2005.07.19

「泣けます。。。」募集!!

カテゴリー別に皆様のお薦め映画を教えていただこうというこの企画、第3弾は、「泣けます。。。」を募集します。

例によってどんな映画でももちろん構いませんが、参考までに自分がUPしている映画は、『遠い空の向こうに』『ニュー・シネマ・パラダイス』『おばあちゃんの家』『素晴らしき哉、人生!』などなど・・・。

このカテゴリー、消去法でここに入っている映画もあり、必ずしもいかにも泣ける映画ばかりではありませんが、皆様にはご自分の泣ける映画を投稿していただけたらと思います。

これまで同様、これから映画を選ぶ際の参考にもさせていただきますし、投稿していただいた映画は、皆様が考える「泣けます。。。」な映画として、記事にもしたいと思います。

「涙流れて 愛が生まれる
 愛が生まれて 五月雨になる」
~サンボマスター『そのぬくもりに用がある』より~

とりあえず次のカテゴリーの募集に移りますが、これまでの二つもまだ募集していますので、書き忘れたという方も、今回初めてこの企画を知ったという方も、ぜひどうぞ!!

「男ならこれを観ろ!」への投稿はこちら
「素敵な恋をしよう!」への投稿はこちら

 

TB(7) CM(56) EDIT

*Comment

■>にじばぶさん

ついに、満を持して溝口健二の登場ですね。
しかも、8点2本に、9点!
これは、口が裂けてもつまらなかったなんて言えませんね(笑)

実は、少し前に伏見ミリオン座という劇場で、溝口健二特集が組まれまして、10本くらいやったんですよ。
東京なら結構こういうことはあるでしょうが、名古屋ではあっても10年に1回くらいでしょうから、おぉ~!と思ったんですが、時間的に無理でした・・・。
micchii |  2007.04.19(木) 16:06 |  URL |  【コメント編集】

■応募です!

沢山過ぎてすいません^^;笑
これで最後です、お許しを^^

考えてみたら、私が大好きな映画監督の一人である溝口健二監督の作品を推薦していないことに今さら気付きました(汗)

というわけで、私が溝口健二作品に陶酔している一番の理由でもある“ラストの感動”が特に凄まじい3作品を推薦させて頂きます!

『祇園囃子』(溝口健二)
『残菊物語』(溝口健二)
『山椒大夫』(溝口健二)

です。
全部漢字4文字ですね。(笑)

ラストの感動レベルで純粋に順位付けすれば『山椒大夫』が1位で、2位が『祇園囃子』ですが、一番好きな作品は『祇園囃子』です。

『残菊物語』はmicchiiさんが苦手とする“長尺”ですので(笑)、ちょっと推薦するのにためらいましたが、大好きな作品ですので、応募させて頂きました。
にじばぶ |  2007.04.18(水) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

■>kei☆様

こちらにもありがとうございます。

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』、他の方からも投稿がありました。
今までに、投稿が被った映画はどれもほんとに外れがなかったので、これはかなり楽しみになってきました!
micchii |  2006.11.17(金) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

■「泣けます。。。」にエントリー

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』
クレヨンしんちゃん好きが見ていたので、なんとなく観ていたら、引き込まれました。そして泣けました!!これは、本当にお勧めです。

『ジョー・ブラックをよろしく』
「What a Wonderful World!」、そして「命はいとおしい」。このテーマに泣けました。
kei☆ |  2006.11.13(月) 13:02 |  URL |  【コメント編集】

■>まき様

早速“泣けます。。。”にも投稿ありがとうございます!
今回も観てないので何とも言えませんが、「RENT」は凄く話題になってましたよね。
クレヨンしんちゃんは、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」をTVでちらっと観たことがありますが、あれはうるっときました。
皆さんにお薦めしていただいた映画はいずれは全部観ると宣言しているんですが、もう200本くらいたまってしまっています(笑)
ですが、少しずつ観てますので、また何かありましたら、ぜひ投稿して下さいね。
micchii |  2006.09.28(木) 13:49 |  URL |  【コメント編集】

こんにちはー
私は最近の作品だと「RENT]と「五線譜のラブレター」が泣けました。エンドロールもぐしゅぐしゅ言ってました笑
あ!「クレヨンしんちゃん」は私も泣けると思います!!DVDでしか観たことないけど、うるっときてしまいます。
まき |  2006.09.27(水) 22:25 |  URL |  【コメント編集】

■>curious mama様

初めまして、コメントありがとうございます。
そして、“泣けます。。。”への投稿ありがとうございます!
古くは20年代の『キッド』や『ウィンダミア夫人の扇』から感想をUPしてますので、70年代は全然古くないですよ!
トランティニャン、『男と女』は感想もUPしてますが、『離愁』は未見です。すごく有名ですけど・・・。
投稿していただいた映画は、いつかは全部見たいと思っていますので、ぜひ見させていただきますね。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2006.08.07(月) 13:34 |  URL |  【コメント編集】

「離愁」ロミーシュナイダー主演

はじめまして。5011さんのブログから遊びにきました。古過ぎますか?
最近は涙もろくて韓流「僕の彼女を紹介します」でも泣きますし劇場版「クレヨンしんちゃん」でも子供を差し置いて号泣します。
curious mama |  2006.08.04(金) 21:55 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして。5011さんのブログから遊びにきました。

最近は涙もろく、韓流「僕の彼女を紹介します」でも泣いてしまいますし「クレヨンしんちゃん」も子供をそっちのけで号泣です。

でも何度観ても泣く映画というとロミーシュナイダーの「離愁」ですね。もうさすがに泣かないぞ!と思ってもラストのワンカットで崩れ落ちるように泣います
curious mama |  2006.08.04(金) 21:24 |  URL |  【コメント編集】

■>とりさん様

初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます!
「ベン・ハー」、一度はTVで通して観たことがあると思うんですが、映像が浮かばないということは、観てなかったんでしょうか(汗)
戦車競技のシーンだけなら何度も観てるんですが・・・。
でも、文章を拝見しているだけでじ~んときますね!もしまた観る機会がありましたら、今度はぜひ注目したいと思います。
他のカテゴリーもまだまだ募集していますので、もし何かありましたら、そちらにも投稿していただけると嬉しいです。
micchii |  2006.03.31(金) 14:47 |  URL |  【コメント編集】

■古いんですが

はじめまして。
泣いた映画といえば「ベンハー」
実のお母さんと妹が捕らえられて地下牢のジメジメした所に幽閉されるのですが、やっと助けたにも関わらず母と妹は、らい病に罹り「死の谷」に隔離され、なかなかベンハーに会う事が出来ません。お母さんがためらいながらもベンハーと手を取り合うシーンには、涙が込み上げてきました。
とりさん |  2006.03.31(金) 11:58 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

『ザ・ミッション/非情の掟』に7点がついたので、『ヒーロー・ネバー・ダイ』は期待してます(笑)
都内遠征楽しんできて下さいね!
micchii |  2006.03.04(土) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

了解です。
ミッチーさんも期待しないで、私のつける評点をお待ち下さいね。(笑)

『ヒロー・ネバー・ダイ』ですが、自宅近くのツタヤには在庫がまったくありませんでした。(汗)
ですが、“都内遠征”に近々行く予定ですので、他のと一緒にレンタルしてきたいと思います!
にじばぶ |  2006.03.04(土) 12:22 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

わざわざお知らせいただいてありがとうございます。
記事中に名前も出していただいて恐縮です・・・。
期待しすぎるとがっかりするので、あまり期待せずにご覧いただけると助かります(笑)
micchii |  2006.03.04(土) 12:09 |  URL |  【コメント編集】

『遠い空の向こうに』を宿題映画リストに追加しましたので、トラックバックさせて頂きました。
お確かめ下さいませ。(笑)
にじばぶ |  2006.03.03(金) 18:13 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

>私にとっても「昭和33年」は生まれるずっと前でしたが、それとは関係なく涙がこぼれ続けましたので大丈夫だと思います。(笑)

それなら大丈夫そうですね!
『遠い空の向こうに』、宿題映画に追加していただいて恐縮です。
巷で泣けると噂でもまったく泣けない映画も多々ありますが、これはやられました・・・。
micchii |  2006.03.03(金) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

■昭和33年

私にとっても「昭和33年」は生まれるずっと前でしたが、それとは関係なく涙がこぼれ続けましたので大丈夫だと思います。(笑)

『遠い空の向こうに』も宿題映画に追加させて頂きます!
にじばぶ |  2006.03.01(水) 20:01 |  URL |  【コメント編集】

■>にじばぶ様

「泣けます。。。」への初参戦、ありがとうございます!

『ALWAYS 三丁目の夕日』、凄く評判いいですよね。
ただ、昭和33年は生まれるずっと前なので、この映画に感動するには若過ぎるかなと思っています(笑)

ちなみに、自分が史上一番泣けた映画は『遠い空の向こうに』です。それまでの1位『ニュー・シネマ・パラダイス』が、ぶっちぎりで抜かれてしまいました。
micchii |  2006.03.01(水) 18:07 |  URL |  【コメント編集】

■こちらのカテゴリに初参戦!

気付いたら、こちらのカテゴリに一本もエントリーしていなかった様です。
なので、応募します!(笑)

『ALWAYS 三丁目の夕日』と『ニュー・シネマ・パラダイス』です。

後者はミッチーさんにお勧めして頂いた映画なので言うまでもないんですが、前者は私が観た映画の中で史上一番泣けた映画でしたのでエントリー致します。
にじばぶ |  2006.02.28(火) 13:23 |  URL |  【コメント編集】

■>りざふぃ様

「泣けます。。。」へも投稿ありがとうございます!

いつも投稿していただいた映画をほとんど観ていませんが、今回は半分観ています。

『哀愁』、「蛍の光」のシーンはたまりませんよね・・・。

『道』、映像なしでも、「ジェルソミーナのテーマ」だけで泣く自信あります(笑)

『街の灯』、このラストは素晴らしいですよね。
実はボクシングのシーンが一番好きだったりするんですが(笑)
micchii |  2006.02.03(金) 13:56 |  URL |  【コメント編集】

今日は~micchiiさん。
そういや他の募集で投稿してなかったなぁって急に思い立ちまして(笑)
来させていただきました^^

思いついたところでは・・・

『哀愁』
やはりこの映画何度観ても号泣してしまいます。
最近も久々にスカパーでやっていたので録画して観たのですが…やっぱり泣きました(^^;

「衝撃のラスト」の方にも投稿させて頂いたのですが、
『シベールの日曜日』
実はこの映画「子役がかわいい」の方にも後程投稿させて頂こうと思ってます(笑)

『道』
フェリーニの映画の中では分かりやすい作品ですよね^^
これも昔から何度も観てる好きな映画です。

『街の灯』
ラストは言葉にならない感動があります。

『ジュリア』
『フライド・グリーン・トマト』
女の友情を描いた映画ですがとにかくいつ観ても泣いちゃいます^^;

りざふぃ |  2006.02.02(木) 16:50 |  URL |  【コメント編集】

■>ryo様

さらに「泣けます。。。」へも投稿ありがとうございます!
こちらは、観たことはありませんが、有名な作品ですよね。
何も泣けるのは純愛映画ばかりではありませんよね。
ジョニー・トー作品でも、一番泣けるのは『ヒーロー・ネバー・ダイ』ですから。
micchii |  2006.02.02(木) 12:44 |  URL |  【コメント編集】

「汚れた顔の天使」
ジェイムズ・ギャグニーが泣かせます!!白黒映画ですが、今でも色褪せない素晴らしい作品です。
ryo |  2006.02.01(水) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

■>kazoo様

コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への3本目の投稿ありがとうございます。
もう、記事拝見しただけでめちゃめちゃ「興味を惹かれ」ましたよ!
“彼女の「足の指」の反り具合”ですか・・・。
ぜひ家に忍び込んでセットしてください!(笑)
micchii |  2005.12.06(火) 12:36 |  URL |  【コメント編集】

■キス★キス★バン★バン

上等な泣きには、絶対とてつもない笑いがついてくるものだと思います。
最近の映画の中では、とても沁みた作品でした。
kazoo |  2005.12.05(月) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

>マダムS様
「泣けます。。。」へ19本も投稿ありがとうございます!
嬉しくて泣いちゃいます(笑)
このうち観ているのは8本ですが、どれも泣けますね~。
中でも『おばあちゃんの家』は号泣、DVDのメイキングを観てさらに号泣・・・。
『自転車泥棒』は、あのエンディングの後もずっとこのことを心に留めて生きていかなくてはならない、彼らの“その後”に泣けますね。
『哀愁』は「蛍の光」のシーンできます・・・。
この企画第3弾ですので、今後も投稿していただけたら嬉しいです。
第1弾、第2弾もまだまだ募集していますので、よろしかったらそちらもどうぞ。
たくさんの投稿本当にありがとうございました。
micchii |  2005.09.07(水) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

■”超”泣けた映画

micchii さん こんにちは~♪
マイク・リー作品へのTBありがとうございました。
こういった企画もの大好きなので参加させてください♪
元々涙腺が弱いので、泣けた映画は星の数ほどありますが、その中でも”かなり”泣けた映画を今思い出す限り・・
★クラシック
「哀愁」「心の旅路」「自転車泥棒」「ひまわり」「ティファニーで朝食を」
★アジア
「シュリ」「初恋のきた道」「星願」「ラブソング」「オアシス」「おばあちゃんの家」
★欧米
「イースト/ウエスト」「素晴らしき日々」「トーク・トゥ・ハー」「ディープ・インパクト」「ビューティフル・マインド」「ラブ・アクチュアリー」「ラストサムライ」
★一番最近
「輝ける青春」

皆様そうだと思いますが、それぞれの作品への想いは語り尽くせないですぅ~ 
マダムS |  2005.09.07(水) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

>gopats様
初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます!
「いま、会いにゆきます」 は泣けはしませんでしたが、とてもいい気分で観ていました。
「初恋のきた道」は感想もUPしていますが、大好きな映画です。
そしてこちらは自分も凄く泣けました。。。

>JB's様
「泣けます。。。」への2本目の投稿ありがとうございます!
例によって超有名なのに観ていません(恥)
でも、読んでいるだけでじ~んときますね。
シェリー・ウィンタース、この作品やアカデミー賞受賞作は観ていないのに『狩人の夜』は観ているという、作品選択が偏り過ぎですね(笑)
micchii |  2005.09.03(土) 18:02 |  URL |  【コメント編集】

■見るたびに泣ける

『ポセイドン・アドベンチャー』の太っちょおばさんが心臓麻痺で亡くなるところ。

「あなたが先に行くと、万一パイプにつっかえたとき他の人が困るから私が先に行くわ。」と痩せたステラ・スティーブンスに言われ、それもそうねと順番をゆずるダメダメぶり。

その足手まといの太っちょおばさんが「こう見えても昔は水泳選手だったのよ」と志願し、得意の潜水で主人公を助け息絶える。

ちなみにシェリー・ウィンタースに泳ぎを教えたのはターザンことジョニー・ワイズミュラーだそうです。
JB's |  2005.09.02(金) 11:55 |  URL |  【コメント編集】

■「いま、会いにゆきます」

はじめまして。
面白そうな企画なのでコメントさせていただきます。
最近観た映画では泣けたのは、この映画です。人によっては全然泣けないかもしれませんが、僕はめちゃくちゃ泣けました。
最近の作品ではないですが他には「初恋のきた道」も最後に号泣しちゃいました。
gopats |  2005.09.01(木) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

>kazoo様
「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます!
両方とも観ていません・・・。
「トーチソング・トリロジー」はアン・バンクロフトですよね。
「奇跡の人」「卒業」は観ていますが、これは観ていませんでした。
でも、感想拝見しましたが、「生涯の映画」とおっしゃるなんて、相当凄そうですね!
皆様に投稿していただいた映画は、時間はかかってもみんな観たいと思っていますので、この2本もぜひ観させていただきますね。
投稿ありがとうございました。
micchii |  2005.08.25(木) 12:38 |  URL |  【コメント編集】

■えっと

泣ける映画ですか~~。う~~ん。
とりあえず2本。
1本は「トーチソングトリロジー」
後1本は「北京バイオリン」これはベタですが、今日UPしたところでしたので。
「トーチソングトリロジー」はマイフェイバリットです。
TBさせて戴きましたので、詳細は省きますが、何度見ても泣きます。ははは。
kazoo |  2005.08.23(火) 14:22 |  URL |  【コメント編集】

>satuki様
初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます!
古くても全然構いませんよ!古くは1921年のチャップリンの『キッド』 からUPしていますから(笑)
『ライムライト』『愛情物語』は凄く有名なのに恥ずかしながらまだ観ていません。
『自転車泥棒』は泣けました・・・。あの子供が、これから先ずっとあのことを心に留めて生きていくことを思うと、ほんとに胸が痛みますよね。
たくさんありすぎて絞りきれなければ、何本でも結構ですのでどんどん投稿してくださいね。
micchii |  2005.08.22(月) 12:43 |  URL |  【コメント編集】

■古くて恐縮ですが・・

古くて恐縮ですが、泣けた映画、「ライム
ライト」「愛情物語」「自転車泥棒」等々。
たくさんありすぎて・・・。
satuki |  2005.08.19(金) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

>Carolita様
「泣けます。。。」へのたくさんの投稿ありがとうございます!
お盆はお陰様でのんびりと過ごすことができました。
映画もぼちぼち観れたので、追々感想をUPしていこうと思います。

さて、『イル・ポスティーノ』!
これは自分も公開時に劇場で観ていますが、大好きな映画です。
最近2枚で2500円の廉価版のラインナップの中で見かけたので、『ウェールズの山』と組み合わせて買おうとしていたところでした。
記事拝見しましたが、映像が甦ってきました!
詩人との出会いによって、今までの光景が新たな輝きを見せ始める感じが素敵でしたよね。
マッシモ・トロイージの笑顔はずっと忘れられません。
確かに政治家の皆さんにはぜひ観て欲しいですよね(笑)

『2010年宇宙の旅』、そんな展開が待ってたんですね!これは楽しみです♪

『ある愛の詩』、「愛とは決して後悔しないこと」、後悔ばかりの毎日です(爆)
でも、そんな時にはドラマ『非婚家族』のラストに真田広之が言った至言に頼るのです(笑)
「将来が幸せなら、過去の選択はすべて正しかったことになる」
micchii |  2005.08.19(金) 12:21 |  URL |  【コメント編集】

■涙もろい私は・・・

どうしましょう、すぐにウルウルしてしまう私の場合、絞り込むのが大変です(笑)
micchiiさん、お盆休みはいかがでしたか?
先日、ちょうど大好きな映画の記事をアップしたので、T/B&コメント入れさせて頂きました。
「イル・ポスティーノ」は、私の人生のウルウル映画5本の指に入ります。
マッシモ・トロイージの、あの笑顔は忘れられない!郵政民営化問題で争ってる政治家の皆さんには、ぜひこの映画を観て心を清めて頂きたいものです。
その他には「哀愁」、「ステラ」、韓国映画の「ラブ・ストーリー」に「ある愛の詩」。ちっと番外編で「2010年宇宙の旅」は、全てのナゾが解けたラストシーンでは鳥肌がたって涙がでましたよ~っ。
「2001年・・・」と続けてみるとスゴイです。
あっ、またウルウルしてきました・・・(笑)
Carolita |  2005.08.17(水) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

> CINEMA草紙様
初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます!
『トーク・トゥ・ハー』は自分も劇場で観ましたが、同じく泣けました・・・。
『オアシス』は、監督の前作『ペパーミント・キャンディー』が凄く良かったのでこれも楽しみにしているんですが、結局いまだに観れてません。でも凄く評判がいいですよね。
これからもお薦め映画投稿していただけたら嬉しいです。
micchii |  2005.08.17(水) 10:50 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして。
以前、「ライフ・イズ・ミラクル」の記事にトラバさせていただきました「CINEMA草紙」と申します。
私が最近、泣かされた映画は
「オアシス」と「トーク・トゥ・ハー」。
どちらも、不器用にしか生きられない人間のせつない物語です。
CINEMA草紙 |  2005.08.15(月) 15:57 |  URL |  【コメント編集】

>JB's様
いつもコメントありがとうございます。
クレヨンしんちゃんで来られましたか!
この映画は観ていないんですが、「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」は凄く良かったですし、この映画も凄く評判いいですよね。
いんげんにならないように頑張ります(笑)
micchii |  2005.08.08(月) 12:11 |  URL |  【コメント編集】

■クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

「笑って泣けるおケツ作」

このコピーどおりのお傑作。

これで泣かないのは人間じゃない。
いんげんだ!
JB's |  2005.08.07(日) 18:05 |  URL |  【コメント編集】

>maru様
初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます!
「マイ・ライフ」観てませんが、泣ける映画としてよく耳にしますよね。
皆様に投稿していただいた映画は時間はかかっても全部観たいと思っていますので、この映画もぜひ観させていただきますね。
micchii |  2005.08.06(土) 12:43 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

「マイライフ」
これです。大泣けです。
maru |  2005.08.05(金) 00:53 |  URL |  【コメント編集】

>おかぽん様
お久しぶりです。またまたたくさんの投稿ありがとうございます!
感想はUPしてませんが、「ガープの世界」は泣けますよね~。。。一度しか観ていませんが、強烈に印象に残っています。
「ナヴイの恋」は「素敵な恋をしよう!」にも投稿していただきましたよね。
観るのがますます楽しみになりました♪
micchii |  2005.08.01(月) 12:12 |  URL |  【コメント編集】

■お久しぶりです

ご無沙汰でしたが、泣ける映画は、また山のようにありますが・・・

「ミリオンダラー・ベイビー」
「ガープの世界」
「パリ・テキサス」
「こわれゆく女」
意外なとこでは自分は「ナヴイの恋」

とりあえず、今の気分で思い当たったものです。


おかぽん |  2005.07.29(金) 23:36 |  URL |  【コメント編集】

>にじばぶ様
早速リンクして頂いてありがとうございます!
改めて、よろしくお願い致します。

>まひろ様
初めまして、コメントありがとうございます。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます。
「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」 はタイトルを聞いたことがある程度でしたが、「ギルバート・グレイプ」は自分も何度も観た大好きな映画ですので、好みは近いものがありそうですね。
皆様にお薦めしていただいた映画は時間はかかっても全部観たいと思っていますので、この映画もぜひ観させていただきますね。
自分もすっかりDVD派です。今年劇場に行ったのは確か4本くらい。
1枚500円で名画が買えることもあり、おかげでDVDが増え続ける毎日です(笑)

>ロハン様
お久しぶりです。
そして、「泣けます。。。」への投稿ありがとうございます。
『ラスト・プレゼント』、気になっていた1本でしたが、やっぱりいいんですね!
「体中の水分全てを目から流れ出そうに」ですか・・・。これは用心してみないといけませんね(笑)
動物の映画はほんとにある意味反則技ですよね。
全然話は変わりますが、『ザ・ミッション/非情の掟』の時に、「きっとこれから何度もその言葉を使うことになるでしょう」とおっしゃっていた「ジョニー・トゥ恐るべし」の言葉、何度も使ってます(笑)
あの後『ヒーロー・ネバー・ダイ』を観て男泣きし、『暗戦 デッドエンド』でまたしてもやられました。
micchii |  2005.07.27(水) 18:03 |  URL |  【コメント編集】

■‘泣ける’ってことにかぎれば…

韓国映画『ラスト・プレゼント』をオススメします。最近では日本でもスペシャル・ドラマとしてリメイクされたりしましたね。そっちは未見ですが、オリジナルの方は体中の水分全てを目から流れ出そうになりました。

後、この夏レンタル開始の邦画『いぬのえいが』をオススメ。オムニバス形式ですが、ラストエピソードの「ねぇ、マリモ」はペットを飼った事のある人や飼っている人には号泣必至な、ある意味反則技です。
ロハン |  2005.07.27(水) 02:42 |  URL |  【コメント編集】

■「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」

はじめまして!ギルバートグレイプのような映画をこよなく愛する まひろ と申します。
映画、昔はよく観ていましたが、最近のシネコンが苦手ですっかりDVD派になってしまいました。
でも、このブログ拝見して映画に行こうという気持ちになりました。
さてさてこの映画ですが、とにかく観ていただきたい1本です。監督ジムシェリダンの体験をもとに作られた映画です。悲しみもひっくるめて愛情と強さにあふれたかわいらしい映画です。
まひろ |  2005.07.27(水) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます!

おりがとうございます!
早速、こちらからもリンクを張らせて頂きます。
今後ともよろしくお願いします^^
にじばぶ |  2005.07.26(火) 13:43 |  URL |  【コメント編集】

>にじばぶ様
コメントありがとうございます。
相互リンクの件、もちろん大歓迎です!
早速こちらはリンクさせていただきました。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2005.07.26(火) 12:35 |  URL |  【コメント編集】

■リンク

いつも遊びに来ていますが、書き込みは久しぶりになります^^
記事に関係のないことで申し訳ないんですが、「相互リンク」をさせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか??
お返事、お待ちしております!
にじばぶ |  2005.07.26(火) 00:50 |  URL |  【コメント編集】

>ken様
毎回投稿ありがとうございます!
『シェルブールの雨傘』いいですよね~。
自分はいつか“音楽がgood♪”カテゴリーにUPしようと思っていましたが、記事を拝見して例によって素晴らしすぎるので、こちらはしばらく延期します(笑)
再会してからのやりとりが、フランス映画ですよね。アーサー・フリードのミュージカルじゃああはならないですもん(笑)
子供と戯れているラストショットたまりませんでした。

>samurai-kyousuke様
毎回投稿ありがとうございます!
『ライフ・イズ・ビューティフル』 のラストシーン、まさにおっしゃるように「悲しい嘘が真実に変わった時」、同じくやられました。

残念!!!のお話、よ~くわかります!
自分も、悲しい映画よりも“男ならこれを観ろ!”な映画の方がよく泣きます(笑)

>ぐり様
“素敵な恋をしよう!”に続いて投稿ありがとうございます!
前回の『恋の風景』と違って、今回はタイトルは聞いたことがありましたが、でも観てません・・・。
『スウィート ヒアアフター』の監督なんですね!、
記事拝見しましたが、恥ずかしながらこの事件のことは全然知りませんでした。

押しつけがまったくないまま終わってテロップで事実であると告げる、ひたすら現実で押しまくられるよりずしりときますよね。

「つい他人事と思いがちな人間でも、この作品を観ればその真理が分かる、そう云う映画」とありましたが、ほんとは映画でいろんなことを知る前に知らなきゃいけないんでしょうけど、映画によって初めて教えられるということも多いですよね。
micchii |  2005.07.25(月) 14:26 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。
泣ける映画、『アララトの聖母』を投稿させていただきます(トラバも)。
泣ける映画は他にいくらもありますが、この映画では他では流したことのない涙を誘われました。
映画が終わって、テロップでこの映画に登場した事件が事実であること、それを当事者であるトルコ政府が否定し続けていることが述べられます(いま手元にDVDがないのでうろ覚えですが)。
私はそこで突然めちゃくちゃ悲しくなりました。映画のトーンがとても淡々としていて、「これが事実なんだ、どうだ残酷だろう、ひどい話だろう」という押しつけが全くないまま物語が終わるだけに、その文章が与える衝撃は凄まじかった。

私はもともとこの監督の大ファンなので、今年のカンヌに出た新作も楽しみにしてます。
ぐり |  2005.07.25(月) 11:52 |  URL |  【コメント編集】

■「ライフ・イズ・ビューティフル」

この映画は泣きました。
ジワっと泣いたのではなく、ラストで○○が角を曲がって現れた時、悲しい嘘が真実に変わった時に涙がどっと溢れてしまいました。
やられたという感じでした。

私の場合、悲しい映画というより「七人の侍」とか「アラモ」とか「ロード・オブ・ザ・リング王の帰還」なんかで泣きますから・・・。残念!!!
samurai-kyousuke |  2005.07.24(日) 18:54 |  URL |  【コメント編集】

■「シェルブールの雨傘」

お話はコテコテの悲恋ものですけど、きれいな映画です。でも、やっぱり音楽に泣かされちゃうのかな。
記事もアップしましたので、ぜひ!
ken |  2005.07.23(土) 17:34 |  URL |  【コメント編集】

>hi-chan様
「泣けます。。。」への最初の投稿ありがとうございます!
『いまを生きる』、「Oh!captain,my captain!」ですよね。
よかったですよね~あのシーンは。。。
高校の文化祭で、他のクラスがこの映画を劇でやりました。
でも、久しく観ていませんが(DVDは持ってます)、今観たら同じく泣けないかもしれません(笑)
micchii |  2005.07.22(金) 16:02 |  URL |  【コメント編集】

■「いまを生きる」

micchiiさん、こんにちは。
「素敵な恋をしよう!」にはラブストーリーの苦手な私には、悲しい恋の映画しか思い浮かばず(笑)、コメントを控えてましたが、泣ける映画なら…と書き込みしています。
古い映画で、しかもベタなんですが、高校生の頃、ビデオでこの映画を観て、号泣しました。
今では、そんなに泣けないですが(苦笑)。
気の弱かった主人公が、自分の主張として、机に立った時にドバーっときました。
特別好きな俳優が出ているわけではないのにDVDを持っている数少ない映画の1本です。
hi-chan |  2005.07.20(水) 14:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/201-4847760d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「宿題映画リスト」を更新。(2006.3.3)

「宿題映画リスト」を更新しました。次回で終りか?!とか思っていたら、滑り込みでガンガン増えてます。(汗)来週辺りからは、都内の大型ツタヤに遠征する予定。車で片道1時間半かけて、恵比寿・三軒茶屋・新宿のツタヤを巡ります。(笑)これだけの決意と行動力がないと
2006/03/03(金) 18:11:21 | にじばぶ日記

原点は「初恋のきた道」~張藝謀賛歌

 チャン・ツィイーの写真を掲載したくて、また記事を書く羽目になった。2回連続だ。チャン・ツィイー関係のいろいろなブログをたどっていくうち、デビュー作「初恋のきた道」(チャン・イーモウ監督、2000年)のことが濃厚に思い出されてきた。あるブログで「初恋…」
2005/12/16(金) 00:04:35 | 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記

キス★キス★バン★バン

時々・・・・とは言っても、そうそうある事ではないんだけれど
2005/12/05(月) 12:40:11 | LIFE ‘O’ THE PARTY

トーチソングトリロジー

アン・バンクラフト死去。 ああ~。 大好きな女優さんだった
2005/08/23(火) 14:24:30 | LIFE ‘O’ THE PARTY

北京バイオリン

アジア映画は苦手。 何故なら私は映画に「逃避」したい部分が
2005/08/23(火) 14:23:28 | LIFE ‘O’ THE PARTY

「イル・ポスティーノ」

夏の休暇を過ごすなら、いつか行ってみたい地中海の島々。イタリアのナポリから、船で約30分の沖合いに浮かぶプロチダ島は、素朴な港町と、太陽の光をいっぱいに浴びて育った黄色いレモンの産地。そして、映画 『 イル・ポスティーノ 』 で知られる小さな島だ。郵便配達の
2005/08/17(水) 22:49:42 | Caroli-ta Cafe

アララトの聖母、昭和歌謡大全集

アララトの聖母『エキゾチカ』『スウィートヒアアフター』で知られるアトム・エゴヤン監督が自らのルーツを描いた意欲作。著名な映画監督でアルメニア難民のサロヤンは第一次世界大戦中に起きたアルメニア人大虐殺を映画化するにあたり、事件の生存者でアメリカの画家アーシ
2005/07/25(月) 11:46:16 | ぐり日記

▲PageTop

 | BLOGTOP |