2019.08.11

『無頼の群』(ヘンリー・キング)

無頼の群

妻を強姦され殺された男の復讐劇というよくある西部劇かと思いきや…。

他人のためにそこまでしてくれるのかと英雄視する大衆、あくまでも己の目的のために執念の追跡劇を続ける男。

無頼の群 グレゴリー・ペック

その先に待っている真実。

画面上はハッピーエンドなのにここまで暗い気分になるラストもそうはない。

グレゴリー・ペックに追われる4人組が、スティーヴン・ボイド、アルバート・サルミ、ヘンリー・シルヴァ、リー・ヴァン・クリーフ!

この顔ぶれもたまらない。

傑作。



[原題]The Bravados
1958/アメリカ/98分
[監督]ヘンリー・キング
[出演]グレゴリー・ペック/ジョーン・コリンズ/スティーヴン・ボイド/アルバート・サルミ/アンドリュー・ダガン/ヘンリー・シルヴァ/バリー・コー/リー・ヴァン・クリーフ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『拳銃王』(ヘンリー・キング)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/19757-e011c875

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |