2006.04.03

『芭啦芭啦櫻之花』(ジングル・マ)

芭啦芭啦櫻之花

“ナンデスカ~?サクゥ~ラァ~”

いきなり意味不明な日本語から始まりましたが、桜咲き誇るのどかな春の日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、桜のこの季節にぴったりな映画、通称(英題)『Para Para Sakura』、『芭啦芭啦櫻之花』です。

上海でダンス教室を開いている王(アーロン・クォック)は、ある日街で偶然出会ったユリ(セシリア・チャン)に一目惚れ。
しかし、彼女には日本に親が決めた婚約者がいた…。

というストーリーもあるにはあって、お決まりのパターンとはいえ、結構いい話です。

芭啦芭啦櫻之花 アーロン・クォック セシリア・チャン

ただ、ストーリーはたいした問題ではありません。

この映画、2001年の映画です。
ということは、前年が『東京攻略』

『星願 あなたにもういちど』でセシを一躍スターにしたジングル・マ監督、きっと彼女の魅力にすっかりやられてしまったんでしょう。

『東京攻略』も、トニーとイーキンとケリーだけで十分なところを、“東京観光”に一緒に連れて行きたいがためにセシも出演。

あの映画にセシが必要だったかどうかは別として、きっとセシと一緒の東京観光は凄く楽しかったんでしょう。

もう1回行きたいなぁ…。
というわけでセシに交渉。

「もっと出演時間を増やしてくれないと行かない!」とセシに駄々をこねられた監督、もちろん二つ返事でOK。

撮影監督も兼ねるジングル・マ監督としては、セシの出演時間が増える→長い時間カメラでセシを撮れる、こんな嬉しい話はありません。

でも、前回の東京ロケは大掛かりなアクションもあって結構大変だったからなぁ、あんな疲れるのは「ヤダ」((c)トニー)なぁ、もっと楽な題材はないかな~。

そうだ!パラパラだ!!(ここはかなりの論理の飛躍が…)

でも、セシ一人じゃ弱いかな、もう一人スターが欲しいなぁ。

パラパラということはダンス、ダンスといえば…、スペシャリストのアーロンだ!

「ねぇねぇアーロン、一緒に東京観光に行かない?」というわけで、アーロンの出演も決定。

以上は管理人の完全な妄想ですが、そう的外れでもないような気がします(笑)

さて、ストーリーはどうでもいいとして、この映画、セシのファンにはたまりません。

見所1、セシの角隠し姿が拝めること。
セシの日本での政略結婚のシーンが神前結婚なので、セシは角隠し姿。
こんな姿が拝めるのは、後にも先にもこの映画だけでしょう。

芭啦芭啦櫻之花 セシリア・チャン 角隠し姿

見所2、パラパラを踊るセシが観れること。
パラパラ映画なので当然といえば当然ですが、パラパラを踊るセシが観れるのも、後にも先にもこの映画だけでしょう。

芭啦芭啦櫻之花 セシリア・チャン パラパラ

見所3、セシのおかしな日本語。
『東京攻略』のトニーに全然負けてません!!(笑)

以下、セシの日本語語録。
「ダイジョブデスカ?」「チョットマッテ!カレハワタシノトモダチデス!ワカタ?」「ワカタ、ジャーネ」「イキマショ」「ダマサレタ」

アーロンはダンスが素晴らしいのはもちろんのこと、結婚式に乗り込んでセシに思いの丈を告白するシーンはグッときます。

さらに、例によってジングル・マ監督の映像美学が炸裂していて、夜の街で羽毛が舞う中みんなが踊るシーンなんか、言葉を失うほど美しい。
警官から掃除のおじさんまでみんなが一緒に踊って、とても楽しいシーンでもあります。

芭啦芭啦櫻之花 アーロン・クォック

ラストは、むちゃくちゃ強引な展開でハッピーエンド。

そして、桜舞う上野公園で、パラパラガールズを従えての、二人のパラパラ!
この歌の歌詞が凄い!

“ミニコ~イ、サ~クラハエエヨ、come and dance with me♪”

耳にこびりついて離れません(笑)

ちなみに、最初に書いた“ナンデスカ~?サクゥ~ラァ~”はこの歌の出だしです(笑)

アーロンはこの曲がよっぽど気に入ったのか、これ以後アーロンのコンサートでは、ファンと一緒にこの曲を踊るのがお約束になっているようです(笑)

東京にお住まいの方は、上野公園に出かけて踊ってみてはいかがでしょうか?

“ミニコ~イ、サ~クラハエエヨ、come and dance with me♪”



[原題]芭啦芭啦櫻之花
2001/香港/111分
[監督]ジングル・マ
[音楽]ピーター・カム
[出演]アーロン・クォック/セシリア・チャン/西村和彦

→予告編 →「Para Para Sakura」 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
YouTubeで「Para Para Sakura」を発見!!

 

TB(1) CM(8) EDIT

*Comment

■>ゆうこ様

アーロンは、パラパラ以外のダンスも披露しているんですが、さすが専門だけあってどれも見事です。
そして、パラパラも、セシとはキレが全然違います!(笑)
micchii |  2006.04.05(水) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

■アーロンの

パラパラが、観たい!!観たすぎる~~!!
セシリアは、絶対可愛いだろうけど、アーロンは、こなれた感じの踊り方なんだろうか!と思いつつ。
ゆうこ |  2006.04.04(火) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

■>ぴむ様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
制作秘話は勝手に話を膨らませましたが、案外当たってそうですよね、映画観ると(笑)
アーロンのファンにもたまらない映画でしょうが、セシのファンにもたまらないですよ!
おっしゃるように、『PROMISE』の王妃役なんかより断然こっちですよね。
とにかく楽しい映画ですよね。
「ミニコ~イ、サ~クラハエエヨ~、come and dance with me♪」、しばらくは耳から離れそうにありません(笑)
micchii |  2006.04.04(火) 13:05 |  URL |  【コメント編集】

■>JB's様

お久しぶりです、コメントありがとうございます。
ジングル・マ監督のくだりは完全な妄想ですが、案外そんな感じかもしれません。ジングル・マ監督、趣味で映画を撮っている感じが大好きです(笑)
ラストのパラパラは必見です!
micchii |  2006.04.04(火) 12:59 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

まさかにじばぶさんにこの映画にコメントいただけるとは思ってませんでした(笑)
さらに雰囲気が伝わるように、写真追加しておきました。

たいした映画ではありませんが、とにかく楽しい映画です。
「ミニコ~イ、サ~クラハエエヨ~、come and dance with me♪」は必聴ですよ!
micchii |  2006.04.04(火) 12:54 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

あはは!管理人さん作「PARA PARA SAKURA制作秘話」いいですね~。図星だったりして!?この映画、アーロンファンだけでなくセシリアファンにもやっぱりおいしい映画だったんですね。トンデモといわれようがトホホといわれようが、楽しくて大好きな一本です。また遊びにきますね!
ぴむ@毎日が映画記念日 |  2006.04.03(月) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

■C'est si bon!

管理人さんの紹介文に爆笑!
コレは見なくちゃww
JB's |  2006.04.03(月) 20:52 |  URL |  【コメント編集】

■おぉぉ・・・

なんだかこの映画凄そうですね。(笑)
『東京攻略』は観たので、ミッチーさんの臨場感溢れるレビューだけで、この作品の雰囲気がかなり分かった様な気がします。

「ミニコ~イ、サ~クラハエエヨ~、come and dance with me♪」

ですか。
やっぱり凄そうです。(爆笑)
にじばぶ |  2006.04.03(月) 15:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/360-8702e5eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

さくらの日/PARA PARA SAKURA (01・香港)

3月27日は「さくらの日」。
2006/04/03(月) 22:31:00 | 毎日が映画記念日

▲PageTop

 | BLOGTOP |