2005.09.05

『ヴェラ・ドレイク』(マイク・リー)

ヴェラ・ドレイク

監督名だけで観に行く一人マイク・リー。
当ブログでは『秘密と嘘』『人生は、時々晴れ』に続いて第3弾、最新作『ヴェラ・ドレイク』観て来ました。

いやぁ、さすがですねマイク・リー。心震えるとはこのこと。
それでいて、描いているのはいつも通り家族の日常。

弟の自動車修理工場で働く夫スタン、裕福な家の家政婦をしたり、近所の人や自らの母親の面倒を見ている、いつも鼻歌まじりの妻ヴェラ、仕立て屋で働き夜学にも通いナンパにも精を出す息子シド、仕事と家の往復というつまらない毎日を送っている無口な娘エセル。豊かではないが笑顔のあるドレイク一家。

4人揃って夕食を食べ、温かい紅茶を飲み、くだらない冗談に笑いもする。

ヴェラが抱える秘密という話もあるんですが、そんなことがなかったとしても、家族の何気ないやりとりだけでも2時間魅せるでしょう。

ヴェラ・ドレイク マイク・リー

そして、『秘密と嘘』のブレンダ・ブレッシン、『人生は、時々晴れ』のティモシー・スポールを観てもわかるように、並の役者では務まらないのがマイク・リー映画の主役。
この映画のイメルダ・スタウントンも、凄いの一言。

イギリス演劇界最高の名誉であるオリヴィエ賞3度受賞は、マギー・スミスやジュディ・デンチに肩を並べる偉業。
この映画でも、ヴェネチア国際映画祭をはじめ10以上の主演女優賞を総なめにしながら、アカデミー賞では受賞ならず。
ヒラリー・スワンクが「イメルダ・スタウントンに申し訳ない」と語ったというのは、お世辞でも何でもないでしょう。

アル中や障害のある役や肉体を鍛えたり、そういうことをするだけで評価されちゃいますが、“普通”であることがいかに凄いか。

「左眉一つで演技できなければダメ」と言ったのはカウリスマキですが、このイメルダ・スタウントンにはただただ脱帽。

声にならない声で場を持たせ、27年間一度も外したことがない結婚指輪を泣く泣く外した時、思わずはめられていた指を握り締める仕草など、形容する言葉もありません。

他の役者同士の掛け合いも最高峰で、娘の婚約者が父親に結婚の許しを請う時の緊迫感。
緊張の糸が切れた瞬間爆発する喜び、こういう緩急は相変わらず絶品。

さらに、例によってマイク・リー独特の演出。
俳優たちは自分が演じる役以外のことは事前に何も知らず、それぞれが数ヶ月かけて役自身になりきり、役自身になりきった状況で初めて対面。
役そのものになった面々が即興でぶつかり合う、わざとらしさの入り込む余地のない状況。
相変わらずマイク・リーのリアリティは一歩抜けていますね。(詳しくは『人生は、時々晴れ』の感想の中で触れています)

この映画でも、一番のポイントとなる予告編などでも流れるスタウントンの顔のアップのシーン。
スタウントン以外の役者はヴェラが行っていたことを知らず、スタウントンも警察がやってくるとは知らず、警官役の俳優がいることすら知らなかったわけで、それだからこそできるあの表情でしょう。

一番のお気に入りはこのシーン。

人生で最悪のクリスマスを迎えた家族。一家4人、弟夫婦、娘の婚約者、7人が勢ぞろいしたクリスマス。
誰もが口を閉ざし、重い空気が流れています。

チョコレートをと切り出したのは夫。
ヴェラがチョコレートの入った箱を回し始めると、あからさまに拒否する弟の妻、一つ取り回すエセル、取らずに回す婚約者、シドも拒否すると、箱を取り戻しチョコレートを一つ取りつつ婚約者は言います。
「人生で最高のクリスマスをありがとう」

空襲で母親を亡くし、恋人もおらず、ずっと一人ぼっちでクリスマスを過ごしてきた彼にとっては、愛する人が隣にいて、その家族が周りを囲む、たとえ皆の顔に笑みがない状況でも、一人ぼっちで過ごしてきたクリスマスよりはどんなに幸せか。
この場面は涙でスクリーンが見えませんでした、滂沱の涙。

もうあまりにも素晴らしくて、拙い言葉でこの素晴らしさを汚したくありません。
ラストカットも完璧。これ以上の終わり方はないでしょう。

毎回絶対に期待を裏切らないマイク・リー。
ただもう恐れ入りました。

夫婦の、親子の、そして家族の、深い絆の物語。



[原題]Vera Drake
2004/イギリス・フランス・ニュージーランド/125分
[監督]マイク・リー
[出演]イメルダ・スタウントン/フィル・デイヴィス/ピーター・ワイト/エイドリアン・スカーボロー/サリー・ホーキンス/エディ・マーサン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『秘密と嘘』(マイク・リー)
『人生は、時々晴れ』(マイク・リー)
『ハッピー・ゴー・ラッキー』(マイク・リー)
『家族の庭』(マイク・リー)

 

TB(46) CM(28) EDIT

*Comment

■>じゃじゃままさん

TB&コメントありがとうございます。
婚約者の一言はほんとによかったです。あの状況でなかなか言えるものではないと思いますが、彼の今までを思えば説得力もありますし、言うタイミングも見事でしたね。

ラストは、違う見方もできるでしょうが、再生と思いたいですね。
息子は多少時間がかかるかもしれませんが、残りの3人はヴェラのことを信じていますし、道は前に続いていると思います。
micchii |  2007.07.26(木) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

あの婚約者の一言はよかったですね。
無言のままチョコレートがまわっていくとき、誰かなにか言ってよ!と思っていたので、効きました。
ラストの家族のシーンは、これからこの家族はどのようになるのかちょっと判断できなかったのですが。再生のドラマですよね?
じゃじゃまま |  2007.07.26(木) 14:39 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

ですね、時間的にも同じくらいだったでしょうね。
『遠い空の向こうに』のジェイクじゃありませんが、これぞ天の声かもしれませんね(どんな声だ?)
micchii |  2006.04.14(金) 13:26 |  URL |  【コメント編集】

■びっくりしました!

先ほど、こちらに伺った時にレスを読んでいて、「遠い空の向こうに」のことが書いてあって、今日、レビューをアップしたばかりじゃん!って(笑)
もしかして、うちのブログを読んだからなのかなと思ったら、そうじゃなかったのですね。(うちのブログのコメント読みました)
ここでコメントを残そうとしたらお昼休みになってしまったので、たぶん、びっくりしたのもだいたい同じくらいの時間だったかと思います(笑)凄い偶然に驚きです。
hi-chan |  2006.04.13(木) 13:30 |  URL |  【コメント編集】

■>hi-chan

「人生で最高のクリスマスをありがとう」、久々にこんなに泣きました。こんなに泣いたのは、『遠い空の向こうに』以来ですかね~。

ラストは、“何も主張していない”ところが凄く良かったです。

マイク・リー監督の演出も凄いですが、それに応えられる役者がほんとに凄いと思います。
UPしている『秘密と嘘』『人生は、時々晴れ』はどちらもお薦めですが、特に『秘密と嘘』は、カンヌ映画祭パルムドールの名に恥じない傑作だと思います。
micchii |  2006.04.13(木) 11:52 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは。

>「人生で最高のクリスマスをありがとう」
これ良かったですよね。私もグッと来ました。
ラストの刑務所の中と彼女を待つ家族が映り、フェイドアウトしていく終わり方もいいです。

それぞれの役者が数カ月かけて役になりきるんですか!凄いですね。
マイク・リー監督の他の映画も観てみたくなりました。
hi-chan |  2006.04.12(水) 23:42 |  URL |  【コメント編集】

■>リーチェン様

コメントありがとうございます。
ついにご覧になられましたか!

>戦後数年しか経っていないという時代、それぞれが苦しいながらも、喜びを見つけて一生懸命生きていた時代の出来事。

何かいかにもなことが描かれるわけではありませんが、ちょっとしたことで、見事にその時代に空気を出していましたよね。

>それぞれの立場での思いに共感するところも大いにありました。

ヴェラはもちろんのこと、旦那さんも、息子も、娘の婚約者も、それぞれの思いにリアリティがあって、どれもちゃんと伝わってきましたよね。

>たくさんの問題を与えられたような映画でしたね。

答えを突きつけるような作り方をしていないので、これから先は、観た人それぞれが、この映画をどう消化していくかですよね。
micchii |  2006.03.03(金) 14:17 |  URL |  【コメント編集】

■>たどん様

わざわざこちらにもお返事ありがとうございます。
これまでもブログ読んでいただいていたとのこと、凄く嬉しいです。
観ている映画の数が一桁以上は違うので、いつも、次はどんな映画がUPされるんだろうと、楽しみに読ませていただいています。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2006.03.03(金) 13:45 |  URL |  【コメント編集】

■やっと見てきました~

micchiiさん、おはようございます。
ついに見てきました。

戦後数年しか経っていないという時代、それぞれが苦しいながらも、喜びを見つけて一生懸命生きていた時代の出来事。

その中のヴェラの存在というのは、家族にとって光り輝いていたのでしょうね。
それぞれの立場での思いに共感するところも大いにありました。

たくさんの問題を与えられたような映画でしたね。
リーチェン |  2006.03.03(金) 08:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントありがとうございました。
私も、密かにこのブログ楽しませていただいてました。
守備範囲が広く感想も温かくて素敵ですね。
また遊びに来させていただきますね。
たどん |  2006.03.01(水) 23:15 |  URL |  【コメント編集】

>るるる@fab様
コメントありがとうございます。

>冒頭からずっと些細な場面で目頭が熱くなりました。

これがマイク・リー作品の凄いところですよね。たとえヴェラの秘密という話がなかったとしても、それでも2時間魅せきる力が彼の作品にはありますよね。
そして、それに見事に応えている役者たちはほんとに凄いと思います。
micchii |  2005.10.21(金) 12:32 |  URL |  【コメント編集】

本当に役者の演技が素晴らしく、冒頭からずっと些細な場面で目頭が熱くなりました。それほどにささやかな生活シーンで(非常にリアルな)暖かさを感じられたのだと思います。
るるる@fab |  2005.10.20(木) 22:39 |  URL |  【コメント編集】

>マダムS様
TB&コメントありがとうございます。
「人生で最高のクリスマスをありがとう」、自分もツボで、滝のような涙を流していました(笑)
パンフレットよかったですよね。マイク・リー監督作品、作品同様いつもパンフレットも素晴らしくて、二度感動できますよね。
micchii |  2005.09.20(火) 14:07 |  URL |  【コメント編集】

■滑り込みで観てきました

TBさせて頂きました
素晴らしい映画でしたね あの娘の婚約者!私のツボでした(笑)
マダムS |  2005.09.19(月) 19:55 |  URL |  【コメント編集】

>ななな様
TB&コメントありがとうございます。
おっしゃるように、この映画はほんとにいろんなことを考えさせてくれますよね。
しかも答えを提示せずに観客に委ねてくれるところがいいいですね。
TB削除の件了解しました。
micchii |  2005.09.17(土) 17:52 |  URL |  【コメント編集】

■すみません

間違った記事をTBしてしまいました。
削除お願いします。

この映画ホント色んなことを考えさせられました。
何が悪くて何が正しいかを問いかける映画ではないのですがそんな所まで考えが及んでしまい・・・
難しい問題ってたくさんありますね。
ななな |  2005.09.17(土) 11:14 |  URL |  【コメント編集】

>(^-^)y-~~~様
TB&コメントありがとうございます。
おっしゃるようにこの映画は絆というものについて考えさせられますよね。
しかも、こうだという答えを示さずに、観客に委ねるラストが素晴らしいですね。
妹さんと大変仲がいいようで羨ましいです。
こういう映画を家族と一緒に観れるというのは素晴らしいことですね。
micchii |  2005.09.07(水) 12:24 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

多くの人がこの映画を観て家族や人の絆について考えているんだなあと
改めて実感しました。

『ライフ・イズ・ミラクル』は
ぼくの妹が観たがっているので
このページのことを教えてあげようと思います。

ぼくの記事もTBさせてもらっていいですか?
(^-^)y-~~~ |  2005.09.06(火) 17:33 |  URL |  【コメント編集】

>Cartouche様
TB&コメントありがとうございます。
「法律って・規則って?」、ほんとにそうですよね。
結婚指輪を外すシーンでほんとにそう思いました。
”若いから白と黒しかないね”も印象的でしたよね。

>peridot様
TB&コメントありがとうございます。
冒頭から日常の何気ないやり取りを丁寧に描いているからこそ、家族の絆が崩れかけるその様がより伝わるんですよね。
自分もピーター・バラカン氏のコメントは素晴らしいと思いました。

>丞相様
TB&コメントありがとうございます。
チョコレートのシーンはほんとに素晴らしかったですよね。
婚約者の心の美しさが染み入りました。
おっしゃるように、ヴェラの周りの人の視点から見ると、また違った側面が見えるかもしれませんね。
ジョニー・トー監督の記事読んで頂いてありがとうございます!
『ザ・ミッション/非情の掟』に打ちのめされて以来、ひたすら作品を追いかけています。
これからもさらにUPしていきたいと思いますので、また読んでいただけたら嬉しいです。 

>みどり様
TB&コメントありがとうございます。
婚約者の言葉のシーンはほんとに心に染み入りました。
「たとえ何かあっても、家族が一緒にいる。
何よりもそれが一番素晴らしい。」、ほんとにおっしゃるとおりですね。
micchii |  2005.09.06(火) 13:16 |  URL |  【コメント編集】

>Julia様
TB&コメントありがとうございます。
おっしゃるように、スタウントンの演技を堪能してしまうと、他の人の演技を観るのはつらいですよね(笑)
それほど彼女は凄かったと思います。

>おつぎ様
コメントありがとうございます。
「人生で最高のクリスマスをありがとう」、彼の心の美しさにはほんとにやられました・・・。
皆がこうありたいものですね。

>あ~る様
TB&コメントありがとうございます。
マイク・リー監督の作品、他の作品も素晴らしいので、ぜひぜひご覧になってみてください。
彼の演出も凄いですが、それに応えられる役者たちが凄いですよね!

>ココ様
TB&コメントありがとうございます。
おっしゃるように、終わった後にいろんなことを考えさせられましたよね。答えを示さないところが素晴らしい。
あのラストカットには唸りました。
micchii |  2005.09.06(火) 12:54 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

はじめまして。TBありがとうございました。
私も婚約者の言葉はしみじみときました・・。よい映画でしたね。
こちらからもTBさせていただきました。
みどり |  2005.09.06(火) 12:20 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました

こんにちは、TBありがとうございました。
私はヴェラのキャラクターには釈然としないものがあったのですが、あのチョコレートのやりとりをするシーンは一番素晴らしかったですね。婚約者のセリフが心に染み入ります。多様な解釈ができる作品なので、もし今度DVDで見ることがあったら、ヴェラの周りの人の視点から見てみることにします。

それと、ジョニー・トー監督の記事も読ませていただきました。
私もジョニー・トー監督の大ファンです。いろいろなジャンルも面白おかしく作る、映画職人ぶりがたまらないですよね。 
丞相 |  2005.09.06(火) 09:00 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございます

>家族の何気ないやりとりだけでも2時間魅せるでしょう。
私もそう思います。
事件そのものよりも日常が大事ですね、この映画も、現実も。
peridot |  2005.09.06(火) 06:21 |  URL |  【コメント編集】

■法律って・規則って?

私もこの映画は大好きです。
中絶禁止という法律。そして27年間一度も外したことがない結婚指輪を泣く泣く外すシーで、規則って何?と考えさせられました。
イメルダ(なんか例の靴のイメルダさん思い出してしまうけれど。。)の”普通”の演技の素晴らしさ!確かにそうですね。
Cartouche |  2005.09.06(火) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございました。

TBありがとうございました。
この映画のすごさは、見終わったあとに色々なことを考えさせられるところにあると思いました。
私もTBさせていただきます。
ココ(ココのつぶやき) |  2005.09.05(月) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

■TBありがとうございます

この映画で初めてマイク・リー監督の作品を観ました。
うまく表現できないですが、良い映画でした。
是非、他の作品も観たいと思います。(できれば映画館で)
しかし、あの演出...う~ん、そういう手があったか!
あ~る |  2005.09.05(月) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

■ヴェラ・ドレイク

TBありがとうございます、一番のお気に入りのシーンが同じで・・泣きました、「人生で最高のクリスマスをありがとう」・・誰もが愛する人に囲まれていたり、愛されていたりするとは限らない、誰かが心配してくれたり、必要としたりする時、人間て希望や夢をもてるんだと思う、彼の魂の美しさに泣きました、これからもどうぞ宜しく!
おつぎで~す。 |  2005.09.05(月) 19:08 |  URL |  【コメント編集】

■また泣けてきました

TBありがとうございました。
 
感想文がとってもお上手なので、また泣けてきました。

先週、「メトロで恋して」を観たのですが、このスタウントンの演技を堪能してしまったからには、他の人の演技がひど~~く感じてしまって、彼女の凄さがよく分かりました。

TBさせていただきます。
Julia |  2005.09.05(月) 18:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/224-f97862c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2016/01/28(木) 23:11:44 |

【ヴェラ・ドレイク】

後からズ~~~~ンと胸に響いてくる作品だった。 舞台は1950年代のイギリス。戦争の傷跡もあり、人々は貧しい中にも家族の絆を大事にし、日々生きている。 ヴェラは、家族、隣人をこよなく愛す、普通のおばさん。つつましやなかヴェラとは正反対の義弟の、贅沢嗜好な妻には
2007/07/26(木) 14:37:17 | じゃじゃまま映画館

映画鑑賞感想文『ヴェラ・ドレイク』

さるおです。 『VERA DRAKE/ヴェラ・ドレイク』を観たよ。 監督・脚本は『NAKED/ネイキッド』『SECRETS & LIES/秘密と嘘』『人生は、時々晴れ』のマイク・リー(Mike Leigh)。 出演は、ヴェラ・ドレイク役に『SENSE AND SENSIBILITY/いつか晴れた日に』『SHAKESPEARE IN
2006/10/09(月) 21:59:08 | さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー

映画『ヴェラ・ドレイク』

原題:Vera Drake優しさゆえに犯した罪、それでも法が法であるために、そして哀しくも見せしめと言われ、彼女は2年6ヶ月の禁固刑を受け入れた・・それでも幸せな彼女・・ 1950年イギリスはロンドンの下町、決して裕福ではないが、家族とともに幸せな日々を暮らすヴェ
2006/09/23(土) 14:00:27 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

ヴェラ・ドレイク

ヴェラ・ドレイクDVDレンタル発売中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合
2006/09/17(日) 21:19:32 | シネマ de ぽん!

ヴェラ・ドレイク

『秘密と嘘』のマイク・リー監督の作品。単館での公開で、映画館は連日満員だったらしい。DVDで鑑賞。1950年のロンドン。労働者階級の平均的な主婦、ヴェラ・ドレイクは愛する夫、息子と娘に囲まれ、小さなアパートで暮らしていた。病気で動けない近所の人たちを訪
2006/08/02(水) 10:58:44 | 映画、言いたい放題!

ヴェラ・ドレイク

「ヴェラ・ドレイク」 2005年 英★★★☆☆1950年代のイギリス。主人公ヴェラ・ドレイク(イメルダ・スタワント)は、4人家族で、良き理解者の夫スタンと シャイな娘エセル、お調子者で明るい息子シドと貧しいながらもあるアパートの一室に、仲睦まじ...
2006/06/27(火) 23:55:37 | とんとん亭

『ヴェラ・ドレイク』’04・英・仏・ニュージーランド

あらすじ1950年のイギリス。ヴェラ・ドレイク(イメルダ・スタウントン)は労働者階級の人々が暮らす界隈で、愛する夫、息子と娘に囲まれて病気で動けない近所の人たちを訪ねては甲斐甲斐しく世話を焼き家族団欒の時間を大切にし、いつも笑顔を絶やさない。しかし、そ..
2006/04/26(水) 23:47:03 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

ヴェラ・ドレイク

イメルダ・スタウントン、フィル・ディヴィス、ピーター・ワイト、エイドリアン・スカーボロー、ヘザー・クラニー、ダニエル・メイズ、アレックス・ケリー出演。マイク・リー監督作品。1950年、冬のロンドン。自動車修理工場で働く夫とかけがえのない2人の子どもたちと貧し
2006/04/12(水) 23:44:05 | Movies!!

DVD「ヴェラ・ドレイク」

1950年、冬のロンドン。よき妻、よき母、自分の母親の介護や近所の人の介護までする人に一生懸命尽くす素敵な女性ヴェラ・ドレイク。しかし、家族にも打ち明けられない秘密が、、、妊娠し出産が出来ない女性のために堕胎の手助けをしていた。。。前半は、夫を愛する...
2006/03/09(木) 23:08:44 | ☆ 163の映画の感想 ☆

「ヴェラ・ドレイク」(04フランス=イギリス=ニュージーランド)

家族のことを一番に考え、困っている人にも慈しみ深く接するヴェラには人に言えない秘密があった。その秘密が明らかになったとき、ヴェラと家族に大きな試練が訪れる・・・
2006/03/04(土) 16:12:58 | Happy Together

ヴェラ・ドレイク

2004年 フランス・イギリス・ニュージーランド 監督・脚本:マイク・リー 製
2006/03/04(土) 02:42:51 | 銀の森のゴブリン

ヴェラ・ドレイク

「ヴェラ・ドレイク」を観た。1950年代のイギリス。明るい働き者で一家の母。気だての良いヴェラ・ドレイクには秘密があった。望まない妊娠をしてしまった女性たちの堕胎の世話をし
2006/03/02(木) 12:26:25 | 雑記のーと Ver.2

「ヴェラ・ドレイク」映画の力を実感!秀作

「ヴェラ・ドレイク」★★★★イメルダ・スタウントン、フィル・デイヴィス出演マイク・リー監督フランス=イギリス=ニュージーランド、2004年1950年、ロンドン夫と二人の子供と貧しいながら幸せに暮らしている。夫婦は何度も「幸せだ」と語る。...
2006/01/17(火) 00:27:00 | soramove

映画『ヴェラ・ドレイク』

ヴェラ・ドレイク(VeraDrake)製作年:2004年製作国:イギリス・フランス・ニュージーランド監督:マイク・リー出演:イメルダ・スタウントン 時は戦後の50年代。裕福な家での掃除婦をしているヴェラは愛する夫と子供達と共に、質素なアパートで暮らしている。慈悲...
2005/11/15(火) 06:46:46 | BRASILの独り言

ヴェラ・ドレイク

イギリス・フランス・ニュージーランド合作の映画「ヴェラ・ドレイク」を鑑賞。 S
2005/10/19(水) 16:08:57 | しろすけのつれづれ

『ヴェラ・ドレイク』

先週の水曜日、公開終了間際にやっと滑り込みで観て参りましたよ 先日ここでご紹介した2本の作品で、すっかりお気に入り監督になったマイク・リーの最新作。 公式サイト  散々”気になる気になる”と大騒ぎしておきながらビリケツ鑑賞になっちゃいましたが(
2005/09/19(月) 19:52:01 | Brilliant Days 

ヴェラ・ドレイク

見たいな~。と思っていて、最終日にギリギリ間に合って見ることができた。 銀座テアトルシネマにて鑑賞 <STORY> 第二次大戦後間もないイギリス。 ヴェラ・ドレイク (イメルダ・スタウントン) は複数の家の家政婦をしている。 夫は弟と車の修理工場を経営し、長男・シド
2005/09/18(日) 02:11:44 | toe@cinematiclife

ヴェラ・ドレイク

重いなぁ・・・でも見ても損はないと思う。誰にでも優しいおばさんが大罪の妊娠中絶をして娘さんたちを助けていたお話です。これって法律で定められてるしキリスト教からもから悪いことなんだろうけどでも助けを求めている人がいることも確かなんですよね。だからこそ善悪が
2005/09/17(土) 11:12:19 | 映画を観たよ

71.『ヴェラ・ドレイク』

 夜のニュース番組でおすぎとかがこの映画がおおすめにしてたと思う。中絶をテーマにしているが家族を描いた作品だなんて言ってたような。確かにそうだ、おっしゃるとおりだと思うのですが・・・。 ヴェラ・ドレイクは、夫と二人の子供たちと貧しいながらも暖かい家族愛に
2005/09/14(水) 20:56:37 | Soup of the Day

彼女の気持ちが見えてこない◆『ヴェラ・ドレイク』

9月9日(金) 名演会館にてアカデミー賞では『監督賞』 『主演女優賞』 『脚本賞』にノミネートされた、マイク・リー監督の新作。こういう作品を「それほど面白くなかったし、感動もしなかった」と言うと、「冷酷な人間」という烙印を押されるのかもしれない。でも正....
2005/09/13(火) 15:19:12 | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

■ヴェラ・ドレイク Vera Drake 主演イメルダ・スタウントン 監督:マイク・リー

■ヴェラ・ドレイク Vera Drake-Wife. Mother. Criminal.-●ヴェネチア映画祭で金獅子賞を獲得したのは、マイク・リー監督作品「ヴェラ・ドレイク」、そして主演女優賞を獲得したのも、この映画の主人公を演じたイギリスの女優イメルダ・スタウントンだった。重いテーマ
2005/09/12(月) 21:50:43 | ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY

ヴェラ・ドレイク/ 世界と繋がる

マイク・リー監督の最新作。女性の視点で堕胎という深刻な問題を扱っている。切り口はいろいろあるが、私は”ヴェラの行為”に焦点を当ててみた。ヴェラ・ドレイク 1950年ごろのイギリスでは、1861年に制定された人身保護法により、堕胎が禁じられていた。もちろんわが国
2005/09/06(火) 23:02:21 | マダム・クニコの映画解体新書

Vera Drake

【映画の詳細は⇒こちら】 妹と銀座まで映画を観に行きました。 なぜわざわざ銀座ま
2005/09/06(火) 17:37:14 | 第八反抗期

映画「ヴェラ・ドレイク」

映画「ヴェラ・ドレイク」@東京・銀座テアトルシネマ   監督・脚本:マイク・リー  出演:イメルダ・スタウントン、フィル・デイヴィス、他   2004年/イギリス・フランス・ニュージーランド合作映画   ヴェネチア国際映画祭・金獅子賞/主演女優賞受賞 7月3
2005/09/06(火) 12:17:07 | みどりのアート鑑賞日記

ヴェラ・ドレイク

なんともやりきれない思いが残る映画でした。 舞台は1950年代のロンドン。 主人...
2005/09/06(火) 11:39:34 | 微笑みの街

マイク・リー最新作

自転車で通り過ぎた女子高生のスカートが ひらりと風に吹かれてパンツが見えた。 純...
2005/09/06(火) 09:01:22 | cinema chocolat

『ヴェラ・ドレイク』~未必の故意~

『ヴェラ・ドレイク』 公式サイト 監督:マイク・リー出演:イメルダ・スタウントン フィル・デイヴィス 【あらすじ】(goo映画より)1950年、ロンドン。自動車修理工場で働く夫と2人の子どもと肩を寄せ合い、貧しいながらも幸せに暮らすヴェラ....
2005/09/06(火) 09:01:03 | Swing des Spoutniks

ヴェラ・ドレイク

"ヴェラ・ドレイク"俳優の即興的演技を軸とした独特の演出法で知られるマイク・リー監督の新品を観た。今回もそれなりに緊張感があってよかった。実際はどうなのかわからないが、事前に台本を用意せずに何度もリハーサルを繰り返してから撮影するという逸話がある
2005/09/06(火) 07:18:31 | 単館ロードーショーを追え!

ヴェラ・ドレイク 完成披露試写会

こういう映画に出会うと「生きててよかった~」と神様に感謝したくなります。あまりに素晴らしくて、他の映画を観られなくなってしまうのではないか‥とさえ思うくらい。
2005/09/06(火) 06:17:38 | シネマクロニクル

『ヴェラ・ドレイク』

これは、真のヒューマン・ドラマ。黄金の心をもつヴェラと家族の絆に深く感動。こんなに静かな物語なのに、とてもとても力強い。愛情や優しさは伝染するものなのかもしれない。1950年のロンドン。労働者階級の人々が暮らす界隈。家政婦のヴェラ・ドレイクは、自動車修理工場
2005/09/06(火) 02:32:02 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

生きるか死ぬかの選択~「ヴェラ・ドレイク」

最近映画に対しての熱が冷めたみたいなことを書いたけれど、突然銀座に行きたくなったので、銀座というか京橋で「ヴェラ・ドレイク」を観てきた。えらく重いシリアスな話。ネタバレになるけど中絶が犯罪だった頃の堕胎と家族の絆がテーマ。ひどく困っている女の子たちを
2005/09/06(火) 01:50:46 | 気まぐれ映画日記

ヴェラ・ドレイク

 今日は「ヴェラ・ドレイク(原題:Vera Drake)」です。 1950年代のイギリスで、人助けのために、ある罪を犯した普通の主婦の物語だそうです。 主演は、イメルダ・スタウントン…って名前だけではよく分からない方は、グウィネス・パルトロウ主演「恋におちたシェイクス
2005/09/06(火) 01:23:09 | Movie_Room_Poster!!

ヴェラ・ドレイク

(c) 2004 Vera Drake Limited/Les Films Alain Sarde/UK Film Council. All rights reserved.これって、すごいのだろうか。いままでヴェネチア映画祭金獅子賞・主演女優賞をはじめ、各映画賞(とくに主演女優
2005/09/06(火) 00:24:06 | 或る日の出来事

*ヴェラ・ドレイク*

     ***STORY***1950年、ロンドン。自動車修理工場で働く夫と2人の子どもと、貧しいながらも幸せに暮らすヴェラ(イメルダ・スタウントン。三軒の家の家政婦として働く傍ら、老いた母親の面倒を見たり同じく貧しい近所たちを食事に招待している。頼まれれば
2005/09/06(火) 00:16:53 | Cartouche

ヴェラ・ドレイク

監督:マイク・リー      主演:イメルダ・スタウントン、 フィル・デイヴィス、ピーター・ワイト 2004 英・仏・ニュージーランド      (スクリーン)ストーリー: 1950年、イギリス。ささやかだが幸せに暮らすドレイク家の主婦・ヴェラ(イメルダ・スタウン
2005/09/05(月) 23:50:48 | ココのつぶやき

『ヴェラ・ドレイク』

『ヴェラ・ドレイク』これは素晴らしい。僕はおすぎとは趣味が合わないのか、おすぎのほめる映画が自分的にはいまいちだったり(たとえば『戦場のピアニスト』『ミリオンダラー・ベイビー』)、おすぎがまるでダメという映画に感動したり(たとえば『サマリア』『ライフ・ア
2005/09/05(月) 23:30:30 | 地球が回ればフィルムも回る

「ヴェラ・ドレイク」

7/31 銀座テアトルシネマ にて本当に普通のおばさんだったんです。ある“重罪”を犯している以外では!監督・脚本:マイク・リー出演:イメルダ・スタウントン、フィル・デイヴィス、ピーター・ワイト、エイドリアン・スカーボロー、    ヘザー・クラニ
2005/09/05(月) 21:57:02 | こだわりの館blog版

ヴェラ・ドレイク

映画『ヴェラ・ドレイク』を観た。予告編を見て予想していたのとは全く違ったが、非常に考えさせられる映画だった。善悪とは、どこに境界があるのだろうか。 でも、あの終わり方は消化不良になる。問題提起されたまま終わり、宿題を残されたような気分だ。 オフィシャルサイ
2005/09/05(月) 21:31:56 | あ~るの日記@ココログ

ヴェラ・ドレイク

映画館の予告編を見て、観に行くべきかどうか迷っていたのだが、結構、評判が良いので、観に行ってみました。確かに、主人公のヴェラ・ドレイク役のイメルダ・スタウントンの演技には引き込まれました。特に、警官が自宅にやってきた時の表情の変化は、見事だったと思います
2005/09/05(月) 20:05:19 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~

ヴェラ・ドレイク

昨日は、8月1日。そう映画の日でした。というわけでテアトル梅田にヴェラ・ドレイクを観に行ってきました。なんか、劇場で映画を観るの久しぶりだなーとか思いながら、何も調べずに行ったんですが、善悪や良心、道徳、家族のあり方について考えさせられる、秀
2005/09/05(月) 19:54:44 | R-patrol ~新しきぼくの光と道~

負け犬のシネマレビュー(3) 『ヴェラ・ドレイク』

法よりも倫理よりも愛でしょ、愛『ヴェラ・ドレイク』(マイク・リー監督/フランス・イギリス・ニュージーランド合作/2004年)  労働者階級の人びとを描いたイギリス映画にはハズレがない。ごぞんじケン・ローチと、このマイク・リーの監督作品は笑うところがなくても、独特
2005/09/05(月) 19:44:36 | Chinchiko Papalog

【ヴェラ・ドレイク】

イメルダ・スタウントンフィル・デイヴィス、ピーター・ワイト出演のヒューマン。公開日:7月9日☆ストーリー☆1950年、冬。凍てついたロンドンの朝の空気を暖めるかのようなヴェラ・ドレイクの明るい笑顔が、今日も人々の心を和ませていた。労働者階....
2005/09/05(月) 19:43:25 | ココアのお部屋

善悪って誰が決めるの?

[:映画:] 「ヴェラ・ドレイク」ヴェネチア国際映画祭金獅子賞ほか各賞を受賞して、アカデミーでもノミネートされるなどで、私としては、かなり注目していた作品。 1950年頃のイギリスでは、妊娠中絶は法律で禁じられていた。主人公ヴェラは、気立てのいい世話好きの主
2005/09/05(月) 19:33:57 | That's the Way Life Goes

『ヴェラ・ドレイク』 Vera Drake

昨夜の台風も大したこともなく、今日は台風一過、体感気温が40度近くあったよう
2005/09/05(月) 19:01:56 | Floral Musée

『ヴェラ・ドレイク』

-----この映画、みんな「重い、重い」って言うよね。「タイトルロールのヴェラ・ドレイクは、人助けと信じて堕胎を行っている女性。これでは映画が明るくなるはずはない。でも、監督のマイク・リーはその問題の是非を問うよりより“家族”の絆、信頼にスポットを当てている気
2005/09/05(月) 18:58:59 | ラムの大通り

▲PageTop

 | BLOGTOP |