2012.12.19

『合衆国最後の日』(ロバート・アルドリッチ)

合衆国最後の日

ミサイル発射を巡る攻防をこれでもかと煽る、分割画面を駆使した極上のサスペンス。

役者的には大統領チャールズ・ダーニングの独壇場。
犯人の要求に感動してしまい思わず「君は説得力があるね」と言ってしまう憎めなさ。
そんな彼に残された道は、エクスペンダブルズ入りだった!

合衆国最後の日 チャールズ・ダーニング

志をもってやっているリーダーのバート・ランカスター、お金さえもらえればそんなことどうでもいい仲間のポール・ウィンフィールド。
後者の方が国家の真実が見えている皮肉。

合衆国最後の日 バート・ランカスター

「Stevens is expendable.」
大統領など使い捨てさ。この台詞は何回聞いても強烈!

日本人的には、序盤のサリンの描写が怖い。
入った管が少しでも傾いたら即全員お陀仏なので、少しずつ動かします。

『ジャガーノート』の“ネジをゆるめる”みたいに、カメラがその仕事ぶりにかじりつくからこその緊迫感。
持った手が固まってしまい、動けなくなってしまうバート・ヤング!

序盤に現れた先遣部隊の隊長の少佐への、バート・ランカスターとリチャード・ウィドマークの言葉もいいですねぇ。

合衆国最後の日 リチャード・ウィドマーク

「最高のチームを送ってきたか、日曜日なのに」「あいつか、それなら安心だ」

お互いがその実力を知るベストの人選、こういう細かいやりとりがたまりません!



[原題]Twilight's Last Gleaming
1977/アメリカ・西ドイツ/146分
[監督]ロバート・アルドリッチ
[出演]バート・ランカスター/リチャード・ウィドマーク/チャールズ・ダーニング/ポール・ウィンフィールド/バート・ヤング/メルヴィン・ダグラス/ジョセフ・コットン

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/3441-800529a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |