2004.07.26

『グラディエーター』(リドリー・スコット)

グラディエーター

当たり外れのあるリドリー・スコット監督ですが、これは久しぶりに会心の一作。

戦争の英雄マキシマスは、ローマ皇帝から次期皇帝に指名される。
しかし、皇帝の息子コモドゥスが、皇帝の座を手に入れるためにマキシマスの暗殺を画策。
なんとか生き延びたマキシマスは…。

ラッセル・クロウがオスカーを受賞しましたが、もちろん彼もいいですが、この作品ではホアキン・フェニックスが圧倒的。
観客全員を敵に回す完全な悪役ですが、単なる悪役ではありません。

自分には皇帝に必要な美徳が何一つ備わっていないことをちゃんと自覚している彼。
自分よりマキシマスの方が皇帝に相応しいことは、誰よりもよくわかっています。

しかし、彼が許せなかったのは、父がマキシマスが自分より能力があると思っていたことではなく、自分よりもマキシマスを愛していたこと。

「あなたの愛のためだったら、世界を破滅させることさえしたのに」と、そんなようなセリフを吐く彼ですが、「一度でいいから優しく抱きしめてほしかった」と、そんなことも言います。

そうしたら素直にマキシマスに皇帝の座を譲ったでしょうが、何よりも欲しかった父の愛を最後まで得られなかった彼は、悲劇へとその歩を進めていく…。

グラディエーター ホアキン・フェニックス

この息子の悲しみと淋しさには、憎しみとともに共感もできます。
この難役を見事に演じたホアキン・フェニックスが、この作品をここまでの作品にしていると思います。

戦闘シーンも迫力十分。
コロッセオでの闘いもいいですが、むしろ凄いのは冒頭のゲルマン人との戦争シーン。
血が騒ぐとはまさにこのこと。このシーンの迫力はほんとに凄まじいです。

あとは、コロッセオに実際に入ったことがあるので、今はもうだいぶ崩れていましたが、2000年前にはこんな感じだったのかと、想像を巡らせるのも楽しかったです。

グラディエーター ラッセル・クロウ

日本がまだ竪穴式住居などに住んでいた遥か昔、すでにこんな大建造物を作り、しかもそれが現在まで残っている、いやぁ世界は広いです。

でも、この映画で一番好きなのは実は、ハンス・ジマーの熱い旋律。

そして何よりも、絶対に劇場で観るべき1本。ビデオやDVDではこの映画の良さは半減してしまいます。
機会があれば、ぜひ劇場でご覧になってみてください。



Apple Musicでサントラを聴く♪


[原題]Gladiator
2000/アメリカ/155分
[監督]リドリー・スコット
[音楽]ハンス・ジマー
[出演]ラッセル・クロウ/ホアキン・フェニックス/コニー・ニールセン/リチャード・ハリス/ジャイモン・フンスー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
“男ならこれを聴け!”BEST10

 

TB(14) CM(5) EDIT

*Comment

■感動なし

ベンハーみたいな感動が全く起きない。音楽も悪いし戦闘も残酷なだけ。
どうしてこんなにつまらないのだろうか?
amken |  2017.05.20(土) 22:43 |  URL |  【コメント編集】

■>rain様

コメントありがとうございます。
この映画はなんといってもホアキン・フェニックスですよね。
彼がいなかったらラッセル・クロウもこんなにかっこよくなかったと思います。
しかも、ただ憎たらしいだけじゃないんですよね、そこが素晴らしい。

冒頭の戦闘シーンは、コロッセオでの戦闘シーンよりお気に入りです。
冒頭から目が釘付けでした。
micchii |  2006.01.19(木) 13:22 |  URL |  【コメント編集】

■ラッセル・クロウ

彼の演技も勿論良いのですが、なんといってもコモドゥス役のホアキン・フェニックスの演技じゃ素晴らしかったですね(^_^)

冒頭の戦闘シーンの迫力はすごかったですね。

rain |  2006.01.18(水) 18:03 |  URL |  【コメント編集】

>rappiko様
TB&コメントありがとうございます。
確かに言われてみると『パイレーツ・オブ・カリビアン』とダブっていますよね(笑)
あちらの音楽も大好きですが♪
micchii |  2005.06.16(木) 17:55 |  URL |  【コメント編集】

■私もホアキン・フェニックスがここまでの作品にしたと思います。

>、この作品ではホアキン・フェニックスが圧倒的。

同感です。父や姉の愛を切望している姿、どちらもマキシマスにかなわなかった悲しみとそこから生まれる憎しみ、見事に表現されていたと思います。

私もハンス・ジマーの音楽は大好きなのですが、一部『パイレーツ・オブ・カリビアン』とダブっていて、毛色の違う映画だっただけにうーん・・・と思ってしまいました。そこは残念でした。
rappiko |  2005.06.14(火) 09:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/19-45c9695c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2017/07/04(火) 23:13:49 |

グラディエーター

いま、ヒーローは立ち上がる
2009/08/04(火) 11:19:04 | Addict allcinema 映画レビュー

映画評:グラディエーター

男の掌が、麦の穂先を撫でていた。 男はふるさとを夢に見て、時間のはざかいを彷徨う。   ここは何処か。戦いは終わったのか。平穏はいずこ。   妻よ、子よ、そこにいるのか。 将軍マキシマスは、生まれついてのヒーローだ。彼の何かが人々を惹きつけ、みな彼の...
2009/02/15(日) 16:22:30 | 映画と写真のブログ

グラディエーター (2000年)

【コメント】★★★★★★★★☆☆ 大ざっぱに言えば、権力闘争に敗れたものが、ど...
2007/05/24(木) 10:44:33 | シネマテーク

グラディエーター (2000)

グラディエーター (2000) GLADIATOR古代ローマ帝国を舞台に、陰謀に陥れられた英雄騎士の死闘をダイナミックに描く、スペクタクル活劇。主演に「L.A.コンフィデンシャル」のラッセル・クロウ、この作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞。監督は、「エイリアン」、...
2006/01/27(金) 21:30:47 | 碧色の小世界-プログ

グラディエーター

『グラディエーター』 2000年アメリカ(155分)監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ   ホアキン・フェニックス   コニー・ニールセン   オリヴァー・リード   リチャード・ハリス ★ストーリー★西暦180年大ロー...
2006/01/23(月) 18:52:38 | WILD ROAD

『グラディエーター』 アカデミー賞5部門受賞!心を揺さぶる歴史大作

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント グラディエーター 出演■ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス、コニー・ニールセン監督■リドリー・スコット<ストーリー>西暦180年、ローマ帝国の治世。歴戦の勇士として名声を馳せる将軍マキシマスは、
2006/01/22(日) 00:14:17 | enjoy! MOVIE☆LIFE

グラディエーター

この映画は本当に感動しますよ↓ タイトル:グラディエーター 主演:ラッセル・クロウ 出演:ホアキン・フェニックス 監督:リドリー・スコット この映画のお話は、ローマの王様がいて、その王様がわが息子に殺されてしまうんだよね(××)で、その殺された
2005/11/27(日) 21:39:59 | ミュージックファクトリーの音楽・映画情報

グラディエーター ~My Collection~

昨年から一時期静かなブームとなった「スペクタル史劇」の火付け役となった作品である。筆者の評価も大変高い作品なのだが、果たしてちゃんとレビューを書けるか余り自信が無い。そこで、この映画の素晴らしい点を幾つか上げる。まず、「ローマ」であること。"すべての
2005/07/25(月) 18:49:00 | 利用価値のない日々の雑学

『グラディエーター』

ラッセル・クロウの強さの中に憂いを含む演技が評価されていますが、私はホアキン・フェニックスを観た映画という印象です。反論が多いと思いますが、私はキング・アーサーの方が印象的でした。
2005/06/14(火) 09:38:07 | Rappikoの映画生活

グラディエーター

昨日は、金曜ロードショーでグラディエーターをやっていた。これは以前、DVDで見たことがある。世の中には、同じ映画を2回も見えてつまらないと思う人もいる。しかし、俺が思うに映画は2回目くらいからが本当に面白いと思う。( ̄ー ̄)例えば、ある映画を見るとして( -
2005/03/24(木) 14:25:13 | なんだいかんだい日記

『グラディエーター』 真の英雄とは

愛する人を殺した者への復讐のみを心に秘めて闘う男。『グラディエーター』古代ローマ帝国時代。巨大コロシアムで戦うグラディエーターの中に、自らの野望しかない皇帝コンモドゥス(ホアキン・フェニックス)によって、愛する妻子を殺され、英雄から奴隷の身に陥れられた...
2005/03/23(水) 14:00:02 | *モナミ*

グラディエーター(2000) -Gladiator-

一度見れば古代ローマが舞台の作品であり、グラディエーターが戦う場所は円形闘技場コロッセオ(イタリア語)であることがすぐにお分かりと思います。コロッセオは皇帝ヴェスバシアヌスの命令により剣闘士や猛獣が戦うための競技場として西暦80年に完成しました。上か
2005/03/18(金) 00:42:23 | 映画で世界を旅するブログ

グラディエーター(GRADIATOR)

☆地位と名声と家族を失って奴隷剣闘士になった元将軍が、コロッセウムで勝ち続けて家族の仇をとる物語です☆
2005/02/17(木) 18:09:05 | 中高年のための映画案内

▲PageTop

 | BLOGTOP |