2007.08.02

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(原恵一)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

今回は、“泣けます。。。”(まだまだ募集中です!)に投稿していただいた中から、JB's様、curious mama様まき様kei☆様ご推薦、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』です。
皆様、ありがとうございます!

当ブログでは、アニメをUPするのは『紅の豚』に続いて2本目です。
ただ、劇場版クレヨンしんちゃんは大人向けとの評判で、中でもこれと『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』は傑作と名高い作品。
しかも、今までの経験から、お薦め映画への投稿が被った作品は、どれも素晴らしい出来でした。お二方被っただけでその結果だったのに、今回はなんと4人の方が被りました。
この時点で傑作確定ですね。

そして、4人被っただけのことはありました。
アニメの域を遙かに超えています。

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

といっても、例えば、同ジャンルの実写映画が束になってかかっても『機動警察パトレイバー2 the Movie』1本にかなわないように、元々、日本のアニメはヘタな実写より遙かにレベルが高いですが。

でも、時代考証という点一つとっても、N●Kの大河ドラマが舌を巻いて逃げ出すレベル。
言葉遣いから、小道具、所作に至るまで、これと同レベルの実写となると、かなり昔に遡らないといけないでしょう。

さて、内容ですが、『紅の豚』でも台詞を沢山挙げましたが、今回も台詞が素晴らしい。

「しんのすけのいない世界に、未練なんてあるか?」の一言で家族愛をわかりやすく表したかと思えば、「あなたたちに、不幸は似合いません」なんて、子供が観る映画の台詞ではないでしょう(笑)

「春日部住人、野原一家、義によって助太刀いたす!いざ~!!」
「馬鹿者め」

ここあたりから俄然“男ならこれを観ろ!”度も増してきます。
このやりとりなんか、『ガンマン大連合』のラストシーンを彷彿とさせて燃えますね。
ただ、あちらはトーマス・ミリアンの表情だけで全てを表したところを、「馬鹿者め」と言葉にしたのは、一応は子供向けアニメという限界でしょうか。

「お前、偉いんだろ。
 だからこんなことになったんだぞ。
 なのに逃げるのか?」

この言葉を聞かせてあげたい相手は、いくらでもいますね~(笑)

「これまでだ、やれ。」
「やらん、あんたは惜しい」

このくだりも、時代劇には欠かせないやりとりで、ツボは外しませんね。

「もうよい、もうよいのだ」

このあたりから、「泣けます。。。」へ4人も被ったその威力が本領を発揮。
すでに涙腺はやばいことに。

「あっ、おじさんの旗だ!」

でだめを押され、すでに涙腺が決壊しそうになっていたところに、きましたね、とどめの一撃が。

「おい、青空侍」

滂沱の涙。

いやあ、皆様のお言葉に嘘偽りはありませんでした。
これは反則。きましたねこの一言は。
今までの全シーンが、この一言に全て繋がるんですよね。
今年のベスト台詞候補の、極上の一言。

“泣けます。。。”カテゴリーの中でも、最上位にくる1本でしょう。
お薦めして下さった皆様、本当にありがとうございました。

大傑作。



2002/日本/95分
[監督]原恵一
[声の出演]矢島晶子/ならはしみき/藤原啓治

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』が実写リメイク
『ガンマン大連合』(セルジオ・コルブッチ)

 

TB(1) CM(6) EDIT

*Comment

■>ヒロさん

元々映画版クレヨンしんちゃんのクオリティは子供向け映画のレベルを超えてますが、これとオトナ帝国のクオリティの高さは尋常じゃないです。

おっしゃるように、親が子供に伝えたい大事なことが、この映画にはたくさん詰まってますね。
micchii |  2008.04.08(火) 12:05 |  URL |  【コメント編集】

■奇跡

ここに映画の奇跡を見ました!!


すごいクオリティの高さでビックリもんです。はじめて見た時は正直面白いとは思わなかった気がするけど今観たら全然違う…

ある意味子供達の教科書みたいな!
とにかく素晴らしいと思います!!
ヒロ |  2008.04.05(土) 01:47 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

ご覧になりましたか!観ていただいてありがとうございます。

大泣きでしたか(笑)
自分は、じ~んとくることはあっても、涙まで出るのはそう多くはないですが、これはきましたね。

「青空侍」、反則です(笑)
micchii |  2008.03.08(土) 12:10 |  URL |  【コメント編集】

micchiiさんがここに書いていたので、この間観てみました。
特に泣ける映画じゃなくても泣くことのある自分としては、そりゃぁもう、大泣きでしたよ(笑)。
観てから時間が経ってしまったので、自分でレビューは書きませんが、ここでコメント書けて満足です。
ラストの「青空侍」の台詞、良かったですね。
hi-chan |  2008.03.06(木) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

■>samurai-kyousukeさん

傑作とは聞いていたものの、ここまで凄いとは思わずびっくりでした。
『河童のクゥと夏休み』、構想20年、原監督の集大成みたいなので、楽しみですね。
micchii |  2007.08.04(土) 11:34 |  URL |  【コメント編集】

■泣きました。

私もTV放映で、途中からの観賞でしたが思いっきり泣きました。(笑)
現在公開中のアニメ「河童のクゥと夏休み」も原恵一さんの監督脚本なのでちょっと気になっております。
samurai-kyousuke |  2007.08.03(金) 13:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/575-a1cef55d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」

大人が泣けるアニメです。久々に観ました。近所の貸しビデオ屋さんでいつもレンタル中で、今回やっと借りられました。前回はTV放映時に途中からの視聴でしたので、完全版は初めてです。(笑)やっぱり、監督・脚本から絵コンテまでかかわっている原恵一さんの丁寧な仕事が伝わ
2007/11/19(月) 19:29:46 | samuraiの気になる映画

▲PageTop

 | BLOGTOP |