2014.09.29

『ジャージー・ボーイズ』(クリント・イーストウッド)

ジャージー・ボーイズ

ウェス・アンダーソンも『牢獄処刑人』『ケープタウン』も大外から一気にまくられた。
しかも、全速力で必死に抜き去るのではなく、鼻歌歌いながらスキップで抜いてった。

大傑作と呼ぶような映画でもないけど、現役では他に誰も撮れないよこんな映画。
素晴らしすぎる!最高。

一言で言えば“肩の力が抜けている”ということなんだけど、このレベルはちょっと他ではお目にかかれない。
『砂漠の流れ者』を撮った時のペキンパー級の境地にイーストウッドは来ているのでは?

言葉にすると一気に色褪せそうな、あっという間の夢のような至福の134分。

劇中何度も“マジック”が起きるけど、それらが束になっても敵わない、「That was the best.」の一言から始まる至福の夜。
悲しいからとか感動したからより凄い“かっこよすぎて涙が出る”というのとはまた違う、画面から溢れ出る幸せに涙が止まらない。

もう少しだけ具体的に書くと、あのステップを踏むクリストファー・ウォーケンだけでもうこの映画は無敵。あんなウォーケン他に誰も撮れないよ!

さらに、ジョー・ペシはやっぱりここでも最強で、そうくるかのビリー・ワイルダーからイーストウッド本人まで!
アメリカ映画最強。

撮影トム・スターン、編集ジョエル・コックス(ゲイリー・D・ローチ)という今回も鉄壁の布陣だけど、ファーストキスの5秒後にはもう結婚してたり、相変わらず編集のテンポも素晴らしすぎる。
おかげで、“映画は90分”人間の自分でも、134分の長さが全く気にならない。

パンフレット、レコードのジャケットみたいに、正方形なところがいいですね~♪ http://instagram.com/p/tfqF04OlIs/

ジャージー・ボーイズ パンフレット

そこまでちゃんとこだわってるとは!素晴らしい!!! > http://bit.ly/1vrefxV http://bit.ly/1vreglv



Apple Musicでサントラを聴く♪


[原題]Jersey Boys
2014/アメリカ/134分
[監督]クリント・イーストウッド
[撮影]トム・スターン
[編集]ジョエル・コックス/ゲイリー・D・ローチ
[出演]ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリーノ/エリカ・ピッチニーニ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ジャージー・ボーイズ』の最新情報まとめ

 

TB(1) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/6924-6eb32cf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ジャージー・ボーイズ/人生のあれこれは、曲のあいだに起きている。

ジャージー・ボーイズJersey Boys/監督:クリント・イーストウッド/2014年/アメリカ さあ、それでは歌っていただきましょう! 丸の内ピカデリーシアター1、T-18で鑑賞。クリント・イーストウッド監督作ということで見に行きました。 もちろんミュージカル版は未見です。 あらすじ:フォー・シーズンズの結成から解散まで。 フランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)は、...
2014/10/02(木) 11:55:11 | 映画感想 * FRAGILE

▲PageTop

 | BLOGTOP |