2006.09.06

『グエムル -漢江の怪物-』(ポン・ジュノ)

グエムル -漢江の怪物-

グエムルの小ささがいい。

普段あまり新作の感想は書きませんが、これは書かないわけにはいかないでしょう。
『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督の最新作、『グエムル -漢江の怪物-』です。

まだ公開されたばかりですので、軽く書きます。

グエムル -漢江の怪物-

社会への風刺もこの人の映画の特徴ですが、今回はかなり露骨。
オープニングからモロですし、それだけアメリカへの怒りが大きかったんでしょうね。

のどかな河岸の風景が一瞬にして阿鼻叫喚の地獄絵図と化し、警察も、役人も、軍隊も、アメリカも頼りにならない中、さらわれた娘を救いに立ち向かうのは、ポン・ジュノ組のオールスターキャスト。

『殺人の追憶』とは逆にドロップキックを食らう側のソン・ガンホ、『殺人の追憶』の無機質な表情から一転、ちょっと太って感情豊かなパク・ヘイル、監督の並々ならぬこだわりのせいで、『ほえる犬は噛まない』に続いて今回もジャージ姿のペ・ドゥナ、いくら人の良さそうなお父さんを演じても、絶対に何かやらかすと思わせる『ほえる犬は噛まない』の怪しい警備員ピョン・ヒボン。
ポン・ジュノ組四天王見参。

グエムル -漢江の怪物- ソン・ガンホ ピョン・ヒボン パク・ヘイル ペ・ドゥナ

クストリッツァ映画はもはや“クストリッツァ映画”としかジャンル分けできないように、ポン・ジュノの映画もこの人だけのもの。
喜劇と悲劇がごちゃまぜになりながら、時に肩すかしを食らわしながら(ここは好みが分かれるところかも)、最後までぐいぐいと観客を引っ張っていく。

グエムルに立ち向かう武器が、JINROの空き瓶を改造した火炎瓶とアーチェリーというのもいい。
冒頭に書いたグエムルの小ささ(これがもっと大きかったら印象はまるで違う)と相まって、あくまでも日常の中の非日常なところがいい。

グエムル -漢江の怪物- ペ・ドゥナ

細かいところでは、お父さんが凄くいい話をしてるのに、ナミルとナムジュが全然聞いてなくて眠りこけてるシーンなんかいいですね。

ラストシーンは、解釈の分かれるところだと思いますが、劇中のあるシーンを思いだし、ぐっとくるものがあります。

そして、エンドクレジットが流れている間の、心の中に一発パンチをもらったような感覚。
あれこそがまさにポン・ジュノ印。

怪獣映画を撮ろうが、ポン・ジュノはポン・ジュノでした。



[原題]괴물
2006/韓国/119分
[監督・脚本]ポン・ジュノ
[出演]ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル/ペ・ドゥナ/コ・アソン/オ・ダルス

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
グエムルと“廃棄物13号”
『殺人の追憶』(ポン・ジュノ)
『スノーピアサー』(ポン・ジュノ)

TB(34) CM(18) EDIT

*Comment

■>ゴーシュ様

TB&コメントありがとうございます。

典型的な怪獣映画なら幼稚園のお子さんでも大丈夫かもしれませんが、これはある意味凄くリアルで恐いですからね。大人でもみんな真剣にびびってましたし(笑)

クストリッツァは、おっしゃるように映画館で観てこそですね。
『アンダーグラウンド』を映画館で観た時はほんとに打ちのめされました。
『アンダーグラウンド』と『ライフ・イズ・ミラクル』の2本しかUPしてませんが、他のもいずれ書きたいと思います。

ソン・ガンホの“顔”は、ほんとに傑作ですね。
特に『殺人の追憶』のラストは、『サブウェイ・パニック』のラストのウォルター・マッソーと並んで、映画史の双璧だと思っています。

「食べる時はテレビを消そうよ」よかったですよね。
以前UPした『わが谷は緑なりき』の「食事中は無言 食事に勝る話などない」を思い出しました。
micchii |  2006.09.25(月) 13:38 |  URL |  【コメント編集】

■>チビモリシ様

TB&コメントありがとうございます。
怪獣映画を期待した方はだめだったでしょうね、自分はポン・ジュノ映画を観に行ったので大満足でした。
パク・へイル、見事におっさん化してましたよね(笑)
新作、待ちきれませんね!
micchii |  2006.09.25(月) 13:04 |  URL |  【コメント編集】

■ひょっとして売店好き?

おはようございます.すっかり秋色な空ですね.
見に行きましたよ! さすがに子どもは連れていけまいと,幼稚園行ってる間隙を狙ったのですが(小笑),帰ってくる時間を考えると府中の10:00しか選択肢がなく,学生時代を思い出す機動力で夫婦ともに走って参りました….
相変わらず,もう二の句の告げぬログですよ.(笑)
そうかぁ,クストリッツァもご覧なっているんですね.15夜のアマゾンでも「黒猫白猫」は出しているのですが,彼の塊りのような映画(何のこっちゃ)は,スゴク好きで,あると映画館で見るようにしています.いずれ書きたいなと思っているのですが,文字で掴まえにくいんですよ.(笑) あのむやみにフレーム内に生き物がホトバシっているという点で,似たようなパワーは「グエムル」にも感じるかな.それにしても,むやみに寝ることをやめて,頼らず自らの手で守ることを決めたソン・ガンホのラストの顔は痺れますね.TB2本させていただきました. それではまた.
ゴーシュ |  2006.09.25(月) 09:50 |  URL |  【コメント編集】

■ポンジュノらしい

ポン・ジュノはポン・ジュノ。
ほんと、そんな映画ですよね。
私はポン・ジュノ映画を観に行ったので楽しめましたが、怪獣映画を期待した方はずっこけたはず!?

そして、ポン・ジュノ組四天王の中では
パク・ヘイルにビックリ。
『殺人の追憶』では繊細な美少年ぽい感じだったのに、
なんか・・・おっさんに・・・。

新作観たばかりであれなんですが・・・
ポン・ジュノ監督の次作が早く観たい!!
チビモリシ |  2006.09.22(金) 23:37 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

TB&コメントありがとうございます。
この映画、“怪物映画”を観に行った人にはいまいちみたいですね。
“ポン・ジュノ映画”を観に行った人には大満足なんですが。
内容的にはミニシアターでやるような映画ですし、宣伝の仕方が微妙だったかもしれません。
『殺人の追憶』は近年のサスペンスを代表する傑作だと思いますが、『ほえる犬は噛まない』も独特の味わいがある作品で大好きです。
ペ・ドゥナが素晴らしいです!
micchii |  2006.09.15(金) 13:29 |  URL |  【コメント編集】

■見てきました

micchiiさん、こんにちは。
私も先週、見て来ました。
それまでは、micchiiさんの感想を読みたいけど読まないようにして(笑)
この作品、怪物映画ですけど、怪物を見る映画ではないですよね・・・と私は思いました。
なので、パクリであろうがなかろうか、そんなことはどーでもいいと思います。
ポン・ジュノ作品は『殺人の記憶』とコレの2作品しか見ていませんが、micchiiさんの仰るように、この監督ならではの“味”のある作品を作ることができる優れた監督だと思います。他の作品も是非見てみようと思います。

TBさせていただきますね。
けろにあ |  2006.09.13(水) 18:22 |  URL |  【コメント編集】

■>rain様

TB&コメントありがとうございます。

グエムルの大きさが最大の勝因ですよね。
あれぐらいならそこらへんに急に現れてもおかしくないですし、妙にリアリティーがありました。

英題『THE HOST』は深いですよね。
邦題を『宿り主』にしたらさすがに客が入らないでしょうが、いかにも怪獣映画みたいな邦題をつけたばっかりに、“単なる怪獣映画”を期待した人たちにはダメだったみたいですね。
micchii |  2006.09.11(月) 13:32 |  URL |  【コメント編集】

■監督らしい怪物

こんばんは。
怪物の大きさが巨大ではないのがミソですね。あの大きさだからリアリティーがでるし、恐怖を感じるのだと思いました。

なので登場のシーンは怖かったです。

監督らしい独特の笑いやゆるい雰囲気、現実的な描き方、社会風刺など、おっしゃられるように怪獣映画を撮ってもポン・ジュノはポン・ジュノでしたよね
rain |  2006.09.09(土) 00:35 |  URL |  【コメント編集】

■>rivarisaia様

TB&コメントありがとうございます。
グエムルの大きさは、大きすぎず小さすぎず、ほんとにジャストサイズでした。
あれくらいの大きさが一番恐いですよね。
こういう映画だと大概はヒーローが立ち向かいますが、おっしゃるように、ソン・ガンホが最後まで同じ性格だったところがよかったですね。
「ずいぶん手慣れてるな」、目のつけどころがさすがですね。いいシーンでした。
micchii |  2006.09.08(金) 13:23 |  URL |  【コメント編集】

■>リーチェン様

TB&コメントありがとうございます。
あのスカシが合わない方もいるでしょうが、自分には心地よかったです。
助け方も、凄い兵器ではなく、自らの生活に関連してるところがいいですよね。
学生運動にはまってフリーターになった男が、経験を生かし火炎瓶、この設定、たまりません(笑)

ラストの写真、ありましたね~そういえば。
“懐の深さ”、おっしゃる通りですね。

パク・ヘイル、イメージ全然違いますよね。
かなり太っていてびっくりしました(笑)
micchii |  2006.09.08(金) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

■大きさか!

冒頭のシーンがどうしてこんなにイイのだろうか、と
思ってましたが、「大きさ」ですね。そうですね。納得。
お父さんの性格が最初から最後まで同じだった、という設定にも好感がもてました。途中でいきなりしっかり者になったり、ヒーローになったりしないところがいいです。
rivarisaia |  2006.09.07(木) 18:39 |  URL |  【コメント編集】

本当にスカシだらけだし、イマドキではない泥臭い助け方ではあったけれど、そのアンバランスなところも気に入っています。

個人的には、ラストの全てが終わった後、自分達の指名手配写真まで額に飾ってあったところに、それも笑いにしてしまう懐の大きさを感じました。

パク・ヘイル、見終わって初めて「殺人の~」のあの人だったのかと気付きました。随分おじさん化したかな~(笑)
リーチェン |  2006.09.07(木) 16:18 |  URL |  【コメント編集】

■>森と海様

そうですよね、タイトルも「怪物」ですからね。
大きすぎず小さすぎず、ほんとにジャストサイズでした。
エントリー、パーティのくだり面白いです。
特に、「体力回復の呪文(左参照)を使える老練な魔法使い」に座布団1枚。
micchii |  2006.09.07(木) 14:10 |  URL |  【コメント編集】

■>ケント様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
おっしゃるように、これほど韓国を表現している作品はないですね。
ハリウッドでも日本でも撮れない、韓国でしか撮れない映画だと思います。
micchii |  2006.09.07(木) 14:00 |  URL |  【コメント編集】

■>れいん様

TB&コメントありがとうございます。

グエムルの大きさは、大きすぎず、小さすぎず、ほんとにちょうどよかったですよね。

「日常の中の非日常」、気に入っていただけてよかったです。

『グエムル』も凄いですが、『殺人の追憶』はほんとに凄いですよね。
初めて観た時はほんとに衝撃でした。
おっしゃるように、あれと比べたら、他のはほんとに薄っぺらいですよね。

ポン・ジュノ監督、いまや最新作が一番楽しみな監督の一人です。
micchii |  2006.09.07(木) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

■やはり怪物なんです。

>グエムルの小ささがいい。
怪獣じゃないですね。あくまで怪物の範疇内です。だからこそ、パニックが身近なものとなるように思います。逆に等身大だったら単なるホラーだと。
拙エントリーでは断定していませんが、面白い映画です。
森と海 |  2006.09.06(水) 20:46 |  URL |  【コメント編集】

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。
良し悪しは別として、この映画ほど韓国を表現している作品はないと思いました。
ケント |  2006.09.06(水) 20:04 |  URL |  【コメント編集】

■ポン・ジュノはポン・ジュノ

こんにちは。感想を読ませていただいて、とても共感したので思わずTBとコメントさせて頂いてます!

>グエムルの小ささがいい。

私もそう思いました!本当にその通りですよね。あれより大きかったら「なんか違う・・・」という作品になってました。

「日常の中の非日常」・・・いい言葉。私もまさにこのことを言いたかったのだけれど、最後までこの表現が浮かばなかったです(苦笑)。

お父さんのいい話の時にナミルとナムジュが眠りこけてる場面もなんだかイトオシイ。

作品がとても気に入ったので、以前から気になりつつ何故か(などと言いつつ理由はわかっているのですが)後回しになってた『殺人の追憶』を昨夜DVDで鑑賞しました。
衝撃が走ってしまいました(少し大袈裟かもしれないけれど。笑)。今まで観てきた同じ類の映画やドラマがとても薄っぺらく感じられました。(特に日本のそれ)。
余談ですが、パク・ヘイルは「殺人の追憶」の感じの方が好きでした(笑)。

これからポン・ジュノ作品には注目していきたいと思います。
長々とすみません。それでは、また寄らせていただきますね。
れいん |  2006.09.06(水) 18:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/449-6547de15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

【映画】グエムル 漢江の怪物

<グエムル 漢江の怪物 を観ました> 原題:The Host 製作:2006年韓国 ←クリックしてね♪ランキング参加中 「殺人の追憶」「母なる証明」のポン・ジュノ監督作品。 以前「母なる証明」を観てから、この監督のほかの作品が観てみたくて、やっと探した一本。「殺...
2010/10/31(日) 16:02:29 | ★紅茶屋ロンド★

グエムル 漢江の怪物【韓国映画】

グエムル 漢江の怪物(2006年) 見ました。 原題:怪物 괴물 邦題:グエムル 漢江の怪物 英題:The Host <超概略のあらすじ> 漢江(ハンガン)で売店を運営す...
2007/12/31(月) 13:09:45 | Kio -朔北- De nuevo

グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-

2006年9月6日お台場で観てきました。久々にお台場で映画観た!専門学校のときの特別講義以来かも?w 嗚呼、ソン・ガンホ上手く描けないよう…orz 「グエムル -漢江の怪物-」2006年公開・韓国 監督・原案/ポン・ジュノ  脚本/ ポン・ジュノ、ハ・ジョ...
2007/05/23(水) 01:19:48 | きょうのできごと…。

グエムル 漢江の怪物

私好みのB級映画の臭いがプンプンしますねー。韓流は好きではないのですが「箪笥」以来、韓国B級映画に一目置いている私です。韓国では大ヒットした映画だとか。しかし、脚本ゼミの友人が「自分史上、最悪に気持ち悪い映画だった」と言うので、ちょっと心配。DVDで鑑
2007/03/13(火) 01:12:28 | 映画、言いたい放題!

コリウッド

『グエムル 漢江の怪物』を観た。ス、スゲエ。ポン・ジュノ監督が怪物。 この監督と、『オールド・ボーイ』パク・チャヌク監督、『悪い男』キム・ギドク監督がいる間は、韓国にはとても太刀打ち出来ない。ソン・ガンホ、チェ・ミンシク級の役者に匹敵する...
2007/03/03(土) 12:13:01 | ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル

グエムル 漢江の怪物

 漢江に流された毒薬が原因で突然変異した怪獣グエムルが人々を殺傷。娘を怪獣に奪われたばかりかウィルス感染と決めつけられた父とその家族が、怪獣
2006/10/04(水) 07:34:06 | シネクリシェ

グエムル -漢江の怪物-

監督=ポン・ジュノ。撮影監督=キム・ヒョング。VFXスーパーバイザー=ケヴィン・ラファティ。クリーチャー・デザイン=ジャン・ヒチュル。模型制作=WETAワークショップ。米軍施設が垂れ流した化学薬品が数年後、凶暴な怪物(グエムル)を誕生させて、ソウル市
2006/09/30(土) 17:27:00 | ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!

「グエムル」面白かったー。

「グエムル 漢江の怪物」を遅ればせながら観てきました。
2006/09/25(月) 22:01:09 | 毎日が映画記念日

続・嫉妬する手練.

-ポン・ジュノ監督/岩代 太郎 音楽-原題「MEMORIES OF MURDER」邦題「 殺人の追憶 」2004.3.27 日本公開 韓国 130min カラー/Aビスタ予告: 日本版 韓国版小生が昨年まで住んでいた東京の木場という界隈に,生まれ育ったその地を越す1年ほど前からキムチ屋さんができました
2006/09/25(月) 08:23:12 | 15夜通信

『グエムル 漢江の怪物』

『グエムル 漢江の怪物』 ★★★☆ (2006年 韓国 120分)監督:ポン・ジュノキャスト:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソンある日漢江(ハンガン)の河川敷に突如巨大な生物が
2006/09/22(金) 23:16:21 | Cinema雑感

毒物、捨てちゃダメよ!「グエムル~漢江の怪物」

エンターテインメント韓国怪獣物語。コリアンムービー「グエムル~漢江の怪物」、劇場で鑑賞。韓国映画、初めて劇場で観たかも。うほー。めちゃおもろいぃ~~。ドキドキワクワク大満足!怪獣映画な感じ。怪獣の造型。家族の愛情。ドドーン!ときました。弓の使....
2006/09/21(木) 14:50:54 | 絵描人デイズ

グエムル‐漢江の怪物‐

お父さん、助けて!お薦め度:.★★★★. 今まで観たことのない何処の国にも属さない、(おそらく)韓国らしいエンタメ映画。韓国のスピルバーグ監督とはよく言ったもので笑いも悲しみもドキドキも程よい塩梅で単
2006/09/20(水) 23:23:44 | PICO*THEATRE

「グエムル 漢江の怪物」 頭イテ~~~(笑)

まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画の感想をひとことで言うと、頭イタくなる映画ってゆっても
2006/09/19(火) 13:17:46 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 

グエムル -漢江の怪物-

缶ビールで ほんとうの怪物に かんぱ~い  おっもしろいなあ、この映画。長女ナムジュのアーチェリー大会のテレビ中継に食い入る長男カンドゥとその娘のヒョンソ。親父は店の売り物の缶ビールを二人で飲もうとする。娘が一口口にして、ビールじゃない、これ、と。すると
2006/09/16(土) 13:56:45 | 空想俳人日記

グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- THE HOST

ハングルで"グエムル"=怪物らしい。「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督作品。☆☆☆☆(←上手い)
2006/09/13(水) 21:45:22 | sag@webry.info

『グエムル ―漢江の怪物―』

話題の韓国映画『グエムル―漢江の怪物―』、見てきました。米軍が漢江に流したホルムアルデヒドがもとで怪物(おそらく水生生物が突然変異したと思われる)が誕生、人間を次々と襲う。漢江の河川敷で売店を営むパク一家の中学生
2006/09/13(水) 18:23:21 | けろにあ・みだすのつぶやき

グエムル - 漢江の怪物 -

 韓国 パニック&ドラマ&ホラー  監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ      ピョン・ヒボン     ペ・ドゥナ      パク・ヘイル     ソウルの中心を東西に貫く大きな河、漢江(ハンガン)。その河川敷で売店を営むパク一家の5人の...
2006/09/13(水) 16:27:06 | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽

オルタナティブ映画としてみれば面白い 「グエムル」

「グエムル 漢江の怪物」 [韓国]監督:ポン・ジュノ主演:ソン・ガンホ、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、ピョン・ヒボン なんつーか、評価に困る映画。決してつまらなくはないんだけど、韓国の興行で「王の男」を超えたっていう先入観からまずやや期待はずれ。さらに、ポン・
2006/09/12(火) 00:32:39 | あじあん・ちゃんぷるー

「グエムルー漢江の怪物」情熱ほとばしる怪物映画を見に行こう

「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国現在も韓国で公開中、5週連続首位をひた走る、内容成績ともまさに怪物映画だ。日本での公開はハコの大きさ...
2006/09/11(月) 11:36:46 | soramove

グエムル -漢江の怪物- 見てきました

 見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。
2006/09/10(日) 17:34:59 | よしなしごと

『グエムル 漢江の怪物 』   怪物映画を超えた‘怪物’。ポン・ジュノ監督最新作!

出演■ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・へイル、ピョン・ヒボン、コ・アソン、キム・レハ  他・・・・監督■ポン・ジュノ <ストーリー> ソウル中央を流れる雄大な河、漢江(ハンガン)。そこで売店を営んでいたパク一家は突然、河から巨大な怪物が人々
2006/09/09(土) 00:36:56 | enjoy! MOVIE☆LIFE

グエムル -漢江の怪物-

社会派の怪獣映画。
2006/09/08(金) 10:37:00 | Akira's VOICE

「グエムル -漢江の怪物-」

「グエムル -漢江の怪物-」公開直前まで全くノーマークだった本作だが、劇場で観れて良かったと思う。怪獣映画であるが侮れない、十分にお金を払う価値のある作品。ハリウッドのヒーローモノとは異なり、定石とおり進まないので、観終わった後、スッキリとはさせてもら
2006/09/08(金) 09:10:22 | わたしの見た(モノ)

映画「グエムル -漢江の怪物-」

2006年46本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督作品。謎の巨大生物に娘をさらわれた一家が、政府の理解を得られぬまま独力で怪物に立ち向かう。シリアスかコメディかよく分かりにくい映画でした。冒頭で漢..
2006/09/08(金) 07:32:52 | しょうちゃんの映画ブログ

「グエムル 漢江の怪物」観てきました♪

☆「グエムル 漢江の怪物」監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ 、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、ピョン・ヒボン、コ・アソン ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河、漢江。休日ともなると、家族連れや恋人たちが束の間の休息を求めて訪れる漢江の河川敷で、パク一家は
2006/09/07(木) 22:10:02 | りんたろうの☆きときと日記☆

グエムル-漢江の怪物-

「あのポン・ジュノが怪物映画」「しかもカンヌで絶賛」「怪物は魚の突然変異らしいが触手がついていた」「意外に小さいけど動きが素早いらしい」....などというウワサを聞いていたために、興味津々だった映画。意外と言うか予想通りと言うべきか、なかなかの傑作でした。『
2006/09/07(木) 18:35:17 | 春巻雑記帳

グエムル 漢江の怪物

カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。しかも、ただの怪獣映画ではない。アクション、SFスリラー、コメディー、ホームドラマ、そして社会派的な要素も含まれている。私とし
2006/09/07(木) 16:23:58 | UkiUkiれいんぼーデイ

『グエムル-漢江の怪物-』(06韓国)

見せ方が本当にウマイ!座布団10枚ものの、迫力とグッと来る部分を併せ持つフィクション大作には、ポン・ジュノ監督らしさが光ります!
2006/09/07(木) 16:12:48 | Happy Together

【劇場鑑賞91】グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-(THE HOST 原題:怪物)

「お父さん、助けて!」正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現!娘をさらわれた家族は、怪物を倒すことが出来るのか?怪物にヒョンソをさらわれた家族の命をかけた死闘が始まる!「必ず助ける!」
2006/09/06(水) 21:33:24 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

「グエムル」 へんてこ映画で胸をなでおろす

日本の配給さんがパニック怪獣映画っぽく宣伝している部分があり、単にそんなんでなかったことで安心です。しかし韓国で1000万人以上の動員だったのはやはり観た後ではびっくりです。これは映画や韓国の映画観客への悪口ではなく、韓国の観客の奥行きキャパが広いなあという
2006/09/06(水) 20:51:20 | しぇんて的風来坊ブログ

**〈 グエムル 漢江の怪物 〉怪物映画のフリして実は**

「いろいろな意味で53年以降の事象を詰め込みまくってみました。」とは、ポン・ジュノ監督は言ってないですけどそうとしかとれませんよ。コレは実際。 先にボクの立ち位置を明確にしておくと嫌韓流で間違いない。半島の人々に対しては、一人一人には別にそんな感情はない
2006/09/06(水) 20:41:30 | 日刊【考える葦】Returns

「グエムル -漢江の怪物- 」=ネタバレ無し=

待ちに待っておりましたので、初日に出撃いたしました。期待が大き過ぎたのかなぁ~。「カンヌでスタンディング・オベーション、拍手がなかなか鳴り止まなかった」という一節が頭から離れなかったもので・・・。是か非かと問われれば断然、是でございますが。(笑)オーパニン
2006/09/06(水) 20:41:18 | samuraiの気になる映画

グエムル 漢江の怪物

★★★  韓国の漢江に突然変異によって、巨大なナマズガエルのような生物が誕生する。そして突如として漢江の河川敷に現われ、逃げ惑う人々に次々と襲いかかるのだった。 この騒ぎで怪物に娘を拉致された家族が、団結して怪物に立ち向かってゆく・・というお話である。  
2006/09/06(水) 20:02:44 | ケントのたそがれ劇場

グエムル

すみません。正直期待はしていませんでした。韓国の怪物映画だってぇ?それってどうよ?ところがどっこい、面白いじゃないですか!何なんだろう、この何とも知れぬ新鮮な感触。湿り気のあるリアルな感じが素晴らし
2006/09/06(水) 18:10:00 | Cinema Galleria

▲PageTop

 | BLOGTOP |