惑の鳩。鳩といえばジョン・ウーさん。切っても切れない仲です。 それともう一つ、忘れちゃならない二丁拳銃。古の〈男たちの晩歌〉はさもありなん。ハリウ...
2008/11/24(月) 19:00:40 | 日刊【考える葦】Returns

「レッドクリフ Part?」

はじめに、舞台となった中国の当時の状況説明(どこの国の誰がどうした、とか)が日本語であったので、一瞬、吹替え版が間違って上映されて...
2008/11/24(月) 18:03:19 | 或る日の出来事

レッドクリフ Part I - Red Criff Part I - (個人的評価:★★★)

さっそくレッドクリフ Part I を観てきました。 個人的には、「三国志」をあまり知らず、「魏呉蜀の三国時代関連の物語?」くらいの知識し...
2008/11/24(月) 15:51:51 | 尼崎OSよ永遠なれ

レッドクリフ Part I

自分の戦いが終了したので、むかしの戦いを観に行きました。 ってことで、せきへき…じゃなかった、コレです。 『レッドクリフ Part I(赤壁)』監督:ジョン・ウー(呉宇森) 鑑賞前は、145分って長っ!と思いましたが、気になりませんでした。今にして思えば、...
2008/11/22(土) 22:07:42 | 春巻雑記帳

▲PageTop

 | BLOGTOP |