2005.12.02

『イエスタデイ、ワンスモア』(ジョニー・トー)

イエスタデイ、ワンスモア

ジョニー・トー第24弾。
UPするのは24本目ですが、観るのはこれで31本目。
31本目にして初めて劇場で観ました。

というわけで、東京の方に遅れること1ヶ月、『イエスタデイ、ワンスモア』観て来ました!

いくら映画の日とはいえ、小さな映画館で夜8時からのレイトショー、10人いれば多い方だろうと予想。
それでも気合いを入れて30分前には到着。

甘かった…。
整理番号はなんと39番!
これはジョニー・トー監督の力なのか、いや客層の大半が女性なことからしてアンディの力でしょう。

自分のように男一人の客は5人ほど。カップルも一組もなし。一番多いのは女性二人組。肩身が狭い(笑)

さて、『Needing You』『ダイエット・ラブ』に続いて、アンディ&サミー第3弾です。

この映画、オープニングが凄くいい。タンゴ調の音楽をバックに二人の写真が次々に映ります。一言で言うと、“お洒落”。

今まで“スタイリッシュ”なノワールものはあっても、“お洒落”な映画はなかったので、この冒頭だけで今までとは何かが違うと感じさせます。

そして、ヨットハーバーにお金持ちアンディ登場。似合う…。似合いすぎ。

もう、ちょっとした身のこなしからランボルギーニを運転する姿まで、何一つ違和感がない。
唯一苦しいのはサミーとのラブシーンくらい(爆)

イエスタデイ、ワンスモア アンディ・ラウ サミー・チェン

一方サミー。やっぱりアンディにはサミーだよなと、ほんとに抜群の呼吸。
何をやってもアンディに勝てないサミー、その時のスネた感じが凄くいい。

お互いに、新しい相手ができたように見せるために部屋を細工するところとか、前半の二人のやりとりは、いつまでも観ていたいくらいほんとに楽しませてくれます。
この前半は凄く好きですね~。

イエスタデイ、ワンスモア アンディ・ラウ サミー・チェン

後半は、アンディ&サミーだから助かっているものの、一歩間違えばベタな韓国ドラマに。

サミーが突然白血病になった時には、さすがに観客も誰も信じてなく、劇場では笑い声が。
しかし…。

イエスタデイ、ワンスモア ジョニー・トー

う~ん、お互いが携帯のアドレス帳にいまだに“夫”と“妻”と登録しているくだりとか、ジェニー・フーの一言とか、ぐっとくるポイントも多々あるんですが、“普通に”いい話なんですよね、これだったらジョニー・トー監督じゃなくても撮れる。

香港でも、ヒットはしたものの前2作ほどではなかったとどこかで読んだような気がしますが、香港の人たちと同じように感じるということは、自分も“香港クオリティ”に染まってきたということでしょうか(笑)

ただ、先ほどアンディ&サミーだから助かっていると書きましたが、何よりいいのはアンディのサミーを見つめる眼差しですね。
サミーはいつもアンディの手のひらの上で踊らされているようで、アンディのサミーを見つめる眼差しはどこまでも優しい。
女性の方はこのアンディの眼差しにイチコロでしょうね。

あと、残念ながら今回はラム・シューは出ていませんでしたが、ジョニー・トー組もう一人のお笑い担当ホイ・シウホンがしっかりと活躍。
今回は探偵役でしたが、いつものごとくダメダメでした(笑)

ともあれ、今回もアンディ&サミーは存分に楽しませてくれました。



[原題]龍鳳鬥
2004/香港/98分
[監督]ジョニー・トー
[出演]アンディ・ラウ/サミー・チェン/ジェニー・フー/カール・ン/ラム・カートン/ホイ・シウホン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
ジョニー・トー監督『イエスタデイ、ワンスモア』が名古屋でも公開!

 

TB(13) CM(20) EDIT

*Comment

■>丞相様

こちらにもありがとうございます。
サミー・チェンが白血病になるくだりは、おっしゃるようにジョニー・トー節炸裂でしたよね(笑)
劇場でも笑いが起きてました。

おっしゃるようにウェルメイドは作品なんですが、いつもがぶっ飛んでいるからか、どこか物足りなさを感じてしまうんですよね。
『ダイエット・ラブ』は、ウェルメイドの対極にありますが、もうたまらなく好きです。
micchii |  2006.02.13(月) 13:19 |  URL |  【コメント編集】

■>any様

普通に考えれば、“よくできた”映画なんですが、それに対して、“まともすぎる”と不満を感じる自分たちは、やっぱりどこか世間とずれているのかもしれませんね(笑)
ただ、おっしゃるように、アンディとサミーのコンビをスクリーンで観れたのは良かったです。
micchii |  2006.02.13(月) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございます

こんにちは、micchiiさん。TB&コメントありがとうございました。
サミー・チェンが白血病になるくだりは、これぞジョニー・トー節だ!
と一人興奮していました。まさしく「ありえね~」展開ですよね。
小道具や衣装に至るまでずいぶんと気をつかった、
ジョニー・トー先生らしからぬウェルメイドな作品と言えば、
そうかもしれませんね。ラストもホロリとさせましたから。
とにもかくにも、私はこれから『ダイエット・ラブ』を見るのを楽しみに
しています。DVDリリースまで、あと少しの辛抱ですね。
丞相 |  2006.02.12(日) 17:17 |  URL |  【コメント編集】

■確かに…

micchiiさん、こんばんは。
この作品、すごくオシャレな感じで、ジョニー・トー作品の中では、すごく“まとも”な作品でしたね。
香港映画のアクの強さに慣れてしまった僕にとっては、ちょっと物足りなさを感じた作品でしたが、それでもアンディとサミーという絵になる2人をスクリーンで観れたのは、すごく嬉しかったです。
any |  2006.02.11(土) 01:58 |  URL |  【コメント編集】

■>zoecchi様

TB&コメントありがとうございます。
二人のラブシーン、映画館では苦笑が起きていたような・・・(爆)
ホイ・シウホンは二人の中では痩せた方の人で、ラム・シューと並んで、ジョニー・トー映画には欠かせない名脇役。
得意な役はダメダメ上司で、中でも最高なのは『暗戦 デッドエンド』です。
ご覧の際にはぜひご注目を!
micchii |  2005.12.05(月) 13:08 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan様

心配しなくてもバレてませんよ(笑)
前回、やっぱり初日に行こうかなぁとおっしゃっていたので、たぶんhi-chanさんは待ちきれずに初回に行かれるだろうなぁと思っただけです^^
ポストカードいいですね~。もし名古屋で上映されることになっても、ポストカードはなさそうですね・・・。
リッチー・レンかっこよかったですよね。レビュー楽しみにしています!
micchii |  2005.12.05(月) 12:32 |  URL |  【コメント編集】

■>maple tree様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
東京では、ワインの試写会をやってたんですね!いいですね~♪
アンディ&サミーはほんとにいいですよね。
ジョニー・トー監督とのトリオもう一つの作品『痩身男女』、未見でしたらぜひどうぞ。
この作品とは違って抱腹絶倒ラブ・コメディですけど、ぶっ飛んでて楽しいですよ。
micchii |  2005.12.05(月) 12:06 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは~。

感想をアップしたのでTBさせてもらいに来ました~。
アンディの温かい眼差し、いいですね~。私もファンだったらしびれてます。
この映画とっても良かったです。
私も二人のラブシーンには参りました(^^;)
二人の駆け引きはさすがジョニー・トー監督という感じで楽しませてもらいました。
あのインパクトのあるおっさん二人のうちの一人はホイ・シウホンという方なんですね。
あのちょっと顔が濃くて唇が厚めの方ですか?(←おいっ)ジョニー・トーでは常連なんですね。
今度、チェックしてみようっと。


zoecchi |  2005.12.04(日) 22:28 |  URL |  【コメント編集】

■ブレイキング・ニュース

なぜ初回突撃とバレているのか(爆)どこかに書きましたっけ?
昨日、行って来ましたよ、初回に。
しっかり特典のポストカードをゲットしてきました。
お客さんの入りは上々で、関係者(新しくなった映画館のこけら落としだったので)もいました。
感想は…リッチー・レンかっこいい!(笑)…あ、いや近々レビューに書きますね。

「イエスタディ~」のコメント欄に「ブレイキング~」のコメントですみません。
hi-chan |  2005.12.04(日) 14:18 |  URL |  【コメント編集】

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。
この映画、ずーっと気になっていたのに、東京でも1館で、しかもレイトショーしかなく、
ちょっと寂しいですよね。
映画館で、ワインの試飲会をやっていて、それが印象的でした。
とってもおしゃれな感じがして、すごく好きです。
micchiiさんのレビューがすごくポイントをついていて、
「そうそう!」とうなずいてしまいました。
Needing youをみて、アンディ&サミーカップルにハマりました。
この二人、本当にいいですよね。

またお邪魔させていただきます。
maple tree |  2005.12.03(土) 13:32 |  URL |  【コメント編集】

■>森と海様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。

>ひっかかる感じがして

というのよくわかります。
アンディ&サミーは観ているだけで楽しいですし、これも十分楽しんですけど、終わったあとどうもしっくりこないんですよね・・・。
パンフレットに載っていた父さんのインタビューに、過去の2本と同じではいけないから大変だったとあったので、本人も大変だったんでしょうね・・・。
micchii |  2005.12.03(土) 11:32 |  URL |  【コメント編集】

■>にこ様

TB&コメントありがとうございます。
『痩身男女』は中英字幕でも何も困りませんけど、これはやっぱり字幕が欲しいですよね。
自分も『十萬火急』や『大事件』の時は、結構疲れました。
アンディがサミーを遠くから見つめる眼差し、ほんとに良かったですよね。
micchii |  2005.12.03(土) 11:22 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan様

はい、31本目にして初の劇場鑑賞です(笑)
ジョニー・トー監督と出会ったのは今年に入ってからで、その後『PTU』がレイトショーであったんですけど、結局行けませんでした・・・。

アンディ目当ての女性たちは結構いるみたいですね~。待ち時間に漏れ聞こえてきた会話によると、コンサートにも行っているみたいですし。

映画の出来なら「Needing You」、ストーリーならこの映画かもしれませんが、凄いのは「痩身男女」ですよ(笑)
2月の日本版発売がほんとに待ち遠しいです♪

「ブレイキング・ニュース」、今頃初回に突撃中でしょうか?(笑)
感想楽しみにしています!
micchii |  2005.12.03(土) 11:16 |  URL |  【コメント編集】

■>ゆうこ様

こちらこそコメントありがとうございます。
お気に入りに入れていただいていたとのこと、凄く嬉しいです。ありがとうございます!
こちらのブログもジョニー・トー&アンディが凄く充実していますね!どれも楽しく読ませていただきました。
『痩身男女』はぶっ飛びますよ!(笑)
これからも宜しくお願い致します。
micchii |  2005.12.03(土) 11:09 |  URL |  【コメント編集】

■>nu様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
アンディのラブシーンはほんとに不自然極まりないですよね・・・(苦笑)
ラム・シュー、「RPGの隠れキャラ」、思わず笑ってしまいました。素晴らしい表現です(笑)
まさしくそんな存在ですよね。
micchii |  2005.12.03(土) 11:04 |  URL |  【コメント編集】

■TBどもです。

ボクんとこの〈 イエスタデイ、ワンスモア 〉のエントリーはなんだか中途半端になっちゃったんですよね。
賛同したい賛美したいけど、引っかかる感じがしてどうにもキレがなくなってしまいました。

いや、キレがないのは元々です(笑)。
森と海 |  2005.12.02(金) 21:30 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは。

ご覧になったんですね。
多分私のとこでは公開されないけど、
私はDVDで見ました。
中英字幕だったので疲れたけど、
大体あってたようで良かった。
にこ |  2005.12.02(金) 18:40 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは。

ご覧になったんですねー。
31本目にして、初の劇場鑑賞でしたか!おめでとうございます(笑)。
カップルはいなかったのですか。カップルにお薦めの映画かなと思うんですけどね。
私は試写会で観たので、女性ばっかりでしたが(笑)。
映画として、よく出来ている、というのであれば「Needing You」の方が上のような気もしますが、ストーリー的には、私はこの映画、かなり好きです。

今は、「ブレイキング・ニュース」が楽しみです。micchiiさんのレビューはまだ読んでませんよ~(笑)
7日のレディースディに観に行こうと思っていたのですが、友人との忘年会が入りそうなので、やっぱり初日に行こうかなぁと考え中です。
前売券買うなら、今日買いに行かないと(笑)。
hi-chan |  2005.12.02(金) 13:33 |  URL |  【コメント編集】

トラックバック、ありがとうございました!
実は、この「愛すべき映画たち」というブログ、私のパソコンのお気に入りにはいっておりまして、その方から、トラックバックしてもらって、嬉しく思いました!
また遊びに来ます。
私も、ジョニー・トー監督、大好きです。
ゆうこ |  2005.12.02(金) 12:51 |  URL |  【コメント編集】

micchiiさんはじめまして。
このたびは、TBを賜り、ありがとうございました。

>唯一苦しいのはサミーとのラブシーンくらい(爆)
ははは。(同じく爆)
彼は、これまでもそしてこのさきも
ずっとこの調子でおられるんでしょうね…きっと…

>残念ながら今回はラム・シューは出ていませんでしたが
ははは。
なんだか林雪さんて、RPGの隠れキャラみたいな…というか
なにげなく鑑賞してて、で、彼を発見すると
ちょっと嬉しいみたいな。そうゆう存在の方ですよね?
(違うかな)

またお邪魔させてくださいませ。
nu. |  2005.12.02(金) 12:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/293-01d486e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

【イエスタデイ、ワンスモア】アンデイ・ラウ&サミー・チェン主...

【感想】「PTU」や「ブレイキングニュース」と同じ監督さんとは思えないお洒落なラブストーリーでした♪アンデイ・ラウ&サミー・チェンは香港でもベストカップルに選ばれているらしく美男・美女で絵になりますね。ストーリーも夫婦そろって盗人という設定で、騙しあい..
2006/05/20(土) 17:30:41 | ☆★★hosomiti.net★★☆

『イエスタデイ、ワンスモア』~ぐずって可愛いひと~

『イエスタデイ、ワンスモア』公式サイト  DVD(HMV)監督:ジョニー・トー出演:アンディ・ラウ サミー・チェンほか 【あらすじ】(goo映画より)豪華な暮らしを続ける富豪のトウ夫妻。実はその正体は高級品専門の泥棒カップルだった。しかしある日、ト...
2006/02/12(日) 17:09:50 | Swing des Spoutniks

イエスタデイ、ワンスモア

100万ドルの宝石 それとも 永遠の愛? <ストーリー>美男美女、その上リッチ
2006/02/11(土) 01:59:30 | any's cinediary

イエスタディ・ワンスモア 龍鳳鬥

監督 ジョニー・トー スタント・コーディネート ユン・ピョウ 出演 アンディ・ラウ(トゥ)サミー・
2006/02/01(水) 00:08:43 | あいりのCinema cafe

イエスタディ、ワンスモア(2004香港)

香港映画・・・というとヒイてしまうのですが、今回同行のWさんが早くに並んでくださり、とてもよい席で観て来ました。というより、初めて行ったスペースFS汐留はそんなに席数はないものの、ソファー並みの心地よさ。長時間座っていても疲れなさそうで気に入りました。映画
2005/12/05(月) 12:44:11 | WAKOの日常

「イエスタデイ、ワンスモア」

「龍鳳鬥」2004年 香港監督: 杜蒞峰(ジョニー・トー)出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)鄭秀文(サミー・チェン) 胡燕[女尼](ジェニー・フー)呉嘉龍(カール・ン)林家棟(ラム・カートン)許紹雄(ホイ・シウホン)<あらすじ>誰もが羨む優雅な....
2005/12/04(日) 22:07:23 | 亜細亜的空間

「イエスタデイ、ワンスモア」(04香港)

映画祭優先でレイトショーオンリーということもあり、ついつい後回しになっていたジョニー・トウ監督「イエスタデイワンスモア」をようやく昨夜最終日に観る。監督とアンディ・ラウ、サミー・チェンとのトリオは「Needing You」「痩身男女」に続き、三作目。今..
2005/12/03(土) 17:53:30 | 新世紀活動大写真

イエスタデイ、ワンスモア

10月22日土曜日から公開された、イエスタデイ、ワンスモア。早速見に行ってきました。前にもブログで紹介しましたよね。この映画、今は「シネリーブル池袋」でしか上映していません。しかもレイトショーのみ。見にいける場所に住んでてよかったー。アンディラウ&サミーチェ
2005/12/03(土) 13:22:51 | I have type B blood

【映画】 イエスタデイ・ワンスモア (原題:龍鳳鬥)

“ベルベット・レイン”の2回目と、“イエスタデイ・ワンスモア”を池袋で見て来ました。“イエスタディ・ワンスモア”良かったです~。というか、アンディの映画で初めて泣い
2005/12/03(土) 10:57:03 | free time

**龍鳳鬥/Yesterday Once More**

はやく〈黒社会/ Election 〉がリリースされねーかなぁと思い焦れてますが、まだまだインフォメーションは無し。それじゃってんで、銀河映像亡き後のトゥさんの活躍を占う上で、大きな位置を占める〈龍鳳鬥/Yesterday Once More〉(香港盤)を観てみる。 ボクは、恋愛物コ
2005/12/02(金) 21:25:46 | 日刊【考える葦】Returns

龍鳳鬥 Yesterday once more イエスタデイ、ワンスモア

2004年香港映画監  督ジョニー・トー出  演アンディ・ラウ、サミー・チェン、Jenny Woo、Carl Ng、Lam Ka Tung、Chun Wong、Hui Siu Hung、Lin Chunあらすじ盗んだダイヤの分け方でもめて、アンディとサミーは離婚した。二年後、サミーはお金持ちのスティーブと結婚する
2005/12/02(金) 18:38:13 | お気に入りの映画

イエスタディ、ワンスモア(試写会)

アンディ・ラウ、サミー・チェン、ジェニー・フー、カール・ン、ラム・カートン出演。ジョニー・トウ監督作品。詐欺師から富豪へと登りつめたトウ夫妻(アンディ・ラウ、サミー・チェン)は優雅な結婚生活を送っていた。しかしある日突然、離婚することになり……。(ヤフー
2005/12/02(金) 13:35:55 | Movies!!

泣ける?『イエスタデイ、ワンスモア』

そうゆうおハナシだったのね・・・
2005/12/02(金) 12:23:12 | 「誰かわたしを叱ってください」日記

▲PageTop

 | BLOGTOP |