2004.07.10

『ショーシャンクの空に』(フランク・ダラボン)

ショーシャンクの空に

スティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』の映画化。
『スタンド・バイ・ミー』にしろこの映画にしろ、彼の“非ホラー小説”の映画化には外れがありません。

無実の罪でショーシャンク刑務所に入れられた主人公。
自らの力により、刑務所の仲間たち、そして自分自身にいろんなものを取り戻していった先に待っていたものは…。

劇場で観た時にはそれほど混んでいませんでしたし、興行的にも成功しなかったみたいですが、レンタルによってここまで有名になった作品も珍しいでしょう。
それでも、皆が皆絶賛するだけのことはあり、何度観てもまた観たくなる作品。

自分にとって、素晴らしい映画の基準は何回リピート鑑賞に耐えられるかだと勝手に決めつけていますが、この映画も、劇場、TV放映、レンタルビデオ、そしてDVD購入と、ほんとに何度も何度も観ています。
これから先もまた繰り返し観るでしょう。

そして、ほんとに名場面のオンパレード。

まずはやっぱり、屋上でのビールのシーンでしょう。
仲間がみんなビールを飲む中、ひとり微笑んでそれを見つめるアンディ。
ティム・ロビンスの表情が最高。このシーンはほんとに極上。

ショーシャンクの空に ティム・ロビンス

『フィガロの結婚』もやっぱり外せないでしょう。
スピーカーの方を見上げる運動場を埋め尽くした囚人たち。駆けつけた所長たちを無視し、なおも音量を上げるアンディ…。

ショーシャンクの空に フィガロの結婚

“BROOKS WAS HERE”のブルックスもたまりません。

挙げていったらきりがないのでこれぐらいにしますが、とどめはなんといっても青すぎる太平洋。

そして、この映画をここまでの作品にしているのは、なんといってもモーガン・フリーマンの圧倒的な存在感。
彼の語りによるナレーションの、この映画に対する貢献度は絶大。

ショーシャンクの空に モーガン・フリーマン

モーガン・フリーマンには印象的なシーンはいくつもありましたが、3度目の仮釈放委員会のシーンは渋すぎ!惚れます…。
木の下から掘り出した手紙を読む時、何度も周囲を気にするシーンの可笑しさ。
あとは、納税時期に刑務所の職員たちがアンディの前に行列を作るときに、“事務員”として頑張っている彼も大好きです。

それにしても、これが監督デビュー作なんて、フランク・ダラボン凄すぎ!
感動させよう感動させようと見え見えな映画とは違い、じわりじわりときます。泣ける感動とはまた一味違う爽やかな感動。
しかも、見終わった後にこれくらい晴れやかな気分になれる映画もそうはありません。
ラストシーンは傑作中の傑作。

無駄が一切なく、脚本、撮影、役者、音楽と、パーフェクトな1本ですが、唯一の疑問は、どうやってあんなに綺麗にポスター貼ったの?
これは、抱いてはいけない疑問でしょうか(笑)

間違いなく人間ドラマの傑作に入る1本、すべての方にお薦めです!

ショーシャンクの空に [Blu-ray]ショーシャンクの空に [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

Amazonで詳しく見る

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)
スティーヴン・キング

Amazonで詳しく見る



[原題]The Shawshank Redemption
1994/アメリカ/143分
[監督]フランク・ダラボン
[原作]スティーヴン・キング
[出演]ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン/ウィリアム・サドラー/ボブ・ガントン

→予告編 →他の映画の感想も読む

 

TB(34) CM(34) EDIT

*Comment

■>Hinkさん

コメントありがとうございます!
ポスターの話、確かにつっこんではいけませんよね(笑)

こちらこそお手数をおかけして申し訳ありません。
今後とも、宜しくお願い致します。
micchii |  2009.09.05(土) 11:19 |  URL |  【コメント編集】

■良かったですね。

トラックバック頂きましてありがとうございます。

本当にいい映画ですよね。
これが監督デビュー作だなんて知りませんでした(笑)
ホントに無駄のない素敵な作品だと思います。
ポスターの件は確かに(笑)まぁそこは”お話”ということで、ご愛敬。

(micchiiさん
この度はお手数おかけします。
2005/03/12 00:05に投稿したコメントを再度投稿させていただきました。せっかくコメント一番だったのに(笑))
Hink |  2009.09.05(土) 05:24 |  URL |  【コメント編集】

■>鍵コメさん

こちらこそご無沙汰しております。
管理人パスワードで編集できるはずなのですが、「パスワードが違います」と表示されなぜか編集できないので、お手数ですが、もし宜しければ、同内容で再度投稿していただき、レスも改めてさせていただき、前の分は削除ということでいかがでしょうか?
micchii |  2009.08.30(日) 15:01 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.29(土) 07:26 |   |  【コメント編集】

■>こまさん

お久しぶりです、TB&コメントありがとうございます。
あのIMDbでも、錚々たる顔ぶれを抑えて歴代NO.1ですし、ほんとに素晴らしい映画ですよね。
最近の『バットマン』なんかでもモーガン・フリーマンの存在感は素晴らしいですが、この映画での存在感はずば抜けてましたね!
micchii |  2009.02.05(木) 14:46 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは!

本当に、傑作中の傑作ですね!
モーガン・フリーマンの圧倒的な存在感は、
私も感動しました。

TBよろしくお願いします(^^)
こま |  2009.02.03(火) 12:03 |  URL |  【コメント編集】

■>ホーギーさん

わざわざありがとうございます。
他のブログでも、たまにある話ですので、お気になさらずに。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2008.05.12(月) 13:42 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは、ホーギーです。
せっかく私のブログにコメントして頂きましたのに
エラーとは、どうも済みませんでした。
時間帯等で特に混んでいる時には、私自身も
記事を書き込めないときがたまにあります。
いずれにせよ、ご迷惑をお掛けしました。
これに懲りずにまた、遊びにお越し下さいね。
ホーギー |  2008.05.09(金) 21:08 |  URL |  【コメント編集】

■>ホーギーさん

わざわざこちらにもお越しいただいてありがとうございます。
そちらのブログにも伺ったんですが、コメントしようとしたらエラーになってできませんでした。前回はできたんですが・・・。

『ミリオンダラー・ベイビー』のナレーションも良かったですよね。
凄く味わいのある声で、ナレーションにはぴったりですよね。

この映画、公開時に劇場にも行きましたが、全然混んでませんでした。
ビデオで、そしてDVDで、口コミによってどんどん支持されていった作品ですよね。
これこそ本物の名作だと思います。
micchii |  2008.05.09(金) 15:31 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは、ホーギーです。
こちらこそ、私のブログへTBどうもありがとうございました。
仰るとおり、モーガン・フリーマンのナレーションの素晴らしさがなければ、ここまでの映画にはなってないと私も思います。彼は「ミリオンダラーベイビー」でもナレーションをしていますが、これも素晴らしいです。
そして、“爽やかな感動”はホントに凄く難しいと思います。そう言う意味でこの映画はこれからも、多くの人の心に残る名作として語られていくことと思います。
ホーギー |  2008.05.08(木) 21:00 |  URL |  【コメント編集】

■>ホーギーさん

TB&コメントありがとうございます。
もう何回も何回も観ているのに、それでもまた観たくなる映画ですよね。
二人の演技はほんとに素晴らしいですが、特にモーガン・フリーマンが最高ですね。彼のナレーションの素晴らしさがなければ、ここまでの映画にはなってないと思います。
“爽やかな感動”、簡単なようで実は凄く難しいですよね。わざとらしいいかにもな感動なら山ほどありますが。
こちらこそこれからも宜しくお願い致します。
micchii |  2008.05.08(木) 11:46 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは、ホーギーです。
何年かぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する
最高の名作だと思います。
どん底の中に追い込まれながらも、希望を持って生きていく
アンディの逞しさを見事に演じたティム・ロビンスと
刑務所の中では冷静かつ信頼を得ていながらも、
ここでしか生きることに自信の持てないレッドを演じた
モーガン・フリーマンの2人の演技は素晴らしいの一言です。
爽やかな感動を与えてくれるこの映画をもっともっと多くの
人に観てほしいと思います。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
ホーギー |  2008.05.05(月) 10:05 |  URL |  【コメント編集】

■>apple様

初めまして、コメントありがとうございます。
あの雨のシーンはいいシーンでしたね。
「勉強」なんてとんでもないですが、大好きな映画しか書いていませんので、1本でも新たにお気に入りの映画に出会っていただけたら嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します。
micchii |  2006.10.27(金) 13:17 |  URL |  【コメント編集】

■初めまして

「愛すべき映画たち」で思わずお邪魔しました。最近、この作品を図書館(ビデオ)で借りて見てから忘れられない映画のなかの1本でしたが詳しいことが知りたかったんです~
他の映画のことももっと知りたいので勉強させてくださいね!

途中までアンディがどうなるのかが心配で心配で…だからあの雨のシーンが超うれしかったのを覚えてます~~
apple |  2006.10.25(水) 15:12 |  URL |  【コメント編集】

■>ゴーシュ様

TB&コメントありがとうございます。
そして、またまた記事内リンクありがとうございます!

コーエン兄弟は実は『ファーゴ』と『バートン・フィンク』しか観ていないので、『未来は今』も未見です・・・。
ですが、そこまでの体験があると、もう一生ものの映画ですね。

必ずしも世間で言う傑作が自分にとっての傑作ではないですから、何らかの体験と結びついている映画は強いですよね。
簡単なところですと、“あの子と観たあの映画”とか(笑)

「フィガロの結婚」のシーンはほんとに映画史に残る名シーンですよね。
そのシーンに限らず、この映画の凄いところは、目をつぶれば次々といろんな場面が浮かんでくることです。
何回も何回も観ているということもあるでしょうが、それだけ脳裏に、そして心に焼き付いてるんでしょうね。

屋上でみんながビールを飲んでるのを眺めているアンディの表情も、手紙を掘り出した時何度も周りを気にするレッドの表情も、柱に名前を刻むブルックスの表情も、昨日観たかのようにはっきりと思い浮かべることができます。
こんな映画はそうはありません。

と言っておきながら、プロフィールの“愛すべき映画ベスト15”からは漏れてるんですが(笑)
micchii |  2006.09.15(金) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

■いっしょに舟を直しましょう!

おはようございます. またまた他の作品でお邪魔しています…すいません.
micchiiさんのこの記事は以前から拝見していました.この作品で語りたい全てが網羅されていますよ.(笑) 小生はこれが公開している時は失職している時だったのですが,それでも投資だと暴言を吐きながらお金を借りて3回ほど見に行った記憶があります.原作も読みましたが,最後のところは読みながら,映画のラストの空撮のヒキの中で二人が抱き合うところがどうしても浮かんでしまい,やっぱり泣いちゃうんだな.(恥…)
「グッド・ウィル・ハンティング」でも最後にB・アフレックがM・ディモンを迎えに行った時に部屋にいないのを納得するところは同様のものを感じますね. 言ったことをひたむきに実行する姿には胸を打たれます.フィガロのところで,服役者たちが一斉にスピーカーを見つめるあのシーンはおそらく映画史に残るものだと思います.
ゴーシュ |  2006.09.15(金) 09:21 |  URL |  【コメント編集】

■>タオ様

初めまして、TB&コメントありがとうございます。

>この映画を観てから困難に陥ってもどこかに余裕と希望を持ち続ける事ができたような気がします。

というの、凄くよくわかります。
あと、この映画が『フォレスト・ガンプ/一期一会』に敗れてからアカデミー賞は信用してません(笑)
micchii |  2006.09.06(水) 13:43 |  URL |  【コメント編集】

■共感

偶然このブログにたどり着いたのですが文章にとても共感を覚えました。本当にいい映画ですよね。私も映画やDVDのブログを作っています。ぜひトラックバックさせてください。
タオ |  2006.09.05(火) 15:23 |  URL |  【コメント編集】

■>Ageha様

初めまして、TB&コメントありがとうございます。
そういえば、ミスチルの歌詞にもなってましたね。

>仮釈放をとりけしてほしくて友達の首にナイフをあてる老人のエピソードは痛い。

このエピソードはほんとに痛かったですね。
入ったばかりの時は、少しでも早く出たいのに、あまりにも長くいると、出るのが怖くなるという・・・。

それでも、観終わった後の爽やかな気持ちといったら最高ですよね。
ふとした時にまた観たくなる1本です。
micchii |  2006.08.30(水) 12:00 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして。
rainさんとこから来ました。

監督デビュー作ですか。すごすぎ。

きっかけはミスチルと、まあミーハーな理由だったんですが
それでもコレはホントに見てよかったと。
日本人ウケする展開かもしれませんが。
それこそ「小さなことからコツコツと」
真面目にやってればきっと未来は開けるという
希望が持てますよね。
落ち込んだときや先の見えないときに見たら
元気がもらえる気がします。
Ageha |  2006.08.28(月) 14:36 |  URL |  【コメント編集】

■>rain様

TB&コメントありがとうございます。
みんながみんな絶賛している映画が必ずしも“良い映画”というわけでもないですが、これはほんとに良い映画ですよね。
目を閉じれば、今でも名場面の数々が浮かぶ、それだけ印象的ということですよね。
“爽やかな感動”、まさにそこですよね。“泣ける”とは違って、この感覚はありそうでそうないように思います。
モーガン・フリーマンはどの映画でも素晴らしいですが、この映画は特に素晴らしいですね。
micchii |  2006.08.27(日) 16:42 |  URL |  【コメント編集】

■不朽の名作

多くの人に支持されている作品ですよね。

各シーン印象的で、まさに名場面のオンパレード。爽やかな感動に包まれ、‘生きる力’みなぎる作品だと思います。

モーガン・フリーマンの演技は実に素晴らしかったです!
rain |  2006.08.27(日) 02:08 |  URL |  【コメント編集】

>破戒僧様
コメントありがとうございます。
図書館の管理係の老人よかったですよね。
“BROOKS WAS HERE”には痺れました・・・。
おっしゃるように、ティム・ロビンスの表情はとても印象的でしたよね。
何度観てもまた観たくなる大好きな作品です。
micchii |  2005.07.22(金) 16:13 |  URL |  【コメント編集】

■しびれます。

自分の中でもBEST3に入る映画です。
M・フリーマンの名脇役ぶりもさることながら、図書館の管理係になった鳥を飼っている老人もなかなか・・
見た目はヤサ男だけど最後まで希望を捨てない芯の強さ。
ラストでティム・ロビンスがオープンカーを運転している時の颯爽とした表情がとても印象的です。
破戒僧 |  2005.07.22(金) 09:30 |  URL |  【コメント編集】

>かんすけ(シアフレ.blog) 様
TB&コメントありがとうございます。
もう10年も経つんですよね・・・。素晴らしい映画は月日が経ってもいつまでも残りますよね。
モーガン・フリーマンの圧倒的存在感と、散りばめられた名シーンの数々、そして極上のラストシーン、今までに何と観たかわからないくら大好きな作品です。
micchii |  2005.05.31(火) 12:45 |  URL |  【コメント編集】

■名作!

公開からちょうど10周年ですね。今見ても改めて感動します。
ボクの中ではいつまでも心に残る明細ですね。
こちらにTBさせて頂きますね。よろしかったらボクのブログにもTB&評価のコメントお待ちしてます。
かんすけ(シアフレ.blog) |  2005.05.31(火) 09:38 |  URL |  【コメント編集】

>リュカ様
コメントありがとうございます!
ビールのシーンとフィガロの結婚はほんとにたまらなくよかったですよね。
『ミリオン・ダラー・ベイビー』、“監督”イーストウッドの大ファンということもあり、今年一番の期待作です♪
micchii |  2005.05.28(土) 16:12 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

TBありがとうございました。

この作品、わたしも同じところで感動しましたよー。 ビールのシーンとフィガロの結婚のシーン、本当に大好きです。

モーガン・フリーマンもしみじみいい役者さんですよねー。
『ミリオンダラー・ベイビー』でオスカー受賞がうれしくてたまりません。
リュカ |  2005.05.26(木) 18:33 |  URL |  【コメント編集】

>anupam様
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
この映画、ほんとに何度観たかわからないくらい観ています。
あと、「男ならこれを観ろ!」に反応して頂いてありがとうございます!
まだまだ募集しておりますので、もしよろしかったらどしどし投稿してくださいませ。
micchii |  2005.05.26(木) 11:59 |  URL |  【コメント編集】

TB、ありがとうございました!
本当に何度みても、「いい!」と思える数少ない作品の1本ですね。
でも、ブログのジャンル「男ならこれを見ろ!」はタイトルがキャッチーですね。
あとでゆっくり見ようっと
anupam |  2005.05.25(水) 08:10 |  URL |  【コメント編集】

>キョヌ&バムセ様
コメントありがとうございます!
何度でも邪魔してくださいませ(笑)
プロフィールに挙げている愛すべき映画ベスト10には泣く泣く入れてないんですが、ほんとに大好きな1本です。
観た回数だったらベスト10入りは間違いなしです。
ふとした時に観たくなって、DVDを引っ張り出してくる1本です。
リンクの件もちろん大歓迎です!
こちらも登録させていただきましたが、よろしかったでしょうか?
micchii |  2005.03.19(土) 21:17 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは。

こんにちは。
またまたお邪魔してしまいました。

こちらのレビューを読み、
久し振りに「ショーシャンクの空に」を見たくなりました。
今からDVDをひっぱり出そう(笑)

この映画は、自分にとって、今迄見た中で№1映画です。
「希望は捨ててはいけない」ということを教えられた気がしました。

それから、突然のお願いになりますが、
こちらのブログをリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
キョヌ&バムセ |  2005.03.19(土) 16:45 |  URL |  【コメント編集】

>Hirotaka様
コメントありがとうございます!
ポスターの話、確かにつっこんではいけませんよね(笑)

>pretend様
コメントありがとうございます!
“決してベタに泣かせようというわけでもない事が伝わるハートフルな感動”、おっしゃる通りですね!
木の下のシーン、いいですよね^^
『ザ・ロック』が見たくなるというのわかります(笑)
micchii |  2005.03.13(日) 18:55 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

Pretendです。
トラックバックありがとうございました。
自分は劇場では見ておらず、レンタルで初めてみて大感動!!
決してベタに泣かせようというわけでもない事が伝わるハートフルな感動って本当にいいですよね。
木の下のシーン、大好きです。
pretend |  2005.03.12(土) 02:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/2-8adc0b2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する

 【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんなじ...
2011/02/11(金) 22:14:30 | 映画のブログ

『ショーシャンクの空に』

  □作品紹介 「ショーシャンクの空に」□監督・脚本 フランク・ダラボン  □原作 スティーヴン・キング(「刑務所のリタ・ヘイワース」) □キャスト ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイッ...
2010/02/13(土) 23:00:16 | 京の昼寝~♪

ショーシャンクの空に

95年度キネマ旬報外国映画ベスト・ワン作品。(by goo映画) スティーブン・キングの中編小説を映画化。絶望の中、不屈の精神によって自らの運命を切り開く男を描き、世界中を感動させた傑作。 1949年、妻とその浮気相手を殺害した罪で終身刑の判決を言い渡された...
2009/02/03(火) 12:11:46 | Movie☆Diary

ショーシャンクの空に

本作品のキーワード  :  『希望』  REDEMPTION-救いはこの中に! 【公   開】 1995年 【時   間】 143分 【製 作 国】 ...
2008/05/05(月) 10:04:13 | <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅

ショーシャンクの空に

ダントツでYahoo!映画のお気に入り作品1位に君臨するこの映画。多くのレビューを拝見し、あちこちのサイトで紹介されているストーリーもよく読んで、いわば予備知識たっぷりでDVDを買って観ましたが、予想以上の素晴らしい映画でした。例のごとく、以下、少々ネタばれに
2007/10/20(土) 11:20:53 | BEACHの、人にやさしく自分「にも」やさしく

「ショーシャンクの空に」DVD-BOX発売

ヒューマンドラマの名作、「ショーシャンクの空に」 公開10周年を記念して、限定生...
2007/02/27(火) 19:20:36 | 演劇ニュース | シアターレビュー

「ショーシャンクの空に」 希望は決して諦めない強い意志の先にある

終身刑とは人を廃人にする刑だ。 モーガン・フリーマン演じるレッドが劇中でこう言い
2006/11/19(日) 20:06:32 | はらやんの映画徒然草

The Future is Now.

-ロジャー・ディーキンス 撮影/ティム・ロビンス 主演-原題「THE HUDSUCKER PROXY」 邦題「 未来は今 」1995.1 日本公開 アメリカ 111min カラー/Aビスタ1994年という年….小生はほぼ1年を無職で過ごし,両親を始め,友人たちにもいろいろと気遣ってもらった1年でした. こ
2006/09/15(金) 08:59:44 | 15夜通信

TAKE 17「ショーシャンクの空に」

第17回目は「ショーシャンクの空に」です。この映画は1994年に公開されたアメリカ映画ですが、脚本家として活躍してきたフランク・ダラボンがスティーブン・キングの小説『刑務所のリタ・ヘイワース』に惚れ込み初監督と脚色を兼ねて映画化した作品が「ショーシャンクの空に
2006/09/05(火) 15:21:06 | 映画回顧録~揺さぶられる心~

ショーシャンクの空に

公開からもう10年もたったそうで、初回限定盤のメモリアルBOXまで 出てるようですね。 気になってたものの長いこと見そびれていて、 たまたま図書館にあったビデオを借りてきてやっと鑑賞したわけで。 きっかけはMr.Children 「One Two Three」の中の一節。歌詞はこちら
2006/08/28(月) 14:37:51 | ペパーミントの魔術師

『ショーシャンクの空に』 運命は変えられる・・・S・キング原作、感動の名作!

松竹 ショーシャンクの空に 出演■ティム・ロビンス、ウィリアム・サドラー 、ボブ・ガントン 、ジェームズ・ホイットモア 、モーガン・フリーマン 他・・監督■フランク・ダラボン<ストーリー> 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務
2006/08/27(日) 02:10:23 | enjoy! MOVIE☆LIFE

ショーシャンクの空に

実はスティーブン・キング原作&刑務所ものという事で敬遠してたんですが( ̄~ ̄;) ウーン 素晴らしいです間違いなく自分の中のベスト10に入る映画です泣くほどは感動しませんでしたが観た後にとても清々し
2006/08/02(水) 22:36:17 | 新 忙しすぎるあなたへ(脱力系)

『ショーシャンクの空に』 ☆☆☆☆ リタ・ヘイワーズは美しい。

『ショーシャンクの空に』の公開当時、フランク・ダラボンという監督のことをよく知っている日本人が何人いたことだろう。未公開モノの映画を数本監督しているだけで、ほぼ無名の監督だった。だがその演出は堂々たるもので、新人とはもちろん思えなかった。
2006/04/06(木) 23:46:04 | 『西参道シネマ』 ブログ

ショーシャンクの空に

結構古い映画ですが、感動と人生をじんわり考えさせるいい絵でした。監督: フランク・ダラボン 原作: スティーヴン・キング 音楽: トーマス・ニューマン 出演: ティム・ロビンス     モーガン・フリーマン     ウィリアム・サドラー     ボブ・ガ
2006/03/25(土) 10:58:09 | 愛のスコーリング

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に
2006/02/19(日) 16:46:00 | EMA

-

管理人の承認後に表示されます
2005/12/10(土) 23:48:53 |

ショーシャンクの空に・・・・

ショーシャンクの空にさて見たかった旧作でも見てみますかってことで「ショーシャンクの空に」友達にも見たほうがいいと言われ、世間での評価も非常に高いこの作品これだけいい評判だと期待も大きいけど、なかなか見るまで踏み切れなかったんだけど・・・
2005/11/20(日) 01:12:10 | サクっと

ショーシャンクの空に

しょーしゃんくのそらに おすすめ度 ☆☆☆ 銀行員が殺しの罪で刑務所行っちゃう話しだ。...
2005/09/12(月) 10:11:01 | ブログーッ( ^ー゜)b

ショーシャンクの空に

松竹 ショーシャンクの空に  つれづれなるままに43本目。ショーシャンクの空に。 言わずと知れた名作ですね。主演のティム・ロビンスとモーガン・フリーマンがやりすぎる所なく、実に抑えた演技で見事に役を演じきっています。うまい。こういったヒューマン
2005/09/09(金) 15:05:33 | cinema徒然草

ショーシャンクの空に ~My Collection~

公開当時は本国でも然程注目をされたわけでもなく、オスカーに7部門ノミネートされた辺りから多少話題にも上ったが、日本での公開は半年以上も遅れた挙句、松竹が配給したにも係わらず時期がずれたり、中途半端な興行となったが、日本では「外国映画賞」を色々獲得したことか
2005/08/31(水) 23:01:04 | 利用価値のない日々の雑学

-

管理人の承認後に表示されます
2005/08/30(火) 09:28:08 |

ショーシャンクの空に

原題『THE SHAWSHANK REDEMPTION』主演ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン監督・脚本フランク・ダラボン製作1994年、アメリカ自由について冤罪で刑務所に入れられたエリート銀行マンが脱獄するまでの軌跡を描いた作品。1947年、銀行の青年副頭取アンディ....
2005/08/15(月) 23:59:17 | a story

『ショーシャンクの空に』

ショーシャンクの空に スティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化した作品。監督は、フランク・ダラボン。キング原作の『グリーンマイル』の監督もされてました。キャストは、ティム・ロビンス、モーガン・フリーマンなど。この映
2005/07/05(火) 17:15:29 | ぷち映画紀行♪

ショーシャンクの空に

製作国:アメリカ公開:1994年監督:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング 『刑務所のリタ・ヘイワース』出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ボブ・ガントン、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイットモア、クランシー・ブラウン「映画を一本
2005/06/03(金) 22:52:24 | 外部デバイスへの記録

ショーシャンクの空に

ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。 僕が大好きな映画の一本です。 誰しもが絶望し生きる希望をもなくすような状況下で、無実を主張し長い年月を経ても尚、決して希望を捨てない信念の強さに心を打たれました。 希望を
2005/05/31(火) 09:38:08 | シアフレ.blog

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空にデヴィッド・レスター フランク・ダラボン松竹 2004-03-25by G-Toolsこの作品に心動かされない人っているの?無実の罪でショーシャンク刑務所に入れられたアンディ。看守や囚人たちのリンチが横行しているそこで、アンディもまたレイプの
2005/05/26(木) 18:31:05 | 菫色映画

ショーシャンクの空に(DVD)

かなり長いストーリーも一気に見せてくれます。 刑務所という閉じられた世界の中の理不尽さなども良く描かれ、その中で自分はやっていないつもりの犯罪で投獄された主人公が良く描かれているように思います。しかし、名作として名高いこの作品ですが、私はどうしても疑問が.
2005/05/25(水) 19:20:42 | lunatic's 映画評

「ショーシャンクの空に」

「ショーシャンクの空に」を観る。ティム・ロビンス主演。モーガン・フリーマン助演。無実の罪で終身刑になった主人公が希望を捨てずに生きていく物語だ。脇役の、50年の刑期の後に仮釈放になった元囚人が外の社会に適応できなくて自殺するのだが、「BROOKSWASHERE(ブルッ...
2005/05/23(月) 02:17:20 | く○ちんの通販生活

ショーシャンクの空に (1994年・米)

スティーブン・キング原作の映画化。(スティーブン・キングの非ホラー作品は他に「STAND BY ME」「GREEN MILE」など・・)出演はティム・ロビンス、モーガン・フリーマン他。妻とその浮気相手を殺害したという無実の罪で終身刑の判決を言い渡されたアンディー(ティム・ロビ
2005/05/19(木) 00:30:41 | **cine street**

「ショーシャンクの空に」DVD-BOX発売

ヒューマンドラマの名作、「ショーシャンクの空に」公開10周...
2005/04/19(火) 13:18:50 | シアターレビュー

ショーシャンクの空に

実はスティーブン・キング原作&刑務所ものという事で敬遠してたんですが( ̄~ ̄;) ウーン 素晴らしいです間違いなく自分の中のベスト10に入る映画です泣くほどは感動しませんでしたが観た後にとても清々しい気分になりますこの清々しさはストーリーによるものだけでなく張
2005/03/12(土) 21:43:39 | 忙しすぎるあなたへ(脱力系?)

ショーシャンクの空に

皆さんこんばんは!この3連休の2/3を風邪ダウンで無駄にしてしまったPretendです。しかし、ひとり暮らしで寝込むとホント辛いです。あ、正確に言うとひとり暮らし+独り身かな(笑ビタミン取らなきゃ、なんて思ってもビタミン系のサプリとか家にないし、頑張って駅前のス
2005/03/12(土) 02:06:54 | 男の本音 ~自分を見つめ直すために~ 

ショーシャンクの空に(DVD)

監督:フランク・ダラボン 原作:スティーブン・キング 出演:ティム・ロビンス、モ...
2005/03/12(土) 00:41:54 | Honey*moon

ショーシャンクの空に

1994年 アメリカ 監督:フランク・ダラボン出演:ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン■レビュー最高に良い作品です。今までこの作品を観なかった自分が悔しいです。それにしてもアンディーよく耐えた。最後は爽快な気分にしてくれます。宇多田ヒ〇ルさんもお気に入りの
2005/03/11(金) 16:17:05 | DVDのすすめ

▲PageTop

 | BLOGTOP |