2004.10.31

『バリー・リンドン』(スタンリー・キューブリック)

バリー・リンドン

今回の1本も、前回に続いて映像美に酔いしれる1本。
前回、『こうのとり、たちずさんで』の時に、他の追随を許さないと書いたばっかりなんですが、舌の根も乾かないうちに前言撤回(笑)

『フルメタル・ジャケット』に続いて2本目のスタンリー・キューブリック作品。

キューブリック作品は、ずいぶんと前にDVDボックスを買ったんですが、この作品だけがずっと未見でした。理由は185分という長さ。
しかしいざ観てみると、退屈することもなく、3時間を超す長さはまったく気になりませんでした。

舞台は18世紀、アイルランドの青年が英国上流社会の仲間入りを果たすも、長続きするはずもなく没落するという、一言で言えば“栄枯盛衰”の物語。
このストーリー部分も十分に魅力的ですが、はっきり言ってストーリーなど問題ではありません。

とにかくこの映画は目で楽しむ映画。
アカデミー賞では監督、脚本、俳優などがまず目立ちますが、それ以外のところで4部門受賞しているのがこの映画。
撮影、美術、衣装、編曲、どれも完璧。

中でも有名なのが、照明器具を否定した撮影。
野外では自然光、室内ではロウソクの灯だけ。
特にカードをやるシーンの室内の美しさには言葉を失います。

バリー・リンドン ロウソク

『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』のように未来を描いても凄いキューブリックですが、過去を描かせてもこの出来、やはりただ者ではありません。

緑の草原に映える赤を基調とした軍服の英国軍隊の行進、豪華絢爛な貴族の衣装や調度品、まるで18世紀にタイムスリップしたかのような、息を呑む映像美。
完璧主義者キューブリックの面目躍如といったところでしょう。

バリー・リンドン 軍服

美術に凝っている分いつもの毒が影を潜めているのかと思いきや、そこはさすがキューブリック、最後の最後にとんでもない一撃を用意していました。

この栄枯盛衰の物語を締めくくるエピローグの字幕。
「美しい者も醜い者も 今は同じ すべてあの世」
これにはやられました。

美術館で絵を観たり、劇場でオペラを観たような感覚にさせてくれる、3時間の映像叙事詩。
文句なしの、超一級の芸術品。



[原題]Barry Lyndon
1975/アメリカ/186分
[監督]スタンリー・キューブリック
[出演]ライアン・オニール/マリサ・ベレンソン/ハーディ・クリューガー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『フルメタル・ジャケット』(スタンリー・キューブリック)
『現金に体を張れ』(スタンリー・キューブリック)
マイク・リーが選んだオールタイムベスト10

 

TB(3) CM(4) EDIT

*Comment

>てつごろう様
コメントありがとうございます。
ほんとに素敵な映画でしたよね。個人的にはこれがキューブリックのベストです。
音楽ですが、クラシックを編曲したもののようですが、リンクを貼っておきます。
曲名一覧はこちら。www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/
B000006SR1/cinematicroom-22/ref%3Dnosim/250-7358621-9012234
全曲視聴はこちら。
www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/
B000006SR1/hashi/ref%3Dnosim/
102-4885958-2908918
micchii |  2005.09.30(金) 13:33 |  URL |  【コメント編集】

バリーリンドン、素敵なえいがでした。この映画に使われた曲を判ったらおしえてください。      
                                             てつごろう
てつごろう |  2005.09.29(木) 14:41 |  URL |  【コメント編集】

>zefiro04様
コメントありがとうございます!
この映画の美しさははんぱじゃないですよね!
マリサ・ベレンソン、さすが貴族の出ということで、“ホンモノ”はやっぱり違いましたね。
美しい女優はいくらでもいますが、あそこまでの気品を出せる女優はなかなかいないですからね。
ショーの話は初耳でしたが、あの音楽が流れるショーは想像することができます。華やかさの中にも気品と落ち着きを保った、きっと素敵なショーだったでしょうね。
micchii |  2005.03.19(土) 21:05 |  URL |  【コメント編集】

■私もシビレました。

この映画はホントに美しい~ですよね。マリサ・ベレンソンの気品ある美しさにもクラクラでした。私も室内でゆらめくロウソクの中、カ-ドをするシ-ンには魅入ってしまいました。キュ-ブリックって、クラッシクの使い方も上手いですよね。このサントラをどこかの有名デザイナ-がショーで使っていました。
zefiro04 |  2005.03.19(土) 05:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/69-9793e057

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「バリー・リンドン」

18世紀中頃。アイルランドの青年バリー(ライアン・オニール)は従姉妹の婚約者に決闘と挑み その事がもとで故郷を追われる身となる。旅の途中、さまざまな紆余曲折を経て、欧州の貴族に 成り上がって行く。しかしその後は次々と彼に不幸が襲いかかり・・・。 映像が綺?...
2008/10/25(土) 21:13:35 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク

バリー・リンドン

バリー・リンドン(1975/イギリス) 原題: BARRY LYNDON 評価(お奨め度)★★★★★監督: スタンリー・キューブリック 製作: スタンリー・キューブリック 共同製作: バーナード・ウィリアムズ 製作総指揮: ヤン・ハーラン 原作: ウィリアム・メイクピ
2007/01/02(火) 01:27:15 | シネマの箱

バリー・リンドン

スタンリー・キューブリック監督作品(1975年)時は18世紀、アイルランド生まれの野心を持った男の栄枯盛衰を描いた映画。この作品、ストーリーだけを追っていくと退屈かもしれない。しかし、天然光と蝋燭の炎だけを使った照明や徹底した時代考証に基づいた衣装や風俗など、
2005/03/19(土) 21:08:12 | CINEMA IN/OUT

▲PageTop

 | BLOGTOP |