2006.07.12

『紅の豚』(宮崎駿)

紅の豚

今回は、当ブログでは初のアニメ『紅の豚』です。

普段はあまり使わないカタカナ言葉を、映画から思い出すことがありますが、“デカダンス”といえば『地獄に堕ちた勇者ども』なように、“ダンディズム”といえば『紅の豚』。

紅の豚

そしてこの映画は、主役から脇役に至るまで、名台詞の宝庫でもあります。

いくつか印象的なものを。

「いい奴はみんな死ぬ」

「豚に国も法律もねえよ」

「戦争で稼ぐ奴は悪党さ。賞金稼ぎで稼げねえ奴は能無しだ」

「飛ばねえ豚はただの豚だ」

「ここではあなたのお国より、人生がもうちょっと複雑なの」

紅の豚

「さらばアドリア海の自由と放埒の日々よ」

「西部劇じゃねえんだ、そんなもの当たるかよ」

「あなた、もう一人女の子を不幸にする気なの?」

そして、何といっても一番の名台詞は、アジトで空賊たちに待ち伏せられて絶体絶命のポルコを救った、フィオのこの演説。

「あたしね、小さい時から飛行艇乗りの話を聞いて育ってきたの。
飛行艇乗りの連中ほど気持ちのいい男たちはいないって、おじいちゃんはいつも言ってたわ。それは、海と空の両方が奴らの心を洗うからだって。
だから飛行艇乗りは、船乗りよりも勇敢で、丘の飛行機乗りより誇り高いんだって」

紅の豚

このくだりは何度聞いてもたまりませんね。

飛行艇による空の散歩だけでも楽しいですし、何度観てもまた観たくなる大好きな作品です。



1992/日本/91分
[監督]宮崎駿
[声の出演]森山周一郎/加藤登紀子/桂三枝/岡村明美

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
「レンタルビデオ屋始めました」バトン “男ならこれを観ろ!”店

 

TB(5) CM(10) EDIT

*Comment

■>tonbori様

飛行艇の専門的なことはわかりませんが、フィオの言うように、飛行機でもなく船でもないところがいいですよね、海から飛び立つというところがいいです。
おっしゃるようにたぶんプロの声優さんはこれが最後だったような。
どうよ?っていう人多いですからね(笑)
三枝師匠、新型エンジンのテストの時の興奮した感じがよかったです。
micchii |  2006.07.22(土) 19:52 |  URL |  【コメント編集】

なんといっても飛行艇がいい(パンダコパンダのパパパンダの口調で)
というか実はこの作品、ジブリの最後のプロ声優さんが主演をとった作品じゃなかったんでしょうか?年代がはっきりしないんでよく解らないけど(苦笑)もののけ姫はこの後だったと思うけどさらに普通の俳優、タレントさんを使うに当ってまあうまい人ならいいけど、どうよ?みたいな人もいたりでそういう意味でも森山さんとか大塚明夫さんの声は安心しして聴けましたねえ。まあ三枝師匠も脇だったし(笑)
tonbori |  2006.07.21(金) 00:49 |  URL |  【コメント編集】

■>samurai-kyousuke様

「家内制手工業」、かなり久しぶりにこの言葉聞きました。中学生以来でしょうか(笑)
でも、まさにその通りですね。
しかも全員が親戚というのが凄い!裏の方々もそうですが、さすがイタリアの“ファミリー”の力は凄いですね。
micchii |  2006.07.18(火) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

■>5011様

コメントありがとうございます。
押井守と並んで、天下のどころか、世界のですからね。
森山周一郎さんの声はほんとに渋いです。
特にジブリファンということもないのですが、この『紅の豚』はほんとに大好きです。
micchii |  2006.07.18(火) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■家内制手工業

近所のおばちゃん連中が飛行艇造るシーンが良かったですね。まさに家内制手工業でした。
samurai-kyousuke |  2006.07.15(土) 20:48 |  URL |  【コメント編集】

「紅の豚」って見てないんですが、天下のジブリ作品だけあって海外でも公開されてるみたいです。
で、英語版では森山周一郎さんの声をマイケル・キートンが、そしてフランス語版ではジャン・レノがそれぞれ声をアテてるみたいですね。
流石ジブリって感じ。
5011 |  2006.07.14(金) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

■>森と海様

かっこいい二枚目にあんなキザな台詞をはかれたらケッとなりますが、豚だからキマるんですよね。
あの顔で「飛ばねえ豚はただの豚だ」なんて言われたら、もうノックアウトです。
micchii |  2006.07.13(木) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

こちらにもコメントありがとうございます。
ほんとにかっこいいですよね、何度観ても痺れます。
すいません、「アクションのできないサモ・ハンのような豚」、面白すぎます!大笑いしてしまいました(笑)
micchii |  2006.07.13(木) 12:36 |  URL |  【コメント編集】

■テレの感じられる設定が秀逸です

なにがいいって、主役を豚にしたこと。
カッコいい二枚目なんかにした日にゃ、少なくともボクは見向きもしません。

粋なんだよなあ。森山さんといい。
森と海 |  2006.07.12(水) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

■カッコイイのです

続けてのコメントで恐縮です。
でも、この作品、ジブリ作品の中では一番好きなので。
ホントこの豚さんは、カッコイイです。
仰るように、セリフが粋なのですよねぇ。
大人が見るアニメですよね。
我が家にもアクションのできないサモ・ハンのような豚がいるのですが、この豚さんのようにダンディになってもらいたいものです(笑)
けろにあ |  2006.07.12(水) 20:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/418-c2f23d1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

紅の豚

1992年の日本映画。宮崎駿の短編漫画を映画化した長編アニメーション。舞台は1920年の末。第一次世界大戦が終わって間もないイタリアでは世界恐慌の嵐が吹き荒れ、ファシストの足音が忍び寄っていた。そんななか、自分を豚の姿に変えて、社会に背を向け、賞金稼ぎとして生き
2006/10/24(火) 10:10:20 | シネマ通知表

[Review] 紅の豚

今まで公開された宮崎駿アニメ映画の中で、唯一観ていなかった映画です。ジブリ映画に関して話題を共有する知り合いと、その話をしたら、めちゃくちゃ怒られまして。無理にでも時間を作って観ろ! と。やはりそれだけ面白い映画であるという証拠なんでしょう。冒険活劇や少
2006/10/06(金) 07:35:40 | Diary of Cyber

『紅の豚』この映画を見て!

第113回『紅の豚』  今回紹介する映画は宮崎監督の個人的趣味が詰め込まれた『紅の豚』です。この映画は元々JALの国際線の機内上映の作品として、30分くらいの短編として制作されていたのですが、宮崎監督の構想が大幅に膨らみ、長編作品として途中から制作されることに
2006/09/21(木) 22:03:28 | オン・ザ・ブリッジ

<紅の豚> 

1992年 東宝 監督 宮崎駿  脚本 宮崎駿 作画監督 賀川愛 声の出演 ポルコ・ロッソ:森山周一郎     マダム・ジーナ:加藤登紀子     フィオ・ピッコロ:岡村明美     ドナルド・カーチス:大塚明夫      バアチャン:関弘子     ピッ
2006/08/13(日) 13:15:44 | 楽蜻庵別館

DVD「紅の豚」

ついに観てしまいました。。。映画大好きと言っていてるのにジブリ作品は1本も観たことが無いというのをチョット売りにしていた部分があったのですが「この作品はいいよ」と言われ観る事に。はい、確かに良かったです。。。なんだかチョット悔しいわぁ~!森...
2006/07/20(木) 05:38:24 | ☆ 163の映画の感想 ☆

▲PageTop

 | BLOGTOP |