2011.02.12

『月に囚われた男』(ダンカン・ジョーンズ)

月に囚われた男

結構期待していましたが、期待以上。これはちょっと凄い。
派手なだけで何も残らないハリウッドのSF大作(それはそれで大好きです)の対極にある、静かな、ほんとに静かなSF映画。

でも、決して万人受けはしないでしょうね。『2001年宇宙の旅』を何度チャンレンジしてもすぐに寝てしまうという方は、たぶんこの映画もぐっすり眠れると思います。雰囲気は『2001年宇宙の旅』に近い。

月に囚われた男 サム・ロックウェル

ほとんどサム・ロックウェルの一人芝居ですが、『2001年宇宙の旅』のHALに該当するロボット“ガーティ”の声がケヴィン・スペイシー。
声だけの出演ですが、出演時間も長く、さすがの存在感。

この映画、97分と短いですが、“ネタ”は50分くらいであっさりと明かされます。
謎解きがメインではなくなり、一気に“本質”へ、“深み”へ向かう。
でも、これこそが“SF映画”だよなぁ。

月に囚われた男 ダンカン・ジョーンズ

そして、一言で言うなら、切ない、あまりに切ない。
切なさだけなら、『2001年宇宙の旅』を超えてさえいると思います。

でも、手放しで絶賛できないのは、ラスト。あれはないでしょあれは…。
あのラストがもう少しなんとかなっていれば、傑作と呼んでもいいと思います。今でも十分名作ではあると思いますが。

ハリウッドの派手なSF大作も好きですが、たまにはこういうのもいいなぁ。
監督はなんとこれがデビュー作。でも、デヴィッド・ボウイの息子。さすがただ者じゃないですね。

最後に、音楽も素晴らしかったですが、『レクイエム・フォー・ドリーム』のクリント・マンセルなんですね!道理で素晴らしいはずです。



Apple Musicでサントラを聴く♪


[原題]Moon
2009/イギリス/97分
[監督]ダンカン・ジョーンズ
[音楽]クリント・マンセル
[出演]サム・ロックウェル/ドミニク・マケリゴット/カヤ・スコデラーリオ
[声の出演]ケヴィン・スペイシー

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ミッション:8ミニッツ』(ダンカン・ジョーンズ)

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1823-ca8b483b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |