2004.10.25

『雨に唄えば』(ジーン・ケリー/スタンリー・ドーネン)

雨に唄えば

今回は当ブログ初のミュージカル映画です。
そしていきなり最高峰の1本、『雨に唄えば』です。

ミュージカル映画に説明はいりません。
オープニングからエンディングまでとにかくニコニコ御機嫌。

オープニングのジーン・ケリーとドナルド・オコナーとデビー・レイノルズの3人でのレインコートに雨靴に傘での“Singin' In The Rain”、ジーン・ケリーとドナルド・オコナーがバイオリンを弾きながら踊る“Fit As A Fiddle”、同じ二人が発声練習中に歌って踊る“Moses Supposes”、またまた3人での“Good Mornin'”等々、珠玉の歌と踊りのオンパレード。

中でも抜きん出て傑作なのが次の2曲。

まずは、あまりにも有名なジーン・ケリーの雨の街中での“Singin' In The Rain”。


歌い始めからずっと圧倒的ですが、水たまりでバシャバシャ水を跳ねながら踊るくだりはまさに圧巻。

自分は基本的に雨は好きではありませんが、土砂降りの雨の日に観ていたら、思わず傘も持たず家を飛び出してしまいそうなほど、このシーンはほんとに映画史上に残る傑作!

雨に唄えば 傘

ただ、もっと凄いと思わせるのが、映画の撮影場でのドナルド・オコナーの“Make 'Em Laugh”。


壁を使っての宙返り等々、天才としか言いようがありません。
至芸とはまさにこれ。

サイレントからトーキーに変わった時期の時代設定なため、その当時のドタバタぶりがわかるなど勉強になる一面もありますが、そんな難しいことはどうでもいい。

とにもかくにも歌と踊り。
現在のような凄い技術がない50年も昔、自らの声と体だけで魅せた至高の芸の数々。

50年も前の作品ですが、50年後に観てもこの感動、この先何年経とうがこのこの映画の魅力が失われることはないでしょう。



Apple Musicでサントラを聴く♪


[原題]Singin' in the Rain
1952/アメリカ/102分
[監督]ジーン・ケリー/スタンリー・ドーネン
[製作]アーサー・フリード
[出演]ジーン・ケリー/ドナルド・オコナー/デビー・レイノルズ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『雨に唄えば』のポスター集
『雨に唄えば』製作60周年記念リマスター版Blu-ray発売!
『バンド・ワゴン』(ヴィンセント・ミネリ)

 

TB(9) CM(10) EDIT

*Comment

■>すかあふえいすさん

初めまして、TB&コメントありがとうございます。
返事が遅くなり申し訳ありません。

今観ても最高峰というのが凄すぎますよね。

まさに「土砂降りを吹き飛ばすようなエネルギー」、雨は好きじゃないのに、土砂降りの雨の中に傘もささずに飛び出したくなる時があるのは間違いなくこの映画のせいです(笑)
micchii |  2016.09.26(月) 22:39 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして。

はじめまして。こんばんわです。

私もこの映画大好きです。今見てもジーン・ケリーのダンスと軽快なシーンの連続でメチャクチャ楽しく面白いのが凄い。

土砂降りを吹き飛ばすようなエネルギーを貰える、最高の映画です♪

TBさせていただきます!

すかあふえいす |  2016.09.16(金) 22:17 |  URL |  【コメント編集】

■>FROST様

TB&コメントありがとうございます。
「そんな難しいことはどうでもいい」と書いてしまいましたが、トーキー移行時の様子はほんとにわかりやすいですよね。
それにしても、『Make 'Em Laugh』は何度観ても凄すぎて言葉を失います。
『ザッツ・エンタテインメント』の中で、錚々たる顔ぶれの現在の姿が出てくるじゃないですか。ドナルド・オコナーもいいおじさんになっていて、なんか感慨深いものがありました(笑)
micchii |  2006.10.24(火) 12:53 |  URL |  【コメント編集】

micchiiさん、こんにちは。TBさせていただきました。
>50年も前の作品ですが、50年後に観てもこの感動
まさに、その通りですね。歌も踊りもダンスも素晴らしい、個人的にベスト3に入る映画です。ドナルド・オコナーはすごいですよね。『Make 'Em Laugh』は毎回見るたびに感心するのですが、今回もやはりまじまじと見てしまいました。天才だ。
私の方の記事は”難しい方”から迫ってますがよろしければ見てやってください・笑
FROST |  2006.10.21(土) 15:25 |  URL |  【コメント編集】

■>まいじょ様

TB&コメントありがとうございます。
自分はミュージカル映画大好きですが、ミュージカルが苦手でも楽しめましたか。
記事中にありましたように、映画界の内幕部分も楽しめますしね。
それにしても、歌と踊りはどのナンバーもほんとに素晴らしいですね!
micchii |  2006.09.25(月) 13:21 |  URL |  【コメント編集】

■ミュージカル嫌いでも

ミュージカルが苦手の私にもこの映画は楽しめました。余計に思われる歌と踊りのシーンも、あれだけ素晴らしい技の連続だと文句もいえません。
まいじょ |  2006.09.24(日) 17:21 |  URL |  【コメント編集】

■>カイロ君様

コメントありがとうございます。
何度観ても素晴らしいですよね。
梅雨のこの季節、なぜか観たくなります(笑)
micchii |  2006.06.28(水) 13:54 |  URL |  【コメント編集】

■もってまーす

これは絶品ですよね。
私も何十回と見てますよ。
カイロ君 |  2006.06.27(火) 12:25 |  URL |  【コメント編集】

■>YOSHIYU機様

こちらこそコメントありがとうございます。
ジーン・ケリーのダンスが素晴らしいのは言うまでもないんですが、感想にもありましたように、ドナルド・オコナーが凄すぎますよね。
まさに至芸、恐れ入りました。
micchii |  2006.03.11(土) 12:59 |  URL |  【コメント編集】

■TB有難うございます。

ケリーとシド・チャリシ-のダンスも
美しかったです。
ジーン・ヘイゲンの演技も、良かった。

YOSHIYU機 |  2006.03.10(金) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/66-22f2f070

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「雨に唄えば」-土砂降りを吹き飛ばすようなエネルギー!!

「Singin' in the Rain」 ★★★★☆(大傑作) 個人的にミュージカル映画の最高傑作、一番好きな映画はコレ。 ミュージカル映画というとゆったりした歌とかで退屈な作品もあったりしますが、この映画はとにかく激しくかつアクロバティックな踊り&歌ばかりで退屈する暇がありませんでした。なんせ冒頭から歌って歌いまくるのですから! ...
2016/09/16(金) 22:16:38 | すかあふえいすの「映画に狂って・・・」

「雨に唄えば」

またもや「午前十時の映画祭」での名画観賞。今回は、MGMミュージカルの傑作を。
2010/03/14(日) 19:14:30 | 或る日の出来事

映画:雨に唄えば

「雨に唄えば」1952年(A)監督、出演:ジーン・ケリー「演技には、いい台詞がなきゃ」わたしに、初めて、ミュージカルの楽しさを教えてくれた思い出の1本です。映画界が、サイレントからトーキーに移り変わる激闘の時代でハリウッド...
2006/12/01(金) 02:35:11 | 新・ぴゅあの部屋

雨に唄えば 1952年/アメリカ【DVD#126】

『雨に唄えば』は、第一級のミュージカル作品ですが、同時にトーキー誕生時のハリウッドの様子を垣間見ることができる貴重な映画でもあります。
2006/10/21(土) 15:26:30 | オールド・ムービー・パラダイス!

雨に唄えば

 ジーン・ケリー主演のダンス・ミュージカル。いかにもMGMらしいエンターテインメント作品ですが、映画界の内幕をばらす脚本がよくできています。ミュージカルが嫌いという人も、この映画は観られるかもしれません。 1927年、世界初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」が
2006/09/24(日) 17:18:41 | お楽しみはこれから!

雨に唄えば/ジーン・ケリー

ミュージカル映画といえば「ウエスト・サイド物語」や「サウンド・オブ・ミュージック」、「シェルブールの雨傘」などから、最近では「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ムーランルージュ」「シカゴ」など、多くの名作が残されています。中でも私が最も好きなのがこの「雨に唄
2006/06/27(火) 00:55:08 | 文学な?ブログ

-

管理人の承認後に表示されます
2006/06/22(木) 00:29:02 |

『雨に唄えば』 梅雨でも唄おう♪

ほんと昔の名画って、今観ても名画だなぁ、と思う1本。ド派手なセットだとか、何でもできるCGだとかが、あるわけでもないのに、ほんとに「映画って楽しい!映画って素晴らしい!」って思える。この頃のワクワク感っての?この時代の、勢いだとか、作っている人たちの、狂躁
2006/06/17(土) 12:14:32 | *モナミ*

『雨に唄えば』’52・米

あらすじ人気絶頂の映画スターのドン(ジーン・ケリー)とリーナ(ジーン・ヘイゲン)だったが、トーキー映画の登場で窮地に立たされる。ドンの親友コズモ(ドナルド・オコナー)は、悪声のリーナの吹き替えをキャシー(デビー・レイノルズ)にやらせようと提案するのだが..
2006/03/09(木) 23:57:08 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

▲PageTop

 | BLOGTOP |