2011.11.16

BRUTUS最新号にジョニー・トー監督が登場!

BRUTUS ジョニー・トー

Twitterの方でもずいぶんと話題になっているBRUTUSの最新号。

「Life is a Movie 24人の監督、映画にまつわる人生の話。」と題して、大々的な映画特集です。

他の23人も錚々たる顔ぶれですが、当ブログ的にはやはりトーさんでしょう!

各監督ごとに1本映画もピックアップされていますが、トーさんは、代表作『ザ・ミッション/非情の掟』

他の錚々たる顔ぶれに混じってトーさんが選ばれているだけでもおおっ!となりましたが、今回は、さらに内容も素晴らしい。
執筆されているのは、トーさんの話題ではお馴染みのくれい響氏。

文中に登場する映画が、最初の方でいきなり『過ぎゆく時の中で』『ワンダーガールズ 東方三侠』『チャウ・シンチーの熱血弁護士』
トーさんのことについて書かれた記事では、毎回決まったように「『ザ・ミッション/非情の掟』以降」という括りがされますが、まずは、この出だしからして素晴らしい。
そうです、初期作品にだって面白い映画はいくらでもあります。

そして、Twitterのbotの方でもトーさんの「毎年6~7本の商業映画を撮ってきたが、あるとき突然、ひとりの監督として自分の映画を撮りたくなったんだ。」という言葉を紹介していますが、次のくだりが素晴らしすぎます。

40歳を迎えるトーは自問自答していた。黒澤明、サム・ペキンパー、そしてジャン=ピエール・メルヴィルに憧れながらも、残りの人生も年間数本の商業作品を撮り続けるのか、と。

そして、ターニングポイントとして、きちんと『無味神探』を挙げているところがさすがですね。
年代順に映画を観直すとわかりますが、今のトーさんの原点は、『ザ・ミッション/非情の掟』ではなく、間違いなくこの『無味神探』
盟友ラウ・チンワンとの初コンビ作品でもありますね。(これより遥か前にテレビでは『難民營風暴』で組んでいますが)

そして、『ザ・ミッション/非情の掟』についての興味深いエピソードも。
例の映画史に残るジャスコでの銃撃戦、5人はトーさんから銃を構えるように指示されただけで、フォーメーションなどは役者たちの意見によるものが多かったとのこと。

ザ・ミッション/非情の掟 ジャスコでの銃撃戦

あの“完璧な構図”は、トーさんの頭に事前にあったものではないんですね。

監督ごとのkeywordsのところで『碧水寒山奪命金』がちゃんと紹介されているなど、たった2ページですが、細かいところまでいちいち素晴らしいです。

他にも触れたいことはいくつもありますが、ここで全部書いてしまってもあれですので、ぜひ残りは雑誌で。

全トーさんファン必読。



→ジョニー・トーINDEX

 

TB(0) CM(0) EDIT

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1789-91c2e312

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |