2006.04.20

『青髭八人目の妻』(エルンスト・ルビッチ)

青髭八人目の妻

前回の『生活の設計』に続いて、エルンスト・ルビッチ第7弾。

主演は、前回と同じゲイリー・クーパー。相手は、今回はお気に入りのミリアム・ホプキンスでないのは残念ですが、補って余りある『或る夜の出来事』のクローデット・コルベール。

ラストが有名な映画は、それこそ数え切れないほどありますが、この映画は、オープニングが有名ですよね。
フランスに滞在中のアメリカ人の大富豪ブランドン(ゲイリー・クーパー)は、不眠症に悩まされ、パジャマのせいだと考えた彼は、デパートにパジャマを買いに行きます。

しかし、パジャマは上しか着ない彼は、下はいらない、上だけくれと店員に言います。
そんなことはできないと店員、男の90%はパジャマの下なんか着ない(ほんとかいな)、あくどい商売するなと譲らないブランドン。

いまだかつてそんな客は聞いたことがないので、店員は大慌て、上司に相談、その上司もさらに上司に相談、結局社長に電話します。
寝室で電話に出た社長、そんなことは絶対にだめだ!と叫ぶものの、そんな社長も上しか着ていなかった…。

ブランドンと店員が相変わらず揉めていると、そこへ現れたニコル(クローデット・コルベール)という女性、なんと、私が下だけもらうわと一言。
彼女の方は下だけ欲しくて、上はいらないのです。

こうして出会った、パジャマの上だけが欲しい男と、パジャマの下だけが欲しい女。
映画史上屈指の出会いの名場面でしょう。
この見事な脚本を書いたのは、ご存じチャールズ・ブラケットとビリー・ワイルダー。

一目でニコルに惚れたブランドンは、探りを入れます。なんといっても男もののパジャマの、しかも下だけを買ったわけですから。

しかし実はニコルは貧乏貴族の娘で、上はまだ着れるから下だけ買ったわけです、お父さんのために。
この貧乏貴族のお父さんが、ルビッチ作品といえばこの人エドワード・エヴェレット・ホートン。

お父さんは借金地獄から抜け出すために、ブランドンとニコルを結婚させようとします。
しかし、ニコルにはアルバート(デヴィッド・ニーヴン)という旧友がいて、あまりブランドンに気はありません(実はそうでもないんですが)。

でも、ニコル自身も借金のため街に出ては冷たい視線を浴びていたため、お金のために結婚を決意。
しかし、結婚式のいざ写真撮影という段階になって、ブランドンに結婚歴があることが発覚。しかも7回!
それでタイトルが『青髭八人目の妻』。

そこで、今度また離婚したら、年に10万ドルずつ払うという“契約”を結びます。
そして、ニコルはブランドンを挑発し、思惑通りに離婚ということになり、しかし…。
この先は観てのお楽しみとしておきましょう。

青髭八人目の妻

監督エルンスト・ルビッチ、脚本チャールズ・ブラケット&ビリー・ワイルダー、主演ゲイリー・クーパー、クローデット・コルベールとくれば、面白くないわけがありませんが、今回も“ルビッチ・タッチ”を存分に堪能できます。

ゲイリー・クーパーは、『生活の設計』に続いて、ビシッと決めた時とはまた違う、ロマンティック・コメディの彼が観れます。
今回も主導権を握っているのは女性の方で、クローデット・コルベールに見事に翻弄されています(笑)

“脚本家”ビリー・ワイルダー初のヒット作として、さらに映画史に残るオープニングの出会いのシーンだけでも、一見の価値があると思います。



[原題]Bluebeard's Eighth Wife
1938/アメリカ/85分
[監督]エルンスト・ルビッチ
[脚本]チャールズ・ブラケット/ビリー・ワイルダー
[出演]ゲイリー・クーパー/クローデット・コルベール/デヴィッド・ニーヴン/エドワード・エヴェレット・ホートン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『生活の設計』(エルンスト・ルビッチ)

TB(0) CM(2) EDIT

*Comment

■>Carolita様

『生活と設計』でもそうでしたが、この時期のクーパーは、かっこいいというより、かわいいですよね(笑)
映画の中では苦労していても、実生活ではモテモテだったみたいですが(そりゃそうですよね)。
ルビッチ作品の感想、楽しみにしています♪
micchii |  2006.05.01(月) 09:26 |  URL |  【コメント編集】

あっ、タイトル聞いたことありますよ!
そうですか、パジャマの上か下かでダダをこねるゲイリー・クーパー。
そりゃ、絶対見なくてはっ!
若い頃のクーパーは、女性に苦労していたんですねぇ(笑)
GWに入りましたので、ゆっくりルビッチ作品見てみようと思っています。
Carolita |  2006.04.29(土) 17:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/369-e6c95afb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |