2012.01.21

『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』(オリヴァー・パーカー)

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

本家の『007/ロシアより愛をこめて』を愛する人間には、敵の殺し屋の風貌だけでもうニヤリ。

ロープウェイでの格闘、水上や雪山でのチェイス、パラシュードなど、お馴染みの場面の連続も嬉しく、前作よりもちゃんと“ボンド映画”になっています。

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 ローワン・アトキンソン

前作のジョン・マルコヴィッチみたいな強烈な悪役がいない点が弱いですが、仲間の一人として登場したのがなんと、『007/ダイ・アナザー・デイ』のボンドガールの一人ロザムンド・パイク!
相変わらず美しいですね~。

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 ロザムンド・パイク

このシリーズの笑いのポイントは“勘違い”なわけですが、今回もそれは随所に炸裂。
エリザベス女王まであんな目に会うとは(笑)

ローワン・アトキンソンが苦手でなければ、気軽に楽しめると思います。

エンドクレジットに大きなおまけがあるので、最後までぜひ。





[原題]Johnny English Reborn
2011/アメリカ・フランス・イギリス/101分
[監督]オリヴァー・パーカー
[音楽]イラン・エシュケリ
[出演]ローワン・アトキンソン/ジリアン・アンダーソン/ドミニク・ウェスト/ロザムンド・パイク

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/4785-03d26943

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |