2011.11.01

『ミッション:8ミニッツ』(ダンカン・ジョーンズ)

ミッション:8ミニッツ

“警告:このラスト、映画通ほどダマされる。”、このキャッチコピーで損してるような気が…。
確かにネタばれ禁止系の映画ではありますが、実はそうでもありません。
少なくとも、オチ勝負の映画では決してありません。

※一応ネタばれ禁止系の映画なので、何箇所が伏せ字にしていますが、ネタばれにはなっていないと思います。
●の数と実際の文字数は一致しません。どこも●●にしています。
もしまだご覧になっていないようでしたら、予告編は先に観ない方がより楽しめると思います。



誰もが引き合いに出すであろう『●●』や『●●』といった過去の映画にもあるように、設定自体は目新しいものじゃないですし、そうきたか!という驚きがあるわけでもありません。

前作『月に囚われた男』も、“ネタ”は上映時間の半分あたりであっさり明かされましたが、その後がよかった。

今回もそれは同じで、サスペンスとしてのネタが割れてからが素晴らしい。

もっと言えば、邦題でもある“ミッション:8ミニッツ”が繰り返されている間は、最初の方はぐいぐい引き込まれますが、だんだん飽きてきさえします。

でも、映画が素晴らしくなるのはその後から。

選択肢が2つしかない状況で3つ目の選択肢を選んだ男の想いが、決して変えられないはずのものを変えることになるのか、それとも、やはり何も変らないのか。

たった8分の間に、男の想いが炸裂する。

そして、切なさと、それ以上の幸福感に満ち溢れた、クライマックスのあの瞬間。
あの瞬間に立ち会うために、この先もきっと何度もこの映画を観ることになるでしょう。

ツッコミどころもいろいろありますし、よくよく考えれば根本的に設定が矛盾してるような気がしないでもありません。

でも、そんなことは、あの瞬間を前にしては、全て吹き飛びます。

その後の最後の最後にくるオチすらも、たいした問題ではありません。

●●ためではなく●●ためにある依頼をした男の、その想いが結実するあの瞬間。
その時、彼の周りを囲む光景。
このショットが全て。

細かいことはどうでもいい。

劇中何度も出てくる台詞、“Everything's gonna be okay.” 

何度も観たくなる愛すべき映画がまた1本増えました。





[原題]Source Code
2011/アメリカ・フランス/93分
[監督]ダンカン・ジョーンズ
[出演]ジェイク・ギレンホール/ミシェル・モナハン/ヴェラ・ファーミガ/ジェフリー・ライト

→他の映画の感想も読む

【関連記事】
『月に囚われた男』(ダンカン・ジョーンズ)

TB(2) CM(2) EDIT

*Comment

■>la-pandaさん

TB&コメントありがとうございます!

“語りたい映画”ではありますが、なるべく予備知識ゼロで観た方が面白い映画だと思いますので、なんとかネタばれなしでまとめました(^^;

“ネタ”勝負の映画かと思っていましたが、後半の展開は、良い意味で期待を裏切ってほんとに素晴らしかったですよね。
まさかの号泣モードに突入!

『月に囚われた男』に続いてこの映画、ダンカン・ジョーンズ監督、ほんとに新作が楽しみな監督に一人になりましたね♪

“Everything's gonna be okay.”、座右の銘にしたいくらいいい言葉ですよね。
micchii |  2011.11.13(日) 14:54 |  URL |  【コメント編集】

■愛しい映画

うまいとこネタバレしないようにまとめましたね!
そうこの映画、ネタも面白いけど、後半からがすばらしい!
こんなに号泣するなんてほんと騙されました(笑

ダンカンジョーンズは大好きな監督さんの一人になりました。
“Everything's gonna be okay.” いいことばだなあ。
la-panda |  2011.11.12(土) 22:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/1755-6948905c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

■映画『ミッション:8ミニッツ』

デヴィッド・ボウイの息子であるという、一般人とはかなり違う育ち方をしたであろう出自を持つ若手監督、ダンカン・ジョーンズが手がけた映画『ミッション:8ミニッツ』。 既に死んでしまっている人間の死の直前8分間の意識の中に入り込むことができるというプログラム...
2012/01/21(土) 20:32:47 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

ミッション:8ミニッツ

『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督2作目ということで、期待大に 行って来ました。 「映画通ほど騙される」という強気のコピー(笑)、 実際は騙されるとか言う類の映画ではなかったので、 逆にハードルあげちゃって損をしているのでは?と思ったけど、 ...
2011/11/13(日) 13:04:23 | メカpanda乗りのメディア観賞記

▲PageTop

 | BLOGTOP |