2005.11.26

『ブレイキング・ニュース』(ジョニー・トー)

ブレイキング・ニュース

ジョニー・トー第22弾。
未だに公式サイトに公開の予定が載らないので(どうしたシネマスコーレ!)、待ちきれずにYesAsia.comからゲット。
例によって日本語字幕はありませんが、この映画の場合大勢に影響はないでしょう。

ビルを遠目に捉えたカメラ、ビルに入っていく男にカメラが寄ると、カメラも窓越しにビルの中に入ります。
ビルの外にはCID(重犯罪特捜班)の面々が張っています。

ビルから出てきた男たちが車に乗ろうとすると、制服警官が職質。
何やら漂い始める不穏な空気、その様子を車の中から伺うCID。

いきなり緊迫感MAXのジョニー・トーワールド炸裂!

男たちの一人が制服警官に放った一発の銃を合図に始まる、男たちとCIDの銃撃戦。
銃撃戦の真っ直中に飛び込んだカメラによる、市街地のど真ん中での臨場感満点の撃ち合い。

置きみやげを放ち、車を奪い逃走する男たち。

ここまで約7分、なんとワンカット!さすがジョニー・トー先生、もはや神業ですね。
ここまでだけでも何度でも観たい。

銃撃戦の最中、犯人に銃を向けられた一人の警官が両手を挙げて命乞いをしてしまいます。運が悪いことに、その様子は駆けつけたマスコミによって生中継。
おまけに犯人たちを取り逃してしまいます。

信用を失った香港警察。
副総監サイモン・ヤム(今回はチョイ役)にメディア戦略を進言したのが、OCTB(組織犯罪課)の新任指揮官ケリー・チャン。

その戦略とは、PTU(機動部隊)にワイヤレス・カメラを装備し、犯人逮捕の瞬間という最高のショーをTV中継するというもの。

徹底した報道管理の下、PTUの出撃シーンをかっこよく流したり、警察が頑張ってるから安心という住民の声を流したり、イメージ戦略も展開します。

高層アパートに潜伏しているところを数百人の警官たちにアパートを取り囲まれた、リッチー・レンをリーダーとする犯人グループも負けてません。

メディアにはメディアで対抗だと、警察側の報道管理によって流れなかった映像を流したりして対抗します。
さらに、人質一家(ラム・シュー!と子供二人)と優雅に食事(犯人たちが笑顔で自炊!)をしている光景をネットに配信。

ブレイキング・ニュース 料理

それを見たケリー・チャン、あまりに食事が美味しそうだったのにやられたと思ったのか、アパートを取り囲む警官やマスコミにまで弁当を支給し一時休戦。

両者腹ごしらえも終わって勝負再開。

重火器を装備したSDU(対テロリスト特殊部隊)も駆けつけ、PTUも臨戦態勢、初めからこの男たちを追っていたCIDは、ボスにニック・チョン、片腕にホイ・シウホン!

マスコミのカメラが見つめる中、そしてその映像を全香港市民が見守る中、いざ!

この映画、舞台がビルの中なので、狭い中での圧迫感が緊張感を高めていて素晴らしい。

完全にアパートを包囲されていながら、ネットによって外の世界とのつながりがあるというのも今のご時世リアリティがあります。

リッチー・レンが、たまたま同じアパートに潜伏していた殺し屋(ユウ・ヨン)と心を通わせていくのも、ジョニー・トー監督らしくていいですねえ。

公開前なので、今回はこれくらいにしておきます。
いずれ追記するかもしれません。

全編に漂う緊迫感は相当なもの。
特に、7分間ワンカットのオープニングの銃撃戦はほんとに凄い!

ブレイキング・ニュース [DVD]ブレイキング・ニュース [DVD]
タキコーポレーション 2006-05-05

Amazonで詳しく見る

[原題]大事件
2004/香港/90分
[監督]ジョニー・トー
[出演]ケリー・チャン/リーチー・レン/ニック・チョン/ラム・シュー/ユウ・ヨン/マギー・シュー/サイモン・ヤム/チョン・シウファイ

→予告編 →オープニングのワンカット長回しの銃撃戦 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
週刊文春に『ブレイキング・ニュース』!
『ブレイキング・ニュース』、ハリウッドリメイクへ・・・
『ブレイキング・ニュース』ロシア・リメイク版予告編
ジョニー・トー映画、“男たちの晩餐”名場面
愛すべきオープニング名場面BEST10

 

TB(24) CM(28) EDIT

*Comment

■>けろにあさん

微妙な情報ありがとうございます(笑)

>リメイク作品のできの良し悪しはもうどうでもいいから、「リメイクされる」→「トーさん儲かる」→「さらにいい作品できる」ってことを期待したいと思います。

このお言葉が全てなので、記事中に引用させていただきました。
micchii |  2007.07.26(木) 14:31 |  URL |  【コメント編集】

micchiiさん、こんにちはー。
allcinema ONLINEのニュースで拾いました。
この作品もリメイクされるかもとか…。
http://www.allcinema.net/prog/news.php#3427

リメイク作品のできの良し悪しはもうどうでもいいから、「リメイクされる」→「トーさん儲かる」→「さらにいい作品できる」ってことを期待したいと思います。
けろにあ |  2007.07.26(木) 11:08 |  URL |  【コメント編集】

■>リーチェン様

こちらにもありがとうございます。
最初の銃撃戦、凄かったですね~。
やっぱり映画は映画館で観たいですが、家で見ると巻き戻せるというのが唯一の強みですね。
映画館では待ってくれないですから(笑)
ここまで犯人側に肩入れしちゃっていいんだろうかと思いましたが、たまにはこういうのもありですね。
micchii |  2007.01.18(木) 12:28 |  URL |  【コメント編集】

■こちらも遅ればせながら~

micchiiさん、こんにちは!
遅ればせながらこちらもTB&コメントさせていただきます。

最初の銃撃戦、ついて行くのに必死でした(笑)
録画鑑賞だったので、もう一度見直すと、これまたよく出来てますね~~~
人間関係が分かった後に見ると、ふむふむでした(爆)

見せ場や犯人側の視点でのストーリーテリングもあってよかったです。
リーチェン |  2007.01.16(火) 15:48 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあ様

TB&コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰してます。
TV画面でみても素晴らしいですが、やっぱり劇場は凄かったですよ、特にオープニングの銃撃戦!
もしまた機会がありましたら、ぜひ劇場で!
micchii |  2006.06.19(月) 11:30 |  URL |  【コメント編集】

■やっと…ですが

こんにちは。ちょっとご無沙汰です。
公開時に上映期間を間違ってて見逃した『ブレイキング・ニュース』、やっとですが見ました。
く~っっ、トー監督の描く男たちはカッコいい~!
スクリーンで見たかったですぅ。
ということで、つなたい感想ですが、TBさせていただきます。
けろにあ |  2006.06.16(金) 16:14 |  URL |  【コメント編集】

■>lomo様

TB&コメントありがとうございます。
『大事件』ご覧になられましたか!

これだけの話を90分で語りきる手腕は、ほんとに見事ですよね。
ストーリー的には、強盗と殺し屋の絡みがたまりません。ラスト、お互いに相手の仕事をやろうとして息絶えるなんて、しかも、殺し屋が強盗をやったシーンはほんとにさりげなく挿入するだけ、もう脱帽です。
micchii |  2006.06.01(木) 15:04 |  URL |  【コメント編集】

■90分間の魔術師

とうとう『大事件』観ました。
僭越ながら「TB」送ってみましたので宜しく御願い致します。

『大事件』ですが個人的には『非常突然』より良かったです。
ストーリーのプロットが絶妙で深みのある作品で感歎しました。
lomo |  2006.05.31(水) 18:53 |  URL |  【コメント編集】

■>hana様

こちらにもコメントありがとうございます。
オープニングのワンカットにはほんとに唸りました。
DVDが出たら、ぜひご覧になってみて下さい。やり直しなしで一発であれを撮るのはほんとに驚愕です。
ラム・シューに笑っていると、確かにストーリーにおいていかれるかもしれませんね(笑)
自分は事前に香港版DVDで観ていたので、ラム・シューは軽く流し、ストーリーに集中できました(笑)
micchii |  2006.03.13(月) 12:33 |  URL |  【コメント編集】

■>Hitomi様

こちらこそコメントありがとうございます。
名古屋では、期間はもっと長くやりましたが、22:50終了のレイトショーだけと、同じく不遇な扱いでした。
この待遇が改善されるには、ジョニー・トー監督にカンヌを制覇してもらうしかありませんね。

リッチー・レン、『星願』の時とはがらりとイメージが変わって、かっこよかったですね~!
料理ほんとに美味しそうでした。あれだけの腕前があったら開いた店も人気が出たでしょうに、残念です・・・。

ケリーは堅いばっかりの1本調子で、見ててつらかったです・・・。
micchii |  2006.03.13(月) 11:48 |  URL |  【コメント編集】

■7分間ワンカット!!

とは知りませんでした・・・。
もう1回観たい・・・。
リッチー・レンの岸谷五朗ぶりに笑いがこみ上げ、
ラム・シューに笑いがこみ上げ・・・。
結局ストーリーの細部が不明になっています・・(笑)
micchiiさんのように感動したい!!
hana |  2006.03.12(日) 13:44 |  URL |  【コメント編集】

■コメント&TB返しありがとうございました

こんばんは、私の住んでる広島でも1週間でレイトショーのみという不遇な扱いでした。
本当に香港映画にももう少し優遇して欲しいですよね。

ラム・シューは出てくるだけで面白い(笑)ホイ・シウホンもそうですよね。
しかし今回はリッチー・レンの株が急上昇!なかなかよかったですね。しかも彼が作ってる料理が非常においしそうで(笑)

ケリーはどうしたんでしょうねぇ、なんかせまいおでこと眉毛だけが目立っちゃって。
Hitomi |  2006.03.11(土) 17:34 |  URL |  【コメント編集】

■>丞相様

こちらこそありがとうございます。
冒頭の長回しは、相当入念にリハーサルしたでしょうね。やり直しがききませんから。
とはいっても一発で決めてしまう、役者、スタッフは凄いです。
できれば、メイキング映像でその様子が観たいですね。
micchii |  2006.02.13(月) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

micchiiさん、こんにちは。TB&コメントありがとうございました。
冒頭の長回しは、3日間準備してから撮ったそうですね。
もうこの冒頭だけでもお腹いっぱいという感じです。
作品全体を見ても、緩急の付け方が文句なしですし、
おなじみラム・シューとホイ・シウホンも、ベタな関西系ギャグを
繰り出したときは、かなり笑ってしまいました。
DVDの発売は先になりますが、いつものように監督・出演者インタビューが
収められるでしょうね。そのときに再見してみたいと思います。
丞相 |  2006.02.12(日) 17:05 |  URL |  【コメント編集】

■>zoecchi様

TB&コメントありがとうございます。
コメントいただいて気づいたんですが、自分も劇場初ラム・シューは『ベルベット・レイン』でした!!
訂正記事の中で、お名前を挙げてお礼させていただきましたが、本当にありがとうございます。

ラム・シュー、いいですよね~。料理できないし、一人で逃げてるし、自分でほっぺた叩いてるし(笑)
旦那様の焼いもネタ最高です(笑)
その後、ホイ・シウホンのようになりましたか?
micchii |  2006.02.04(土) 12:38 |  URL |  【コメント編集】

■遅ればせながら

私も観に行ってきました。
なんと言っても今回の見どころはラム・シュー!もう一本のmicchiiさんのレビューにTBしようと思ったんですけど、こちらにさせていただきました。
私の劇場初ラム・シューは「ベルベット・レイン」だったんですけど、そのころはまだ認識が薄かったんで、ちゃんと見たのは今回が初です。
いや~もう、とってもいい味出してましたね。
緊張が漂う中で和ませてくれましたよね。
あと、ホイ・シウホンも。お腹が弱いって(^^)
あ、この映画はそれだけじゃないですよね(^^;)内容もとてもスリリングで良かったです。
zoecchi |  2006.02.03(金) 21:11 |  URL |  【コメント編集】

■>ryo様

5月5日ですか、これから全国の劇場で順に公開されていくというのに、ずいぶんと早いですね。
特典映像、ぜひオープニングの銃撃戦のメイキング映像が観てみたいです。
そういえば、『再見阿郎』を含めて何本か、ジョニ-・トー作品注文しました!
micchii |  2006.01.26(木) 12:27 |  URL |  【コメント編集】

■DVD発売日

「ブレイキング・ニュース」のDVD発売日は5月5日です。
イエスタデイ・ワンスモアより若干早いですね。メイキング映像とかインタビューなど収録してほしいです。
ryo |  2006.01.25(水) 14:23 |  URL |  【コメント編集】

■>ryo様

コメントありがとうございます。
ご覧になられましたか!
自分のところでもいよいよ今週末から公開です。
それにしても、上映時間が21:15~22:50って、この待遇の悪さはなんとかならないですかね(笑)

あの話が91分にまとまっていることが何よりも凄いですよね。
そして、おっしゃるように、商業性と漢気が見事に両立していますよね。
ラム・シューの一言、注目して観たいと思います。

DVDの発売日ですが、もし問題がなければ、ぜひ教えて下さいませ。
micchii |  2006.01.25(水) 14:16 |  URL |  【コメント編集】

■最高!!

micchiさん、こんばんは。
昨日福岡の劇場で観てきました。残念ながらお客さんは何人かしかいなかったですが、映画は期待以上にめちゃくちゃ面白かったです。無駄のない、濃い91分。まさにジョニーさんの商業性と漢気を両立させた素晴らしい作品ですね。ラム・シューが、娘が部屋に逃げた時に言った一言がツボでした。DVDの発売日も決まりましたが、まだ言わないほうがいいですよね。
ryo |  2006.01.25(水) 02:57 |  URL |  【コメント編集】

■>any様

TB&コメントありがとうございます!
冒頭の長回し、ジョン・ウーの銃撃戦が好きなanyさんには、物足りなさすぎますよね(笑)
でも、『ザ・ミッション/非情の掟』をご覧になると、ジョニー・トーの銃撃戦の良さがわかっていただけるのではないかと思います。

強盗と殺し屋が心を通わせていくシーンはほんとに素晴らしいですよね。
料理のシーンはたまりません。
まさに「ただいま、男だらけの放課後(by 映画秘宝)」。
『ヒーロー・ネバー・ダイ』と『ザ・ミッション/非情の掟』にその最高峰のシーンがあるんですが、この料理のシーンはそれに次ぐシーンだと思います。
micchii |  2006.01.10(火) 12:49 |  URL |  【コメント編集】

■やっと…

micchiiさん、こんばんは。
大阪でもやっと公開されたので、観てきましたよ。
冒頭のワンカット長回しシーンには、実はそれほど感銘を受けなかった愚か者(笑)ですが、ビル内での緊迫感溢れるストーリーはすごく面白かったです。
リッチー・レンがあんなにカッコいいなんて…(笑)

>殺し屋(ユウ・ヨン)と心を通わせていくのも、ジョニー・トー監督らしくて
やっぱりそうですよね。
そんなに何本もジョニー・トー作品を観たわけじゃないのに、そう思ったんで、自分の記事でも似たようなこと書いたんですが、micchiiさんと同じなら安心です(笑)
この二人が心通わすところはすごく好きだったりします。
any |  2006.01.09(月) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan様

TB&コメントありがとうございます。
確かに、ジョニー・トー監督にはかなり期待してしまいますから、なかなかそれに応えてくれるのは難しいですよね。どれも十分面白いですが。
自分も、30本を超えても、結局ベスト3は、一番最初に観た『ヒーロー・ネバー・ダイ』『ザ・ミッション/非情の掟』『暗戦 デッドエンド』ですからね(笑)
公式サイトによると、ポストカードは4種類あるみたいですよ。緑バージョンと、後はケリー・チャンのとリッチー・レンの。
これは後2回は(ケリー・チャンは一応パス)行かないといけませんね(笑)
micchii |  2005.12.09(金) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

■初日、初回で観てきました。

で、やっと記事あげました(笑)。
期待しすぎたせいか、思っていた程ではなかったですが、人質と強盗犯、殺し屋が食卓を囲んだりするシーンは、面白いと思いましたね。
あと、ケリー・チャンがハマってました。
そして、他でも書きましたが、リッチー・レンがかっこよかった!(笑)

ゲットしたポストカードは、赤バージョンでしたが、チラシに、赤バージョン、緑バージョンがあるように、ポストカードも緑バージョンがあるんですかね・・・?
毎週土曜日にポストカードを配布するみたいなんですが・・・
さすがに、また観に行く事はなさそうですが、緑バージョンのポストカードがあるなら、欲しい(笑)
hi-chan |  2005.12.09(金) 10:49 |  URL |  【コメント編集】

■>きえ様

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
はい、我慢できませんでした(笑)
オープニングシーンはほんとに唸りました。長回し自体はそう珍しいことでもないですが、あそこまで緊張感が続く長回しはそうはないですよね。
スクリーンで観るとさらにパワーが違うと思うので、ぜひぜひ観たいです!
micchii |  2005.12.02(金) 11:57 |  URL |  【コメント編集】

TBありがとうございます。
遅くなりましたが、私もTBさせていただきました。
やっぱり、我慢できなかったんですね~お気持ち解ります(笑)
オープニングシーンは本当に素晴らしいですよね~
DVDでは何度も見られるってところが利点ですから、つい繰り返しますよね。
でも、ぜひスクリーンで見て頂きたいです!
きえ |  2005.12.01(木) 16:47 |  URL |  【コメント編集】

■>森と海様

TB&コメントありがとうございます。
冒頭の長回しはほんとに凄かったですよね。こんなのを見せつけられては、デ・パルマも“タラタラした”と言われても仕方ありませんね・・・。
「もう、どうにどうにでもしてくれ!」とおっしゃるのよくわかります(笑)
micchii |  2005.11.27(日) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

〈 大事件 〉観られましたか。
緊張が途切れない冒頭の長回しは圧巻でした。同じ長回しでも、言っちゃあ悪いが〈 スネーク・アイズ 〉のタラタラした長回しとはエライ違いです。
ニック・チョンのダイハードぶりは、バカバカしっくって〇。
森と海 |  2005.11.26(土) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/287-948d2118

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ブレイキング・ニュース

最近、見かけないなケリー・チャン。
2014/12/09(火) 00:08:48 | だらだら無気力ブログ!

ブレイキング・ニュース

2004年製作の香港・中国映画香港映画界の巨匠、ジョニー・トー監督によるアクションサスペンス。警察と銀行強盗団のメディアを巻き込んだ心理戦と銃撃戦を独特の映像美とユーモアを交えて描く。主演は『インファナル・アフェア』のケリー・チャン。最初のうちは犯人側の全体
2007/02/25(日) 21:55:56 | シネマ通知表

『ブレイキング・ニュース』(04香港=中国)

香港映画といえばこの人!のジョニー・トゥ監督が贈る犯人逮捕劇には、かなりシビアなメッセージが込められていますね。犯人役のリッチー・レンもいいですよ♪
2007/01/16(火) 15:45:51 | Happy Together

ブレイキング・ニュース (大事件)

監督 ジョニー・トー 主演 ケリー・チャン 2004年 香港/中国映画 91分 アクション 採点★★★★ 見る視点を変えると、物事ってガラリと違って見えるもんなんですねぇ。 武装集団と警察との銃撃戦が白昼の市街地で発生。その様子がメディアで放送されてしまった為、警察へ
2006/07/06(木) 02:44:53 | Subterranean サブタレイニアン

『ブレイキング・ニュース』

香港の鬼才ジョニー・トー監督(っていうか、鬼才じゃなくて今や香港を代表する監督だと思いますが)による香港警察と強盗団の攻防を描いたサスペンス・アクション作品。チョン(ニ
2006/06/16(金) 16:14:42 | けろにあ・みだすのつぶやき

注文の少ない料理店・・・。

【ジョニー・トゥ(ジョニー・トー)】監督の『ブレイキング・ニュース(大事件)』をとうとう観る事に・・・。冒頭の淡々と進んで行く「7分間1カット」の銃撃シーンは凄みがありますね・・・。 武装した強盗団と《CID(重犯罪特捜班)》の銃撃戦の後、OCTB(組織犯罪課)
2006/05/31(水) 18:47:39 | 注目すべき人々との出会い

30*大事件~ブレイキング・ニュース~

 市街地で起こった銀行強盗団と警察の銃撃戦。その中で、犯人に銃を向けられた一人の警察官が命乞いをしてしまうという映像をマスコミに流されてしまう。しかもCID(重犯罪特捜班)のチョン警部補(張家輝(ニック・チョン))やホイ(許紹雄(ホイ・シウホン))らが本土
2006/03/12(日) 13:41:03 | Lovely 電影生活

ブレイキング・ニュース

《ブレイキング・ニュース》 2004年 香港映画 - 原題 - 大事件 - 英
2006/03/10(金) 22:09:14 | Diarydiary!

『ブレイキング・ニュース』~J-10グランプリ~

『ブレイキング・ニュース』公式サイト監督:ジョニー・トー出演:ケリー・チャン リッチー・レン ニック・チョン ラム・シューほか 【あらすじ】(goo映画より)香港の市街地で、ユアン率いる銀行強盗団と警察との銃撃戦が発生。激しい攻防戦の末、警察は犯人...
2006/02/12(日) 16:57:56 | Swing des Spoutniks

「ブレイキング・ニュース」

「大事件」2004年 香港監督: 杜蒞峰(ジョニー・トー)出演: 陳慧琳(ケリー・チャン)任賢齊(リッチー・レン)張家輝(ニック・チョン)許紹雄(ホイ・シウホン)林雪(ラム・シュー)尤勇(ユウ・ヨン)邵美蒞(マギー・シュー)任達華(サイモン・...
2006/02/03(金) 20:56:33 | 亜細亜的空間

『ブレイキング・ニュース』(’04 香港)

f:id:hondo-lee24:20060115145800j:image 本日は、某劇場の業務試写会で観たこの香港アクション作品を。 ある日、香港警察のチョン警部補(ニック・チョン)は、大陸からやってきたユアン(リッチー・レン)率いる強盗団のアジトを発見するが、激しい銃撃戦の末、彼らを取
2006/01/16(月) 18:22:20 | よんふぁ広場2~HONDOのつぶやき~

ブレーキング・ニュース/大事件

監督:ジョニー・トー 製作総指揮:ジョン・チョン、ヤン・ブーティン 脚本:チャン・ヒンカイ、イップ
2006/01/15(日) 08:45:07 | あいりのCinema cafe

ブレイキング・ニュース

メディアを操作せよ 人質は視聴者 <ストーリー>ある朝、香港の市街地で、銀行強
2006/01/09(月) 23:02:50 | any's cinediary

『ブレイキング・ニュース』

『ブレイキング・ニュース』公式サイトブレイキング・ニュース - 映画作品紹介監督:ジョニー・トー脚本:チャン・ヒンカイ 、イップ・ティンシン 出演:ケリー・チャン 、リッチー・レン 、ニック・チョン 、   ラム・シュー 、ユウ・ヨン 2004....
2006/01/05(木) 17:30:22 | Rabiovsky計画

ブレイキング・ニュース

先月半ばまでユーロスペースがあった場所にできたシアターN渋谷に行ってきました。ユーロスペース時代と大きく変わってはいませんでしたが、ロビーのカウンターの位置や雰囲気は、以前より、少しすっきりした感じがしました。オープニング作品の一つ、ブレイキング・ニュー
2005/12/17(土) 01:23:37 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~

[ ブレイキング・ニュース ]冒頭から釘づけ

[ ブレイキング・ニュース BREAKING NEWS ]@渋谷で鑑賞。エンターテイメントやサスペンスムービーは、漫才やコントなどのお笑いに似ている。つかみがよければ、途中に少々のアラがあっても、勢いで観客はラストまで楽しんでみてくれるものだ。お笑いなら笑える空気、映
2005/12/09(金) 23:38:19 | アロハ坊主の日がな一日

ブレイキング・ニュース(大事件)

監督・製作:杜[王其]峰(ジョニー・トー) 製作:曹彪 脚本:陳慶嘉、葉天成、銀河創作組寰亞電影有限公司、中國電影集団公司、銀河映像(香港)有限公司 2004年公式サイトはぁ~長かった…昨年の東京国際映画祭でチケットが取れずに涙を飲んでから一....
2005/12/09(金) 22:17:51 | Driftingclouds

ブレイキング・ニュース

ケリー・チャン、リッチー・レン、ニック・チョン、ラム・シュー、ユウ・ヨン、ホイ・シウホン出演。ジョニー・トウ監督作品。ある朝、香港の市街地で銀行強盗団と彼らのアジトを見つけた警察との銃撃戦が発生。激しい攻防戦が続くなか犯人に銃を向けられた一人の警官が両手
2005/12/09(金) 10:41:57 | Movies!!

[香港映画][杜?峯] 『ブレイキング・ニュース』

『ブレイキング・ニュース』 監督:ジョニー・トー 出演:リッチー・レン/ケリー・チャン/ニック・チョン    ラム・シュー/マギー・シュウ/サイモン・ヤム [http://www.breakingnews.jp/:title=『ブレイキングニュース』日本公式サイト] 去年の東京国際映画祭で見
2005/12/01(木) 16:36:22 | kiediary

ブレイキング・ニュース in国際映画祭

ブレイキング・ニュース(中国)上映時間91分 監督ジョニー・トゥ出演ケリー・チャン リッチー・レン ストーリー:強盗団と警察の大抗争を軸に、警察のメディア操作を痛烈に皮肉る作品。 ケリー・チャンのファンなので見た。やはりいいです。今回はできる女....
2005/11/28(月) 17:59:12 | メルブロ

ブレイキング・ニュース

昨日、九段会館で行われた試写会に行ってきた。 気付いてみると、今週劇場で観た新作映画4本が、日本2本、韓国1本、そしてこの香港1本と、すべてアジア映画だったんだよね~。 別にアジアを狙ってそうなった訳ではないので、今、アジアって元気なんだね~。 しかもね、この
2005/11/27(日) 13:50:53 | toe@cinematiclife

『ブレイキング・ニュース』

----ジョニ-・トー、今年日本に来るの2本目だね。あまり相性がよくなかったんじゃなかったっけ。「うん。そのはずだったんだけどね。この映画はいい意味で裏切ってくれた。カンヌ国際映画祭のワールドプレミアでも10分間のスタンディング・オベイションが続いたと言うけど
2005/11/27(日) 12:38:46 | ラムの大通り

**大事件 Breaking News ネタバレあり**

香港からアッチ盤を取り寄せました。もちろん日本語字幕はありませんが、英語字幕を頼りに3回ほど見てようやく大体の内容を把握しました。やっぱり、学生時代にもっと勉強しとけば・・・(以下略)。まあ、内容が内容だけに(専門用語等はなし)理解できましたが。それより
2005/11/26(土) 22:05:03 | 日刊【考える葦】Returns

映画感想「ブレイキング・ニュース」

映画感想「ブレイキング・ニュース」【評価】★★★【緊迫】★★【アクション】★★★【笑い】★★【役者】★★★【エロ】試写会で見ました。香港映画版「踊る大捜査線」だそうです。それも、「踊る大捜査線2 レインボー・ブリッジを封鎖せよ」ばりの、....
2005/11/26(土) 15:42:25 | 三匹の迷える羊たち

▲PageTop

 | BLOGTOP |