2005.12.03

「ただいま、男だらけの放課後」

映画秘宝1月号は、一家に一冊の必読の内容です。
それは、「怪獣映画のクラシックからピーター・ジャクソン最新版まで、そのすべてがわかる!」という『キング・コング』特集のためではなく、日活ロマンポルノ美女名鑑が載っているからでもなく、

ジョニー・トー特集が6ページも組まれているから!

アンディ・ラウ&反町隆史共演の宣伝文句につられて『フルタイム・キラー』を観て騙された!と叫んだ貴方も、アンディ・ラウの肉襦袢のDVDジャケットにつられて『マッスルモンク』を観てぶっ飛んだ貴方も、最近TSUTAYAの新作コーナーに『デッド・ポイント~黒社会捜査線~』なる映画がこっそりと置いてあるのが密かに気になっている貴方も、立ち読みでいいのでぜひ読んでみて下さい。

6ページも割かれているので、ジョニー・トー監督の魅力が存分に紹介されています。
中でも、『ザ・ミッション/非情の掟』の紙屑サッカーや、『ヒーロー・ネバー・ダイ』でのワイングラス割り対決のことを、“死と隣り合わせの状況に生まれる束の間の「ただいま、男だらけの放課後」ムード”と表現したのは見事です。

そして、まずは『ザ・ミッション/非情の掟』をご覧になってみて下さい。
これがダメな方はそれで終わりでしょうが、ここではまるとその後一気に関連作品を観続けるはめに。ついに30本に達した自分のように。

個人的に今回初めて知った情報は、カンヌから追っかけ状態になっているタランティーノが数本の脚本を持ちかけているのに、ジョニー・トー監督がラブコールを却下しているという話。
ジョニー・トー監督が“香港のタランティーノ”なんて言われることに、レベルが違うと憤慨しているファンとしては、溜飲が下がる話。(念のため、タランティーノは嫌いではありません。『パルプ・フィクション』も『キル・ビル』も大好きです)

そして、未見の(YesAsia.comに注文済)『柔道龍虎榜』はやっぱり“大傑作”とのこと。
届くのがますます楽しみです。

→ジョニー・トーINDEX



 

TB(1) CM(12) EDIT

*Comment

■>ゆうこ様

早速買われましたか!
映画秘宝にはこれからもジョニー・トー特集期待したいですよね。
『黒社会』公開の際には大々的にやってくれそうな気がします♪
micchii |  2005.12.06(火) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

■>きえ様

コメントありがとうございます。
あまり使う方はいらっしゃらないんですが、SECRET機能あるんですよ。
たまにSECRETになっていると、どんなことが書いてあるんだろうと一瞬ドキっとするんですが、ほとんどの場合は「Cookie保存」と間違えてチェックしたというだけなんですけどね(笑)
メール返信いたしました。本当にありがとうございました。
micchii |  2005.12.06(火) 12:57 |  URL |  【コメント編集】

早速買いました!けっこう、おもしろい記事でした。
どうもありがとうございます!
ゆうこ |  2005.12.06(火) 12:22 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2005.12.05(月) 13:32 |   |  【コメント編集】

■>KEI様

コメントありがとうございます。
最近ようやく日本で出ているものを観終わって、YesAsia.comに進出したところなので、『無味神探』『再見阿郎』も、名前は聞いたことがありますが、いずれも未見です。
まだまだ観れる作品が残っているので、楽しみは続きそうです♪
micchii |  2005.12.05(月) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

■>ゆうこ様

絶対に買ってください!
キネ旬やSCREENではありえない特集ですよね(笑)さすが映画秘宝!
micchii |  2005.12.05(月) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan様

雑誌、どれも内容が濃そうですよね(笑)

>「未だにいい脚本が送られてこないから、私は行く意味がない」

期待通りの、完璧な答えですね!
映画秘宝の記事と合わせると、タランティーノの脚本はたいしたことないということですね(爆)
micchii |  2005.12.05(月) 12:36 |  URL |  【コメント編集】

■>きえ様

コメントありがとうございます。
「鎗火ファンブック」!全然知りませんでした!!何たる不覚・・・。
「鎗火ファンブック」で検索をかけてみても、アマゾンでもヤフオクでも何もひっかからないんですが、どこで手に入るんですか?(泣)
micchii |  2005.12.05(月) 12:27 |  URL |  【コメント編集】

私も読みましたが、『ザ・ミッション』以前の作品について手薄なのが今ひとつだと思いました。
ジョニー・トーを語るなら、『無味神探』(この作品が転機になったと思います)と『再見阿郎』を外して欲しくないですねぇ。
『柔道龍虎榜』はそうとう賛否割れた作品ですから…ちなみに私はけっこう好きです。
KEI |  2005.12.04(日) 21:04 |  URL |  【コメント編集】

えっ!!絶対買います!!
なんてステキな特集!!
ありがとうございます。
ゆうこ |  2005.12.04(日) 18:03 |  URL |  【コメント編集】

■なんか…

今、リンクされていたWebを見て来たんですが、他に出版されている雑誌を見ると、なんか凄いですね(笑)
1月号探してみます。
「ブレイキング・ニュース」のパンフを買ったのですが(好きな役者が出ている映画以外、パンフ買わないのに、買ってしまった!)、ハリウッド進出について、それにもジョニー・トウ監督が「未だにいい脚本が送られてこないから、私は行く意味がない」と笑いながら答えたと書かれてましたよ。
hi-chan |  2005.12.04(日) 14:38 |  URL |  【コメント編集】

■昨日本屋で

表紙だけ見て、内容をチェックしなかったんですー。
今から買いに行ってきます。情報ありがとうございます♪
「一家に一冊」で思い出しましたが『鎗火』ファンなら「一家に一冊」(笑)
「鎗火ファンブック」はお持ちですか~?監督インタビューから
『ザ・ミッション』初日舞台挨拶レポート(私はここで初めて生鎮宇を拝見♪)
シナリオまで掲載されてます。私の宝物のひとつ(笑)
もうお持ちでしたら失礼しました~。
きえ |  2005.12.03(土) 15:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/294-7cecab56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ジョニー・トゥ監督

この前、アンディのまとめ記事を書いたおかげで、少し吹っ切れたというか、気分が楽になったので、またマイペースで書いていこうかと思っていますので、よろしくお願いします。と
2005/12/11(日) 20:03:14 | free time

▲PageTop

 | BLOGTOP |