2004.12.11

『シャレード』(スタンリー・ドーネン)

シャレード

今回は、『雨に唄えば』でジーン・ケリーと共に監督に名を連ねるスタンリー・ドーネン監督による、ロマンティック・サスペンス・コメディとでも言うべき盛り沢山な作品。

サスペンス部分には正直あまり期待していませんでしたが、とんでもない、二転三転そしてラストまで、サスペンス映画としても十分なレベル。

というわけで、内容には一切触れません、ご覧になる方はぜひ予備知識なしでご覧になることをお勧めします。

次に、超豪華な出演者たち。

主演はオードリー・ヘプバーン。
その可愛らしさに変わりはありませんが、『ローマの休日』や『麗しのサブリナ』とはまた少し違った彼女が見られます。
次々に変わるジバンシーの衣装も、まるでファッションショーを見ているようで、これだけでも十分楽しめます。

シャレード オードリー・ヘプバーン ケイリー・グラント

相手役は『毒薬と老嬢』に続いて登場のケイリー・グラント。
1963年の作品ということでさすがに老けていますが、まだまだスターの輝きは十分。

シャレード オードリー・ヘプバーン ケイリー・グラント

この2人の共演だけでも十分に凄いことですが、それだけで終わらないのがこの作品の凄いところで、脇役も超豪華。

まずは、ジャック・レモンとの名コンビで知られるウォルター・マッソー。
詳しくは触れられませんが、この映画の中では一番のキーパーソンであり一番の曲者でしょう。

シャレード ウォルター・マッソー

続いて、『荒野の七人』でも一番渋かった(かっこよさではもちろん大好きなスティーブ・マックィーンで決まりです)ジェームズ・コバーン。
今回もその存在感は抜群。

シャレード ジェームズ・コバーン

さらに、自分も大好きな作品であるポール・ニューマン主演の『暴力脱獄』でアカデミー助演男優賞を穫っている、こちらも一度見たら忘れないジョージ・ケネディ。

シャレード ジョージ・ケネディ

というわけで、主演の2人に対して一歩も引かない超豪華で超個性的な脇役3人。

ストーリー、衣装、役者ときて、最後は音楽。
名曲「シャレード」が素晴らしいのはもちろんながら、サスペンスを盛り上げる音楽なども一級品。
担当するのは、御存知ヘンリー・マンシーニ。

このように、ストーリー、衣装、役者、音楽と、どれか一つだけでも十分素晴らしい作品なのに、それがみんな詰まっているという豪華フルコースのような作品。
どなたにも存分に楽しんでいただけると思います。





[原題]Charade
1963/アメリカ/113分
[監督]スタンリー・ドーネン
[音楽]ヘンリー・マンシーニ
[出演]オードリー・ヘプバーン/ケイリー・グラント/ウォルター・マッソー/ジェームズ・コバーン/ジョージ・ケネディ

→予告編 →「Charade」(ヘンリー・マンシーニ) →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『シャレード』のポスター集
おすすめのスパイ映画30選 ~鉄板の古典から新作まで~

 

TB(6) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/80-dd169d4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

オードリー・ヘプバーンのかっこいいポスター!

オードリー・ヘプバーンのかわいいポスター見つけました!デザインも今でも全然おしゃれですね。値段も手頃だし、早速購入してみました・・・
2006/12/11(月) 21:42:24 | かっこいいポスター見つけたよ!

Charade(シャレード)

ケーリー・グラント(「北北西に進路を取れ」)とオードリー・ヘップバーン主演のロマンチック・コメディ・サスペンス?!、ロマンチック・サスペンス・コメディ?!、サスペンス・ロマンチック・コメディ?!。。。。。です。夫との離婚を決意していたレジーナはフランス..
2006/08/12(土) 13:11:13 | シネマうさぎ

シャレード/オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンの映画は、今見ても非常にオシャレで、登場人物がみんなかっこいいですね。「シャレード」も、ファッション、スタイルともに今風で、ストーリー展開もよく練られていて、流石だなあと関心しました。物語は、主人公レジーナ(ヘプバーン)が、夫が大金
2006/06/04(日) 23:53:02 | 文学な?ブログ

【DVD】シャレード

筋金入りの映画好きな知人に薦めて頂きました。最近、良質なサスペンス映画ってすごく
2006/03/02(木) 19:50:36 | 深海からの手紙

シャレード オードリー・ ヘップバーン

オープニング、渦巻きのグラフィックはヒッチコックの”北北西に進路を取れ”(1959)に目配せするよな遊び心。この作品が、オードリー・ヘップバーンの出演作のベストであるとここに宣言します。愛を求める大人の女性。旅先の出会いで、あっさり退散しようとするケーリー・
2005/09/28(水) 10:44:54 | WHAT'S FASHIONABLE

シャレード

<監督:>スタンリー・ドーネン =1963年 アメリカ=<出演:>ケーリー・グラント、オードリー・ヘップバーン、ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン ■ストーリースキー場から帰宅したレジーナ(オードリー・ヘップバーン)は、既に夫との離婚の意思を固めていた
2005/09/04(日) 14:57:06 | +++映画の部屋+++

▲PageTop

 | BLOGTOP |