2006.02.01

「衝撃のラスト!」募集!!

カテゴリー別に皆様のお薦め映画を教えていただこうというこの企画、第6弾は、「衝撃のラスト!」を募集します。

例によってどんな映画でももちろん構いませんが、参考までに自分がUPしている映画は、『スティング』『情婦』『悪魔のような女』『コックと泥棒、その妻と愛人』などなど…。

これまで同様、これから映画を選ぶ際の参考にもさせていただきますし、投稿していただいた映画は、皆様が考える「衝撃のラスト!」な映画として、記事にもしたいと思います。

今回は一つ注意書として、語りたいお気持ちはよ~くわかりますが、カテゴリーの性質上、

絶対にネタバレはしないで下さい!!

どうしても語りたいという方は、映画50音順索引【目次】で管理人がすでに観ていることを確認した後、こっそりと書いて下さいませ(他の方が目にする可能性もあり、その方の楽しみを奪うことになりますので…)。

とりあえず次のカテゴリーの募集に移りますが、これまでの5つもまだ募集していますので、書き忘れたという方も、今回初めてこの企画を知ったという方も、ぜひどうぞ!!

「男ならこれを観ろ!」への投稿はこちら
「素敵な恋をしよう!」への投稿はこちら
「泣けます。。。」への投稿はこちら
「子役がかわいい!」への投稿はこちら
「爆笑!」への投稿はこちら

 

TB(0) CM(79) EDIT

*Comment

■>MamoScattaさん

返事が遅くなり大変申し訳ありません。

新文芸坐の『エンゼル・ハート』と『ジェイコブス・ラダー』の2本立てはTwitterの方でもかなり騒がれていて、羨ましく眺めておりました。
『ザ・ドライバー』『バニシング IN 60"』なんてのもやっていて、たまらなかったでしょうねぇ。

当方名古屋在住なので普段はなかなか行けないのですが、新文芸坐にはジョニー・トーオールナイトなどで何回か遠征したことがあります。
ラインナップだけでなく、スクリーンの大きさといい音の良さといい、日常的に行ける距離にいる方が羨ましくて仕方ありません。
micchii |  2017.02.19(日) 14:47 |  URL |  【コメント編集】

■「エンゼルハート」上映情報

こんにちは。
管理人さまの活動地域を存じ上げてないのですが、池袋新文芸坐で「エンゼルハート」の上映があるようです。
可能であれば是非!
http://www.shin-bungeiza.com/program.html
MamoScatta |  2017.01.28(土) 13:19 |  URL |  【コメント編集】

■>MamoScattaさん

『ハロー!?ゴースト』は映画館では見逃してしまって、WOWOWでようやく観れました。
韓国映画は最近だと『サニー 永遠の仲間たち』は映画館で3回も観ました。
さらなる追加ありがとうございます!
またもやアラン・パーカーですが、今回も観ておりません…。
よく考えたら、彼の映画『ケロッグ博士』しか観ていないような気が(^^;
micchii |  2013.07.12(金) 02:20 |  URL |  【コメント編集】

『ハロー!?ゴースト』を観られてるとは嬉しいです。
「エンゼル・ハート」には及びませんが、「ライフ・オブ・デビット・ゲイル」も、十分鑑賞に耐えると思います。
「エンゼル・ハート」の感想、楽しみにしてます。
MamoScatta |  2013.07.10(水) 20:55 |  URL |  【コメント編集】

■>MamoScattaさん

またまたありがとうございます。
おおっ、『ハロー!?ゴースト』!韓国映画は大好きなので、これは観ております。
途中までは正直結構微妙だなぁと思って観ていましたが、ラスト10分くらいで一気にもっていかれました!
あのクライマックスはたまりませんね(^^)
micchii |  2013.07.09(火) 23:47 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは。追加で韓国映画の「ハローゴースト」!
「衝撃のラスト」というより「衝撃のドンデン」ですが。韓国映画にアレルギーがあってもなくても是非!
観ないと一生の損かも?
MamoScatta |  2013.07.09(火) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

■>MamoScattaさん

コメントありがとうございます、「衝撃のラスト!」への投稿ありがとうございます!
『エンゼル・ハート』、未見でミッキー・ローク主演ということくらいしか知らないんですが、衝撃のラストが待っているんですね。ますます予備知識入れないようにしなければ…。
投稿していただいた映画は少しずつではありますが観ていっておりますので、いつかこれも必ず観させていただきます、ありがとうございます。
micchii |  2013.07.09(火) 20:53 |  URL |  【コメント編集】

「エンゼルハート」如何でしょう?おすすめできます。
MamoScatta |  2013.07.08(月) 20:50 |  URL |  【コメント編集】

■和彦さん

コメントありがとうございます、返事が遅くなり大変申し訳ありません。
そして、「衝撃のラスト!」への投稿ありがとうございます!
『猿の惑星』はあまりにも有名ですが、『愛してる、愛してない...』も強烈ですよね~、感想もUPしていますが、大好きな映画です。
唯一未見の『スケルトン・キー』ですが、大好きなジーナ・ローランズが出てるみたいですね、ますます楽しみです!
micchii |  2013.02.05(火) 12:25 |  URL |  【コメント編集】

■衝撃的

 スケルトンキー 
 愛してる愛してない
 猿の惑星
 
和彦 |  2013.02.02(土) 14:56 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶさん

投稿ありがとうございます!
お薦めしていただいた映画でまだ観ていないのも何本もありますが、早速追加させていただきました!
むちゃくちゃ面白そうですが、どうやら新宿ツタヤにしか置いてないみたいですね・・・(笑)
micchii |  2009.10.15(木) 17:05 |  URL |  【コメント編集】

「衝撃のラスト!」に久しぶりの応募です。
『眼には眼を』です。
よろしくお願いします!
にじばぶ |  2009.10.14(水) 01:21 |  URL |  【コメント編集】

■>りざふぃさん

追加ありがとうございます!早速リストに追加させていただきました。

Tシャツ、活躍してますよ!
ただ、和紙が使われているらしく、着用、洗濯を繰り返すと和紙部分に問題が出てくるらしく、慎重に着ないといけないようです。

邦画攻めにはとことん弱いんですが、さすがに『椿三十郎』は観ています^^:
あのラストはほんとに強烈ですよね!
リメイク版、不安なんてものじゃないです、怒り狂ってます!
このブログでも、ハリウッドのリメイクの嵐にうんざりという話をよく書いていますが、それよりも許せません。
やっていいことと悪いことがありますよ(怒)
micchii |  2007.05.30(水) 10:19 |  URL |  【コメント編集】

■また追加しちゃいます

micchiiさん、その後例のTシャツの着心地はいかがでしょうか?(笑)
そうそうそれで思い出しついでに…
衝撃のとこにまたしつこく追加させて頂きます。
黒澤映画で個人的に衝撃的だったのは、やっぱり私は「椿三十郎」のラストの方ですっ。
あれはリメイク版だとどうなってしまうんだろうなぁ…とちょっと不安です(^^;

せれと大島渚監督の「青春残酷物語」にも1票投じたいと思います。

・・・珍しく邦画で攻めてみました(笑)
りざふぃ |  2007.05.28(月) 17:48 |  URL |  【コメント編集】

■>グラさん

はい、たまりにたまっております(汗)
少し前に、「『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』予告編に「Assassin」!」というエントリーの中で、「監督は、傑作と名高い(管理人は未見)『NARC ナーク』のジョー・カーナハン。」と書いたばかりなので、おぉ~!でした。
やっぱり傑作ですか。ますます楽しみになりました♪
micchii |  2007.05.26(土) 10:56 |  URL |  【コメント編集】

■骨太サスペンス

オススメ映画がたまりにたまっているとは思いますが、、あまりによかったので1本だけ紹介させてください。
その映画はジョー・カーナハンの「NARC/ナーク」。始まりから引き込まれる映像、語りすぎない抑えた主演2人の演技と演出、そしてなんといっても『ラスト』です。
サスペンスなのに人間ドラマにもなっていて、見応え十分でした。
グラ |  2007.05.23(水) 20:39 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶさん

こちらにもありがとうございます。
日本映画史上のベスト10に必ず食い込んでくる作品ですよね。
「観ていて口がアングリしてしてしまい、開いた口がふさがらなかった。」とまでおっしゃるからには、相当でしょうね。
前から気にはなっているんですが、どうしても手が伸びないのは、おわかりかと思いますが、183分・・・(笑)
micchii |  2007.04.19(木) 15:54 |  URL |  【コメント編集】

■応募!

こちらも応募させて頂きます!

『飢餓海峡』(内田吐夢)

です。
これは間違いなく衝撃のラストです。
しかも結構なキレ味と唐突さです。
日本映画史上に残る傑作と呼ばれている作品なので、ラストだけでなく全般的に楽しめるハズです!
にじばぶ |  2007.04.18(水) 00:41 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

はい、2本ともそっと追加しました(笑)
それにしても、お薦めしていただいた映画は“いつかは”全部観ると宣言しているんですが、お薦め映画も少しずつは観ているんですが、他のも借りているので、減るどころかカテゴリーが変わるごとに増え続けています。
200本は軽く越えているような・・・。
いつかは、いつかは観ます(笑)
micchii |  2006.09.20(水) 12:49 |  URL |  【コメント編集】

■忘れてました

micchiiさん、コレもまだご覧になっていなければ、そっとリストに加えておいてください。
『アイデンティティー』
衝撃!っていうほどではないかもですが、やられました(笑)

あと、やはり
『惑星ソラリス』
も入れておきます。
けろにあ |  2006.09.20(水) 01:32 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

“衝撃のラスト!”に追加ありがとうございます。
このカテゴリーは、予備知識が少ないほど楽しめますので、まだエントリーを拝見する前で助かりました(笑)
というわけで、静かにリストに追加させていただきます。
micchii |  2006.09.19(火) 13:52 |  URL |  【コメント編集】

■久々に

micchiiさん、こんにちは。
久々に気持ちよくやられました(笑)
『ディナーラッシュ』
以前から気にはなっていたんですが、先日やっと見ました。
もしまだご覧になっていらっしゃらなければ是非~。
けろにあ |  2006.09.16(土) 18:25 |  URL |  【コメント編集】

■>curious mama様

“泣けます。。。”に続いての投稿ありがとうございます!
「ユージュアル・サスペクツ」はようやくDVDが再販されますね。しかも1500円!

ゴダールは恥ずかしながら「気狂いピエロ」と「勝手にしやがれ」しか観てないんですが、どちらもラストは強烈でしたね。
“見つかった! 何が? 永遠。海と溶けあう太陽”、すでに伝説ですよね。
micchii |  2006.08.09(水) 13:03 |  URL |  【コメント編集】

「気狂いピエロ」


お邪魔します。
「ユージュアルサスペクツ」強いですね。本当に痛快して鳥肌のもののラストでした。

でもでも!かつてセオリーをダイナミック打ち破った「気狂いピエロ」に1票です。
curious mama |  2006.08.08(火) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

■>にこ様

「衝撃のラスト!」に追加ありがとうございます!
フランス映画、あまりサスペンスのイメージはないんですが、「衝撃のラスト!」な映画もあるんですね。
内容控えていただいてありがとうございます。
観る際には、このまま予備知識なしで挑みたいと思います。
micchii |  2006.03.13(月) 11:53 |  URL |  【コメント編集】

■迷宮の女

フランス映画の「迷宮の女」おもしろかったです。内容は何も言えません。
何であんまり宣伝してなかったんだろう?
3/24からレンタル開始です。
にこ |  2006.03.11(土) 19:17 |  URL |  【コメント編集】

■>KAZU様

こちらにもありがとうございます。
『ユージュアル・サスペクツ』と『ソウ』は凄い人気ですね。
『ソウ』はまだ観ていないので、凄く楽しみです。
『オールドボーイ』も含むパク・チャヌク監督の“復讐三部作”、後味悪そうでなかなか手が伸びないんですが、いつか観たいと思っています。
micchii |  2006.03.04(土) 12:25 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして^^

私はやっぱり
『ユージュアル・サスペクツ』
『ソウ』
『オールドボーイ』
でしょうか!!
前者2つは沢山の方書き込まれていますね!
後者は後味は悪いけど見事な復讐劇です。
KAZU |  2006.03.04(土) 10:40 |  URL |  【コメント編集】

■>みすてりふぁん様

またまたコメントありがとうございます。
なんと、「東方三侠」で訪問して下さったとは!
香港映画、本格的に観始めてまだ1年弱ですので、またいろいろと教えていただけたらと思います。
サモ・ハンの2本、タイトルだけでも凄そうですね(笑)
「テキサスの五人の仲間」、この前BSの録画を忘れたのがほんとに悔やまれます・・・。
「ウエスタン」、この前長々と記事を書きましたが、ほんとに死ぬほど好きな作品です。165分もあるのに、何回でも観たくなるんですよね。
micchii |  2006.02.28(火) 12:31 |  URL |  【コメント編集】

■>ken様

こんにちは、毎回投稿ありがとうございます!
「テキサスの五人の仲間」、知識なしで観たいので、そこだけ飛ばして読ませていただきました。
前からずっと観たかった作品で、でも観る手段がなくて、この前ついにBSで放送されたのに、録画忘れました(泣)
今度はいつ放映されるでしょうか・・・。
micchii |  2006.02.28(火) 12:14 |  URL |  【コメント編集】

>micchii様
レスありがとうございます。最終絶叫計画のラストは絶対ニヤっとしますよ、超お勧めです。実は香港映画マニアでもありまして「東方三侠」観て、他の人はどう思ってるのかなあこの映画、と思ってここに辿りついた次第です。特にサモハンが好きで、香港最強のホラーコメディ「妖術秘伝・鬼打鬼」とB・リーになりきるサモハンが面白い「痩虎肥龍」が特に気に入ってます。Kenさんのお勧め「テキサスの五人の仲間」もいいですねーー、僕も大好き。「ウエスタン」のH・フォンダもかっこよすぎ!
みすてりふぁん |  2006.02.27(月) 22:01 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは!

アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」、「地下室のメロディ」、ワイルダーの「情婦」、クルーゾーの「悪魔のような女」などなど、いずれれも有名な作品ですが、ぼくも大好きです。

今回、ブログにアップした「テキサスの五人の仲間」もあっと驚く衝撃のラストなんですが、こう言っちゃっただけでネタばれかも!で、やや汗です。でもオススメです。
もう一本の「ミスタア・ロバーツ」もラストはあれま、です。
ken |  2006.02.27(月) 13:24 |  URL |  【コメント編集】

■>みすてりふぁん様

初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「衝撃のラスト!」に10本も投稿ありがとうございます!
さすが、「マニアの見地でのおすすめ」、見事に1本も観ていません・・・。
8本はタイトルすら初耳でした(恥)
でも、このお薦め映画の募集を始めてよかったと思うことの一つが、存在すら知らなかった傑作を教えていただけるということで、今回もまさにそんなタイトルがずらりと並んでいて、ほんとに嬉しく思います。
この手の映画としては一番有名といってもいい「生きていた男」、前からずっと観たいと思ってるんですが、セルでもレンタルでも出てないみたいで、いまだに自分にとっては“幻の傑作”のままです。
micchii |  2006.02.27(月) 13:00 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして。
ただのミステリ映画マニアなのですが、

マニアの見地でのおすすめ“衝撃のラスト”は

「最終絶叫計画」僕もこれは凄いと思います。
「仮面の情事」これも強烈です。
「その女を殺せ」R・フライシャーのノワール作品。これもすんごい強烈。
「第三の犯罪」ヒッチのサイコのパクリなんですが、ラストはもう唖然呆然。本家を遥かに凌いでます。
「バニー・レークは行方不明」これは謎とその解明過程のサスペンスが痛烈。
「シーラ号の謎」ミステリーマニア垂涎の名作です。
「大陸横断超特急」まさか・・・のラスト。
「誕生日はもう来ない」このラストは常人の理解を超えてます。
「生きていた男」A・バクスター。観ずに死ねるか的な伝説のラスト!
「フレイルティー」近作の中ではトップクラスの衝撃。

以上です。とにかく「衝撃のラスト」は大好物です、その衝撃を味わうために映画観まくっています^^。
みすてりふぁん |  2006.02.27(月) 00:35 |  URL |  【コメント編集】

■>bossa様

お久しぶりです、コメントありがとうございます。
そして、「衝撃のラスト!」への投稿ありがとうございます!

「キャリー」と「猿の惑星」、どちらも超がつくほど有名ですが、未見です・・・。
「猿の惑星」ティム・バートン版はなぜか観てるんですけどね。
でも、すでに何人もの方から投稿していただいたので、凄く楽しみです。

「曖昧な週末」、ヨーヨー・モンが出てるというだけでいつか観たいと思っていた作品ですが、凄いことになっているみたいです。自分も楽しみです。
micchii |  2006.02.24(金) 12:55 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。
久々に寄らせていただきました。
衝撃のラスト!
という言葉で、まず思い出したのは、
やっぱり「キャリー」と「猿の惑星」。
子供の頃みたのですが、その“びっくり”感覚は、今でも鮮明に残っています。
大人になってしまうと、なかなか味わえないんですよね。
未見の「曖昧な週末」、さっそくチェック!
またよらせていただきます。

bossa |  2006.02.24(金) 10:03 |  URL |  【コメント編集】

■>YOSHIYU機様

コメントありがとうございます。
そして、「衝撃のラスト!」に8本も投稿ありがとうございます!
『ユージュアル・サスペクツ』『シックス・センス』『ファイト・クラブ』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の4本は観ていますが、他の4本も、他の方にも投稿していただいたどれも超有名な作品ばかりですよね。
今のところ情報はシャットアウトしているので、どれも楽しみにしています。
中でも、『最終絶叫計画』についている(笑)が気になります(笑)
micchii |  2006.02.22(水) 12:26 |  URL |  【コメント編集】

■『ユージュアル・サスペクツ』

『シックス・センス』
『ファイト・クラブ』
『猿の惑星』
『SAW』
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
『マグノリア』
『最終絶叫計画』(笑)
YOSHIYU機 |  2006.02.21(火) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫様

こちらにもご丁寧にありがとうございます。

>・単にあらすじの解説になっていないこと

これが一番大変なところです。単にあらすじになってしまっている記事も多々ありますが、少しでも、誰が書いても同じというその一歩先の、自分自身のその映画への思いを書いていけたらなぁと思っています。

>・映画の感想記事が生き生きしていること

初見の場合もリピートの場合も、書く直前には観ていますので、新鮮さだけがとりえです(笑)

>・コメントレスも丁寧につけておられること

このコメントというのが、ブログになって快適になった部分です。
以前HPをやっていた頃は、掲示板を設置していましたが、初めての方が掲示板に書き込むのって結構勇気がいるんですよね。ですが、その映画に絞られていると、ちょっとしたコメントは残せて、そこからどんどん話が膨らんでいきますからね。

>・広く他の人にも意見を募集して開放されて
いるところ

トップページに設置しているお薦め映画の募集は、やってほんとによかったと思っています。
自分一人だと、どうしても選ぶ映画が偏ってしまいますからね。
お薦めしていただいた映画の中には、お薦めしていただかなかったらきっと一生観なかったであろう映画もたくさんあって、ほんとに助かっています。
未見のお薦め映画が200本以上たまってしまっていて、観るのが全然追いついていないんですが・・・。

>それになにより映画に深い愛情が感じられる
ことです。

世間でどんなに傑作・名作として有名でも、自分にとって“愛すべき映画”でなければUPしていないので、そう言っていただいてほんとに嬉しいです。

こちらもリンクのリストに追加させていただきました。
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2006.02.15(水) 12:01 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

michiiさん、わざわざ私のブログにまで
コメントをありがとうございます!
勝手なお願いだったのに快諾してくださり
とても嬉しく思います☆

「愛すべき映画たち」のいいところは、

・単にあらすじの解説になっていないこと
・映画の感想記事が生き生きしていること
・コメントレスも丁寧につけておられること
・広く他の人にも意見を募集して開放されて
いるところ

それになにより映画に深い愛情が感じられる
ことです。
私のサイトで紹介させていただけてとても
光栄に思います。
今後とも宜しくお願いします(*^ ー^*)
三毛猫 |  2006.02.14(火) 22:01 |  URL |  【コメント編集】

■>JB's様

今回もお薦め映画の投稿ありがとうございます。
ビリー・ワイルダー、『ワン・ツー・スリー』から『お熱い夜をあなたに』の6本は、DVDは買ってあるんですが、他にもたまっているのがありすぎていまだに観ていません・・・。
でも、そんなラストが待っているとあっては、俄然楽しみになってきました。
なんといっても『アパートの鍵貸します』のコンビですしね。
micchii |  2006.02.14(火) 13:00 |  URL |  【コメント編集】

■>おかぽん様

お久しぶりです、ご無沙汰しております。
毎回お薦め映画への投稿ありがとうございます!

確かに、ラスト一発でびっくりさせるだけが衝撃のラストじゃないですよね。
おっしゃるように、『2001年宇宙の旅』の後半はずっと衝撃的でしたね。
あの映画が作られてもうすぐ40年になりますが、いまだにあれを超えるSFはないですから、ほんとに傑作中の傑作ですよね。

『CURE』、もうかなり昔ですが、面白そうだなぁと思って、BSでやったのを録画したような記憶が。あのビデオまだあるかなぁ・・・。
ホラーはまったくといっていいほど観ない人間なんですが、これはなぜか観てみたいと思ったんですよね。
micchii |  2006.02.14(火) 12:47 |  URL |  【コメント編集】

■>三毛猫様

初めまして、コメントありがとうございます。
そして、映画ブログとして初の紹介ありがとうございます、とても光栄です。

>このブログを見て「あ!これを見たい」と思わない人はいないのではないでしょうか。

基本的には大好きな映画しかUPしていないので、自分にとっての愛すべき映画を、一人でも多くの方に観ていただきたいと思って書いていますので、これ以上の嬉しいお言葉はありません。
拙い内容ですが、これからも、紹介文に恥じない記事を書いていけたらと思います。
本当にありがとうございました。
micchii |  2006.02.14(火) 12:28 |  URL |  【コメント編集】

■あなただけ今晩は

小学生の頃、TVで観た。唖然とした。ある意味、もっともアナーキーなラスト。後年、TVドラマ『王様のレストラン』で、三谷幸喜がこの映画にオマージュをささげていた。アイ・パッチ姿の三谷幸喜が最終回にでてくるのですよ。
JB's |  2006.02.14(火) 09:39 |  URL |  【コメント編集】

■衝撃のラストは・・・

いろんなパターンがありますが、「2001年宇宙の旅」なんてのも、自分の中で思い浮かんじゃいました。つーか、後半の展開全部、衝撃でしたけどね。

あとは黒沢清の「CURE」。いやーな気分にとどめを刺す、ホラーの傑作ですよ。邦画はあまり見られてないかもですが、是非!
おかぽん |  2006.02.13(月) 22:45 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

おすすめFC2ブログの三毛猫です。
突然ですが「愛すべき映画たち」を私のブログ
で紹介させていただきたいと思います。
もしご迷惑でしたらご面倒ですがご一報下さい。すぐに削除します。
宜しくお願いします。
三毛猫 |  2006.02.13(月) 18:05 |  URL |  【コメント編集】

記事などを注意したい。


BlogPetのLam |  2006.02.12(日) 16:28 |  URL |  【コメント編集】

■>りざふぃ様

またまた追加ありがとうございます。
『真実の行方』は凄かったですよね~!
エドワード・ノートン、あれがデビュー作なんて凄すぎます・・・。
リチャード・ギアは完全に喰われてましたよね。
エドワード・ノートンは、最近はあまり観ていませんが、一時期まではほとんど全部観ていたような気がします。

『キャリー』、そんなに凄いんですね(笑)
凄く有名ですが、まだ観てないんですよね~。

ホラーはまったくと言っていいほど観ない人間なんですが、ここに投稿していただいた時点で、いつかは観ることが決定しました^^;
micchii |  2006.02.07(火) 14:16 |  URL |  【コメント編集】

■>チョロQ様

「男ならこれを観ろ!」に続いて投稿ありがとうございます!
『キャリー』、凄く有名ですが、あまり観ないジャンルの映画ということもあり、まだ観ていません。
ぜひちびってみたいです(笑)

『カミュなんて知らない』は前回も投稿していただきましたよね。
そこまでおっしゃるラストシーン、ますます楽しみになりました。
micchii |  2006.02.07(火) 14:12 |  URL |  【コメント編集】

■またまた追加です^^;

こんにちは~
皆さんの投稿を見て、「あ、私も!私も~そうだったわっ!」と
共感したので追加させて頂こうと。

既出ですが
『真実の行方』(実はノートンファンでもあるワタシ^^)

『キャリー』
チョロQさんがおっしゃるように当時ビビリましたよ(笑)

あと、ホラー系も好きな私としては^^;

『ハロウィン』
『スクリーム』

にもビックリでした。
りざふぃ |  2006.02.07(火) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

■すみません!

送れてないと思って2回送ってしまいました。
チョロQ |  2006.02.07(火) 03:33 |  URL |  【コメント編集】

■とりあえず

   『キャリー』
あの一瞬でオシッコちびります。「リング」でもろパクリしてましたけど。ちょっと有名すぎましたか?

現在公開中の作品では、

『カミュなんて知らない』

ラスト10分は鳥肌ものです。今年のラストシーンナンバーワンは固いです。他では絶対味わえない衝撃です。
チョロQ |  2006.02.07(火) 03:30 |  URL |  【コメント編集】

とりあえず、

『キャリー』

びっくりします。ラストのあの一瞬でオシッコちびります。『リング』でもろパクってましたけど。ちょっと有名すぎですか?

現在公開中の作品では、

『カミュなんて知らない』

ラスト10分は鳥肌ものです。おそらく今年のラストシーンベストワンは固いと思います。あんなラストシーンは他では絶対観れないと思います。
チョロQ |  2006.02.07(火) 03:25 |  URL |  【コメント編集】

■>奈緒子と次郎様

今回も投稿ありがとうございます!
『ユージュアル・サスペクツ』はやっぱりぶっちぎりの人気ですね。
『隣人は静かに笑う('98)』も早くも2票目なので、観るのが楽しみです♪
micchii |  2006.02.06(月) 12:49 |  URL |  【コメント編集】

■>にこ様

投稿ありがとうございます。
『パープル・バタフライ』、予告編だけ観たことがありますが、そんな衝撃のラストが待っているんですね。
チャン・ツィイーが出ていることもあり、観るのが楽しみです♪
micchii |  2006.02.06(月) 12:28 |  URL |  【コメント編集】

■>zoecchi様

無理ですよね(笑)
でも、気づいたら全部見てるかも知れませんよ(爆)
自分も、“わかる人にはわかるところをまんまと騙される”人間なので、間違いなく騙されると思います^^;
micchii |  2006.02.06(月) 12:20 |  URL |  【コメント編集】

■隣人は静かに笑う

私も『ユージュアル・サスペクツ』に1票です。
あと、『隣人は静かに笑う('98)』は、テロリストの話なのですが、
ラストは実に衝撃的でした(*_*)
奈緒子と次郎 |  2006.02.06(月) 10:15 |  URL |  【コメント編集】

■詳しくは言えないけど、

チャン・ツィイー、仲村トオル、リィウ・イェの『パープル・バタフライ』
すごかったです。
にこ |  2006.02.04(土) 23:17 |  URL |  【コメント編集】

■それは無理です(^^)

アンディさんの出演作をすべて見るなんてそんな無謀なことはできません。
たぶん役の彼にトキメイテいるだけだと思うんです(←言い聞かせてる?)
『ダンス・オブ・ドリーム』はたぶんわかる人にはわかったと思うんですが、わたしはまんまと騙されました。
ラブコメでとってもいい作品なのでおすすめですよ。この作品はアンディさんよりもサンドラ・ンが光ってます。
zoecchi |  2006.02.04(土) 19:47 |  URL |  【コメント編集】

■>かの様

お久しぶりです、こちらこそご無沙汰してしまって申し訳ありません。

「ユージュアル・サスペクツ」はほんとにやられましたよね。
DVDも持っていますが、ラスト5分だけならもう数え切れないくらい観ました。かっこよすぎます!!

「SAW」「愛してる、愛してない…」は早くも複数票入っているので、楽しみです♪
micchii |  2006.02.04(土) 13:30 |  URL |  【コメント編集】

■>zoecchi様

お薦め映画への初参加ありがとうございます。

『シックス・センス』、自分もまったく気づきませんでした(笑)
でも、すぐに気づいてしまう人よりも、こっちの方が絶対に幸せだと思っています。
気づいてしまったらもうそれ以降はさめてしまうでしょうから。

『ダンス・オブ・ドリーム』、予告編だけ観たことがありますが、そんな展開が待ってたんですね!
踊っているアンディかっこいい~♪というだけの映画かと思っていました(爆)

レスリー、トニー、ジャンユーときて、とうとうアンディですか!
でも、アンディにはまってしまうと、出演作が100本を超えているので、大変なことになりそうですね(笑)
micchii |  2006.02.04(土) 12:51 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

『DEAD OR ALIVE 犯罪者』、リスト化する時に追加させていただきますね。

お薦めしていただいた映画は全部観ますと宣言している手前、“いつかは”制覇したいと思っていますが、なんせ200本(笑)
今のペースで観ていくと、お薦め映画だけで4年くらいかかりそうですからね・・・。
まあぼちぼち消化していきます。
相変わらず最近は香港映画しか観ていないんですが(爆)
micchii |  2006.02.04(土) 11:40 |  URL |  【コメント編集】

■>まいじょ様

コメントありがとうございます。
そして、「衝撃のラスト!」に4本も投稿ありがとうございます。

『真実の行方』、とてもデビュー作とは思えないエドワード・ノートン、見事でしたね~。
リチャード・ギア完全に喰われてました・・・。

『俺たちに明日はない』『明日に向かって撃て!』、おっしゃるように描き方はずいぶんと違いますよね。

『スティング』、2回目からは確かに衝撃というよりは苦笑と言った方が近いかもしれませんね(笑)
micchii |  2006.02.04(土) 11:37 |  URL |  【コメント編集】

■ご無沙汰してます

こんばんは、お久しぶりです。
「とりあえずな日々(仮)」の、かのです。
いつもロムってばかりですいません(^_^;)
衝撃のラスト…と言うとやはり私は
「ユージュアル・サスペクツ」
を推薦せずにはいられないです(笑)
他にも、被ってしまいますが…。
「SAW」
「隣人は静かに笑う」
「愛してる、愛してない…」
「シックス・センス」
以上を推薦させてください~。
かの |  2006.02.04(土) 02:17 |  URL |  【コメント編集】

■初めて参加させていただきます♪

私は洋物はそんなに観た事がないんで、思いつくものといえば「シックス・センス」ぐらいです。あれは衝撃でした。
私は根が単純なのですぐに騙されてしまうんで、途中で気づいたなんてことは、今までにほとんどなかったです。
で、みなさま洋画を上げてらっしゃるんで私は香港映画をってことで「衝撃のラスト!」ベスト3です。
1位『インファナル・アフェアⅢ』
2位『ベルベット・レイン』
3位『ダンス・オブ・ドリーム』
以上です。
もうお気づきかとは思いますが、全てアンディさんが主演なんです。
この次に上がっているのが『イエスタデイ、ワンスモア』でこれもアンディさんだし。
もうすっかりアンディさんにやられてしまっている私です。
もしかして知らないうちにアンディさんにハマってる?!まさか…。
zoecchi |  2006.02.04(土) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

■>りざふぃ様

追加ありがとうございます。
「衝撃のラスト!」という時、この2本は絶対外せないですよね。
「衝撃のラスト!」ということに関しては、両方とも映画史でも10本の指に入りますよね。

『悪魔のような女』は感想もアップしていますが、『恐怖の報酬』もいつか書きたいと思っています。書きようがないんですが(笑)

2本とも撮っているアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督、まだ観ぬ第三の傑作『情婦マノン』、とうとうDVDも発売されたようですし、凄く楽しみにしている1本です。
micchii |  2006.02.03(金) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

はい、『DEAD OR ALIVE 犯罪者』で合ってます!追加よろしくお願いします。

それにしても200本ですか。(笑)
いや、もぅ笑うしかない量ですね。
それだけあると、オススメ映画だけを観続けても相当な時間がかかりますね。
自分の観たい映画との両立も難しそうです。

『地球で最後のふたり』を観て頂いたので、私のは後回しでいいですよ。(笑)
にじばぶ |  2006.02.03(金) 14:06 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

宿題増やしていただいてありがとうございます(笑)
かろうじて『太陽がいっぱい』だけ観ていました^^;

『ソウ』は早くも2票目ですね。
これはかなり話題になりましたが、今のところなんとか情報をシャットアウトしていますので、予備知識なしで楽しめそうです。

以前応募していただいて、「衝撃のラスト!」の方に回させていただきますねと書いた『DEAD OR ALIVE 犯罪者』も追加させていただきますね。
『DEAD OR ALIVE 犯罪者』でよろしかったですよね^^;

それにしても、にじばぶさんのゴダール波状攻撃+ヒッチコック制覇も凄いですが、こちらも宿題が200本くらいたまっています(汗)
宿題ほったらかして遊びに行く小学生のように、しばらくは遊び回ります(笑)
micchii |  2006.02.03(金) 13:47 |  URL |  【コメント編集】

■『真実の行方』ほか

『真実の行方』
最後のエドワード・ノートンの顔がいつまでも忘れられません。「何じゃ、こりゃ~」という衝撃が後をひきます。

以下、既に出ていますが

『俺たちに明日はない』
『明日に向かって撃て!』
主人公をとりまく状況はよく似ていますが、描き方(撮り方)はずいぶん異なりますね。

『スティング』
忘れたころに観ると、やっぱり騙されます。衝撃というよりは(苦笑)という感じですね。
まいじょ |  2006.02.03(金) 10:20 |  URL |  【コメント編集】

■追加で~す

この映画を挙げるのを忘れてました^^;

『恐怖の報酬』
『悪魔のような女』(もちろん1955年の方)
やっぱりということで、これらも投稿させて頂きます。
りざふぃ |  2006.02.02(木) 17:16 |  URL |  【コメント編集】

■衝撃のラスト

こんにちは。
「衝撃のラスト」に応募させて頂きます。

『愛してる、愛してない…』
ゾクゾクして楽しいラストでした。(笑)
『マッチスティック・メン』
最後の方のどんでん返しが、目がくらむ感じで心地良いです。(笑)
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』
衝撃といいますか、“笑撃”という感じですね。(笑)
『DEAD END RUN』
「走馬灯のように・・・」ってのを、映像で実体験できた、という意味で衝撃のラストでした。1章、2章とは対照的に、まばゆい「3章(最終章)」自体が既に衝撃ですが。
『ソウ』
「最後」はあり得ないですが、ズッコケ度は大ですね。(苦笑)
『太陽がいっぱい』
ラストシーンで、何も知らず微笑むアラン・ドロンが格好良すぎです。
『運命じゃない人』
一体、最終的に誰が一番「幸せ」なんだ?!

数多く挙げてすいません。
また、ミッチーさんの宿題映画を増やしてしまいました。(笑)

上の作品の中には、「衝撃」とは少し違うものも含まれているかもしれません。
しかしながら、少なくとも観終えた後に、色んな意味で「口がポカーン」となった作品群であります。

「口がぽか~んな映画!」という募集があったら、そこに応募するつもりでしたが、ないのでこちらに応募させて頂きました。(笑)
ご容赦下さい。
にじばぶ |  2006.02.02(木) 14:05 |  URL |  【コメント編集】

■>かおす様

お久しぶりです。
『フォーガットン』、昨年公開ながらすでに伝説と化してますよね(笑)
かめはめ波、食らいたいような食らいたくないような^^;
基本中の基本『猿の惑星』ヘストン版観ていません(大汗)
なぜかティム・バートン版は観てるんですけどね、しかも劇場で2回(爆)
micchii |  2006.02.02(木) 13:02 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

いつも投稿ありがとうございます。
『ユージュアル・サスペクツ』はほんとにかっこよすぎますよね!
ラスト5分だけならもう数え切れないほど観ています。
『シックス・センス』、自分もわからなかったですよ^^;
わかる人にはすぐわかるんでしょうけど、気づけずに見事に騙される自分は幸せな人間だと思っています(笑)
すぐに気づいちゃう人より絶対楽しめますから。
micchii |  2006.02.02(木) 12:57 |  URL |  【コメント編集】

■>ryo様

投稿ありがとうございます。
「曖昧な週末」、ヨーヨー・モンのファンということもあり前から気になっていたんですが、ちらほら見かけた感想ではいまいちそうだったので、先送りになっていました。
でも、衝撃のラスト!が待っているとのこと、俄然楽しみになってきました!
micchii |  2006.02.02(木) 12:22 |  URL |  【コメント編集】

■>りざふぃ様

早速たくさんの投稿ありがとうございます!

「シベールの日曜日」の記事、まだ拝見していなくて助かりました^^;

「ソウ〔SAW〕」もこの手の映画としては有名ですよね。
いまだ情報をシャットアウトしているので、予備知識なしで楽しめそうです。

思い出したら何本でも投稿してくださいね^^
micchii |  2006.02.02(木) 12:19 |  URL |  【コメント編集】

■その衝撃はかめはめ波以上です

どうも。お久しぶりです。

「衝撃」という意味では文字通りの強烈な波動を受けたということでベタですが、

『フォーガットン』

を推しておきましょう。

まだ観られていないようですので、オイラの鑑賞記事は絶対に読まないように!w

あとこれもベタというか基本中の基本とでもいうべき名作、

『猿の惑星』

もちろんヘストン版ですよ。
こればっかりはネタバレしたら本当に面白くないですからねぇ。
かおす |  2006.02.02(木) 02:30 |  URL |  【コメント編集】

■私の場合はやっぱり…

『ユージュアル・サスペクツ』なんといってもコレですっ!
micchiiさんの仰るように、「このかっこよさは鳥肌モノ」です。
あと、衝撃ってほどではなかったですが、『閉ざされた森』も、ああ、そーゆーことだったのかぁと、ヤラれました。
まあ、私の場合、『シックス・センス』も読めなかったんですけど(^^ゞ
けろにあ |  2006.02.02(木) 01:08 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは!

僕が紹介するのは「曖昧な週末」です。
インファナル・アフェアの共同監督の1人、アラン・マックが監督で、テレンス・イン、サム・リー、ジェイミー・オン、ヨーヨー・モンなどが出演してます。
こういう映画が作れるという香港映画界の恐ろしさを改めて知りました。笑
ryo |  2006.02.01(水) 22:52 |  URL |  【コメント編集】

■一番乗りかな~(^^)♪

ども今日は。
久々に投稿させて頂こうと思いまして~。

沢山あり過ぎてまとまらないのですが…

「シベールの日曜日」(うちでは完璧ネタバレ
しちゃってます^^;)
micchiiさんも挙げられてましたが「情婦」
「俺たちに明日はない」「太陽がいっぱい」

他には、
「ソウ〔SAW〕」「セブン」

いくらでも出てきそうなので思い出したら
また来ます(笑)
りざふぃ |  2006.02.01(水) 16:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/326-10d96598

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |