2007.11.13

『ボーン・アルティメイタム』(ポール・グリーングラス)

ボーン・アルティメイタム

「少し休め、疲れた顔してる」

『ボーン・スプレマシー』の時に、次は絶対劇場に行きますと書きましたが、予告通り行ってきました。

ジェイソン・ボーンも凄いですが、エシュロン凄すぎ(笑)
まずはこれが率直な感想。

個人情報保護法がどうのこうのと騒いでいる日本があほらしくなるくらい、プライバシーも何もあったものじゃない。
ヘタな言葉を喋ったり、メールに書こうものなら、日本の片田舎ということを差し引いても、30分もあればCIAが拘束しに来そうで怖い。

以前、4000カットという尋常ではないカット数についてのニュースに触れましたが、オープニングから“普通とは違う”というのは明らか。
アクション映画を見慣れていない方には、映像についていくだけでも精一杯かもしれません。

ただ、畳み掛けるようにカットを重ねようと、“見せるところは見せる”のがこのシリーズ。
今回も、たっぷりプロの技を堪能させてくれます。

しかも、プロの技というのが、“日常的”なのがこのシリーズの醍醐味。
一般人なら誰も持っていないような、凄い武器を駆使して戦うというのではありません。
確かに銃やちょっとした物も持っていますが、いざという時に決め手となるのは、どこにでもある普通のもの。

『ボーン・スプレマシー』では、雑誌とトースターを使った簡易時限爆弾装置が出てきましたが、今回はタンジールでの攻防でスプレー缶が活躍していました。

あと、前作までは、いかにジェイソン・ボーンが強いからといって、ちょっとCIA弱くない?という感じでしたが(一部手強いのもいましたが)、今回のタンジールの殺し屋はかなり強い。
最後はもみくちゃの接近戦になるところも、実際にああなるだろうなぁという説得力があります。

さらに、女性が絡んで来ないのもこのシリーズの素晴らしいところ。
協力してくれる女性も一応いますし、結構出っ放しですが、甘い描写は一切無し。
2の冒頭であっさりとヒロインを殺してしまったシリーズだけのことはあります。

ボーン・アルティメイタム ジュリア・スタイルズ

そして、冒頭の台詞。キターーーーー!!!
あれだけエシュロンが凄いのに、2回も後ろを取られるなよとつっこんではいけません。
決め台詞ですから(笑)

ボーン・アルティメイタム ジョーン・アレン

でも、途中でこの決め台詞を出してしまって、その後大丈夫なの?と一瞬不安に。

案の定、研究室に着いてから、ストーリー上しょうがないとはいえ、それまで続いていたテンションが落ち着き、ややトーンダウン。
さあ、どうやってあの2に負けないカタルシスを味わせてくれる?

杞憂に終わりました。
今回もラスト巧過ぎ…。

1を遥かに上回る2を作り、それに大満足し要求度が上がっているファンを3でもあっさりと満足させる、ポール・グリーングラス恐るべし。

傑作。





[原題]The Bourne Ultimatum
2007/アメリカ/115分
[監督]ポール・グリーングラス
[出演]マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/デヴィッド・ストラザーン/ジョーン・アレン/スコット・グレン/アルバート・フィニー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ボーン・スプレマシー』(ポール・グリーングラス)
『ボーン・レガシー』(トニー・ギルロイ)
『ジェイソン・ボーン』(ポール・グリーングラス)
おすすめのスパイ映画30選 ~鉄板の古典から新作まで~

 

TB(15) CM(8) EDIT

*Comment

■>Carolitaさん

普通はアクションにお色気は欠かせないんでしょうが、このシリーズはあっては逆におかしいですからね。
年に1本しか劇場で観ないとしても、今年はこれですよ。それくらい、これを観ずして何を観るです。
しかも、このシリーズが大好きとのことなので、万難を排してぜひ!
micchii |  2007.11.20(火) 13:29 |  URL |  【コメント編集】

micchiiさん、こんばんは。
ご覧になられたのですね。ボーン・シリーズ、実は大好きです!

ぷぷぷっ、>女性が絡んでないところが素晴らしい で笑ってしまいました。
アクションにお色気はつきものだと思ってましたけど、
それが排除された分、ハードなアクションの裏にボーンが背負っているものの大きさがより胸に迫って集中できるから目が離せません。

それにしても、クールなマットは超セクシー!
「3」、やっぱ劇場がいいですよねっ?
Carolita |  2007.11.19(月) 23:00 |  URL |  【コメント編集】

■>rivarisaia@春巻さん

>「ゼッタイ、あんたら現実にやってるよね!」

実際やってるんでしょうが、問題は“ほんとにあそこまで凄いのか”ですね、映画だからと誇張されてるならいいんですが・・・。

エンドロール、日本語訳はいらないですよね。
あまりにはまりすぎなので、逆に笑えてきますよね(笑)
micchii |  2007.11.15(木) 14:12 |  URL |  【コメント編集】

■>Cardhuさん

2も3もラストはほんとに巧過ぎですよね。
ポール・グリーングラス、自分で作っておいて、自分で酔いしれてそうですねラストに(笑)

主題歌良かったと思いますよ、タイミング完璧でしたし。

2からもちゃんと繋がってましたね。
DVD出たら、もう一度通して観たいと思います。
micchii |  2007.11.15(木) 14:04 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

>マットは好きだし、アクション好きだし、女が出てこないものOK

完璧じゃないですか、何が不満なんですか(笑)

実は、hi-chanの言葉を借りれば、1は「フツーだった」んですよ自分も。
でも、劇場で見逃してDVDで観た2がむちゃくちゃ面白く、今回も同じように面白かったです。

2のボーン、

>疲れてませんか?

疲れてるんです(笑)
micchii |  2007.11.15(木) 14:02 |  URL |  【コメント編集】

■ほんとに、アレは凄すぎ

エシュロン、凄すぎです。ボーンは以前にも増して超人で、
ほとんど休みなしのハラハラモード全開でしたが、
ちょっと現実離れした主人公の超人っぷりの背後には、

「ゼッタイ、あんたら現実にやってるよね!」

というエシュロンだとか、CIA暗殺集団養成だとかが、
かいま見られるところがさすがです。あと、別の意味で凄いと思ったのが、最後に流れる歌の歌詞。
「極限の音は、俺の子守唄~」(ちょっと違うかも)って、笑いました。
rivarisaia@春巻 |  2007.11.14(水) 01:00 |  URL |  【コメント編集】

■ラスト

今回も巧かったですねーー!!
「1」のラストはありきたりなものだったので、ラストシーンへのこだわりはポール・グリーングラスによるものなのでしょう。主題歌がバージョン違いなのは賛否あるみたいですが、今回の映像にタイミングがあっていたので、私はよかったと思います。

あと・・・「2」でボーンの行動にはすべて理由がある、と唯一の理解者のようなセリフを言っていたのは伏線だったんですね。

傑作!
Cardhu |  2007.11.14(水) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

■なぜか・・・

ボーンシリーズはどうしても好きになれないのです。自分のレビューを読み返してみたんですが、何が気にいらないのか、はっきりは書いてませんでした。マットが老けて見えた(スプレマシーの時)、くらいしか・・・(爆)たぶん、自分でもよく分からないんだと思う・・・。
マットは好きだし、アクション好きだし、女が出てこないものOKだし、一体何が気にいらないんだろう???分からないので、この話題を見るたびに不安になるというか、イライラします(笑)。
今、劇場に行くならこれくらいしか観るのがないんですが、たぶん、行かないと思います(苦笑)。
TVでやってたので、スプレマシーを途中から観たのですが、観てる最中も不安でした。それは不安を掻き立てる音楽のせいでしたが(笑)。
hi-chan |  2007.11.13(火) 14:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/621-2f16ca1c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

(映画)ボーン・アルティメイタム

このシリーズは、初めて見るのですが展開がスピーディーですね。アクションシーンは、面白いし格闘シーンも見ごたえがありました。気になるのは、パメラとボーンの関係。記憶喪失前の二人は、恋人だったのでしょうか。
2009/11/03(火) 01:25:00 | ゼロから

ボーン・アルティメイタム

シリーズの完結編は、2作目と同じポール・グリーングラス監督。3作続けて鑑賞してみて、やはり初めて経験する面白さと展開の妙味と言えば第1作目『~・アイデンティティ』に軍配が挙がるところだろうけれど2作目は肉弾戦の迫力やカーチェイスの臨場感という新しい...
2008/08/24(日) 01:49:10 | Have a movie-break !

『ボーン・アルティメイタム』

ここ数日、体調がすぐれなくて寝込んでました。合間合間にネットサーフィンはしてたんだけれど、映画やDVDを観る気力もなく、基本は寝ていたので数日ぶりのブログ更新。。。 今日観たのは、劇場公開を見逃してしまったマット・デイモン主演の『ボーン・アルティメイタ?...
2008/04/02(水) 03:23:58 | cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー

【映画】ボーン・アルティメイタム…多分3本まとめて観るべき?…と花見

今日は雨{/kaeru_rain/}なんだけど、昨日は良い天気{/kaeru_fine/}だったので小倉城に花見{/s1_spr_sakura/}に行ってきました。 花見といっても嫁さんと娘を連れて行って、お弁当{/silver/}食べただけなんですけどね。 残念ながらまだまだ桜{/s1_spr_sakura/}は開いていな...
2008/03/31(月) 22:22:18 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

ボーン・アルティメイタム ~劇場にて~

  ボーン・アルティメイタム・・・評価  3.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   ...
2008/01/10(木) 10:11:38 | 三日月のしっぽ。

ボーン・アルティメイタム (The Bourne Ultimatum)

監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2007年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★★ スケールアップされた予算と火薬量の割に物語が薄かったり、広げ過ぎた風呂敷を収集する為に矢継ぎ早にイベントばかり起きたり、毛むくじゃらのチビッコが無敵の
2007/12/10(月) 01:18:27 | Subterranean サブタレイニアン

ボーン・アルティメイタム

2007年製作のアメリカ映画。全米初登場1位、興行成績$227,471,070のメガヒット。マット・デイモン扮する記憶を失った元CIA諜報員が自らの過去を取り戻すため世界中を駆け巡る大ヒット・スパイ・アクション・シリーズ完結編。目の前に次々と降りかかる危機を乗り越え、つ
2007/12/09(日) 11:05:52 | シネマ通知表

★「ボーン・アルティメイタム」

今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。その2本目。いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。シリーズ3作目で最終回という触れ込み。
2007/12/07(金) 03:56:21 | ひらりん的映画ブログ

映画「ボーン・アルティメイタム」

原題:The Bourne Ultimatumまるで海兵隊の狙撃兵のように・・!?・・完結編といわれているけど、このまま終わってしまうとはもったいない、是非とも物語の続きを書き上げて欲しい・・ なぜなら、非情な殺戮マシーン、そして思い悩むボーンの真実が、その背景が、あまりに
2007/11/30(金) 00:47:24 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

「ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM)」映画感想

上手い具合に連続記事になりました、公開初日に「ボーン・アルティメイタム」(原題
2007/11/23(金) 15:20:07 | Wilderlandwandar

『ボーン・アルティメイタム』

□作品オフィシャルサイト「ボーン・アルティメイタム」□監督 ポール・グリーングラス □原作 ロバート・ラドラム □脚本 トニー・ギルロイ、スコット・Z・バーンズ、ジョージ・ノルフィ □キャスト マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、ジョアン・アレン、デヴィ
2007/11/21(水) 17:42:55 | 京の昼寝~♪

ボーン・アルティメイタム 2007-60

「ボーン・アルティメイタム」を観てきました~♪イギリスの新聞ガーディアンが、ボーンとトレッドストーンに関する記事を掲載する。ボーンは、記事を書いた記者モスに接触し、自分自身の謎に迫ろうとするが、手際よく配置されたCIAによって殺されてしまう。しかし、ボー
2007/11/17(土) 08:14:19 | 観たよ~ん~

ボーン・アルティメイタム

さて、極限の超人(いや、ホントに)の完結編を観ました。『ボーン・アルティメイタム(The Bourne Ultimatum)』監督ポール・グリーングラス冒頭からいきなりクライマックス。そして、途中小休止はあるものの、ほぼそのままのテンションを維持して、最後まで突っ走り抜いた
2007/11/16(金) 02:57:48 | 春巻雑記帳

【2007-164】ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM)

人気ブログランキングの順位は?記憶を奪われ愛するものを殺され存在を抹消された男ジェイソン・ボーン<記憶をなくした暗殺者>失われた記憶を求めて戦いが始まる彼(ボーン)が「記憶」を取り戻すとき最後通告(アルティメイタム)が....
2007/11/16(金) 00:46:34 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

ボーン・アルティメイタム

自分を見つけました。生まれ変わります。
2007/11/14(水) 11:44:49 | Akira's VOICE

▲PageTop

 | BLOGTOP |