2013.07.31

『チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~』(マルジャン・サトラピ/ヴァンサン・パロノー)

チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~

「失くしたものは全て君の弾く音の中にある」

テクニックは完璧だけど空っぽだと言われた師匠についに認められた、“ため息をつかんだ”者だけに出せる音、そのために失ったもの。

チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ マチュー・アマルリック

愛し愛されながら叶わなかった恋、再会と絶望。嘘と涙と愛の言葉。

チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ マチュー・アマルリック ゴルシフテ・ファラハニ

前半と後半で2回繰り返される葬式のシーン、ほとんど同じながら、1回目と2回目では少しだけ違う。

1回目の時に流れたナレーション「彼を愛した全員が参列した」、この言葉が最後の最後に効いてくる。

一人離れて遠くから見つめる女、これは泣く。





[原題]Poulet aux prunes
2011/フランス・ドイツ・ベルギー/92分
[監督]マルジャン・サトラピ/ヴァンサン・パロノー
[出演]マチュー・アマルリック/エドゥアール・ベール/マリア・デ・メディロス/ゴルシフテ・ファラハニ/キアラ・マストロヤンニ/イザベラ・ロッセリーニ

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/4951-6ecdf9f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |