2004.10.14

『遠い空の向こうに』(ジョー・ジョンストン)

遠い空の向こうに

今回は、自分にとって泣ける映画のトップに君臨する作品です。

前に、『リトル・ダンサー』について書いた時に、“イギリス映画必殺の炭鉱もの、そして選に漏れず泣けます…”ということを書いたんですが、今回はイギリス映画ではなくアメリカ映画ですが、またもや炭鉱もの。

それにしても、なぜこんなに炭鉱ものは泣けるんでしょう。
それはやっぱり、昔気質の男たちと、そんな男たちを支える女性たち。そして、ケン・ローチ作品の時に何度か使いましたが、“底辺にいる人々の日常”。

父も、周りの男たちもみんな炭鉱夫。そして自分も当然のごとく炭鉱夫。
運良くスポーツで奨学金をもらえて大学に行けた一握りの人間以外は、それ以外に選択肢がない生活。
それを嫌だと思うまでもなく、当然のこととして受け止めている人々。

そんな日常から抜け出すための、きっかけ、希望、夢。
『ブラス!』ではブラスバンド、『リトル・ダンサー』ではバレエでした。

今回はロケット。
冒頭、ソ連が人口衛星の打ち上げに初めて成功したというニュースがラジオから流れます。
その世界的なビッグニュースは、この片田舎の炭鉱の町にも、ラジオからですが流れたのです。

その姿が肉眼でも見えるということで、人々が今か今かと空を見上げます。
スプートニクのその姿に、まるで天の声を聞いたかのように、運命的なものを感じた一人の少年。

遠い空の向こうに ジェイク・ギレンホール

自分もロケットを作るんだ!ここから彼と3人の仲間、“ロケット・ボーイズ”の奮闘が始まります。
ロケットといってもいわゆるあの大きなロケットではなく手のひらサイズですが、それでも数キロは飛びます。

一人オタクっぽい少年がいて博学ですが、基本的にはみんな科学的知識など皆無です。
最初のロケットは当然のごとく失敗。次も失敗、その次も失敗、その次も…。

あらぬ方向に飛んでいったロケットが火事騒ぎを起こし逮捕までされるなど、一難去ってまた一難という展開ですが、そんな彼等にも理解者はいました。この映画には欠かせないライリー先生です。
校長に怒られたりする4人を毎回かばい、夢をもって挑戦し続けることがいかに大切なことか、いつもいつも背中を押してくれるのです。

遠い空の向こうに ローラ・ダーン

しかし、主人公の前に立ちはだかった最大の壁は、自らの父親でした。
町の男たちは皆が皆炭鉱夫なんですが、誰からも信頼の厚い、炭鉱夫の中の炭鉱夫。

昔気質という言葉はこの親父のためにあるのではと思わせるほど、頑固さ加減は半端ではありません。
この頑固な父親の存在も、炭鉱ものには欠かせません、『リトル・ダンサー』もまさにそうでした。

遠い空の向こうに クリス・クーパー

主人公の兄は、アメフトの特待生で奨学金をもらうような自慢の息子。
彼の試合にはいつも必ず観に来る父親も、主人公がロケットを飛ばすのを観に来てくれと言っても、仕事があるからと、一度たりとも観に来てくれません。

夢なんか見るなと、お前も炭鉱夫になり、そしてそれが当たり前なんだと、息子のロケットへの夢の前に立ちはだかります。

しかし、相変わらず父親は大反対ながらも、多くの人たちの助けもあって、ついにロケットの打ち上げは成功、“ロケット・ボーイズ”はなんと全米科学コンテストで優勝までしてしまいます。
4人とも奨学金をもらえて大学に行けることになり、晴れてこの“何もない町”から抜け出すことができたのです。

ここまででも十分に泣いていますが、ここからいよいよ号泣モードに突入。

最後にもう一度町のみんなの前でロケットを飛ばすから観に来てくれと、父親に言う主人公。
しかし、この期に至って、仕事が忙しいからと相手にしない父親。

さらに、主人公が憧れのヒーローであるブラウン博士に会えたのに気づかなかったことを皮肉ります。
それに対して主人公が言い放ったのが、この映画一番の名台詞。

遠い空の向こうに ジェイク・ギレンホール

「僕達、見解が一致しない事柄がある。
 いや、ことごとく全ての事で一致しない。
 でも、僕もひとかどの人物になれるはずだ。
 オヤジと異なるからじゃない、同じだからだ。
 同じくらい、分からず屋で強情だ。
 同じくらい、良い人間になりたい。
 確かにブラウン博士は偉大だが、ヒーローじゃない」

一度もロケットを飛ばすところを観に来てくれず、そんなことやめろと言われ、事あるごとに立ちはだかってきた父親。
しかしそんな父親も、町の誰からも信頼される炭鉱夫の中の炭鉱夫。
そして、父親にも実は、炭鉱にすべてを賭ける理由はあるのです。

そんな父親のことを、主人公は、自分の夢を理解されないつらさと同時に、誰よりも尊敬していたのです。
自分が夢をあきらめずに実現できたのは、親父譲りの頑固さのおかげだと、自分にとっての真のヒーローは他ならぬ親父なんだと。
ここはほんとにボロ泣き…。台詞良すぎ!

その言葉に、父親は何か返事をするわけでもありません、ただ黙って聞いているだけです。
それでも、こんなに立派になった息子のことが、誇らしくて誇らしくてたまらなかったことでしょう。

そしてまた、いつものように地下へと降りていきます。
息子が周りの炭鉱夫にコンテストの優勝メダルを嬉しそうに見せるのを、遠めに見ながら地下へと降りていく父親。
このシーンはほんとに極上…。

ここへきて、炭鉱ものということが、今までの2本より生きてくるわけです。
町の全てであり、父親の誇りでもあり全てでもある炭鉱、それは地面の下の世界です。
それに対し、息子が夢見、目指したのは空でした、この対比が素晴らしい。

遠い空の向こうに

そして、いよいよ打ち上げの時。
ロケットの名前は“ミス・ライリー”、このネーミングも号泣を誘う一因です。
ここから先は見てのお楽しみということで。

この映画が凄いのは、何といっても実話だということ。“ロケット・ボーイズ”もミス・ライリーも実在なわけで、実際の映像も流れます。
主人公の少年がこの映画の原作者でもあるわけですが、元NASAの科学エンジニア。この映画にもおおいに協力したようです。

さらに、話自体は事実が凄いんですが、映画としての一番の勝因は、頑固な父親役のクリス・クーパーでしょう。
『シービスケット』の調教師役も渋くて最高でしたが、彼なしにこの映画はありえません、100%どころか300%ハマっています。

主人公が自ら、成功する確率は“100万分の1”と言いますが、その100万分の1に賭け、その夢を現実にしてしまった少年たちと、彼らを支えた多くの人々の物語。

夢を持ち、夢を信じ、その夢のために努力し続けるということ。
すべての人に観てもらいたい、忘れかけていた大事な何かを思い出させてくれる、珠玉の名作。



[原題]October Sky
1999/アメリカ/108分
[監督]ジョー・ジョンストン
[出演]ジェイク・ギレンホール/クリス・クーパー/クリス・オーウェン/ローラ・ダーン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
“男ならこれで泣け!”BEST10
「レンタルビデオ屋始めました」バトン vol.2
『ブラス!』(マーク・ハーマン)
『リトル・ダンサー』(スティーヴン・ダルドリー)

 

TB(20) CM(14) EDIT

*Comment

■>D様

TB&コメントありがとうございます。
また見たくなったと、嬉しいお言葉ありがとうございます!
この作品は何度見てもとにかく泣けます。ほんとに大好きな1本です。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2006.08.15(火) 14:50 |  URL |  【コメント編集】

■この作品をたどって

文句なしに大好きな作品です!

記事を読んでいて、また見たくなってしまいました!!

TBさせていただきます♪
D |  2006.08.11(金) 10:20 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

ご覧になられましたか!
にじばぶさんの“7点の重み”は重々承知してますので、凄く嬉しいです。

“夢を持ち、夢を信じ、その夢のために努力し続けるということ”、言葉で言うほど簡単なことではありませんが、少しでも彼らに負けないようにこちらも努力したいものですね。
micchii |  2006.07.18(火) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

■観ました!

やっとこちらの作品を観ることができました!

“夢を持ち、夢を信じ、その夢のために努力し続けるということ。”

まさにその通りのことを感じることができる作品でした。
今の自分の状況と相まって、非常に勇気づけられる素晴らしい作品でした!

ご推薦ありがとうございました。
にじばぶ |  2006.07.14(金) 17:48 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

久しぶりに自分で読み返してみても「He isn't my hero」のところでうるうるきたので、レビューが素晴らしいんじゃなくて台詞が素晴らしいんだと思います(爆)
ただ、“この映画に対する愛情に溢れた”と言っていただけるのはほんとに嬉しいです。なんといっても“愛すべき映画たち”ですから(笑)

ジェイクのキラキラした表情良かったですよね。
最近キラキラしてるかなぁなんてちょっと自らを振り返ってみたりして・・・。

線路といえばやっぱり「STAND BY ME」ですよね。これはやっぱり「STAND BY ME」ごっこやるしかありませんかね?(笑)

この映画、いまいちマイナーなのがほんとに残念です。埋もれさせるにはあまりにもったいない!
一人でも多くの人に観て欲しいと、心からそう思います。

あと、自分もいつか父親になったら、息子と観る映画はこれと決めています(笑)
micchii |  2006.04.14(金) 13:35 |  URL |  【コメント編集】

■埋もれてました。

全然知りませんでした。この映画の存在を。
某所でジェイク・ギレンホールが出演している映画なら、これがオススメと紹介されていて、じゃ見てみるかな~と軽い気持ちで観たのですが、私もボロ泣きでした。
今、micchiiさんのレビューを読んで、またうるうるしてしまいましたよ。「HERO」のレビューを読んでうるうるした時のことを思い出しました。
この映画に対する愛情に溢れた素晴らしいレビューですね。私は思いつくままにダラダラ書いてるので、少しは見習わなくては!

私がこの映画で印象に残ったのは、ジェイクのキラキラした表情でした。夢を追いかける時の情熱を思い出します。それだけで胸が熱くなりました。
線路のシーンでふと「STAND BY ME」を思い出しましたよ。
もちろん、クリス・クーパーの演技も素晴らしかったですね。
ロケットの打ち上げに成功しただけで嬉しくて泣いてましたので、「He isn't my hero」のシーンではダーっと涙が(苦笑)。
パパがヒーローなんだよぉぉと私が代わりにつぶやいてました(笑)
たくさんの人に見てもらいたい名作です。
hi-chan |  2006.04.13(木) 14:00 |  URL |  【コメント編集】

■>mikaron様

TB&コメントありがとうございます。
ストーリーわかってても、何度見ても泣けますよね。観る度にボロボロ泣いてます・・・。

この映画はなんといってもクリス・クーパーの頑固親父が最高でしたが、ジェイクも素晴らしかったですよね。
いつの間にかアカデミー賞ノミネートですもんね、大物になりましたね。
目のつけどころは完璧でしたね!(笑)

この作品、ほんとに一人でも多くの方に観てもらいたいですよね。
埋もれさせるには惜しすぎる名作だと思います。
micchii |  2006.03.11(土) 12:54 |  URL |  【コメント編集】

■「遠い空の向こうに」いいですよね。

「遠い空の向こうに」は7年前留学していた時に友達に連れられて観たのですが、超感動してしまいました。

 その後は帰国便の中、帰国後の映画館と3回観ました。ストーリーは分かっているのに、この2回とも涙ボロボロです。

 ストーリーも素晴らしいのですが、やっぱり主役のジェイクの存在も大きいと思います。
この時はマジメそうな少年だったのに、いつの間にかセクシーな男性に成長していて、思わず自分は目のつけどころがいいのかもなんて思ってしまいます(笑)。

 この作品は日本ではあまり知られていないようですが、是非是非多くの人に見てもらいたいですね。
mikaron |  2006.03.10(金) 23:31 |  URL |  【コメント編集】

■>KAZU様

こちらこそコメントありがとうございます。

>成功ではなくその過程までのお話にスポットライトを当てている

ほんとにおっしゃる通りですよね。だからこそあのラストにつながっていくのだと思います。

クリス・クーパー、最高でした。
あんな親父になりたいですね~。
micchii |  2006.03.04(土) 12:23 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとう^^

私もこの映画好きです^^
成功ではなくその過程までのお話にスポットライトを当てているのがいいところですねー。
親父とのぶつかりや友人とも衝突しあったこともあったけど夢をあきらめず突き進む心に感嘆しましたね!
クリス・クーパーいい役してますよねー!
KAZU |  2006.03.04(土) 10:43 |  URL |  【コメント編集】

■>チビモリシ様

初めまして、TB&コメントありがとうございます。

クリス・クーパー渋すぎますよね!

>「僕達 見解が一致しない事柄がある ・・・から始まるセリフも最高ですね。私の場合ここでかなりの涙を目に溜め、ミスライリー号打ち上げ場所にて涙のダムが崩壊、そのロケットを見上げながら爆発!してました。

上に同じです(笑)
今のところ、「流した涙の量ベストワン映画」の地位は揺るぎないです。
micchii |  2006.02.04(土) 12:43 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

はじめまして、こんばんは。
いいですよね、この映画。トラックバックさせて頂きました。
そしてなんといってもクリス・クーパー最高!
「僕達 見解が一致しない事柄がある ・・・から始まるセリフも最高ですね。私の場合ここでかなりの涙を目に溜め、ミスライリー号打ち上げ場所にて涙のダムが崩壊、そのロケットを見上げながら爆発!してました。ラストの怒涛の展開には参りました。
チビモリシ |  2006.02.04(土) 01:17 |  URL |  【コメント編集】

>vega05様
初めまして、コメントありがとうございます。
同じ台詞がツボだったようで嬉しいです。
空と地下の対比もほんとに見事でした。
micchii |  2005.07.10(日) 11:40 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして。

訪問&TBありがとうございます。
とても素敵な記事で嬉しいです。

>この映画一番の名ゼリフ。
「僕達 見解が一致しない事柄がある
 いや ことごとく全ての事で一致しない
 でも 僕もひとかどの人物になれるはずだ
 オヤジと異なるからじゃない 同じだからだ
 同じくらい 分からず屋で強情だ
 同じくらい 良い人間になりたい
 確かにブラウン博士は偉大だが ヒーローじゃない」
自分にとっての真のヒーローは他ならぬ親父なんだと。

ホンット、心に残るセリフですよね!!!
今も ↑ を読んでてウルッときてしまいました。

>そしてまた、いつものように地下へと降りていきます。
息子が周りの炭鉱夫にコンテストの優勝メダルを嬉しそうに見せるのを、遠めに見ながら地下へと降りていく父親。
このシーンはほんとに極上・・・。
父親の誇りでもありすべてでもある炭鉱、それは地面の下の世界です。
そして、息子が夢見、目指したのは空でした。この対比がほんとに最高です。

そうなんですよねぇ。息子の夢が心が、果てしなく続く大空の向こうにあるのに対して、
父親の姿は地下へと消えていく・・・。
このシーンは、ホント印象的でした。

のんびりブログですけど、良かったらまた遊びに来てくださいね~☆
vega05 |  2005.07.08(金) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/60-3aae423c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「遠い空の向こうに」(1999年、アメリカ)

「遠い空の向こうに」(原題:OctoberSky)は、1999年公開のアメリカの伝記ドラマ映画です。元NASAエンジニア、ホーマー・H・ヒッカム・Jr.による自伝小説「ロケットボーイズ」を原作に、...
2016/11/28(月) 17:17:03 | 楽天売れ筋お買い物ランキング

【遠い空の向こうに】1999・米

アメリカでは“遠い空の向こうに”という タイトルではなく“October Sky"とう 名前だった。 ウエスト・ヴァージニアの小さな 炭坑の町の高校生4人が、 ロケット作りに挑戦するストーリー。 言っときますけど、かなり面白いです。 今朝みて恥ずかしながら、涙をためて し..
2009/08/15(土) 08:54:07 | Watch IT!

「遠い空の向こうに」 さわやかな後味の少年の成長ドラマ

会社の後輩のお薦めで観賞してみました。 ホーマー・H・ヒッカムJr.というNAS
2006/10/08(日) 23:46:40 | はらやんの映画徒然草

遠い空の向こうに

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 遠い空の向こうに October Skyジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ローラ・ダーン、ウィリアム・リー・スコット、クリス・オーウェン、チャド・リンドバーグ、ナタリー・キャナディ、スコット・トーマス
2006/08/11(金) 10:20:47 | 映画を観よう

遠い空の向こうに ~ 勉強というより「企み」に近い感じ ~

~ 勉強というより「企み」に近い感じ ~炭坑の村に育った4人の少年達が、ロシアのロケット打ち上げに感動し、自分達でもロケットを作りたいという夢をかなえようとする青春ドラマ。炭坑夫を継がせたい父親や周囲の無理解と、あらゆる困難を乗り越え、遂にはロケッ....
2006/05/05(金) 12:50:53 | Prototypeシネマレビュー

遠い空の向こうに

ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ローラ・ダーン、クリス・オーウェン出演。ジョー・ジョンストン監督作品。1957年10月5日。ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱町コールウッド。米国民にショックを与えたこの夜、ソ連の人工衛星スプートニクを見た高校生ホーマー(ジ
2006/04/13(木) 14:01:12 | Movies!!

社会派一色のアカデミー賞

 アカデミー賞観ました? 今年は、私が大好きな「社会派」の映画が勢ぞろいだったので、とても楽しみにしていました。  それに、なんてったって、大好きなジェイクが助演男優賞にノミネートされてましたし!!(髪型がセクシーでした)。7年前から目をつけて...
2006/03/10(金) 23:31:13 | オススメ女性アーティスト

『遠い空の向こうに』

141.遠い空の向こうに製作年度 1999年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 108分 監督 ジョー・ジョンストン 製作総指揮 ピーター・クレイマー原作 - 脚本 ルイス・コリック 、音楽 マーク・アイシャム 出演 ジェイク・ギレンホール お勧め度...
2006/02/27(月) 23:10:20 | Movie Road -映画道-

『遠い空の向こうに』

『遠い空の向こうに』 ★★★★★(1999年 アメリカ 108分)監督:ジョー・ジョンストンキャスト:ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ローラ・ダーン 1957年10月、ソ連
2006/02/03(金) 23:34:10 | Cinema雑感

『遠い空の向こうに』 夢はいつかきっと

元NASAのエンジニアになったホーマー・ヒッカムの、自叙映画。もうこういうの、弱いです。なんかね、仲良し男の子4人組が、つるんでいるのが、『スタンド・バイ・ミー』みたいで。音楽も、60'sだし。もっとも、線路沿いのシーンなんて、モロ『スタンド・バイ・ミー』にしか、
2005/09/12(月) 18:41:56 | *モナミ*

遠い空の向こうに

遠い空の向こうにしー 評価 80点少年達の成功物語なんだけど、その根底にある父と息子の関係がとても良く描写されていたように思える。私にとってってことになるけど、共感できる部分も多かったように感じる。自分もよくオヤジとぶつかり合った頃のことを
2005/08/24(水) 11:13:28 | しーの映画たわごと

遠い空の向こうに(ロケットボーイズ)

「そういえば子供の頃の将来の夢ってなんだったっけ??」 ★遠い空の向こうに(ロケットボーイズ) 久々に映画三昧な毎日で嬉しい今日この頃。 強烈にジャストミートな映画に出会ってしまいました。 時代は20世紀半ば、寂れ行く炭鉱の街でスプートニクの打ち上げに感動し.
2005/08/17(水) 13:22:57 | おきらくごきらく回顧録

遠い空の向こうに

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 遠い空の向こうに  つれづれなるままに21本目。遠い空の向こうに。 やっぱり名作とされる映画は知名度が高いのが普通なので、そんな映画に詳しくない人もタイトルは知ってるわけです。で、当然評価は高いけど、知名
2005/08/15(月) 20:20:58 | cinema徒然草

遠い空の向こうに

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 遠い空の向こうに あらすじ… のちにNASAのロケット・エンジニアになった ホーマー・ヒッカムの自伝を基にした爽やかな感動ドラマ。感想… 自らの手でロケットを打ち上げたいと思った 主人公が級友とと
2005/07/26(火) 17:44:58 | ケイティの映画的生活

「遠い空の向こうに」

私の中で炭坑ものといえばイギリス映画というイメージです。「フル・モンティ」、「ブラス!」、「リトル・ダンサー」、、、 どれもイギリス映画の曇った感じが流れてるんですが、厳しい炭鉱町の生活の中で、プライドをもって生きる姿をみせてくれる点が好きです。流れる曲
2005/03/08(火) 01:19:22 | メカpanda乗りのメディア観賞記

遠い空の向こうに

今回は「遠い空の向こうに」について少し。この映画は近場の映画館の上映が無く、都心まで足を運んで鑑賞しました。映画の舞台はソ連が人類初の人工衛星スプートニクを打ち上げた1957年、ウエストバージニア州の炭坑の町コールウッドです。夜空を横切るスプートニクの軌跡を
2005/03/07(月) 22:31:22 | samuraiの気になる映画

OCTOBER SKY「遠い空の向こうに」短評

スルー映画祭り第十一弾はNASAのエンジニア、ホーマー・ヒッカムの自伝を基にした映画なにを隠そう私はるか昔早川書房から出ている「NASA宇宙船野郎たち」野田”大元帥”昌宏氏編著と同じく野田大元帥編著によるCBSソニー出版「NASAこれがアメリカ航空宇宙局
2005/03/07(月) 19:19:27 | web-tonbori堂ブログ

映画『遠い空の向こうに』

感動的な作品です。炭鉱で働く父を持つ高校生が主人公。高校を卒業したら、炭鉱で働くかフットボールの選手として奨学金をもらって町を出て行くかという選択しかない境遇。しかし、主人公はソ連の打ち上げたスプートニクをみてロケット打ち上げに夢を見出す。友人3人とともに
2005/03/07(月) 12:23:03 | I LOVE CINEMA +

遠い空の向こうに

夢はかなう。でも 夢をみているだけじゃだめ。原題の「OCTOBER SKY」は 並び替えると「ROCET BOYS」にホーマーというNASAのロケット・エンジニアになった人の高校時代の自伝です。さびれかけている炭鉱の小さな町 ガンコな父親との絆 このあたりも実にしっかり書かれてい
2005/03/07(月) 12:09:11 | シネマの缶詰

遠い空の向こうに

人は太古の昔から大空を翔ることに大きな夢を持っていました。遠い空の向こうに飛んで行けたらと、長い長い間、多くの人が憧れていたのではないでしょうか。
2005/03/07(月) 03:30:47 | かたすみの映画小屋

▲PageTop

 | BLOGTOP |