2012.07.26

アラン・ドロンがジョニー・トーとジョン・ウーにラブコール!ジョン・ウーは『サムライ』をリメイク!

ジョニー・トー アラン・ドロン ジョン・ウー

ニュースとしてはルイ・ヴィトンの中国最大となる新店舗が上海に登場し、そのオープニングセレモニーにアラン・ドロンとコン・リーが顔を見せたというものですが、当ブログ的には今年一番のビッグニュースな記事。

レッドカーペットでのツーショット撮影では、アラン・ドロンのほうから積極的にコン・リーの頬へキスを贈ったとのことで、このツーショットだけでもかなり豪華ですが、記事後半にいくにつれ、待ってましたの展開に!

アラン・ドロンについては、少し前に

シネマトゥデイ<仏名優アラン・ドロンが不整脈で手術>

という記事についてTwitterの方で「これは心配…。手術は無事成功したようですが、ゆっくり休んで、またスクリーンで元気な姿を観たいですね。流れてしまったトーさんとのタッグも!」とコメントしました。

そこへ今回の記事。

今年77歳になるアラン・ドロンだが、この4月に受けた心臓手術の経過は順調。中国メディアのインタビューに応じ、「死ぬまでにぜひ一度、中国で映画に出演したい」と語っている。どの監督の映画に出たいのか?の質問には、ジョン・ウー(呉宇森)監督やジョニー・トー(杜[王其]峰)監督など香港出身の監督の名前を挙げた。

via: レコードチャイナ


キターーーーー!!!!!

記事の最後にもありますように、長丁場の撮影は健康面で心配があり、手術以降は疲労が大敵というのはもちろんで、無理はできないのは言うまでもないですが、体調がこのまま順調に回復していけば、可能性は出てくるでしょう。

結局実現しなかった『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』でのコンビですが、botにも載せているトーさんの「最終的に本作はアリディの作品になったが、私のドロンに対する尊敬の気持ちは今でも変わらないよ」という言葉通り、トーさんの方としても、アラン・ドロンが出てくれるというなら、何を差し置いても撮るでしょう。

そして、これが実現する時には、ついにこの夢の対決も実現することでしょう。

愛すべき映画たち<アラン・ドロンvsラム・シュー、世紀の対決実現か!?>


もう一人、ジョン・ウーについても記事が。

喉頭がんで入院中と少し前に大騒ぎになっていましたが、頸部にできた腫瘍は発見が早かったため良性で、すでに完治したとのこと。本当にほっとしました。よかった…。

そして、ここからが問題。

年内の最も大きな仕事は、1968年のアラン・ドロン主演作「サムライ」のリメイクバージョン。冬が舞台の映画なので、間もなくドイツへ飛んでロケ地を選定する予定だ。

via: レコードチャイナ


またまたキターーーーー!!!!!

間もなくロケ地の選定ということなら、こちらはかなり具体的に話が進んでいるんでしょう。

ジョン・ウーの『サムライ』のリメイクについては、以前当ブログでも取り上げました。

愛すべき映画たち<ジョン・ウーがジャン=ピエール・メルヴィルの『サムライ』をリメイク!>

これを書いたのが2009年の10月で、結局あのままなかったことになったかと思っていましたが、3年越しできましたね~!

いやー、アラン・ドロンとトーさんとジョン・ウー、もう名前を書いているだけでたまりません。
どんな形で絡んでくるのか、今後も目が離せません!

レコードチャイナ<女帝コン・リーにキス!77歳のアラン・ドロン、「死ぬまでに中国映画に」―上海市>
レコードチャイナ<“がん疑惑”のジョン・ウー監督が完全復活!アラン・ドロン名作をリメイク―中国>



【関連記事】
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(ジョニー・トー)
『サムライ』(ジャン=ピエール・メルヴィル)
アラン・ドロンvsラム・シュー、世紀の対決実現か!?
ジョン・ウーがジャン=ピエール・メルヴィルの『サムライ』をリメイク!

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/2795-9e052041

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |