2007.09.29

アカデミー賞、『放・逐』のライバルたち

放・逐 ジョニー・トー

『放・逐』以外は1本も観ていないため、コメントのしようがありませんが、受賞歴を見る限り、強敵揃いなのは間違いなさそうですね~。

受賞すれば言うことなしですが、それは無理だとしても、ノミネートはなんとか達成してほしい。

ノミネートさえされれば、少しだけでも世界中に映画のシーンが流れますからね。

あと、アカデミー賞のレッドカーペットを歩くラム・シュー!(←そこかい!)

世界三大映画祭ではもはや常連のトーさんですが、アカデミー賞とは授賞式を見る人の桁が違うので、“ジョニー・トー”という名前が一気に広まるチャンスです。

アカデミー外国語映画賞エントリー作品といえば、こんな過去もありました。

香港代表 『フルタイム・キラー』

それでいいのか香港映画界!
もちろんノミネートはされてません(笑)

さて、『フルタイム・キラー』の百億倍は凄い『放・逐』ですが、ノミネートに滑り込めるでしょうか。
以前からオファーが殺到しているように、ハリウッドでも評価の高いトーさんですが、映画のジャンル的に厳しいかなぁ…。

eiga.com <G・トルナトーレ監督「題名のない子守唄」が米アカデミー賞イタリア代表に>

(2007.09.29)


~2007.10.23追記~
中華圏から2本ノミネートされることはないと思うので、このニュースは大きい!

eiga.com<アン・リー監督新作、スタッフの国籍問題でアカデミー賞候補から外れる!>



→ジョニー・トーINDEX

 

TB(1) CM(4) EDIT

*Comment

■>けろにあさん

どれも手強そうですが、最大の問題はアン・リーですね。中華圏から2本はないでしょうから。
向こうはすでに作品賞に手が届くかというお偉い方ですから、外国語映画賞くらいは譲ってほしい(笑)
日本では特にアカデミー賞の影響は大きいでしょうから、ノミネートだけでも効果は期待できそうですよね。
『フル・タイムキラー』、反町の役が他の役者なら、案外いい映画かもしれません(爆)
micchii |  2007.10.01(月) 09:31 |  URL |  【コメント編集】

■>やっほーさん

残念ながら本当のようです(笑)
以前アンディが映画秘宝のインタビューで言ってました。
まだまだ未公開作品はたくさんありますからね~。
せめてDVDででも全部日本語字幕で観たいですね。
micchii |  2007.10.01(月) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

私も『放・逐』以外見てないので、他の作品のことはわかりませんが、受賞暦等を見ると強敵そうですね。
でも、ノミネートされるだけでも認知度アップするでしょうから、それに期待したいです。(特に日本での)
もちろん受賞したら狂喜乱舞、ビールかけやっちゃうかも(笑)

『フル・タイムキラー』、相方にも見せたんですが、伝説の殺し屋の役はアンディだと思ってたみたいで、反町だとわかった瞬間に見る気力を無くしてました。
トーさんも作る気力をなくしたのかも…。
けろにあ |  2007.09.30(日) 00:47 |  URL |  【コメント編集】

ほんと?
「フルタイム・キラー」・・・。
知らなかったわ。
びっくりニュースだ。

わたしも「放・逐」以外は見ていません。

ノミネートされるといいですね。

もう、利用できるものは何でもしたい。

あわよくば、未公開のトー作品の劇場公開、DVD化に繋げたい。

やっほー |  2007.09.29(土) 22:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/601-7456414d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『放・逐』アカデミー賞外国語映画賞香港代表に

先日のエントリでアカデミー賞外国語映画賞香港代表は『放・逐』が有力らしいと書きましたが、昨日?一昨日?正式に決定したようです。拍手~!杜?峰《放・逐》将代表香港“申奧...
2007/09/30(日) 01:09:44 | けろにあ・みだすのつぶやき

▲PageTop

 | BLOGTOP |