2006.10.27

第43回台湾金馬奨、ジョニー・トー監督の『放・逐』は4部門のみでノミネート

少し書くのが遅れましたが、第43回台湾金馬奨、ノミネートが発表されました。

昨年は『黒社会』が最多の11部門にノミネートされ、下馬評でも本命視されながら、『カンフーハッスル』の前にまさかの敗北。

今年こそは!と期待したいところでしたが…。

最多12部門にノミネートされたのは、ピーター・チャン監督の『ウィンター・ソング』、7部門にアーロンの連覇が囁かれる『父子』、5部門に『シルク』『夜宴』。
我らがトーさんの『放・逐』は4部門だけでした…。

→詳しいノミネートは公式サイトをどうぞ

『放・逐』がノミネートされているのは、「最佳劇情片」「最佳導演」「最佳動作設計」「最佳剪輯」。

『ウィンター・ソング』の圧勝に終わりそうですが、せめてトーさんの「最佳導演」だけでも!

授賞式は11月25日。

→『放・逐』公式サイトはこちら

→ジョニー・トーINDEX



 

TB(0) CM(6) EDIT

*Comment

■>ryo様

またまた凄いものをありがとうございます!
この後記事に書きたいと思います。
金馬奨に『エレクション2』が全くノミネートされなかったのは、時期的に対象に入ってないんでしょうか、あれだけの傑作が1つもノミネートがないはずないですからね。
『放・逐』のメイキング、一でラム・シューが力士の真似してましたね(笑)
そして、『エレクション』の公式サイト、気合が入ってますね~!
大阪が早くも決定しているみたいですが、名古屋がそれに続いてくれることを祈るばかりです。
今回こそは福岡にも来てほしいですね。
micchii |  2006.11.02(木) 15:28 |  URL |  【コメント編集】

■メイキングを・・・

micchiiさん、こんばんわ。
金馬奨に『エレクション2』が全くノミネートされてないのがちょっと悲しいですが、YouTubeで『放・逐』のメイキングらしきものを発見しました!おやじたちが子供のようにはしゃいで楽しそうです。

《放‧逐 Exiled》製作特輯之一:有情有義
http://www.youtube.com/watch?v=LX4KXERroo8&mode=related&search=
メイキングは全部で七つありまして、上記に飛んだら右下に他の六つのメイキングがあります。

そして、やっと『エレクション』の公式サイトが始動しました!!
http://www.eiga.com/official/election/index.html
イントロダクションの文章など、結構気合が入っていて嬉しいです。書いた人のトーさんへの愛が伝わってきます。ヒットして~!!
ryo |  2006.11.02(木) 01:33 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

『霍元甲』は残念でしたね・・・。
そして、アラン・ドロン!ほんまかいな!(関西人ではありません)と思いましたが、どうやら実現しそうですね。
しかも、アラン・ドロンの方がトーさんを選んでくれたみたいなので、トーさんにとっては憧れの人のはずなので、こんなに嬉しいことはないでしょうね。
しかも、香港で撮影!!
ヒーローものとのことなので、『放・逐』組総出演で、みんなで悪役やってアラン・ドロンに華を持たせてあげてほしいです。
となると、真っ先に殺られるのはたぶんラム・シューでしょう(笑)
micchii |  2006.10.31(火) 15:01 |  URL |  【コメント編集】

■>黄石様

観てきてしまいましたか!しかも3回も!!!
やっぱり最高みたいですね。
銃撃戦、予告編を観ただけでもこれは!と思いましたが、新たな境地を開拓していそうで楽しみです。
お客さんは半分も入ってませんでしたか・・・。
でも、『ブレイキング・ニュース』を観に行った時は自分を含めて10人だったので、それよりはましですね^^;
ちょっと香港までは行けそうにないので、とりあえず香港版DVD待ちです。
micchii |  2006.10.31(火) 13:00 |  URL |  【コメント編集】

■アラン・ドロンと

micchiiさん、こんにちは。
私もトーさんに是非とも「最佳導演」を受賞してほしいと願っています。
(『霍元甲』は動作設計のウーピンさんだけのノミネートでちょっと寂しいし・・・)
ところで、トーさん、来年アラン・ドロンでヒーローものを撮る予定なんですねぇ。
ドロンでどんなシブイ作品を撮るのか楽しみです~。
もしかして、ドロンとラム・シューのからみもあるとか…?
http://www.pplive.com/zh-tw/xna_sp,1311.html
↑ドロン、いつの写真やねん!?記事(笑)
けろにあ |  2006.10.30(月) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

■観てきてしまいました

日本公開は1年以上待たなくてならないかもと思い、思い切って香港へ行ってきました。
やはり最高!の一言です。これぞ娯楽映画です。
息の合った4人組のやりとりがおかしいです。(これには地元客もうけていました)
任達華の存在感が圧倒的でした。
あらかた銃撃シーンの描写が出尽くしたと思ったのですが、まだこんなにあるのかと驚きました。
3回観ましたが、3回共残念ながら観客は半分も入っていませんでした。三級片でなくともティーンエージャー向けではない大人の映画なのでしょうがないかと・・・。
早く日本公開が待たれます!

黄石 |  2006.10.29(日) 13:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/472-4d3afb26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |