2004.07.16

『秘密と嘘』(マイク・リー)

秘密と嘘

またまたイギリス映画から。1996年度カンヌ映画祭パルム・ドール(最高賞)受賞作。

ロンドン近郊の下町のアパートで暮らすシンシアと、父の顔を知らないロクサンヌという二人きりの親子。
しかし、実はシンシアには16歳の時に出産し、顔も見ずに養子に出したもうひとりの子供がいた。
ある日、シンシアに自分の娘だと名乗るホーテンスから電話があり…。

たいした事件も、大きな出来事もなく、人間関係と人の感情だけで見せる、これぞ映画という1本。

脚本なしで映画を作ることで有名なマイク・リー監督。
その代わりに、一人一人の俳優と個別に、徹底的に役の人物作りをするといいます。
他の俳優と顔を会わせるのは、撮影に入ってそのシーンに至ってからという徹底ぶり。
単なる即興を超えたリアリズムはここから生まれています。

この作品でも、シンシアとホーテンスが初めて待ち合わせをするシーン。
相手の役者の顔も知らないため、待ち合わせの相手がすぐ目の前にいるのにわからないという、このシーンのリアリティーはずば抜けています。

それにしても、即興でこれだけの会話を続けていく役者たちに脱帽。これができる役者はそうはいないのではないでしょうか。
唸る演技というのはたまにありますが、この映画のブレンダ・ブレッシンは超絶もの。
弟役のティモシー・スポールも良過ぎ!

どのシーンも素敵ですが、初めて会ったシンシアとホーテンスがカフェで並んで座るシーンのブレンダ・ブレッシン凄すぎ!

そして、怒涛のラスト20分。
バーベキューを囲むシーンの何気ない会話、これがほんとに全部アドリブだとしたら、役者たち凄すぎます。

秘密と嘘 マイク・リー

いよいよ、それぞれが抱えている「秘密」が次々と明らかにされていきます。
ほんの小さなことも含めれば、誰でも何らかの「秘密」をもっているもの。
言わない方がいいこともあるかもしれません。

でも、ほんとの意味で前に進むためには、全てをぶつけて初めて人は前に進めるというのを、改めて思い知らされました。

それにしても弟のこの言葉、「秘密と嘘、皆傷を持ってる、分け合えば?」
自らを相手を許し、理解し合い、痛みを分かち合うということ。

それでも、シンシアも言うように、「人生っていいわね」

秘密と嘘 [DVD]秘密と嘘 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 2014-06-27

Amazonで詳しく見る

[原題]Secrets & Lies
1996/イギリス/142分
[監督]マイク・リー
[出演]ブレンダ・ブレシン/ティモシー・スポール/フィリス・ローガン/クレア・ラッシュブルック/マリアンヌ・ジャン=バプティスト/エリザベス・バーリントン/リー・ロス

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『人生は、時々晴れ』(マイク・リー)
『ヴェラ・ドレイク』(マイク・リー)
『ハッピー・ゴー・ラッキー』(マイク・リー)
『家族の庭』(マイク・リー)

 

TB(2) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/9-dbad893c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「秘密と嘘」

秘密と嘘| 上映時間 = 142分| 製作国 = イギリス| 言語 = 英語| 制作費 = $4,500,000| 興行収入 = }}秘密と嘘(''Secrets & Lies'')は1996年の映画。マイク・リーによる脚本・監督作品。カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞。アメリカのアカデミー賞でも多
2007/02/07(水) 13:51:39 | 映画の缶詰

秘密と嘘

ビクターエンタテインメント 秘密と嘘  「子供は自分に何かを 教えてくれる親を選ぶ。 来世で間違いを 犯さぬように。」 お葬式のシーンで始まる映画は良い映画。私の勝手な持論でございます。 この「秘密と嘘」や刑
2005/08/28(日) 17:04:15 | 五本指の映画を探せ!

▲PageTop

 | BLOGTOP |