2008.03.26

『プロフェッショナル』(リチャード・ブルックス)

プロフェッショナル

「少年を男にする女もいれば、男を少年にする女もいる」

今回は、メンバーがたまらない『プロフェッショナル』です。

牧場主グラントから、誘拐された妻を取り戻してくれと依頼された3人の男。

リーダー格で射撃の名手でもあるリコにリー・マーヴィン。

馬の扱いに長けたハンスにロバート・ライアン。

偵察と弓の名人ジェイクにウディ・ストロード。

ここまででもたまらない顔ぶれですが、もう一人必要だとリコが呼んだダイナマイトのスペシャリスト、ビルにバート・ランカスター。

プロフェッショナル バート・ランカスター リー・マーヴィン ロバート・ライアン ウディ・ストロード

さらに、その牧場主グラントには、“ケイリー・グラントに女を横取りされる善良な男”を演じたら右に出る者はいないラルフ・ベラミー。
今回も善良な夫かと思いきや…。

誘拐したのはメキシコの革命派のリーダーであるラザ。
ここにジャック・パランス!

一ひねりきいているのは、リコとビルはかつてはメキシコ革命に身を投じた同士であり、ラザともかつては共に戦った同士だという点。

革命に失望し離れた二人ながら、いまだに共感できる部分は残っており、救出作戦中にラザを殺せる機会がありながら、殺せずにやり過ごす二人。
それが、思わずニヤリとなるラストに繋がっていきます。

さて、これまでのメンバーだけでも十分豪華なわけですが、誘拐された妻というのがなんと、クラウディア・カルディナーレ!

『ウエスタン』でも、あの超豪華な顔ぶれの中、紅一点抜群の存在感を放っていたCCですが、今回も、暑苦しい顔ぶれの中に咲いた一輪の花(笑)

ただ、今回はCC自身も小汚い格好をしているので、花は少し苦しいか。
それでも、炎天下の砂漠を移動する場面では、不必要に胸をはだけ、汗だくのCC。
監督、よくおわかりで(笑)

プロフェッショナル クラウディア・カルディナーレ ウディ・ストロード

痺れるのはリコとビルのやりとり。

ビルはリコたちに協力するように見せて、実は近くに眠る金塊が目当てだったわけですが、それを明かした時の会話。

「女を連れ戻すと約束した」
「グラントとの約束なんて」
「俺との約束だ」

プロフェッショナル バート・ランカスター リー・マーヴィン

傑作というほどの映画でもありませんが、役者の顔ぶれを眺めているだけでも楽しめる映画。

ちなみに、冒頭の言葉はリー・マーヴィンの台詞です。
似合わねー(笑)



[原題]The Professionals
1966/アメリカ/118分
[監督・脚本]リチャード・ブルックス
[撮影]コンラッド・ホール
[音楽]モーリス・ジャール
[出演]バート・ランカスター/リー・マーヴィン/ロバート・ライアン/ウディ・ストロード/ラルフ・ベラミー/ジャック・パランス/クラウディア・カルディナーレ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ウエスタン』(セルジオ・レオーネ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/665-7c1d7df3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |