2004.10.22

『アパートの鍵貸します』(ビリー・ワイルダー)

アパートの鍵貸します

今回は、『情婦』に続いて2本目のビリー・ワイルダー作品から、『サンセット大通り』と並んで彼の代表作と言われている作品。

観て早々オールタイムベストにも入れたように、たまらなくを通り越して死ぬほど好きな作品。

保険会社のしがない平サラリーマンのバドは、上司たちの情事用に自らのアパートの部屋を貸す。
しかし、ある日連れ込まれた女性は、前から想いを寄せていたエレベーター・ガール、フランだった…。

アパートの鍵貸します ジャック・レモン シャーリー・マクレーン

まず触れなくてはいけないのがタイトル。最近は原題をそのまま片仮名にしただけという安易な、そしてわかりにくい邦題が多い中、昔の映画には素晴らしい邦題がたくさんありますが、本作も傑作の一つ。
『The Apartment』を『アパートの鍵貸します』としたのは、映画の内容を一言で表していて見事の一言。

ヒューマン・コメディともラブ・コメディとも言える作品ですが、コメディというジャンルにおいて、完璧という言葉も許されるであろう傑作中の傑作。

しかも、この映画のポイントは、ただ笑えるだけのコメディに終わらず、哀愁漂うコメディだということ。こんな映画はそうはありません。
当ブログでイギリス映画についてよく使う“悲哀とユーモアのバランス”、この映画はアメリカ映画ですが、まさにその最高峰でしょう。

その悲哀を見事に魅せてくれたのは、名優ジャック・レモンの極上の演技。
可笑しさと哀しさをこうも両立させられる俳優は他にいないでしょう。
対するシャーリー・マクレーンの飛びきりの可愛さ!

オープニングにナレーションから始まるのがビリー・ワイルダーの映画ですが、今回のナレーションも秀逸。
ジャック・レモン扮するバド、彼の勤務する会社の本社の従業員は31259名、その数字、そして信じられないくらい広いオフィスの映像が、いかにバドがただのしがない平サラリーマンでしかないかということを、一瞬にして観客にわからせてくれます。

先ほど書いたように、バドは自らのアパートを上司たちの情事の場所に提供しているわけですが、そのため、帰りたい時間にも帰れず、夜中に突然電話がかかってきて今から貸してくれと追い出されたり、それでも彼らに部長に掛け合ってもらって昇進したいバドは断れません。夜中に家を追い出され、一人夜の公園のベンチで佇むバド…。

仕事中に、上司たちに次々と電話をかけ、“日程調整”するシーンは抱腹絶倒。
偉そうに部下たちとしゃべっていた上司たちが、バドからの電話に急にまじめに話し出すあたりも笑えます。

アパートの隣人の医者には、バド自身が次々に女性を連れ込んでいると勘違いされているため、その“鉄製”の体を献体するよう遺言に書いてくれと頼まれる始末。
その勘違いのため、部屋から追い出される時に、“お静かに 近所から苦情が出ています”とメモを残していくあたりも、相変わらずビリー・ワイルダーの話術の見事なところ。

小道具の使い方も抜群。テニスラケット、拳銃、シャンパン、中でも、割れた手鏡でバドがすべてを悟るシーンはほんとにうまい!

アパートの鍵貸します 割れた手鏡

先ほど哀愁という言葉を使いましたが、フランに、実はデートなんだと見知らぬ女性のことを指差しながら、彼女が去った後一人売店で本を買うシーン、隣人の医者に「“女は使い捨て”が主義で」と心にもないことを言うシーン、ともにきます…。

極めつけは、テニスラケットの上に残った1本のスパゲッティ。
テニスラケットの上のスパゲッティがこれほどの哀愁を漂わせるなど、後にも先にもこの映画だけでしょう。

アパートの鍵貸します テニスラケット スパゲッティ

バドがフランに言う「I love you」、今までいろんな映画で何百回と聞いてきた「I love you」ですが、これほど響いたのは初めて。

最後の最後までお互いにファーストネームで呼ばないところも素敵。

そして、どこで出てくるシーンかは観てのお楽しみですが、二人でカードをやる時の、シャーリー・マクレーンの極上の笑顔。

アパートの鍵貸します ジャック・レモン シャーリー・マクレーン

ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンの最高のコンビに、完璧な脚本、完璧な演出、見事な伏線、何気ない極上のセリフの数々、そして至福のラストシーン。

悲しくて、可笑しくて、切なくて、温かい、極上の1本。



[原題]The Apartment
1960/アメリカ/125分
[監督]ビリー・ワイルダー
[脚本]ビリー・ワイルダー/I・A・L・ダイアモンド
[出演]ジャック・レモン/シャーリー・マクレーン/フレッド・マクマレー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
ビリー・ワイルダー監督『アパートの鍵貸します』Blu-ray発売!
『情婦』(ビリー・ワイルダー)

 

TB(11) CM(8) EDIT

*Comment

■>ディープインパクトさん

こんばんは、またまたTB&コメントありがとうございます。
今はオールタイムベストを100本に増やしましたが、20本だった頃から入れている、ほんとに大好きな映画です。
思いっきりコメディとしても、逆にもっとシリアスにも撮れる題材ですが、感想の最後に書きましたように「悲しくて、可笑しくて、切なくて、温かい」、この題材をこのバランス感覚で撮れる監督は他にいないと思います、まさに名人芸ですね!
micchii |  2013.09.28(土) 00:44 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

 僕もこの映画がマジで好きです。僕が映画にはまる切っ掛けとなった作品です。笑いと悲哀がこれほどうまく描かれた映画はないですね。ワイルダー監督の名人芸が凄く活かされた作品だと思います。もっとみんなにこの映画を観て欲しいと思います。
ディープインパクト |  2013.09.27(金) 18:29 |  URL |  【コメント編集】

■>ゴーシュ様

TB&コメントありがとうございます。
ほんとにこの映画は完璧ですね。
記事中にありました、帰宅時のジャック・レモンの演技、あれぞまさに至芸ですよね。

「フローズン・ダイキリ」、昔は「冷えたダイキリ」だったんですね!(笑)
初めて知りました・・・。

ビリー・ワイルダーの作品は、ほんとに思わず「いやぁ,映画って本当にいいもんですね…」と呟きたくなりますよね。
こういうのって、ワイルダーの他は、やっぱりお師匠さんのルビッチ作品もそうですね。
micchii |  2006.09.11(月) 13:43 |  URL |  【コメント編集】

■ジャック違いですが.

こんばんは.「24 シーズンV」のせいでこんな時間にお邪魔しています….
久々に書きまして,micchiiさんのところへTBさせていただきました! 愛情溢れる記事内容にほっとします.この完璧な作品を見て,フローズン・ダイキリが好きになりましたが,最近口にしてませんねぇ…そういうストーリーのある酒は. それではお休みなさいませ.
ゴーシュ |  2006.09.10(日) 03:59 |  URL |  【コメント編集】

■>まいじょ様

こちらにもTB&コメントありがとうございます。
バート・ランカスターの「エルマー・ガントリー/魅せられた男」も、エリザベス・テイラーの「バタフィールド8」も未見なので何とも言えませんが、二人が獲れなかったのは残念ですね。
といっても、近年でもアカデミー賞は納得できない結果ばかりですが。
マクレーンが走り出してから「黙って配って」までの5分くらいは、ほんとに至福の時間ですね。
micchii |  2006.09.01(金) 15:23 |  URL |  【コメント編集】

■アカデミー賞の不思議

ジャック・レモンとシャーリー・マクレーン、この二人に主演男優賞と主演女優賞を授けなかったのは、オスカー史上これほど不当な評価もめずらしいといわれています。
さわやかなハッピーエンドでした。
まいじょ |  2006.08.31(木) 21:48 |  URL |  【コメント編集】

>くるっぱー様
初めまして、TB&コメントありがとうございます!
“恋の切なさ、喜び”、特に切なさがいいですよね。
コメディなのにどこか哀愁が漂っていて、それでいて全然暗くない。なかなかできるものじゃないと思います。
すでに何回も観ていますが、これからも繰り返し観ることになるであろう大切な1本です^^
micchii |  2005.03.11(金) 22:50 |  URL |  【コメント編集】

■アパートの鍵貸します

はじめまして、私もこの映画が大好きです。
恋の切なさ、喜び そんなものを
小粋に描いてくれてますね。
どろどろした部分でさえ洒落た感じに見せてくれて、

>ジャック・レモンとシャーリー・マクレーン>の最高のコンビに、完璧な脚本、完璧な>演出、見事な伏線、何気ない極上のセリ>フの数々、そして至福のラストシーン。

というのに本当に同感です。
邦題もほんとに巧いですね。

この映画について書いたのでTBさせていただきました。
くるっぱー |  2005.03.11(金) 02:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/64-9604259a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

映画 アパートの鍵貸します(1960) 名人芸を堪能できます

 シリアスなサスペンスからロマンティックコメディまで幅広い分野において多くの名作を世に送り出した名匠中の名匠ビリー・ワイルダー監督。そんな彼のいかにも洗練されたユーモアおよびストーリーテラーとしての才能が発揮された作品が今回紹介する映画アパートの鍵貸し...
2013/09/27(金) 18:30:31 | ザ・競馬予想(儲かるかも?)

【アパートの鍵貸します】

ジャック・レモンの名作。 保険会社で働くパドは上司の情事の ために自分の部屋を貸すことに。 だが、相手の女性は自分の憧れの女性で あることに気づいてしまう。 出世とるか、 それとも女性を選ぶか、 バドが選んだ答えは……? 笑いも切なさもある傑作恋愛映画だと思..
2008/02/23(土) 10:42:43 | Watch IT!

No One's Perfect .

-ビリー・ワイルダー 監督/ジャック・レモン 主演-原題「SOME LIKE IT HOT」 邦題「 お熱いのがお好き 」1959.4 日本公開 アメリカ 121min モノクロ/Eビスタいやぁ,映画って本当にいいもんですね…この言葉ってビリー・ワイルダー作品を見て出たのが最初なんじゃないかしら
2006/09/10(日) 03:34:27 | 15夜通信

アパートの鍵貸します

 ジャック・レモン演ずる保険会社のサラリーマンは、会社の上役たちの不倫の場所として自分のアパートを提供し、その見返りにみるみる出世していくという、まったく調子のいい男です。 上のオフィスのシーンは、手前から奥へいくにしたがいデスクもエクストラの人間も徐々
2006/08/31(木) 21:48:47 | お楽しみはこれから!

theApartment(アパートの鍵貸します)

ビリー・ワイルダーのほろ苦い、笑いあり、涙ありのラブ・ストーリーです。何回も見てるんですがメチャメチャいいです。最後は泣きました。ニューヨークの保険会社で働くバクスターは出世のため上司の情事に自分のアパートをラブ・ホテル代わりに提供していた。ある日バク..
2006/04/19(水) 00:42:23 | シネマうさぎ

『アパートの鍵貸します』(’60・米)

原題:THE APARTMENT監督・製作・脚本はビリー・ワイルダーBilly Wilderである。この作品でアカデミー作品、監督、脚本賞を獲得した。脚本・製作は監督とゴールデン・コンビのI.A.L.ダイアモンドI.A.L.Diamond。主演は監督と名コンビのオスカー俳優ジャック..
2006/02/25(土) 22:58:41 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

映画「アパートの鍵貸します」

先日レンタルしたビデオの内の一本です。実は私、映画が好きとか言いながら、薀蓄(うんちく)はほとんどありません。性格でしょうか、すぐに忘れてしまうんですね。ただ、観ることが好きなだけなのです。監督が誰とか、俳優が誰とか、憶えてもすぐに忘れてしまうので、自然
2005/05/30(月) 20:34:01 | お気楽ぅ~

「アパートの鍵貸します」。

こんにちは。ゴールデンウイークに映画でも、というかたにおススメしたい映画の1つです。有名な映画ですから観たことある人も多いのではないでしょうか。ビリー・ワイルダー監督の1960年の映画、白黒ですが最高に面白いです。どういう話なのかというと、「出世の足掛か
2005/05/16(月) 02:19:52 | 日記でも書いてみようか・・・

お熱いのがお好き ☆☆☆☆

{{{:禁酒法時代のシカゴで、売れないバンドマンのジョーとジェリーは暗黒街一味による殺人現場を目撃してしまったことから、ヴォーカルのシュガー(マリリン・モンロー)をはじめとする女性ばかりのバンドに女装してまぎれこみ、マイアミへ逃れるのだが…。}}}コミカルだけど
2005/05/08(日) 18:27:32 | どうしたい?どうなりたい? 強気なわりに心配性なワタシの日常

アパートの鍵貸します

アパートの鍵貸します  1960/アメリカ  ★★★★★監督 ビリー・ワイルダー出演 ジャック・レモン / シャーリー・マクレイン ピリッとした味のある、洒脱な会話が文句なしに良い。 大量生産大量消費社会の安易な批判に走らず、あくまで人情とユーモアを追及する監
2005/04/16(土) 12:15:08 | Cinema-Absolutism

◆アパートの鍵貸します (ビリー・ワイルダー)

小粋な台詞もたくさんあって、恋しているときの切ないや嬉しいもいっぱいあってほんとに可愛くて素敵な映画です。
2005/03/11(金) 02:28:22 | 天つば↑↓CINE TALK

▲PageTop

 | BLOGTOP |