2012.03.18

『高海抜の恋』(ジョニー・トー)

高海抜の恋

昨年の『奪命金』東京遠征に続いて、行って来ました大阪アジアン映画祭。
というわけで今回は、ジョニー・トー監督最新作『高海抜の恋』です。

笑えるキャラが何人かいて、特に序盤は場内爆笑の連続。
予告編だけ観ると、いかにも“泣かせる”ラブストーリーみたいですが、ちゃんと笑えるところがまずは素晴らしい。

そんな感じで序盤に散々場内を爆笑させておいて、結構早い段階で、切なさに一気に舵を取る瞬間が素晴らしい。

さっきまで声を出して笑っていたのに、一気に涙腺が決壊する。
場内の空気もここで一変する。

それでも、そこからひたすら切なさ一辺倒ではなく、主演二人のやりとりの中にも、その後も笑えるシーンがいくつもあるところがいいですね。

ドレミの音だけが狂ったピアノ、夕陽を追いかけるバイク、二人だけにわかる秘密の数字。

ノワール系ほど台詞は少なくはありませんが、今回も“言葉で説明する”なんて野暮なことはしません。
台詞の代わりに、ピアノの旋律が、歌が想いを語る。

そして、徐々に明らかになってくるテーマ。
“元通りにする”を越えて、新たな一歩を踏み出すということ。

『我左眼見到鬼』『マッスルモンク』『MAD探偵 7人の容疑者』『再生號』、ワイ・カーファイが一貫して描いてきたテーマ、どうなるかはわからない、それでも、一歩を踏み出さなければ何も始まらない。

明らかになる原題のⅡの意味、映画の力を借りて、新たな一歩を踏み出す二人に涙が止まらない。

特に唸ったのはあるシーン、凡百の映画なら、少なくとも抱き合って、さらにキスまでするでしょう。

それが、この映画では、指一本触れない。荷物を分けあい共に持ち、並んで歩き始める、たったそれだけ。

でも、二人に必要なのは、抱き合ってキスをすることではなく、共に荷を背負い、共に歩んでいくこと。

今回もお話はワイ・カーファイの影響が大ですが、『暗戦 デッドエンド』の“バスの中だけの恋人”のように、実はこういうさりげない恋愛シーンが抜群に上手いトーさん、今回も、細かい演出が冴えに冴える。

終盤はもう自分も含めて周りも泣きに泣いていましたが、最初にも書きましたように、基本的には場内爆笑の連続。しかも、雪ちゃんがいないのに!
いやー、たまりませんねもう。

必見。

高海抜の恋 (高海拔之戀II) (2012) (Blu-ray) (香港版)高海抜の恋 (高海拔之戀II) (2012) (Blu-ray) (香港版)


[原題]高海拔之戀Ⅱ
2012/香港・中国/114分
[監督]ジョニー・トー
[脚本]ワイ・カーファイ/ヤウ・ナイホイ/ライカー・チャン/オウ・マンキッ
[出演]ルイス・クー/サミー・チェン/カオ・ユアンユアン/ホァン・イー/ウィルフレッド・ラウ/ワン・バオチアン

→予告編 →主題歌 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
ジョニー・トー監督『高海拔之戀II』予告編
大阪アジアン映画祭に『高海拔之戀II』がやってくる!
『高海抜の恋』、早くもBlu-ray&DVD発売!

 

TB(2) CM(5) EDIT

*Comment

■>xihuanさん

こちらこそコメントありがとうございます。
書かれていたように、大いに笑えながら、でも大袈裟にはならずに、静かな素敵な映画でしたよね。
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2012.03.19(月) 18:48 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとう

トラックバックありがとうございました。
拙いネタばれブログで、とても恥ずかしいですが、これからもよろしくお願いいたします。

xihuan |  2012.03.19(月) 12:55 |  URL |  【コメント編集】

■>けろにあさん

こちらにもコメントありがとうございます。
「なぜ、男だらけの映画を撮るのかって? 女性という生き物を理解できないからだ」という例の言葉にみんな痺れていたのに、こんなにあっさりと大人の恋を描かれてしまっては、あれは何だったんだという(笑)
micchii |  2012.03.19(月) 00:50 |  URL |  【コメント編集】

■>テコさん

観たい!と、何よりの嬉しいお言葉ありがとうございます。
そうなんですよね、botにも入れている「なぜ、男だらけの映画を撮るのかって? 女性という生き物を理解できないからだ」というトーさんの名言がありますが、恋愛描いてもちゃんと素晴らしいんですよねw
ほんとに大量に映画がありますが、基本的に大外れはないので、ぜひいろいろご覧になってみて下さい!
micchii |  2012.03.19(月) 00:45 |  URL |  【コメント編集】

■大人の恋

それなりにええ年した男女の恋愛話なのに、仰るようにキスのひとつもしないどころか、指一本触れない…。
そう、お互いに、過去は過去として認め、乗り越え、共に再び歩き出す。
それがたぶん本当の意味での「大人の恋」なんですよね。

トーさん、やるじゃんねぇ(笑)
けろにあ |  2012.03.18(日) 23:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/2139-2f51beeb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『高海抜の恋』:第7回大阪アジアン映画祭

原題は『高海抜の恋?』。何故に?なのかは劇中で判明。あぁ~、そういうことかとニンマリ。
2012/03/20(火) 00:26:37 | だらだら無気力ブログ!

~『高海抜の恋』~ ※ネタバレ有

2012年:香港映画、ジョン・チョン製作総指揮、ジョニー・トー製作&監督、ルイス・クー、サミー・チェン、カオ・ユアンユアン、ホァン・イー、ワン・バオチアン、ウィルフレッド・ラウ、ティエン・ニウ、リー・グアンジエ。≪【第7回大阪アジアン映画祭】HONG KONG NIGHT...
2012/03/19(月) 23:49:17 | ~青いそよ風が吹く街角~

▲PageTop

 | BLOGTOP |