2004.07.27

『アマデウス』(ミロス・フォアマン)

アマデウス

今回の1本は、音楽が文句なしに素晴らしく、そして音楽以外も非の打ち所が無く、傑作中の傑作。

ウィーンの精神病院で、かつての宮廷音楽家サリエリは、“モーツァルトを殺したのは私だ”と戦慄の告白を始める…。

モーツァルトが登場するので当たり前と言えば当たり前ですが、誰でも聞いたことがある名曲のオンパレード。
映画一本まるごとCDにしても十分に聞き応えありです。この映画こそ劇場で観るべき1本でしょう。

オリジナル版はDVDで観ましたが、ディレクターズカット版を劇場で観て、大音量の名曲のオンパレードにただ聞き入るばかり…。
役者、ストーリーなどももちろん最高ですが、音楽だけでも十分に傑作です。

この映画の成功は、物語をサリエリの視点から描いたこと。
「凡庸な者が天才に抱く妬み」、よくあるパターンですが、今回は天才のレベルが違います。

サリエリだって並の音楽家ではありません。出会った相手が悪かっただけで、彼も決してただの「凡人」ではありません、十分な「秀才」です。

中途半端に凄いところが彼の不幸で、ただの凡人ならモーツァルトの天才ぶりに気づかず終わるところを、モーツァルトのずば抜けた才能を理解できてしまうほどには優秀だったわけです。それが彼の不幸でした。

しかし、ただ妬むだけに終わらないところが、この映画のサリエリ描写の素晴らしいところで、「人間」サリエリはモーツァルトのずば抜けた才能を妬みながらも、「芸術家」サリエリは、その驚愕の作品の素晴らしさが痛いほどわかっていたのです。

皇帝の前での演奏を影で打ち切らせておきながら、大衆劇場での演奏を欠かさず観に行くなど、その神の手によるとしか思えない音楽に涙さえ流すサリエリ…。

一番圧巻なのは、モーツァルトと一緒に「レクイエム」を作曲するシーン。

アマデウス 映画 レクイエム

もう長くはないモーツァルトが口で言うのを、サリエリが必死になって書きとめるわけですが、ここに来てサリエリは、恨みや妬みや殺意などを通り越して、一人の音楽家として“神の領域”に触れられた喜びのあまり、無我夢中でモーツァルトが言うことを書き留めるのです。

ラストシーンのサリエリの台詞にまたやられます…。

この作品は、機会があればぜひ劇場(しかも音響の素晴らしい劇場)でご覧になることをお薦めします。

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

Amazonで詳しく見る



[原題]Amadeus
1984/アメリカ/180分
[監督]ミロス・フォアマン
[原作・脚本]ピーター・シェイファー
[出演]F・マーリー・エイブラハム/トム・ハルス/エリザベス・ベリッジ

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(11) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/20-5f7fd90b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『アマデウス』

『アマデウス』 -AMADEUS- 1984年/アメリカ/160min 監督:ミロス・フォアマン 主演:F・マーリー・エイブラハム/トム・ハリス/エリザベス・ビレッジ ■アカデミー8部門受賞 「モーツァルトを殺したのは私だ!」 叫び声をあげ自殺を図り精神病院に運ばれる老人は?...
2010/03/26(金) 16:46:16 | シネマな時間に考察を。

アマデウス ディレクターズ・カット

この映画を最初に観たのは高校生の時。友人と、授業を抜け出して映画を観に行こうとなった。近くの映画館で上映されてたのはこの作品とジャッキーチェンのアクション映画。どちらを観に行くか?私も友人も「そりゃ、決まっているでしょう!」ところが私がこの作品だと思
2006/04/09(日) 02:38:12 | 映画、言いたい放題!

映画「アマデウス」(1/2)

映画「アマデウス」(AMADEUS, 1984・米国)サリエリは、モーツァルトの唯一無二の理解者であった。それが可能であったのは、サリエリとモーツァルトは二人で一人だったからだ。サリエリは、モーツァルトを愛していた。自分が生きる生きがいとして、モーツァルトを追い求め
2006/03/11(土) 13:31:17 | make myself just as hard

アマデウス( 1984 )

監督:ミロス・フォアマン原作・脚本:ピーター・シェイファー出演:F・マーレイ・エイブラハム / トム・ハルス / エリザベス・ベリッジ / ジェフリー・ジョーンズモーツァルト
2006/01/11(水) 09:50:52 | Cinem@niac

モーツァルト「レクイエム」

WOLFGANG AMADEUS MOZART(1756-1791)「レクイエム ニ短調 K.626」 ラシェル・ヤカール(S) オルトルン・ヴェンケル(A) クルト・エクヴィルツ(T) ロバート・ホル(B) ウィーン国立歌劇場合唱団 アーノンクール指揮 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス久々に映画「ア
2005/07/07(木) 11:24:22 | イマドコ?いまここ。

アマデウス・ディレクターズカット

今日は、『アマデウス・ディレクターズカット』を観ました。通常版を観ていたはずなのですが、初めて観るような感じでした。ストーリーは、1823年11月のある晩、ウィーンの街でひとりの老人が発狂して自殺を図り、病院へ運ばれた。この老人は、かつてウィーンで最も尊
2005/06/28(火) 23:13:52 | ムツ兄の、てげてげ人生日記

アマデウス

アマデウス ― ディレクターズカット スペシャル・エディションAMADEUS, 1984AMADEUS: DIRECTOR\'S CUT, 2002監督 ミロス・フォアマン 原作・脚本 ピーター・シェファー 出演 マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ ヴォルフガング・アマデウス・
2005/06/06(月) 09:44:04 | I LOVE CINEMA +

アマデウス

個人的に今まで観た映画の中では、ベスト10に入る作品ですね。久しぶりにDVD鑑賞です。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの死を大胆に描いた映画。物語はかつての宮廷音楽家アントニオ・サリエリの回想シーンで幕を開けます。
2005/05/23(月) 16:00:14 | かずろぐ

「アマデウス」のサリエリが名誉回復?

◆◆ News ◆◆ 映画「アマデウス」(1984年)でモーツァルトの宿敵として悪役のイメージが定着したイタリア人作曲家アントニオ・サリエリ(1750―1825年)。その名誉を回復する動きがウィーンで出ている。きっかけとなったのは、昨年12月、大改修を終えたイタ
2005/02/23(水) 14:17:06 | オスカーノユクエ 映画情報

「アマデウス」2 アマデウスと父

タイトル: アマデウス ― ディレクターズカット スペシャル・エディション「アマデウス」のつづき そう、早期教育・・・。 父親からの教育が音楽にかたよりすぎて、常識や世渡りの技術を教わらないまま大人になってしまったのだろうか。サリエリが蔑みを感じるような“下品
2005/02/16(水) 15:54:22 | 心に映りゆく。

「アマデウス」1

タイトル: アマデウス ― ディレクターズカット スペシャル・エディション監督ミロス・フォアマンどうして彼が破滅へと向かっていったかその姿を見るたびに泣いてしまう物語は1823年ある老人の自殺から始まる。彼はかつての宮廷音楽家アントニオ・サリエリウィーンの皇
2005/02/16(水) 15:52:21 | 心に映りゆく。

▲PageTop

 | BLOGTOP |