2004.11.14

『コックと泥棒、その妻と愛人』(ピーター・グリーナウェイ)

コックと泥棒、その妻と愛人

今回は、衝撃度という点ではこれまでUPしてきた中でもダントツでトップな、ピーター・グリーナウェイ監督の独自の世界観の頂点と言われる作品。

前からずっと観たかった作品でしたが、噂に聞いていたことから想像していたことを超え、ぶっ飛びました!

内容は書けませんが、ネタバレになるという意味ではなく、とてもここに書けるような内容ではありません。

抽象的に書くと、金銭欲、食欲、性欲、そしてその先には…。

コックと泥棒、その妻と愛人


芸術と猥褻の限界というより猥褻の方に傾いている気がしますが(笑)、それでも、このコーナーでも何度か紹介しています双葉十三郎氏の『外国映画ぼくの500本』や、淀川長治氏の『淀川長治 究極の映画ベスト100』にも入っているこの作品。

確かに、ちょっと…という映像もありますが、それを補って余りある芸術性。

豪華絢爛なセット、ジャン=ポール・ゴルチエのこれまた豪華な衣装、そしてマイケル・ナイマンの悲しい旋律。

芸術性に圧倒されるか、生理的に受けつけないか、どちらかだと思いますが、怖いもの見たさにご覧になってみるのもいいかもしれません。ただ、食事の前に観るのだけは絶対にやめた方がいいです。

独自の世界観を突っ走るピーター・グリーナウェイの、ぶっ飛んだ傑作!



Apple Musicでサントラを聴く♪


[原題]The Cook the Thief His Wife & Her Lover
1989/イギリス・フランス/124分
[監督]ピーター・グリーナウェイ
[音楽]マイケル・ナイマン
[出演]リシャール・ボーランジェ/マイケル・ガンボン/ヘレン・ミレン

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(11) CM(10) EDIT

*Comment

■>まちこ様

こちらにもありがとうございます。
この映画は、嫌いな人はほんとにダメでしょうね。
何度も観たいとは思いませんが、自分も好きです。というより、ブログには好きな映画しかUPしてませんが。
「胸糞悪くなるほど美しい」、言い得て妙ですね。
micchii |  2006.12.08(金) 13:01 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

TB返しありがとうございます。
好きか嫌いかが真っ二つに分かれる感じの映画ですね。
私は好きですけど。胸糞悪くなるほど美しい映画だと思っています…。
「サテリコン」よりはこの映画の方が親切かもしれません(笑)
まちこ |  2006.12.07(木) 17:19 |  URL |  【コメント編集】

■>とろとろ様

初めまして、TB&コメントありがとうございます。
この映画はほんとに衝撃的でした。今までみた全映画を思い浮かべてみても、衝撃という点では、今のところこれとフェリーニの『サテリコン』が双璧です。

圧倒的な美しさとマイケル・ナイマンの悲しい旋律、そしてあのラスト!!
自分もカタルシスを覚えてしまい、なんともいえない気持ちになりました。
micchii |  2006.01.16(月) 13:50 |  URL |  【コメント編集】

■始めまして

はじめまして。TBさせてもらいました。この映画は見ていて不快なのに最後まで見てしまう魅力ある作品ですよね。圧倒的な美と人間の欲望という闇、そのコントラストは強烈ですね。ラストは衝撃を受けながら、カタルシスを覚えてしまう自分がいて嫌でした。
ではまた訪問させてもらいます!
とろとろ |  2006.01.15(日) 01:07 |  URL |  【コメント編集】

自分は去年この映画と『ストリート・オブ・ファイヤー』の超強力コンビを2枚で2814円
(ビックカメラ特価)でゲットしました。ただ、『ストリート~』は某N・T氏の字幕が最悪でした・・・。
『サテリコン』はなんとそのうち発売される2枚で2000円のシリーズの中にあったので、間違いなく買うと思います。
こんな映画まで廉価版になるなんて。。。
micchii |  2005.04.19(火) 02:47 |  URL |  【コメント編集】

■奇しくも

この作品の廉価版DVDが5月下旬に出るとのことなので買ってしまいそうです。フェリーニの『サテリコン』調べてみました。凄そうなので観てみようと思ってます。
多感な奴@CINEMA IN/OUT |  2005.04.16(土) 10:21 |  URL |  【コメント編集】

>多感な奴@CINEMA IN/OUT様
いつもコメント&TBありがとうございます!
思わず「ぶっ飛び」なる言葉を使ってしまいましたが、ほんとに衝撃的でした。
衝撃的という点では、フェリーニの『サテリコン』以来でしょうか。
それでも、おっしゃるように「これぞ映画!」という素晴らしい作品ですよね。
micchii |  2005.04.16(土) 01:19 |  URL |  【コメント編集】

■私もぶっ飛びました

micchiiさんの記事に2度も「ぶっ飛び」という言葉が使われていますが、その気持ちよく分かります。完全にノックアウトされました。素晴らしい作品ですよね。またまたTBさせて頂きました。
多感な奴@CINEMA IN/OUT |  2005.04.11(月) 20:27 |  URL |  【コメント編集】

>yuyuta様
コメント&TBありがとうございます!
“気分が悪くなりながらも引き付けられてしまいます”とありましたが、ほんとにおっしゃる通りですよね!!
自分も大好きな1本です。
でも、この映画を人に薦めるには勇気がいりますよね(笑)

“映画感”、どういう感じをそうおっしゃっていただいたのかわかりませんが、大変嬉しい言葉をありがとうございます!!
micchii |  2005.03.22(火) 17:57 |  URL |  【コメント編集】

■初めまして!

TBさせて頂きました!!

この映画、確かに書けるような内容ではないですよね・・・
映画を観て吐き気を催すという経験は初めてでした。
グロテスクで暴力的で情欲に溢れ、人間の醜さをこれでもかと描いているのに
何故か惹かれる何かがあります。

人に勧める映画ではないかもしれませんが
私は好きな1本です。

そして・・
micchiiさんの映画感、素晴らしいですね!
今後の鑑賞の参考にさせてください!!
今後もちょくちょく遊びに来ますね!!
yuyuta |  2005.03.21(月) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/72-c1ade5ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「コックと泥棒、その妻と愛人」(1989年、イ...

「コックと泥棒、その妻と愛人」(原題:TheCook,theThief,HisWife&HerLover)は、1989年公開のイギリス・フランス合作のドラマ映画です。ピーター・グリーナウェイ監督・脚本、リシャール・ボ...
2016/12/23(金) 05:00:05 | 楽天売れ筋お買い物ランキング

注文の多いグリーナウェイ料理店

大好きな監督は?と聞かれた時、何て答えますか? 映画好きにとって、コノ手の質問は辛い。選べないですからね~。 でも、私の答えの一人に入ってるであろうのがピーター・グリナウェイ。 というわけで、本日は「コックと泥棒、その妻と愛人」をご紹介。 マキネマ...
2008/01/31(木) 23:41:19 | マキネマ通信 ~makinkoによる私的映画レビュー~

コックと泥棒、その妻と愛人

【映画的カリスマ指数】★★★★★ ゴージャス華麗な変態的逸品 
2007/02/17(土) 03:29:48 | カリスマ映画論

コックと泥棒、その妻と愛人

ピーター・グリーナウェイ独特の美意識の塊のような映画。ゴージャスかつグロテスク。食にエロスをからめて、微妙な人間関係を描き出す。そもそも、食には死の影が付きまとうものだ。(当然ながら、人間の
2006/12/07(木) 01:12:48 | undercurrent

この映画を見て!「コックと泥棒、その妻と愛人」

第26回「コックと泥棒、その妻と愛人」見所:徹底した美の中で描かれる醜い人間の欲望。そして衝撃のラスト! 今回紹介する映画は、私がここ数年見た映画で一番の衝撃作
2006/01/15(日) 01:05:27 | オン・ザ・ブリッジ

コックと泥棒、その妻と愛人

最近、ブログ更新頻度が下がってるわ~(汗)今年の目標として、ブログ活動を頑張る!!と掲げていたけど無理な気が・・・。でも、せめて月20本くらいは映画レビューを書きたいとは思っております。リニューアルも頑張る!!・・・と思う。『コックと...
2006/01/09(月) 22:05:45 | 39☆SMASH

「コックと泥棒、その妻と愛人」

1990年、ピーター・グリーナウェイ監督。映像は色調や色彩にこだわっていて絵画的でとても美しい。特に白を基調とした化粧室の清々しさは妻の夫からの開放感や安堵感を見る気がして癒された。ジャン・ポール・ゴルチェの衣装もゴージャスで煌びやかだ。主に登場す....
2005/12/28(水) 00:49:53 | 雑板屋

コックと泥棒、その妻と愛人

THE COOK, THE THIEF, HIS WIFE & HER LOVERピーター・グリーナウェイ監督・脚本作品(1989年・英仏)衣装: ジャン=ポール・ゴルチエ出演: リシャール・ボーランジェ、マイケル・ガンボン、ヘレン・ミレン、アラン・ハワード、ティム・ロス、シアラン・ハインズ、ゲイ
2005/04/11(月) 20:22:32 | CINEMA IN/OUT

コックと泥棒、その妻と愛人"THE COCK,THE THIEF,HIS WIFE&HER LOVER"

    久々に観たくなり借りました。前回観たのはかれこれ15年(!)程前になるかな??さすがにそれだけ時が経っていると内容もうろ覚えだったけれど『J.P.ゴルチェの豪華絢爛衣装』&『グロテスクさ』だけは鮮明に記憶に残っていました。
2005/03/21(月) 22:31:05 | 気まぐれ映画鑑賞録

『コックと泥棒、その妻と愛人』~おいしい映画第2弾!

なんとなくフレンチレストランをテーマにした映画かなあ、と思って借りたら強烈でした(笑)でも映像と音楽は美しく引き込まれる映画ですね。食神が気持ちいいぐらい、おバカに徹した超娯楽映画なら、こちらはお洒落で映像美を追求したブラックユーモア。中国とフランス。
2005/03/12(土) 15:20:49 | カラダにイイものおいしく食べたいっっ/(=゚ェ゚= )\

DVD: コックと泥棒、その妻と愛人

邦題:コックと泥棒、その妻と愛人 原題:The Cook The Thier H
2005/02/25(金) 02:13:39 | Pocket Warmer

▲PageTop

 | BLOGTOP |