2014.12.30

『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』(ギョーム・カネ)

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。


ムショ帰りの犯罪者の兄と警察官の弟、ごまんとある話も撮る人が撮ればまだこれだけの映画ができる。原題『Blood Ties』、血の繋がりは何より重い。電話越しの無言のノック3回からの、兄弟の表情の切り返しからの、完璧なラストカット!大傑作。号泣。

兄弟だけの物語ではなく、あくまでも家族の物語であり、実は一番つらいのはお姉ちゃんだったりもする。お父さんにはジェームズ・カーン!マリオン・コティヤール、ミラ・クニス、ゾーイ・サルダナ、誰一人輝いていない(そこが素晴らしい)女性陣もみんないい。

内容ももろに彼のテイストだけど、共同脚本にはジェームズ・グレイの名前が。今年最高のラストショットは『エヴァの告白』がぶっちぎりだけど、このラストカットも負けていない。『エヴァの告白』はラスト以外は彼にしては微妙だったけど、こっちは文句なしの大傑作。

舞台は1974年のブルックリン、70年代の空気感の再現度の素晴らしさも、70年代映画好きにはたまらない!現金輸送車襲撃シーンでの、3台の車が連なった“静”のカーチェイスから始まる銃撃戦、ラスト前の橋での“動”のカーチェイス、もうたまりませんね~。

何よりも、クライヴ・オーウェンとビリー・クラダップの兄弟、主演二人の面構えが最高。そのお父さんがジェームズ・カーンだもんなぁ。配役からして完璧。 https://pic.twitter.com/sLRlfCtaA2
マイ・ブラザー 哀しみの銃弾 クライヴ・オーウェン

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾 ビリー・クラダップ

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾 ジェームズ・カーン



[原題]Blood Ties
2013/フランス・アメリカ/127分
[監督]ギョーム・カネ
[脚本]ギョーム・カネ/ジェームズ・グレイ
[出演]クライヴ・オーウェン/ビリー・クラダップ/マリオン・コティヤール/ミラ・クニス/ゾーイ・サルダナ/ジェームズ・カーン/マティアス・スーナールツ/ノア・エメリッヒ/リリ・テイラー/ドメニク・ランバルドッツィ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』のポスター集
『エヴァの告白』(ジェームズ・グレイ)

 

TB(1) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/9339-bb836463

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2015/07/02(木) 21:46:18 |

▲PageTop

 | BLOGTOP |