2007.09.19

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(三池崇史)

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

セルジオ・レオーネを、セルジオ・コルブッチを愛する者として、観に行かないわけにはいかないでしょう。
というわけで、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』観て来ました。

オープニング(敵役は微妙)と、ラストの決闘、そして北島三郎の「ジャンゴ~さすらい~」は素晴らしい。
が、全体としては微妙…。

オープニングの何がいいって、手書きのクレジットがいい。
スクリーンの上下いっぱいのでかでかとした文字で、錚々たる顔ぶれが紹介されていきます。
もうこれだけでワクワクしてきますね。
あと、オープニングでは、箸も入れられるホルスター最高!(笑)

棺桶、墓場、ぬかるんだ地面、ガトリング銃と、そのまんま『続・荒野の用心棒』なので、これだけでもうマカロニファンとしてはニンマリ。

なぜか急に雪が降ってきて、いつの間にか『殺しが静かにやって来る』になるあたりなんかも、おぬしわかってるなと。

話も、『用心棒』→『荒野の用心棒』→『ラストマン・スタンディング』と、毎度お馴染みの例の話。

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 三池崇史

西部劇が苦手な方は別として、面白くないわけがない映画なわけですが。

一言で言うと、

日本語でやってくれ。

もうこれに尽きます。

壇ノ浦の200年後なのにスカジャンが出てきたり、平清盛が途中からヘンリーになったり、十分ハチャメチャなので、ハチャメチャ感を出すために英語にする必要性はありません。

海外向けという意味でもあるんでしょうが、内容さえよければ日本語だろうが海外でも評価されるのは言うまでもないですし、この英語では、英語字幕なしでは海外では上映できないのでは?

役者も、下手な人たちでもないのに、みんな“英語を話す”ことだけで精一杯で、“台詞”にすらなっていません。
『ゆれる』ではあんなに上手いと思った香川照之なんか、観ていられないくらいひどい。

次に、『ラストマン・スタンディング』のブルース・ウィリスはまあいいとして、『用心棒』の三船敏郎、『荒野の用心棒』のクリント・イーストウッド、『続・荒野の用心棒』のフランコ・ネロと、この手の映画では主役の圧倒的な存在感が魅力。

が、伊藤英明のガンマンよりも伊勢谷友介の源義経の方がずっとかっこよく、さらに桃井かおりがその上をいくかっこよさ(笑)
ガンマンよりも、源義経vs血まみれ弁天が観たいと思ったのは、自分だけではないでしょう。

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 伊勢谷友介

木村佳乃は、『寝ずの番』で完全に吹っ切れましたね。
体当たりの汚れ役で、妖艶な踊りも披露、存在感抜群。

これ、日本語ならもっとよくなったはずなのに、もったいないなぁ。
賞を穫って以来海外を意識するようになってしまった北野映画と同じで、海外への意識が悪い方に出た感じ。
日本語で、役者の実力が十分に出せる環境で、内容でとことんハチャメチャにやればいいのに。

まあそれでも、21世紀に劇場でマカロニウエスタンが観れて、劇場で“ジャンゴ~♪”が聞ける幸せ。
散々文句も言いましたが、三池監督、ありがとう!



2007/日本/121分
[監督]三池崇史
[主題歌]北島三郎「ジャンゴ~さすらい~」
[出演]伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介/桃井かおり/香川照之/石橋貴明/安藤政信/木村佳乃/松重豊/堺雅人/小栗旬/クエンティン・タランティーノ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ジャンゴ 繋がれざる者』(クエンティン・タランティーノ)
『殺しが静かにやって来る』(セルジオ・コルブッチ)

 

TB(4) CM(16) EDIT

*Comment

■>テコさん

「両方観ました」とあって、?と思ってAmazonでDVD見てみたら、「キャスト本人による日本語吹替音声」というのがあることを今始めて知りました・・・(大汗)
三池監督、そんなに観ているわけではないですが、仕事を選ばない感は好感が持てます(笑)
伊藤英明も悪くはないと思うんですが、やっぱり比べる相手が偉大すぎるのか、うーん・・・となってしまいました。
まずは日本語バージョンを観てみなければ!
micchii |  2012.07.21(土) 02:07 |  URL |  【コメント編集】

■両方観ました!

あたしは、意外と英語版にハマったのでした。三池監督初対面の映画で、好きになりましたよー!でも、三池さんムラがありますねー何でもやってくれるスタンスに共感するのですが、観たいかと言われれば、キツい物もシバシバ(笑)
この作品は、好きです。伊藤さんが、かっこいいって初めて思いました。
テコ |  2012.07.19(木) 15:46 |  URL |  【コメント編集】

■>fizz♪さん

TB&コメントありがとうございます。
こういう映画は難しいことを考えてもしょうがないので、楽しんだ者勝ちですよね。
出演陣はほんとに豪華でした。
だからこそ、“英語で話さなきゃ”という縛りなしに、もっと伸び伸びぶっ飛んだ芝居をして欲しかったです。
さぶちゃんの歌は極上の逸品でした♪
micchii |  2008.03.24(月) 17:04 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは~

出演陣の魅力に惹かれて観てみました。
西部劇はあまり観たことがなくて、バンデラスの『デスペラード』は大好きですが。
なので今回は楽しんじゃおう!という気持ちで観ました。
感想はあれこれ書いては消して(笑)、さぶちゃんの歌が最高!という結論になりました。
TBさせてくださいね。
fizz♪ |  2008.03.24(月) 01:41 |  URL |  【コメント編集】

■>tonboriさん

全肯定ですか(笑)
でも、日本語で、90分なら、手のひらを返したように自分も絶賛すると思います。
micchii |  2007.10.06(土) 09:51 |  URL |  【コメント編集】

■観て参りました

まあ色々ございましょうがワタクシメは全肯定でございます(笑)
いや実際楽しませてもらったし。
いい映画でした。
tonbori |  2007.10.06(土) 00:38 |  URL |  【コメント編集】

■>samurai-kyousukeさん

予想通りといえば予想通りですが、客入りは悪そうですよね(笑)
さぶちゃんの“じゃんごぉぉぉぉぉ~♪”絶品でした。マカロニはやっぱり音楽ですよね。
micchii |  2007.10.04(木) 13:08 |  URL |  【コメント編集】

■遅ればせながら

やっと観て来ました。もう一日2回の上映なので興行終わっちゃいそうでした。
帰って来て、本家マカロニウエスタン「続、荒野の用心棒」のシングルレコード聴きました。「ジャンゴォ~♪」
samurai-kyousuke |  2007.10.03(水) 12:58 |  URL |  【コメント編集】

■>Carolitaさん

周りには英語でよかったと仰ってる方もいますし、人それぞれだと思いますが、自分はあの英語に耐えられませんでした・・・。
映画自体も、ヤフーのレビューなんかをちらっと見ていると、★5つと★1つで真っ二つに分かれていますので、とことんはまるか、まったくダメかかと。
でも、『荒野の用心棒』や『続・荒野の用心棒』を観ていれば、ニヤリとするシーンがありますし、行って損することはないと思いますよ。
なんといっても、劇場で帝王さぶちゃんの“じゃんごぉぉぉぉぉ~♪”を聞くためだけにでも、劇場に行く価値はあると思います!
micchii |  2007.09.25(火) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■気になっているんですけど・・・

おお~micchiiさん、あっジャンゴだ~。
なるほど。。。そうですか、日本語でやってほしかったですか!(笑)
懐かしい名作シーンもろもろ登場するのですか?
ウェスタンに平家と源氏、しかもサブちゃんをミックスなんて、
面白いこと考えるなぁ~と気になってはいるのですが、
どうしようかなぁ。。。と実は迷ってますっ。
三池監督なら来月末公開の『クローズ』が観たいです。
漫画は読んでいませんが、予告が良かった。
micchiiさん、どう思われますか?
Carolita |  2007.09.24(月) 22:22 |  URL |  【コメント編集】

■>cardhuさん

そうでした、忘れてました、『どろろ』の脚本家でしたね(笑)

>セリフも多すぎるし、設定の説明も丁寧すぎ。もっと勢いまかせでよかったかな、と。

そうなんですよね、日本語英語以前に、喋りすぎですよね。
「男ならこれを観ろ!」よりは「爆笑!」な西部劇なので、寡黙にいくという発想は全然なかったでしょうが。

まあでも、2007年にこの映画を撮ったというだけでも拍手ですね!
micchii |  2007.09.20(木) 12:57 |  URL |  【コメント編集】

■>りざふぃさん

英語ということは知っていて、ある程度心構えもできてたんですが、ずっこけました(笑)

でも佐藤浩市さんが「これは絶対観なくちゃダメだろう」とおっしゃるのもわかる気がします。
年に何本かは、これだけは劇場で観とけ!みたいな映画があるような気がしますが、そういう映画ではあると思います。

そういえば、1つ下のエントリーに書きましたが、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』52話全部観ましたよ~!
micchii |  2007.09.20(木) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

ガンマン、クサすぎですか(笑)
西部劇って、無口で行動で示すみたいなかっこよさなのに、この映画はよく喋りますからね。
でも、マカロニウエスタンは浪花節の世界なので、クサいぐらいがちょうどいいような気もしますが。
名古屋では字幕がないとのことで、DVDになったらぜひ観てみますね。
サブちゃんのCDぜひ買ってください(笑)
『続・荒野の用心棒』の感想楽しみにしてます!
micchii |  2007.09.20(木) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

■先日

観てきましたが、まあこれだけやってくれればまずは拍手かな、と。

セリフはもし日本語だったら同じ脚本家の『どろろ』のような感じで、もっとダメだったかな、と。セリフも多すぎるし、設定の説明も丁寧すぎ。もっと勢いまかせでよかったかな、と。
でも映画としての完成度はともかく意気込みは素晴らしく、よくやってくれた!という感じです。
cardhu |  2007.09.20(木) 00:58 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは~

これ全編英語なんだ~ということはこの間朝テレビで観て知りました…^^;
相変わらず三池監督って変なこと考えるな~って思いました(笑)

でも佐藤浩市さんが「これは絶対観なくちゃダメだろう」的発言されていたので、観に行こうかなぁ…
りざふぃ |  2007.09.19(水) 16:40 |  URL |  【コメント編集】

昨日、日本語吹替え版を観てきました~
日本語にすると、ガンマンのセリフがクサすぎて観ていられません(笑)。
伊勢谷もかっこよさが半減してしまいます。うーむ。香川さんは、英語の時の方がセリフ良かったですよ・・・。英語が上手いかどうかは別として。
上手いといえば、サブちゃんの曲が頭から離れません。このままだとCDを買ってしまいそうです(爆)。
「続・荒野の用心棒」は借りたので、近々観てみようと思います。

ラストの雪は、ほんとに雪が降ってきちゃって大変だったというのを聞いたような気がします。
hi-chan |  2007.09.19(水) 14:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/591-84091ab2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

作品情報 タイトル:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 制作:2007年・日本 監督:三池崇史 出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、安藤政信、堺雅人、小栗旬、田中要次、石橋貴明、木村佳乃、香取慎吾、クエンティン・タランティーノ、香川照之、桃井かおり あらすじ:...
2010/08/23(月) 04:56:16 | ★★むらの映画鑑賞メモ★★

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

三池崇史監督の作品を観る日が来るとは予想していなかった。予告やトピックスで垣間見たこの監督の世界を自分には楽しめないと思っていたけれど今作は予告で観た遊び心と出演者の顔ぶれ(そう! これが最大の魅力!)に惹かれた。それに、かつて一世を風靡した西部劇をよ...
2008/03/24(月) 01:33:04 | Have a movie-break !

「SKIYAKI WESTAN ジャンゴ」

出遅れてしまいましたが昨日やっと「SKIYAKI MESTAN ジャンゴ」を観賞いたしました。出撃準備でMOVIX昭島のサイトを確認すると「ありゃりゃっともう一日二回しかやってないじゃん!」か、「お客さん入ってないんだなぁ」と最終回21:30をネット予約しました。劇場に到着し開演
2007/10/03(水) 12:47:27 | samuraiの気になる映画

「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」:日清食品前バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}なに、この「ヤキニク・ウェスタン」って?{/hiyo_en2/}違う、違う、「スキヤキ・ウェスタン」。{/kaeru_en4/}ああ、「アミヤキ・ウェスタン」ね。{/hiyo_en2/}あなた、人をおちょくってるの?{/kaeru_en4/}イタリア製の西部劇を「マカロニ・ウェスタン」て言
2007/09/22(土) 19:01:20 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

▲PageTop

 | BLOGTOP |