2005.11.21

『カンフーハッスル』(チャウ・シンチー)

カンフーハッスル

前回チャウ・シンチーが可哀想と書いたので、今回は、金馬奨受賞記念で『カンフーハッスル』です。
同情で取り上げますが、感想は正直に(笑)

『少林サッカー』はサッカーとカンフーの組み合わせが面白かったわけで、カンフー自体で凄いことをやっても、目新しさはないですね。
これだったら、CG一切なしで超絶技巧を見せてくれた『マッハ!』のトニー・ジャーの方がよっぽど凄い。

ただ、全然強そうに見えない人が強かったり、チャウ・シンチーと大家の奥さんとの超高速の追いかけっこなんかは面白かったですね。
奥さんのキャラは強烈。必殺技「獅子の咆哮」、名前は大袈裟ながら、要は大声で叫ぶだけというのがいい(笑)

カンフーハッスル ユン・チウ

相棒が『少林サッカー』『インファナル・アンフェア 無間笑』のラム・ジーチョン、さらに斧頭会のボスは『少林サッカー』のブルース・リーそっくりのGKだった人と、『少林サッカー』のファンにはお馴染みの顔ぶれ。

でも、そんなことよりも、オープニングカットに現れたのが、なんとなんとラム・シュー!これにはびっくり!!
ジョニー・トー作品では毎回見かけますが、こんなところにも出てくるんかい!(笑)

カンフーハッスル ラム・シュー

しかもその後、頭が燃えていたり、一撃で遥か彼方まで吹っ飛ばされドラム缶に埋まったり、“らしい”キャラ。

そんなラム・シューを観れただけでも大満足でした。



[原題]功夫
2004/中国・アメリカ/103分
[監督]チャウ・シンチー
[出演]チャウ・シンチー/ユン・ワー/ユン・チウ/ブルース・リャン/ラム・シュー/ラム・ジーチョン/ホアン・シェンイー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『少林サッカー』(チャウ・シンチー)
『インファナル・アンフェア 無間笑』(バリー・ウォン)

 

TB(5) CM(10) EDIT

*Comment

■>けろにあ様

TB&コメントありがとうございます。
『少林サッカー』のようなのをまた期待するのも無理かと思い、自分もあんまり期待せずに観たのがよかったです。
いろいろいただいたコメントによると、この映画は『少林サッカー』と違って、観る人を選ぶようですね。もっと楽しむには、武侠小説や昔のカンフー映画など、いろいろ前提知識がいりそうです。
もっとたくさんの香港映画を観てから、いつかまた観てみたいと思います。
TB削除の件了解しました。
micchii |  2005.11.27(日) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

micchiiさん、こんばんは。
『カンフーハッスル』やっと見たのでTBさせていただいたのですが、ちょっと失敗いたしました。
お手数ですが1つめ削除していただければ幸いです。申し訳ありません。
期待せずに見たので思ったよりは面白かったですが、私も『少林サッカー』の方が面白かったと思いました。
でもみなさんおっしゃっていますが、大家さんの奥さんはインパクトありましたね。
けろにあ |  2005.11.27(日) 01:00 |  URL |  【コメント編集】

■>KEI様

コメントありがとうございます。
林雪、『PTU』のパンフレットには92年の『力王』という作品がデビュー作とありますが、これは役のある初の映画ですかね?映画自体聞いたことありませんが・・・。

チャウ・シンチーとジョニー・トー、『審死官』はまだ観れていませんが、『マッドモンク』ではチャウ・シンチーもン・マンタも大活躍でしたよね。

『カンフー・ハッスル』、他の方にいただいたコメントでも、金庸の武侠小説のキャラや技とのギャップが笑いのツボとあったんですが、ある程度観る方に知識がいりそうですね。中国人にはどれも常識なんでしょうが。
micchii |  2005.11.25(金) 12:29 |  URL |  【コメント編集】

そもそも林雪が映画に出たのは周星馳の映画(タイトル忘れた…)でエキストラをやったのが最初です。最近DVDが発売された『ラッキー・ガイ』という映画の中でもその他大勢の中に彼がいましたよ。
そして『喜劇王』で呉孟逹がやった弁当屋のおっちゃんのモデルは林雪なんだそうです。
じつは周星馳と杜[王其]峰の人脈は結構つながっていたりしていまして、その辺はもっと調べてみたいところです。
『カンフー・ハッスル』はグローバルを狙ったように見せながら、彼が自分のカンフー映画への思いをありったけ詰め込んだ傑作だと思っています。ただ、あまりにもマニアックすぎるのが欠点と言えば欠点ですが…
KEI |  2005.11.24(木) 17:36 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan様

TB&コメントありがとうございます。
『黒社会』、もう公開されている台湾や香港では好評みたいですね~。日本でも公開してくれるとは思いますが、早くしてほしいです(笑)
それよりも、『ブレイキング・ニュース』の公式サイトの劇場のところに名古屋が出ません(泣)
YesAsiaで先に買っちゃおうかなぁ・・・。

ラム・シュー、ジョニー・トー作品以外にもどんどん進出しているみたいですね。嬉しい限りです!
micchii |  2005.11.24(木) 12:31 |  URL |  【コメント編集】

私も「少林サッカー」の方が好きでしたね・・・。
「黒社会」残念でしたけど、見てないので、「カンフーハッスル」と比べられない(笑)。

この映画にもラム・シュー出てたんですね!すっかり忘れていましたが、画像を見たら、なんとなく思い出しました。
hi-chan |  2005.11.22(火) 14:03 |  URL |  【コメント編集】

■>Aoi様

TB&コメントありがとうございます。
奥さんは、出てきた時から、ただならぬオーラを放っていましたよね(笑)
おっしゃるように主人公の影がちょっと薄かったと思うので、続編の噂もありますし、その際はもっと大活躍して欲しいですね。
micchii |  2005.11.22(火) 12:20 |  URL |  【コメント編集】

■>森と海様

TB&コメントありがとうございます。
ジョニー・トー以外の香港映画をまだあまり観ていないというのもありますが、自分が観た中では、他では最近では『ベルベット・レイン』、あとは『冷戦』では大活躍でしたよね。
未見の中では、こちらも活躍していると噂の『ワンナイト イン モンコック』が楽しみです。
micchii |  2005.11.22(火) 12:16 |  URL |  【コメント編集】

TBさせていただきました。奥さんのキャラは確かにすごかったですね。
冒頭からこの奥さんはきっと何かありそうだなぁって思えましたし…。
久々に理屈ぬきで笑えた映画でした。
Aoi |  2005.11.22(火) 09:50 |  URL |  【コメント編集】

■林雪は

既に売れっ子のバイプレーヤー。名の通った香港映画のあちこちで見かけます。
元は裏方だったのにねー。
森と海 |  2005.11.21(月) 21:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/282-5df620eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

カンフーハッスル:映画

今回紹介する映画は、ど派手ワイヤー・アクション映画の『カンフーハッスル』です。 カンフーハッスル:ストーリー文化革命前の混沌とした中国。本当のワルに憧れるチンピラのシンが、恐喝しようとしたオンボロアパーには、なんとカンフーの使い手がゴロゴロ。。やがて彼?...
2008/04/27(日) 13:25:11 | 映画レビューブログ:ムービーラボ

『カンフーハッスル』

前作、といってもシリーズ作品ではないけれど、『少林サッカー』のぶっとびなバカさ加減に爆笑した身としては、過度な期待をしてガッカリしないように、「きっと面白くないに違いない
2005/11/27(日) 00:55:21 | けろにあ・みだすのつぶやき

カンフーハッスル

チャウ・シンチー、ユン・チウ、ユン・ワー、ドン・ジーホワ、シン・ユー出演。チャウ・シンチー監督作品。文化革命前の混沌とした中国。本当のワルに憧れるチンピラのシンが、恐喝しようとしたオンボロアパーには、なんとカンフーの使い手がゴロゴロ! やがて彼はこのカン
2005/11/22(火) 14:04:22 | Movies!!

カンフーハッスル

【満足度***70%】2004年/中国・アメリカ/103分(原題)KUNG FU HUSTLE(監督)チャウ・シンチー(出演)チャウ・シンチー/ユン・チウ/ユン・ワー他 まさに!少林サッカーのカンフー版といった感じ。おなじみのワイヤーアクション満載。とにかく理屈抜きに面白か
2005/11/22(火) 09:51:20 | @Scene

**如来神掌を体得した男**

チャウ・シンチ―は、如来神掌という技を体得した架空の武道家の伝説を残した。 ちょうど、「ワンチャイ」が黄飛鴻の伝説を描いたように。だから”ありえねー!”でもいいのだ。伝説なのだから。 最初に断っておくが、今度の「カンフーハッスル」、過去の彼の作品とは、
2005/11/21(月) 21:24:04 | 日刊【考える葦】Returns

▲PageTop

 | BLOGTOP |