2013.01.27

『ブラッド・ウェポン』(ダンテ・ラム)

ブラッド・ウェポン

名古屋のセンチュリーシネマで『ブラッド・ウェポン』ご覧になる方、アクション凄い迫力なので、ぜひスクリーン1の回で。スクリーン2ではたぶん迫力激減。
いつもみたいに真ん中あたりのスクリーンと同じ高さの目線で観ましたが、凄まじい迫力。
リウ・カイチーももちろん大画面で堪能できます(笑)

オープニングからアクション(特に銃撃戦の音)は凄いのに、ドラマパートになると途端に落ちる。

そこに、満を時して、ダンテ・ラム作品のミューズ、リウ・カイチー、今回はスキンヘッドで登場!
一気に引き締まる映画(笑) 主演二人は替えが効いても、彼だけは替えが効かない。

ブラッド・ウェポン リウ・カイチー

リウ・カイチー、今回も安定のダメ人間、でも、やる時はやる。
でも、決して幸せにはなれない(笑)

一番印象に残るショットはもちろん彼で、しかも、ご丁寧にフラッシュバックでもう一度じっくり堪能できます。
どんだけリウ・カイチーが大好きなんだダンテ・ラム(爆)

先ほどもちらっと触れた銃撃戦は大迫力で、ロケット弾も炸裂しまくり、さすがはダンテ・ラム、加減は一切ありません(笑)

ブラッド・ウェポン ダンテ・ラム

スケール的にもハリウッドにだって負けていません。
一番の見せ場は街中でのビルの谷間を抜けるヘリでの追跡劇、『ブルーサンダー』だ!あれはたまらない!

一応ツッコんでおくと、防弾チョッキを着ているジェイ・チョウよりも、着てないニコラス・ツェーの方が遥かに弾を食らってるのに、普通に動け過ぎ(笑) 一応痛がってはいますが…。
さすがは香港映画クオリティ、他の国の映画なら最低でも3回は死んでます(爆)

ブラッド・ウェポン [DVD]ブラッド・ウェポン [DVD]
角川書店 2013-02-21

Amazonで詳しく見る

[原題]逆戰
2012/香港/122分
[監督]ダンテ・ラム
[音楽]ピーター・カム
[出演]ニコラス・ツェー/ジェイ・チョウ/リン・ポン/バイ・ビン/アンディ・オン/リウ・カイチー

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(1) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/3643-3c8ca67b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ブラッド・ウェポン

ニコラス・ツェーは不死身なのか!?
2013/02/03(日) 21:09:54 | だらだら無気力ブログ!

▲PageTop

 | BLOGTOP |