2006.04.09

「夢のオムニバス映画」募集!!

皆様のお薦め映画を教えていただこうというこの企画、番外編第2弾は、趣向を変えて「夢のオムニバス映画」を募集します。

当ブログでUPしているオムニバス映画といえば、ジム・ジャームッシュ監督が5つの都市を舞台に撮った『ナイト・オン・ザ・プラネット』、SARSの際に香港映画界が立ち上がった『1:99 電影行動』、ウォン・カーウァイ&スティーヴン・ソダーバーグ&ミケランジェロ・アントニオーニという豪華な顔ぶれの『愛の神、エロス』

ただ、“夢の”と謳っているからには、カーウァイ&ソダーバーグ&アントニオーニを豪華だなんて言ってられません。

一例を考えてみますと・・・。

ジョン・フォードの西部劇で始まったかと思ったら、突然ラブコメディに変わり、監督もビリー・ワイルダーにバトンタッチ、と思ったら徐々にサスペンスの要素が膨らんできて、思いもよらぬドンデン返しが待っていた!と思ったらいつの間にか監督もヒッチコックに変わっていた、なんていうのも全然ありです。

主演はジョン・ウェインにジャック・レモンにケイリー・グラント。

西部劇パートではベン・ジョンソンが意味もなく荒野を馬で駆け、悪役には『シェーン』のジャック・パランスに『ウエスタン』のヘンリー・フォンダ。

ラブコメディパートでは、それぞれの恋の相手として、モーリン・オハラ、シャーリー・マクレーン、キャサリン・ヘプバーンが登場。

サスペンスパートに入って、怪しい男としてジョゼフ・コットンやアンソニー・パーキンスが現れ、ファム・ファタールとしてキム・ノヴァク登場。

スタッフももちろん一流どころに集まってもらい、音楽は、西部劇パートをディミトリ・ティオムキン、ラブコメディパートをヘンリー・マンシーニ、そしてサスペンスパートは、なぜか一人場違いなハンス・ジマー(笑)

カメラマンは、西部劇パートをブルース・サーティース、ラブコメディパートをクリストファー・ドイル、サスペンスパートをアンリ・ドカエ。

きりがないので、これくらいにしておきます(笑)

こんな感じで、実現不可能は当たり前、妄想炸裂の“夢のオムニバス映画”、たくさんの投稿をお待ちしています。
何パターンも考えられると思いますので、複数の投稿ももちろん大歓迎です!

※ジョニー・トー監督のオムニバス映画の話は、記事を独立させました。(→こちらからどうぞ)


今まで通り、カテゴリー別のお薦め映画の募集もまだまだ受け付けていますので、何か思い出されたらどしどし応募して下さいませ!

「男ならこれを観ろ!」への投稿はこちら
「素敵な恋をしよう!」への投稿はこちら
「泣けます。。。」への投稿はこちら
「子役がかわいい!」への投稿はこちら
「爆笑!」への投稿はこちら
「衝撃のラスト!」への投稿はこちら

TB(0) CM(15) EDIT

*Comment

■>三毛猫様

お世話だなんてとんでもありません、お役に立てて何よりです。
その2つのサイトは、自分もとてもお世話になっていて、凄く便利だと思います。
記事楽しみにしてますね~♪
micchii |  2006.05.18(木) 15:43 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございました!

いつもお世話になってばっかりですみません!
今度なんかおごります☆
教えていただいたサイトは早速お気に入りに
入れました。これでニモが紹介せきると思います~~嬉しいなぁ!!
ニモは観たんですよ、私は。それも3度も。
でもうまく記事に出来ないんです・・もう情けないや~~。
このサイトを今日仕事から帰ったらしっかり
みます。で、うまくまとめられたら報告に
来ますね。待っててくださいね~~
三毛猫 |  2006.05.16(火) 15:31 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫様

いつもコメントありがとうございます、返事遅れてすいません。
観た映画は「映画鑑賞歴」としてタイトルと監督名だけは書いているので、検索してなかったということは、イコール観てません・・・。
ですので、感想は述べようがないんですが、それだけでは申し訳ないので、参考になるであろうサイトを2つ。

http://www.jtnews.jp/

http://cinema.intercritique.com/

他の方はどんなふうにこの映画のこと思ってるんだろうというのを知りたい場合、だいたいこの2つで事足りると思います。自分も愛用しています。

ちなみに、上のサイトでは今現在228人、下のサイトでは93人分の、『ファイティング・ニモ』の感想がご覧になれます。

観ていないので人任せになってしまいましたが、こんなんでよろしいでしょうか?申し訳ありません。
micchii |  2006.05.16(火) 11:42 |  URL |  【コメント編集】

■ニモ

こんにちは☆三毛猫です。

今「ニモ」の記事を探してるんです。ニモの写真を手に入れたので映画の記事も載せたくて。
クリックトックさんのブログでも探したんですがないんですよ・・。ここも検索したんですが
ありません。

もしよかったらニモの感想とか教えていただけませんか?もちろん私もニモは大好きなんですがうまく記事に出来ないんです。お願いします~。ダメでしょうか・・
三毛猫 |  2006.05.13(土) 09:00 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫様

コメントありがとうございます、レスが遅くなって申し訳ありません。

ディレクターズカットの件、素人の説明でしたが、なんとか理解していただけたようでよかったです。

ランキングですが、以前自分も付けたいた時には、「記事が気に入っていただけたら、クリックしていただけると嬉しいです」みたいなコメントを書いてたんですが、これでも結構微妙でして、もっといかにもクリックしてくださいみたいなのは、あんまりいい気がしませんよね・・・。
でも、書いたような素晴らしい点もあるので(あの後見てみましたが、FC2ブログランキングにも同じ機能があるようですね)、悪いところばっかりではありませんよね。
読んでくださった方が気持ちよくクリックして下さるような記事を書くのが一番なんですけどね。
これは凄い!って記事にランキングが貼ってあったら、自分もクリックしますからね。そうでもない記事にはまずクリックしませんが・・・。
micchii |  2006.05.08(月) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

■お礼が遅れてすみません!

こんばんは☆お久しぶりです(*^ ー^*)
デレクターカットについてのお礼もせず、不躾な私をお許しください。本当にごめんなさい!
こんな私なのに掲示板に書き込みしていただいてとっても感謝しています。micchiさん、ありがとう☆

みんな、バナーを貼っているのになぜか否定的なランキングのよさをよくぞ書いてくださいました。そうですよね。悪いものならなくなるハズ。いいところもちゃんと見ないと~。私も反省させられる御意見でした。本当にありがとうございました。いつも助けてばっかりもらって
申し訳ありません。でも頼りにしています☆
三毛猫 |  2006.05.04(木) 19:28 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫様

こちらで全然構いませんよ。
御質問ありがとうございます。専門的なことは全然わかりませんが、わかる範囲でお答えしたいと思います。

まず、残念なことに、多くのハリウッド映画では、監督に映画の最終的な編集権がありません。
古くはプロデューサーや配給会社のお偉方などが口を出してシーンのカットや変更なんかざらですし、最近では試写会での観客の反応を観てから内容を変更するなどしています。

ヨーロッパや、一部のアメリカの監督も、「映画作家」などと呼ばれている人たちは自分の好きなように撮ってますが、それは世界的に名声を得ていて、資金も集まるからで、このような人たちの方が少数派です。

それで、監督としては、シーンをカットされたり、入れたくもないシーンを入れさせられたり、もちろん不満はあるんですが、文句も言えず従っているわけです。
しかし、その後その監督がそれなりの地位を得て、自分の意見が通るようになると、DVD発売や再上映などの際に、自分の意見の通ったバージョンを編集しなおすことになります。
「ディレクターズカット」は、文字通りディレクター=監督ですので、“監督がほんとに撮りたかったバージョン”くらいに考えていただけると、イメージがわきやすいかと思います。

当ブログでも、『シンシナティ・キッド』の記事の中で少しこの問題に触れているので、ついでに読んでいただけたらと思います。

以上、簡単ですが、こんなのでよろしいでしょうか?
もし何か疑問がございましたら、また遠慮なくおっしゃってくださいね。
micchii |  2006.04.17(月) 13:06 |  URL |  【コメント編集】

■質問です☆

ここに書いてもいいんでしょうか・・。ダメだったらお手数ですが移動させていただけますか?今日は質問があってきました。

よく前の映画に何かつけたしてあるのがありますよね?あれはなんですか?「デレクターズカット」とかです。どこが(何が)違うんでしょうか。これ教えてください☆
三毛猫 |  2006.04.15(土) 08:23 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫様

コメントありがとうございます。
そして、お薦め企画への初投稿ありがとうございます、嬉しいです。
ディズニーとサンリオとNHK、そうきましたか!
思わぬところからの組合せで、こういう予想外の投稿をしていただけるのが、お薦めを募集していて楽しいところです。
くまのぷーさんとハローキティとおじゃる丸の漫才なんて、誰が考えたでしょうか!(笑)
しかも、役割分担がちゃんとはまってますよね。ぜひこの漫才聞いてみたいです!
micchii |  2006.04.10(月) 13:12 |  URL |  【コメント編集】

■>hana様

投稿ありがとうございます!
トニーとシンチー!!しかも、ウォン・カーウァイ作品のシンチーなんか想像できません(笑)
「しかーーし王家衛はダメ出しが多すぎ」に爆笑!
シンチー&コン・リーなんて凄すぎる!と思ったら、すでに実現してるんですね。これは『詩人の大冒険』観なければ・・・。
最後はバリー・ウォンですか!でも、香港でオムニバス映画をやるとしたら、バリー・ウォンは外せないですよね~。
さらに、脇役豪華すぎます!『痩身男女』コンビが脇役で出てくるなんて(笑)グッジョブのニコラスまで!!
どう考えても実現はできそうにありませんが、こうやって考えるだけでも楽しいですよね。
micchii |  2006.04.10(月) 12:55 |  URL |  【コメント編集】

■ディズニーとサンリオとNHK

くまのぷーさんとハローキティとおじゃる丸
ですね~。この3人が揃ったら漫才が出来ると
思います。ツッコミはキティ、ボケはおじゃる丸です。ぷーはじっとしています。
あ。。安田大サーカスに似てるかも・・
三毛猫 |  2006.04.09(日) 06:27 |  URL |  【コメント編集】

■再び♪

シンチー&鞏俐(コン・リー)は「詩人の大冒険」であったので、
ここは周迅に!!(笑)
ついでに興行収入を考えて
周杰倫(ジェイ・チョウ)やF4も出演させてしまえ!!(笑)
hana |  2006.04.08(土) 00:37 |  URL |  【コメント編集】

■夢というより妄想!?(笑)

micchiiさんのトニー&セシの組み合わせだけでもう鼻血ものなのに・・(笑)
これ以上を何を考えろとおっしゃる(笑)
私だったら、そうですね~
主演は見たことないトニーとシンチーで!!
ジョニー・トー監督のとんでもない「大事件」
に始まり、シンチーの懐かしいシリアス演技を見て、
王家衛にバトンタッチ。
渋いトニーとまたまた意外なシンチーを発見!!
しかーーし王家衛はダメ出しが多すぎ、急遽、
アンドリュー・ラウにバトン・タッチ。
突然ラブ・ストーリーに。
急遽、トニーとシンチーに恋の相手が出現。
ここでトニー&セシ、シンチー&鞏俐(コン・リー)なんかだとすごいぞ。
そして、最後はバリー・ウォンに!!
あれよあれよと意味不明な展開で最後は
「あれ?これって旧正月映画だったのか」
という無理やりハッピー・エンディング。
通行人に林雪(ラム・シュー)
屋台のおっちゃん兄弟に羅家英(ロー・ガーイン)と許紹雄(ホイ・シウホン)
合間にミュージカル展開で金城武、張學友(ジャッキー・チュン)
アンディとサミーの「痩身男女」カップルや
「グッジョブ!!」指差しステッキを持った謝霆鋒(ニコラス・ツェー)にも出て欲しいぞ。
妄想が止まらない私です・・・
hana |  2006.04.08(土) 00:33 |  URL |  【コメント編集】

■>cardhu様

最初の投稿ありがとうございます。
金庸の書き下ろし新作!この時点ですでに妄想が炸裂してますね(笑)
ジョン・ウー、バリー・ウォン、ジョニー・トーなのに、主演がドニー・イェンというところが渋すぎます。
でも、ジョニー・トー作品の武術指導がドニー・イェン、いつか観てみたいですね。
サモ・ハン、ジャッキー、ユン・ピョウの老人トリオ、絶対面白そうです(笑)
さらに、トニー・チャーまで出てくるとは!!
これだけのメンバーが揃ったら、さすがのサイモン・ヤムといえども、ラム・シューと一緒にチョイ役に甘んじるしかありませんね・・・。
でも、一番ウケたのは「題字、アンディ・ラウ」でした(笑)
実現は絶対に無理ですが、考えるだけでも楽しいですよね。
micchii |  2006.04.07(金) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■暴走する妄想…

いきます!
秘伝書をめぐるオムニバス形式の武侠映画。アクションありコメディありロマンスあり。
原作は金庸の書き下ろし新作!(←この時点でムリ、笑)
監督はジョン・ウー、バリー・ウォン、ジョニー・トー。ジョン・ウー節を効かせたアクションではじまり(鳩の替わりに鷹が飛ぶ!)、突如コメディになり、黒澤明をリスペクトするジョニー・トーが重厚かつ爽やかに締めくくる。
製作総指揮で整合性を与えるのはツイ・ハーク。
武術指導はジョン・ウーパートをラウ・カーリョン、バリー・ウォンパートをチン・シウタン、ジョニー・トーパートをドニー・イェン。
音楽、川井憲次。
撮影はクリストファー・ドイルと元バリー・ウォン組アンドリュー・ラウ。
衣装、ワダ・エミ。
題字、アンディ・ラウ。
主演はドニー・イエンとチャウ・シンチー。
サモ・ハン、ジャッキー、ユン・ピョウが反則的に強いくせに駄々っ子のようなキャラの老人トリオでところどころに出てきては話をかき乱す。トニー・チャー、デビッド・キャラダイン、ホ・ジュノなどが異民族のキャラで出演。サイモン・ヤムとラム・シューはコンビで出てきて場をさらう。最初男装で出てくるヒロインはチャン・ジンチュ。他はあまり女っ気なし。
伝説の達人役でブルース・リーがデジタル出演!

ハイ、絶対ムリです、笑。
cardhu |  2006.04.06(木) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/361-8204396e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |