2008.04.18

『王妃の紋章』(チャン・イーモウ)

王妃の紋章

女性陣の衣装最高、チン・シウトンやりすぎ。いやあ、眼福、眼福(笑)

男の自分にはいまいちよくわからない世界ですが(わかっても困りますが)、あれが世に言う“寄せて上げる”というやつでしょうか。

現代が舞台の戯曲を時代設定を五代十国の時代に変えたのは、これをやりたかったからに違いない。
チャン・イーモウともあろうお方が、趣味炸裂(笑)

王妃の紋章

チャン・イーモウと言えば、何気に当ブログの常連です。

『初恋のきた道』『あの子を探して』『至福のとき』
どれも、小品ながら、素晴らしい作品ばかり。

そして、アン・リーの『グリーン・デスティニー』の成功を羨ましく思ったのか、いきなり大作路線に転じた『HERO』

こんなのチャン・イーモウじゃないと、評判はいまいちだったように思いますが、これまた素晴らしかった。
どんなにスケールが大きくなろうが、そこにはちゃんと心が描かれていたから。

続いて『LOVERS』。ただのチャン・ツィイーのPV。
『PROMISE』でチェン・カイコーに見切りをつけたように、これでチャン・イーモウには見切りをつけ、『単騎、千里を走る。』は観てません。

それがなぜか今回は観に行ったわけですが、悪い評判ばかり耳にしていた割には、『LOVERS』よりは全然いい。

ただ、チャン・イーモウが復活したというよりも、役者の存在感と上手さに助けられているような。

“亜州影帝”と呼ばれるだけのことはあるチョウ・ユンファの圧倒的な存在感、そのユンファに存在感で対抗できるおそらくただ一人の女優コン・リー(やはりチャン・ツィイーとは格が違う)、相変わらず上手いリィウ・イエ。
この3人でなければ、ただのB級メロドラマで終わっていたような…。

そして、最初の感想の2点目ですが、アクション監督チン・シウトン。やりすぎ(笑)

王妃の紋章

ところどころぐっとくるシーンはあるわけですが、アクション場面になると笑えてきて、せっかくの感動が吹き飛んじゃうわけですよ…。

傑王子が手勢を率いて王宮に迫ってきた時、その大軍の描写でまず驚かせながら、それすら遥かに上回る王の圧倒的な力を見せつけられた時にはおぉっと唸るわけですが、いざ戦い始めたら、ギャグですか?と(笑)

ジェイ・チョウも、あのまま戦い続ければ、1人で2万人くらいは倒せそうだし(爆)

王直属の黒装束の部隊もおかしすぎ。
元妻の一族を皆殺しに行かせた時の、屋敷へのあの迫り方はありですか?

戦闘シーン以外では、数百万本とあるだろう菊の花、台無しになった途端すぐに代わりが出てくるのも凄すぎ(笑)

まあ挙げ出したらキリがないのでこれくらいにしておきますが、最後に一つ、プロレスファンにだけわかる耳寄り情報を。

10世紀の中国人は、“ウラカン・ラナ”が使えるらしい。

散々言いたい放題言ってきましたが、ラストの俯瞰ショットと、それに続くエンディングテーマは素晴らしい。

ジェイ・チョウが歌う『菊花台』。
全てをぶち壊した『SPIRIT』のエンディングテーマとは違って、今回は必聴。

繰り返しになりますが、本映画の最大の見所は、“寄せて上げる”です。

王妃の紋章

そのためだけに劇場に行っても損はしないでしょう。
それだけは保証します。



[原題]滿城盡帶黄金甲
2006/中国・香港/114分
[監督]チャン・イーモウ
[アクション監督]チン・シウトン
[音楽]梅林茂
[出演]チョウ・ユンファ/コン・リー/ジェイ・チョウ/リィウ・イエ/リー・マン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『初恋のきた道』(チャン・イーモウ)
『あの子を探して』(チャン・イーモウ)
『至福のとき』(チャン・イーモウ)
『HERO』(チャン・イーモウ)
『妻への家路』(チャン・イーモウ)

TB(2) CM(6) EDIT

*Comment

■>hi-chan

はい、ここでも話題になっております(笑)
でも、あそこまで強調されては、抵抗のしようがありません。

"きれいさっぱり元通り"はほんとに衝撃でした。
いったい、王宮内には何人の人間がいるんでしょう(笑)

戦闘シーン、『ロード・オブ・ザ・リング』をやりたかったのはわかるんですが、ギャグになってしまいましたね・・・。
micchii |  2008.04.23(水) 16:37 |  URL |  【コメント編集】

"寄せて上げて、プリンプリン"がここでも話題に(笑)。
この映画を見た友人たちは、もちろんプリンプリンに驚かされていましたが、何より、戦闘後の"きれいさっぱり元通り"に度肝を抜かれたようです。あまりに手際が良い・・・

戦闘は、まぁ突っ込みどころがいろいろありましたね(笑)。
hi-chan |  2008.04.21(月) 15:31 |  URL |  【コメント編集】

■>rivarisaiaさん

女性の目から見ても、やはり“寄せて上げて”は強烈過ぎましたか!
チャン・イーモウ、趣味炸裂ですよね(笑)

確かに、ワイヤーを逆に見せて活かそうという、発想の転換は素晴らしい!
でも、笑いをこらえるのに必死でした(笑)
チャン・イーモウ、どこで間違ってこんなふうになっちゃったんでしょう?
micchii |  2008.04.21(月) 14:26 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあさん

>ある意味“欲”の象徴、あるいは“欲”を満たすモノの象徴だと思ったんですよね。
で、そんなもんいくらあっても決して幸せではないんだと。

まさしく仰るとおりだと思いますし、感想に書かれていたように、ある意味とても小さな話でもある。
そして、ラストにあんな素晴らしいショットをもってきたことからも、さすがはチャン・イーモウ、悟ってはいると思うんですよ。
ですので、もっと素晴らしい映画になりえたのに、すんなりと入ってこない。見方が浅いと言われたらその通りなんですが・・・。

すんなりと入ってこない原因はいろいろあると思いますが、一言でいえば、趣味が悪い(笑)
例えば、『HERO』のジェットとドニーの対決。あれも、一歩間違えばとんでもないことになりそうなところを、あれは素晴らしかったじゃないですか。あの頃は趣味がよかった(笑)

じぁ、趣味が悪くなってしまった原因は何かと考えてみましたが、チャン・ツィイーに骨抜きにされた、これしかないでしょう(爆)
micchii |  2008.04.21(月) 14:18 |  URL |  【コメント編集】

■寄せて~あげて~

寄せてあげてにクギづけの私です。もちろんジェイ・チョウにクギづけになる予定で観に行き、そちらにもクギづけだったんですが、予想外に寄せてあげてパワーが大きかった.....。

ところで、黒装束舞台の屋敷へのあの迫り方ですが、
今までにない新しい手法ですよねー!
ワイヤーで役者を飛ばすのは皆やってるから、
ワイヤーを逆に見せて活かしちゃおう!って発想なんでしょうかね。すげー長い!しかも竹筒使うのか!とちょっとおののきました。
rivarisaia@春巻 |  2008.04.18(金) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

■うーむ、そうですか

TBありがとうございました。早速に感想を拝見しに参りました。
なかなかに手厳しい(笑)
私は、キンキラキンも、“寄せて上げる”も、飛びまくりのアクションも、派手な打ち上げ花火も、何事もなかったかのように粛々と元通りにされる菊の花も…ある意味“欲”の象徴、あるいは“欲”を満たすモノの象徴だと思ったんですよね。
で、そんなもんいくらあっても決して幸せではないんだと。
だからこそそれらをバカバカしいほどに描いたんではないかなと思ったのですよ。(もちろん“趣味”でもあるんでしょうが/笑)
ゆえにラストカットが活きた。
私はコレ見て、人間“悟る”べきだなと思いましたね。

『単騎、千里を走る。』は、それなりによい作品でしたよ。
淡々としてて、健さんはいかにも健さんで…ドキュメンタリーっぽいかな。
が、作品を真に理解するには、自分はまだ若すぎると思いました。
いえ、父子の物語なので、オンナには永遠にわからないのかもしれないなとも思う作品でした。
けろにあ |  2008.04.18(金) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/674-cd80fa11

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

【2008-96】王妃の紋章(満城尽帯黄金甲)

人気ブログランキングの順位は? 王家の掟 ──憎しみあうこと ──愛しあうこと ──殺しあうこと 中国史上、最も栄華を極めた唐王朝後の時代、黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実。
2008/04/27(日) 22:09:10 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

『滿城盡帶黄金甲(邦題:王妃の紋章)』(簡体字字幕)

日本では昨日ついに公開されたのですよね。 一時は公開が白紙になったとかいう話で、当初の予定よりずいぶん遅れたようですが、無事公開され...
2008/04/18(金) 17:42:17 | けろにあ・みだすのつぶやき

▲PageTop

 | BLOGTOP |