2020.08.22

『囚われた国家』(ルパート・ワイアット)

囚われた国家

伝書鳩、新聞広告、レコード、吠え続ける犬、仲間への連絡から決行犯集結の流れの緊迫感が、『ジャッカルの日』級の鳥肌ものの素晴らしさ。

人々の関係が明らかになった後に脳裏に蘇る「マッチをすり、戦争を起こせ。抵抗する限りチャンスはある」の言葉も熱すぎる。

超ド級の大傑作。



[原題]Captive State
2019/アメリカ/109分
[監督]ルパート・ワイアット
[出演]ジョン・グッドマン/アシュトン・サンダーズ/ジョナサン・メジャース/コルソン・ベイカー/ヴェラ・ファーミガ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ジャッカルの日』(フレッド・ジンネマン)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/20042-073e64b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |