2004.09.12

『ミーン・マシーン』(バリー・スコルニック)

ミーン・マシーン

八百長でサッカー界を追放された元イングランド代表のスーパースターダニーが飲酒運転と暴行の罪で刑務所に放り込まれる。
所長からの、看守たちのサッカーチームのコーチ就任要請を断った彼は、看守チームの練習試合として、看守チームvs囚人チームの対決を提案。
ルール無視の壮絶な死闘が始まった!

ルールはあってないようなもので、殴る、蹴る、削るは当たり前、エルボー、急所攻撃などなど…。

しかし、『少林サッカー』が最先端のCGを駆使して超人的な大技を披露していたのとはまったく異なり、そこはさすがサッカーの母国イングランド、CGなんかには頼りません。

一部ありますがほとんどは役者がちゃんと素晴らしいサッカーテクニックを披露してくれています。
オーディションにサッカーの技術の試験があり、テクニックがないとその時点で落とされるのです。
中でも、主演のヴィニー・ジョーンズはなんと元ウェールズ代表、上手いのも当たり前です。ひょっとしたら、ギグスの友達かもしれません。

他の面々も、それぞれ超個性的です。

なぜかオーバーヘッドキックをいつも狙うもののなかなかヒットしないイラン人ラジ。

ドリブルはやけにうまいものの味方にパスはしない超自己中のトロージャン。

ムショ一番の腕力を誇りダニーに負けるまではムショ伝統の“拳闘”で35戦無敗だった、チーム内最強のディフェンダーでもある北イングランドの悪党ケッチ。

ムショ内での情報力はピカイチで勝手に監督に就任してしまったマッシブ。

刑務所の囚人を仕切る元マフィアの首領サイクスはチームのオーナー。

選手時代のダニーの大ファンでやる気は最強だが才能がゼロでチームのお荷物ビリー。

通称“グラスゴーのハンニバル”で素手で23人を殺し看守さえも近づかないというモンクなどなど、ほんとにどのキャラも最高です。

ミーン・マシーン

中でも一番凄いのはキーパーのモンク。
イギータばりにボールを持ったら果敢に攻め上がります。
意味不明のステップを踏み、ドリブルを始めたかと思うと、イギータのように、お約束でボールを奪われて失点。

さすが素手で23人殺しているだけあって、キレると“必殺”キーパーに変身。
“必殺技”のように、凄いなどという意味ではなく、文字通り“必ず殺す”です。
実際に殺しはしませんが、彼がプッツンいった時の妄想シーンは爆笑です。


囚人チームが看守チームとの対戦に向けて練習している時に、仲間全員に“格闘サッカー23の秘儀”が伝授されます。これが面白すぎます。

その第一はまず、「うっかり足を踏む」。
といっても、うっかりなんていうレベルの踏み方ではありません。
やられた方は飛び上がるほどの踏みつけ方です。

他にも、「顔面エルボー」「急所蹴り」「平手チョップ」などは当然のように入っていて、面白いのは、倒れている相手を起こしてあげる振りをして脇毛を掴んでひねって起こすという技、これは実際の試合でも審判に気づかれないでできるかもしれません。

最終兵器は「ギロチン」。これはさすがに一発レッドでしょう。

このようにめちゃめちゃなことをやっておきながら、それだけで終わらないのは、役者たちのサッカーのテクニックが本物だということ。
爆笑シーンも満載ですが、サッカーを観るという意味でも十分に楽しめます。

どこか哀愁漂う、なぜか時代がかった音楽も最高です。

母国イングランドからやって来た、あのフーリガンをも熱狂させたという“最凶”のサッカー映画、これを見逃す手はありません!



[原題]Mean Machine
2001/アメリカ/98分
[監督]バリー・スコルニック
[出演]ヴィニー・ジョーンズ/ジェイソン・ステイサム/デヴィッド・ヘミングス

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
ワールドカップと一緒に楽しみたいサッカー映画11選
『少林サッカー』(チャウ・シンチー)
『ロンゲスト・ヤード』(ロバート・アルドリッチ)

 

TB(4) CM(4) EDIT

*Comment

■>axさん

コメントありがとうございます、返事が遅くなり申し訳ありません。

『勝利への脱出』は感想もUPしていますが、大好きな映画です!
http://micchii.blog4.fc2.com/blog-entry-464.html
ペレ初め実際のスター選手もたくさん出ていますし、映画好きはもちろん、サッカー好きとしてもたまらない1本ですね。

『ロンゲスト・ヤード』はリメイクの方も悪くないですが(バート・レイノルズだけでなくエド・ローターまで出てる!)、オリジナル版の方はほんとに大傑作ですよね!
もう何度も観ていますが、午前十時の映画祭のおかげでついに映画館でも観れました♪

ジェイソン・ステイサムもお好きでしたら、『ミーン・マシーン』はたまらないと思いますよ!
micchii |  2013.03.20(水) 21:59 |  URL |  【コメント編集】

■観たいですね。

私はサッカーは興味有りませんが、こういう映画は好きですね。

『勝利への脱出』はご覧になりましたか?

オススメです。

若き日のクリストファー・リーブ(スーパーマン)、シルベスタ・スタローン、ペレが出演してます。

恐らくこの『ミーンマシン』は『ロンゲストヤード』をサッカー版として焼き直した映画なんでしょう。

主役のふたつ名が“ミーンマシン”なんですよ。

私はこの映画が大好きで '75版と '05版のDVDを両方持っているほどです。

ジェイソン・ステイサムも好きですから、きっと『ミーンマシン』も気にいると思います。

面白そうな映画の紹介有り難うございました。


ax |  2013.03.18(月) 01:46 |  URL |  【コメント編集】

>松本カレイさん
訪問&コメントありがとうございます!
ほんとにみんな上手かったですよね!!
他にもサッカーを扱った面白い映画はあるでしょうが、自分が今まで観た中では、これと『少林サッカー』と『シーズンチケット』が御三家です^^
micchii(管理人) |  2005.02.05(土) 21:08 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

これに出てる役者さんは、ヴィニー・ジョーンズはもちろんのこと、みんな普通にサッカー上手かったですよね~!
私もモンクはお気に入りです。暴走しそうなのを必死で我慢してる姿は笑っちゃいますね。
サッカー好きであればあるほど楽しめる映画だと思いました。
松本カレイ |  2005.02.03(木) 00:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/45-6e53c4d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『ミーン・マシーン』

ガイ・リッチー製作総指揮による作品。刑務所の中で囚人チームと看守チームが練習試合
2007/02/18(日) 12:40:10 | かんべえの別館・DVD映画レビュー

MEAN MACHINE

ミーン・マシーン監督:バリー・スコルニック出演:ヴィニー・ジョーンズ、ジェイソン・ステイサム、デヴィッド・ヘミングス、ラルフ・ブラウン、ヴァス・ブラックウッド、ロビー・ギー、デヴィッド・ケリー、ジェイソン・フレミング2001年 アメリカ・イギリス八百長試合で
2007/02/04(日) 09:25:02 | 引き出しの中身

「ミーン・マシーン」

 2001年/イギリス 監督/バリー・スコルニック 出演/ヴィニー・ジョーンズ     デヴィット・ケリー     ジェイソン・フレミング     ジェイソン・ステイサム わははは。こういう映画大好きだー!イギリス映画万歳!面白い刑務所映画作らせたらピカイチ
2005/06/22(水) 21:59:13 | It's a wonderful cinema

ミーン・マシーン

わー!大好きだ、これ!最高!スナッチもロクストも大好きなんで、多分ハマるだろうなーとは思ってたんだけどめちゃくちゃ面白かった。大満足!ほくほく。八百長でフットボール界を追われた、元イングランド代表キャプテンのダニーは飲酒運転と暴行で逮捕され、刑務所に入れ
2005/02/03(木) 00:04:41 | ミズイロバケツ

▲PageTop

 | BLOGTOP |