2011.11.05

『チョコレート・ソルジャー』(ラーチェン・リムタラクーン)

チョコレート・ソルジャー

「気持ちは分かるが、あいつのことは諦めろ」
「望みナシ?それでもいい。諦めるのは慣れてる。それに少なくとも、好きになって後悔するような男じゃない。1人を愛し続ける男がこの世に何人いる?」

天国のパパ以外に心を許せる相手がいなかった孤独な少女が、大切な人と、大切な仲間と、最強の敵に挑んでいく。

というわけで今回は、ジージャー主演『Raging Phoenix』が邦題『チョコレート・ソルジャー RAGING PHOENIX』でDVDスルーというエントリーでも以前取り上げた、ジージャー主演『チョコレート・ソルジャー』です。

この映画、一言で言うなら、『導火線』に近い。
どういう意味かというと、『導火線』も、ラスト30分までは全然たいしたことないのに、ラスト30分のアクションがとにかく凄まじかった。
特に、ドニーさんvsコリン・チョウ戦は、映画のレベルにあっては、世界最高峰の一戦でした。

それと同じく、この映画も、ラスト30分くらいまでは、そうたいしたことありません。

定番の特訓シーン(音楽が素晴らしい!)や、仲間の一人との戦い、敵のアジトに乗り込んでの戦いと、見せ場はそれなりにありますが、『チョコレート・ファイター』を観ている今となっては、ジージャーならこれくらいできて当たり前ですし、凄いことは凄いですが、想像の範囲内です。

それが、ラスボス戦がとにかく凄い。
この手の映画というのは、コリン・チョウの存在がそうだったように、主役と互角以上に戦える相手がいないと素晴らしい映画にはなりませんが、このラスボス、ジージャーと、彼女に泥酔拳を教えてくれた師匠(演じるカズ・パトリック・タンはTRICKZ Martial Artsのチャンピオン)の二人がかりでも、互角どころか、むしろ優勢。
しかも、ジージャーと同じく女性です。ボディビルのアジア太平洋チャンピオンとのことで、凄い肉体。

この映画の中で、ジージャーは3段階強くなります。
1段階目は、普通の少女が、泥酔拳を教わった段階。これだけでも十分強いですが、それだけでは何かが足りなかったところへ、一度目の覚醒。

その時、戦った相手と、こんなやりとりがありました。

「泥酔拳の基本は?」
「酔うこと?」
「“痛み”だ。酔うのは痛みを力に変えるための手段。痛みが増すほど、酔いも増す。それこそが泥酔拳の真髄だ」
「じゃ、つまり…」
「幸せな人間は、泥酔拳の使い手になれない。お前も、つらい人生を送ってるようだな」

痛みが、悲しみが、極限まで増したその時、脳裏によぎるあの言葉。
「泥酔拳の基本は“痛み”だ。痛みが増すほど、酔いも増す。それこそが泥酔拳の真髄だ」

そして、最後の覚醒。

チョコレート・ソルジャー


以下、ネタバレ全開。ただし、『導火線』の時と同じく、ストーリーのネタバレではなく、アクションのネタバレです(笑)

まずは、手下二人(かなり強い)が相手。

いきなりの大技炸裂で、捻った手首をつかんだ状態からのオーバーヘッドキック、起き上がり際の相手の頭への旋風脚。

チョコレート・ソルジャー

チョコレート・ソルジャー

二人目には、バク宙からそのまま脳天への膝。

チョコレート・ソルジャー

両方とも十分フィニッシュになり得る大技ですが、それでも立ち上がってくる手下も素晴らしい。

そして、ラスボスとの再戦。
ジージャーは最後の覚醒を果たしていますが、それでもまだ互角。ラスボスはこれくらいの強さがないと!

チョコレート・ソルジャー

ジージャーが先手を取りますが、そこで飛び出たのが、前方に飛び込みながらの蹴り。これが強烈、しかも、美しい!

チョコレート・ソルジャー

ジージャーもすぐに強烈なあびせ蹴りでやり返し、その後の打撃戦、組み手でもややジージャー優勢。

ここで、気合を入れなおした敵が繰り出したのが、バックドロップの態勢から一回転させてうつ伏せに落とすというなかなかデンジャラスな技。下はコンクリートです(笑)

チョコレート・ソルジャー

さらに、この後が素晴らしく、立ち上がろうとするジージャーに対し、立ち上がり際に蹴り飛ばし立ち上がらせません。
立ち上がろとするジージャー、蹴飛ばして立ち上がらせない敵、繰り返すこと6回、このしつこさが素晴らしい。
台詞なんて一切なくても、このアクションのしつこさが、敵のキャラを見事に浮かび上がらせます。

そして7回目、ようやくなんとか立ち上がったジージャー、今度も蹴り飛ばそうとする相手の足を掴むと、またもや大技炸裂!
相手の蹴りを左脇で抱え込むと、そのまま体を捻りながら飛び上がり、空中での後ろ回し浴びせ蹴り。すげー!

チョコレート・ソルジャー

このように、相手に掴まれながらとか、自分から掴みながらの、態勢が崩れた中での空中での蹴りがほんとに素晴らしい。
右後ろ回し蹴りを掴まれながらの、相手の右ミドルを空中で左足でブロックしながらそのまま止まらずにその足での左ハイなんて、もはや芸術の域。

チョコレート・ソルジャー

それでもまだまだ敵も動けますが、そこからさらに、スコーピオンキックからの顔面ウォッシュという容赦ない繋ぎから、空中での膝蹴り合戦でも勝利。

チョコレート・ソルジャー

これはさすがに結構効いていますが、それでも立ち上がってくる相手を仰向けに倒すと、『導火線』の三男タイガー戦で周囲をドン引きさせたドニーさんもびっくりの、そこまでやりますかというえげつないフィニッシュへ。

うつ伏せで倒れている相手の首の付け根あたりに肘を7発叩きこむと、首を掴んでの腹部への膝蹴り16発。
もうこれで完全に勝負はついているんですが、そこへさらに、陸奥圓明流“四門”の1つとして出てきてもおかしくないくらいの、“こりゃ死ぬわ”という、両手を掴んで逃げ場をなくしながら両膝で頭を蹴り上げつつそのまま地面に叩きつけるという、えげつなさすぎる必殺技。

チョコレート・ソルジャー

それでもまだ泣きながら殴り続けるジージャー…。
“痛みが増すほど、酔いも増す”、それだけあまりにも大きかった悲しみ。
このシーンは、いろんな意味で“痛い”です…。

死闘なんて言葉でもまだぬるい、凄絶な戦い。
それぞれの技の精度、“技の痛さ”ではドニーさんvsコリン・チョウ戦の方がレベルが高いですが、大技の炸裂度、技の美しさ、そして想いの強さ、全然負けてません。

1本の映画としては『チョコレート・ファイター』の方が上でしょうが、このラストバトルだけでも見逃し厳禁。

でも、こういう戦いは、やっぱりスクリーンで観たいよなぁ…。



[原題]Raging Phoenix
2009/タイ/112分
[監督]ラーチェン・リムタラクーン
[製作]プラッチャヤー・ピンゲーオ/パンナー・リットグライ
[アクションスーパーバイザー]パンナー・リットグライ
[出演]“ジージャー”ヤーニン・ウィサミタナン/カズ・パトリック・タン/Roongtawan

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
ジージャー主演『Raging Phoenix』が邦題『チョコレート・ソルジャー RAGING PHOENIX』でDVDスルー
『チョコレート・ファイター』(プラッチャヤー・ピンゲーオ)
『チョコレート・ガール バッド・アス!!』(ペットターイ・ウォンカムラオ)
『導火線 FLASH POINT』(ウィルソン・イップ)

 

TB(2) CM(4) EDIT

*Comment

■>NAOさん

すいません、返事遅くなりました。

そして、またまた素晴らしい映像をたくさんありがとうございます!

「ダニー・ザ・ドッグ」にも出ていたとは!
かなり昔に一度観たきり見直していませんが、これはチェックしてみなければ。
「マッハ!ニュージェネレーション」はそういえばレンタル始まってましたね、こちらは未見です。

3つ目の動画の動き凄いですね!
「動ける」なんてレベルじゃないです。こんな動きができるんですから、もっともっと世界のアクション映画で大活躍してほしいですね!
micchii |  2011.11.11(金) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

■カズ・パトリック・タンさん

「動ける」人ということだと、本作のカズ・パトリック・タンさんも動ける人ですね。
TrickZのチャンピオンという経歴もですが、「Martial Art Bercy festival」やデモ映像でみせる動きも、素晴らしいと思います。
彼は、ジェット・リー主演の「ダニー・ザ・ドッグ」にスタントとして参加しています。
「マッハ!ニュージェネレーション(BangkokKnockout)」では、アクションは、控えめでしたが、今後新作も控えているので楽しみにしています。

海外のサイトですが、カズ・パトリック・タンさんの新作「Dragonwolf」について書かれてあるページです。
予告の映像もあります。
「チョコ・ソル」のときよりむさ苦しくなってます。(^-^;)
http://m-arts.info/mini-novosti-dragonwolf-vikingdom/

こちらは、Youtubeにあるカズのチャンネルです。
http://www.youtube.com/user/kazuneda

「showreel kazu tang patrick」の中には、「ダニー・ザ・ドッグ」のシーンも収められています。
http://youtu.be/AZiYDPNTbLk
NAO |  2011.11.07(月) 21:35 |  URL |  【コメント編集】

■>NAOさん

「作品の出来と作品を好きという気持ち」、おっしゃる通りですね。
このブログは主にジョニー・トー監督について書いていますが、自分がいつもBESTに挙げている『スリ』という作品は、決して監督の最高傑作ではないと思います。

『チョコレート・ファイター』ももう何回も観ていますが、この映画も、何回も観たくなる、そんな愛すべき映画だと思います。

そして、動画何本もありがとうございます!どれも初めて観ました。

今時、動けない人でも動けてるように「見せる」のは可能ですが、実際に「動ける」人がやると、やっぱり一目見て違いますからね。
ジージャーには、これからもいろんな相手と好勝負を繰り広げてほしいです。
micchii |  2011.11.06(日) 22:14 |  URL |  【コメント編集】

■作品の出来と作品を好きという気持ち

映画の出来という一点なら、この作品は、「チョコレート・ファイター」に及ばないと思います。
でも、色々と魅力があるんですよね。
この作品には、この作品にしかない魅力が。
だからこそ、とても好きな作品の一つにもなっています。

もしかしたらご存じかもしれませんが、ルンタワンさんのデモと言うか、宣伝の映像です。「チョコレート・ソルジャー」の映像が使われています。
SingReel
http://youtu.be/LHC-17GidKc

別の宣伝映像
http://youtu.be/jj5lNuFefHU

他にもトレーニングの様子の映像です。
http://youtu.be/yAGeb9XFw4k

「Juk-ka-lan」でもジージャーは女性と闘っていますが、こちらは、いくつかの作品でスタントもこなす女性で、かなり動ける女性だと思います。
この対決も楽しみです。
Tik Bigbrother Action
http://youtu.be/2V7zxcl6Kj4
NAO |  2011.11.05(土) 23:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1762-64d354ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「Chocolate」と「Raging Phoenix」

「Chocolate」と「Raging Phoenix」について少し書きたいと思
2013/04/18(木) 08:11:03 | ハートは元気!

「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」が届きました!

一日早かったのですが、27日に、「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」のDVDが届きました。レンタルは、10月7日からだったので、既にご覧になっている方もいると思います。改めてこの作品を観て思うの...
2011/11/05(土) 23:21:14 | ジージャーの「Raging Phoenix」を日本で観たい !!

▲PageTop

 | BLOGTOP |