2007.08.09

『サマータイムマシン・ブルース』(本広克行)

サマータイムマシン・ブルース

「愛すべき映画たち」記念の250本目は、“爆笑!”(まだまだ募集中です!)に投稿していただいた中から、hi-chan様ご推薦、『サマータイムマシーン・ブルース』です。
hi-chan様、ありがとうございます!

→hi-chan様の記事はこちら

タイムスリップって、普通、それなりに前に行くじゃないですか。
例えば、先日UPした『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』は戦国時代に行きました。

しかし、この映画は違います。
とある大学のSF研究会の部室、部員たちの一番の悩みは、昨日壊れてしまったクーラー、暑い、とにかく暑い…。

そんな彼らの前に、突然現れたタイムマシン、思い思いに行きたい時代を言い合うものの、一人が言います。
「昨日に行って、壊れる前のリモコンを取ってくる」

! !! !!!

おぉ~その手があったか!!!

サマータイムマシン・ブルース

この時点で、この映画の面白さは保証されたようなもの。
タイムスリップするのは昨日、目的はクーラーのリモコン。せこい、せこすぎる(笑)

そして何より、タイムマシンがしょぼい。ハリウッド大作のCGによる凄いタイムマシンも真っ青、よく言えばアナログ感満点、悪く言えばガラクタ。その気になれば中学生でも作れそう(笑)

クーラーにコーラがこぼれて壊れる時のスローモーションや、銭湯でのヴィダルサスーン騒動、ゴミ捨て場で扇風機を探す3人の可笑しさなど、小ネタもツボをついています。

主役の瑛太が現在に戻ってくる方法も、設定が昨日だからこその力技で、どんなタイムスリップものよりもその戻り方にリアリティがあります。

前半で不自然だったところが、後半でピタリと辻褄が合ってくる脚本も巧い。
裸踊りのくだりなんか、見事に繋がってますね。
よく考えたら、全シーン完璧に辻褄があってるかは疑問ですが(笑)

瑛太と上野樹里のほのかな恋もいい。
未来からやってきた男が、好きな人のムスコと知り、しかも自分とは苗字が違うことに気づいた時の切なさ。
このシーンすっごくいいのに、友達に「苗字って変えられるのかな?」の一言は激しくいらない。
いつも言ってることですが、どうしてこう余分な一言を付け加えますかね、せっかくの切なさが台無し。

最後に、DVDの本編終了後に出てきた映像で知ったんですが、この映画、「ヨーロッパ企画」という劇団のヒット舞台の映画化なんですね。
舞台の映像も少し見れましたが、ノリはこのままで、さらに舞台の方が面白そう。
本広監督こんなコメディも作れるなんてやるじゃん!と思ったら、な~んだ…。
一番いい味を出していた曽我君役の永野宗典と、田村君役の本多力、劇団のメンバーとのこと。
わざわざ映画でやる意味あったのか?(笑)

凄く面白かったですが、舞台を観たかったなぁ。



2005/日本/107分
[監督]本広克行
[原作]上田誠(ヨーロッパ企画)
[脚本]上田誠
[出演]瑛太/上野樹里/与座嘉秋/川岡大次郎/ムロツヨシ/永野宗典/本多力/真木よう子/佐々木蔵之介

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(3) CM(14) EDIT

*Comment

■>ななさん

初めまして、コメントありがとうございます!
暑くなってくると観直したくなる1本ですよね、ほんとはクーラー切って観るとさらにいいんでしょうけど、この暑さではさすがに厳しい(笑)

ラストですが、もちろんいろんな解釈があると思いますし、「その事実がどんな過程で生まれたのかもまた問われない」というのもまたおっしゃる通りだと思います。
だからこそ、そこは観客に委ねてくれたらなぁと思いました。

個人的には、あの台詞だけでなく、その前の回想部分もカットして、映画の約束をして、上野樹里が消えた後に一人リモコンを見つめる瑛太、あそこで終わって欲しかったです。

ここからはさらに憶測ですが、自然な流れとしては、瑛太は秘密を共有してしまった真木よう子と接近するような気がします(^^;
micchii |  2013.08.07(水) 21:10 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして!この映画面白いですよね!
ただ私はラストのセリフあってもいいと思いました!
タイトルが「ブルース」なんで失恋ものでもいいんですけれど、この映画に相応しい前向きな答えだったんじゃないかなと。
「リモコンが壊れる」という事実がまずあって、でもそのリモコンが壊れるまでの過程や経緯は一切問われなかったのと同じように、。将来、上野樹里があの田村という男を生むという事実は揺るがないが、その事実がどんな過程で生まれたのかもまた問われないんじゃないでしょうか。
そういう解釈をしました^^

それにあの男が本当に田村って名前だったのかどうかも分かりません。
もしかしたら偽名かもしれまないですし。
上野と栄太が最終的にどうなったのかは分からないけど、前向きなラストで明るく終われて良かったと思います。
なな |  2013.08.06(火) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

■>森と海さん

記事内リンクまでありがとうございます。
今からそちらに伺います。
micchii |  2008.01.03(木) 14:44 |  URL |  【コメント編集】

■「苗字って変えられるのかな?」

っていう台詞はいりますよ。

今頃観たんですがね、あのラストの台詞こそ必要だと思いますよ。

あの台詞があればこそ、甘酸っぱさが出てくるんじゃないですか。決して成就しない若き日の恋として。
森と海 |  2008.01.02(水) 23:59 |  URL |  【コメント編集】

■>lomoさん

シャンプー、特にこだわりはありませんが、今は自分もLUXです。

パピコ、今でも売ってるんでしょうか、久々に食べたいですね~。

『ゆれる』、真木よう子目当てに観ると、“たまらない”と思います(笑)
micchii |  2007.08.21(火) 12:53 |  URL |  【コメント編集】

■>tonboriさん

この時期にぴったりですよね。
この暑さだからこそ、クーラーのありがたみも痛いほどわかると(笑)
本広監督はおっしゃる通りですね。
micchii |  2007.08.21(火) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

■シャンプーは”LUX”派ですw

こんにちは今日(8月19日)は「STMBの日」ですね・・・。
私も最近観ました・・・。色々な意味で面白かったです・・・。
やはり夏は「パピコ」ですねw・・・。

【真木よう子】に惚れてしまいましたw・・・。
次の邦画は『ゆれる』の予定であります・・・。
lomo |  2007.08.19(日) 17:10 |  URL |  【コメント編集】

■暑いので

丁度いいかなと観ました(笑)
感想はエントリ上げましたけど中々の佳作ですよね。
本広監督は『踊る』系よりこっちの方があってる気がしますね。
tonbori |  2007.08.19(日) 15:25 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

毎日ほんとに暑いですね・・・。
狙ってこの時期に観たわけではないのですが、結果的には正解でした。
寒い時期に観たら、たぶん面白さ半減でしょうから。

ほんとにせこいですが、実際にタイムマシンが開発されたら、案外こういうしょぼい理由に使われるような気もします(笑)

佐々木蔵之介さんの提案だったんですね、道理で本人もノリノリでしたね。
ほんとは5人の中の一人を演じたかったのかもしれませんが(爆)

>暑い日にエアコンをかけず、オセロをしながら「白とか黒とかどうでもいいよ!」と言ってみたくなります。

マニアックすぎます(笑)
micchii |  2007.08.18(土) 11:13 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫さん

お久しぶりです、ブログにはちょくちょくお邪魔しているんですが、ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

お陰様で元気にやっておりますが、毎日ほんとに暑いですね・・・。
38℃くらいが当たり前になってしまって、温暖化の影響なんでしょうかねぇ。

今までアニメはあまり観なかったのですが、少し前に観た『カーズ』も面白かったですし、ちょくちょく観始めましたので、『レミーのおいしいレストラン』もDVDになったらぜひ観たいと思います、凄く評判いいですしね。

実は、アニメを観出して一番はまってしまったのが、『クレヨンしんちゃん』なんですが(笑)
micchii |  2007.08.18(土) 10:51 |  URL |  【コメント編集】

■暑い・・・

毎日、暑いですね。
そういう時は、さらに暑苦しくなるこの映画を観ることをオススメします(爆)。
micchiiさんは、良い時期に観ましたね。
「昨日に戻って、壊れる前のリモコンを取ってくる」
これだけで、私のツボは押されました。セコ過ぎる!自分の存在がなくならないために過去へ行くのではなくて(笑)、単に「暑いから」。

映画にも出演している佐々木蔵之介さんが、本広監督にこの舞台の映画化をすすめたそうです。

私くらいこの映画のハマると、暑い日にエアコンをかけず、オセロをしながら「白とか黒とかどうでもいいよ!」と言ってみたくなります。かなりマニアックです(爆)。

ちなみに、ヴィダルサスーンが消えるシーン、何度観ても、見逃してしまいます(笑)。
hi-chan |  2007.08.14(火) 11:57 |  URL |  【コメント編集】

■おひさしぶりです☆

おすすめfc2ブログの三毛猫です☆
micchiさん、お元気ですか?毎日暑いですね☆

実は先週の火曜日「魔笛」を見に行きました。で、明日は「レミーのおいしいレストラン」を見に行くつもりです。ディズニーはあまりお好きじゃないと伺っていましたが、ひょっとしたらレビューがあるかと思ってきました。。。でもありませんでしたっ♪

またお邪魔しま~す(^-^)
三毛猫 |  2007.08.12(日) 17:32 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあさん

おぉ、けろにあさんもご覧になりましたか!
強力にプッシュいただいていたこともあり、自分はかなり期待していましたが、期待を裏切ることはありませんでした。
よく考えたらほとんど学校内だけですし、舞台っぽい設定ですよね。
タイムマシーンもまったくお金かかってないですし(笑)
でも、これは舞台の映画化ですが、映画オリジナルでこういうのをもっともっと作ってほしいですよね。
お金のかかった大作ではハリウッドに太刀打ちできるわけもないので、勝負できるのはこういう映画だと思いますから。
micchii |  2007.08.10(金) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

■せこさがいい!

実は私もつい最近DVDで見まして、全然期待してなかったんですが、なかなか楽しめました。
そうそう、エアコンのリモコンというせこさがいいんですよね~(爆)
舞台っぽい設定だなと思って調べたら、やはり舞台の映画化だったと知って納得。
舞台がどんななのかは知らないんですが(想像はつきますが)、映画としてなかなかよくできてたと思いました。
けろにあ |  2007.08.09(木) 21:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/578-7e0c4a40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

**筒井康隆はあらためて偉大だと思ったのだ 〈 サマータイムマシン・ブルース 〉**

年も明けましたが、昨年ばあちゃん亡くなったんで、挨拶は控えさせていただきまして、本題! えらくタイムラグがありますが、〈 サマータイムマシン・ブルース 〉を暮れに観ました、ようやく。「アレ?これ長澤まさみ出てないじゃん。」と思うほど、予備知識なし(長澤まさ..
2008/01/03(木) 00:05:30 | 日刊【考える葦】Returns

「サマータイムマシン・ブルース」バック・トゥ・ザ・昨日!!!

レンタルDVDで本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」を鑑賞いたしました。この映画、劇場で予告編を見て以来ちょっと気になっていたので、TSUTAYAで発見し速攻レンタルしました。あらすじは『夏休みなのに毎日大学に来ては、部室でたむろしている「SF研究会」の面
2007/08/19(日) 22:08:08 | samuraiの気になる映画

*終わりなき夏休み -サマータイムマシンブルース-

micchiiさんがエントリを上げておられそういえば公開時にもmori2さんが良かったというエントリを上げてて観なくちゃと思いつつ何故か『真下』の件でどないやねんとなってそのまま忘れていた『サマータイムマシンブルース』を時候的にも良いかなという事で借りてきた。micch
2007/08/19(日) 15:15:50 | web-tonbori堂ブログ

▲PageTop

 | BLOGTOP |