2008.09.22

CNN選定アジア映画オールタイムベスト、トーさんは入らず・・・

allcinemaONLINE<CNN選定アジア映画オールタイムベスト>

以下が、その顔ぶれ。

・「花様年華(かようねんか)」(2000) ウォン・カーウァイ監督
・「Mother India」(1957) メーブーブ監督
・「グエムル -漢江の怪物-」(2006) ポン・ジュノ監督
・「Syndromes and a Century」(2006) Apichatpong Weerasethakul監督
・「クジラの島の少女」(2002) ニキ・カーロ監督
・「長江哀歌(エレジー)」(2006) ジャ・ジャンクー監督
・「こころの湯」(1999) チャン・ヤン監督
・「Shall We ダンス?」(1996) 周防正行監督
・「楢山節考」(1957) 木下恵介監督
・「インファナル・アフェア」(2002) アンドリュー・ラウ&アラン・マック監督
・「曼陀羅」(1981) イム・グォンテク監督
・「活きる」(1994) チャン・イーモウ監督
・「When the Tenth Month Comes」(1984) Dang Nhat Minh監督
・「Himala」(1982) Ishmael Bernal監督
・「侠女」(1971) キン・フー監督
・「生きる」(1952) 黒澤明監督
・「UTU(ウツ)/復讐」(1983) ジョフ・マーフィ監督
・「ギャベ」(1996) モフセン・マフマルバフ監督

暫定的らしいので、今後変わるかもしれません。

5本しか観ていないので語る資格はありませんが、トーさんは入ってないのねということで、一応UPしておきます。

ウォン・カーウァイが『花様年華』、黒澤明が『生きる』というところに、選者の好みが出てますかね。

『インファナル・アフェア』は当然のように入っています。

ポン・ジュノ監督は、1本選ぶなら『殺人の追憶』だと思うんですが・・・。

→ジョニー・トーINDEX



 

TB(0) CM(4) EDIT

*Comment

■>龍女さん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。
木下恵介版も今村昌平版も未見ですが、カンヌを獲ったこともあり、今村昌平版の方が有名ですかね。
CNNが木下恵介を知らないということもないと思うので、間違ってはいないとは思いますが・・・。
ここらあたりの、“名前は知っているけど未見の有名邦画”、観なきゃ観なきゃとは思いつつ、どうしても優先順位が下になってしまいます。
micchii |  2008.09.24(水) 12:57 |  URL |  【コメント編集】

■>tonboriさん

タイトルすら聞いたことがないのが何本かありますし、アジアもまだまだ広いなぁと。
『七人の侍』『用心棒』ではなく、かといって『野良犬』でもない、ここらあたりがが好みのポイントでしょうかね。
ポン・ジュノ×優ちゃん、オムニバスの他の2本のあまりに酷評ぶりに、すっかり行く気が失せてしまってます・・・。
micchii |  2008.09.24(水) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

■?

 『楢山節考』は最初の映画化じゃなくて、カンヌをとった今村昌平監督版の方と間違えられている?
 と一瞬思ってしまいました。
 実際はどっちなんだろう?
 今村監督版は観たので、何ともあけすけな作風が面白い作品ではあるんですが。
龍女 |  2008.09.23(火) 01:14 |  URL |  【コメント編集】

■いろいろ興味深いベストですねえ

本当に選者さんの好みが出ていますよね。
黒澤作品も『生きる』を入れてるし、そして『楢山節考』を選ぶとは!
でもポン・ジュノ監督なら自分も『殺人の追憶』でしょうと思います。
tonbori |  2008.09.22(月) 23:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/830-779862b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |