2005.06.06

『キル・ビル』(クエンティン・タランティーノ)

キル・ビル

今回は、以前の日記で少し触れたタランティーノ作品から、彼が自分の好きなものをとにかく詰め込んでみました的な『キル・ビル』です。

今まで他の映画にまじめにコメントしてたのは何だったんだというくらい、とにかくハチャメチャです。

冒頭に、“黒澤明に捧ぐ”でも“小津安二郎に捧ぐ”でもなく、“深作欣ニに捧ぐ”ときたタランティーノ、この時点でつかみはOKです。

前に彼がどこかに書いてましたが、「トリュフォーなんか○食らえだが『子連れ狼』は最高」、この感覚。
もちろんトリュフォーが○食らえなわけはなく偉大な監督ですが、トリュフォーよりも『子連れ狼』が好きな監督が、海外に一人くらいいたっていいじゃありませんか。

『影の軍団』の全シリーズ全作品をテレビで観て全部ビデオにまで撮っているというタランティーノ、彼が日本で最高の役者だと語る千葉真一も、その名もずばり“服部半蔵”で登場します。

とにかく何でもありのこの映画ですが、千葉真一が「あいらいくべいすぼ~る」と喋っても、飛行機の各座席に日本刀が差してあっても、そんなことにいちいちツッコミを入れていてはこの映画は楽しめません。
日本はこんなんじゃない!とか、そんなことを考える前に、ただ楽しむだけ。

キル・ビル ユマ・サーマン

そして、海外の人々よりは我々日本人の方が絶対に楽しめるはず。

ししおどしの響く雪の降りしきる日本庭園で、梶芽衣子の「修羅の花」をバックに日本刀で殺しあうアメリカ人、このとんでもない組み合わせを堪能できるのは我々日本人だけではないでしょうか。

これには、エンニオ・モリコーネをバックに対峙する、『夕陽のガンマン』のリー・ヴァン・クリーフとジャン・マリア・ヴォロンテもびっくりでしょう(笑)

日本人をニヤリとさせるポイントはほんとにツボにはまりまくり。挙げたらキリがないので特にウケたのを3つ。

まずは、主人公がクレイジー88と壮絶な切り合いを繰り広げる場面。
その話に入る前の見出しがなんと“青葉屋の死闘”。ハリウッド映画なのに漢字で“青葉屋の死闘”。

深作欣二に捧ぐというだけあり、『蒲田行進曲』ばりの階段落ちもありますし、一人で大勢を相手にする時は狭い場所に立ち一人ずつ相手にするという、“殺陣の基本”に忠実な憎いほどの演出もあり。
おそらくありとあらゆる時代劇とチャンバラ映画を観ているであろう“マニア”タランティーノの真骨頂でしょう。

そして、先ほども少し触れた雪の日本庭園でのブライドとオーレンの1対1での、ユマ・サーマンとルーシー・リューの日本語でのやりとり。ルーシー・リューの「嘘つけ!」にはぶっ飛びます。
いざ最後の勝負に向かう時も、「行くよ」「来な」、なぜ日本語?(笑)

キル・ビル ルーシー・リュー

最後はエンドクレジットの梶芽衣子。劇場で観た当初は、“馬鹿な女の 怨み節~♪”というフレーズがしばらく耳から離れませんでした(笑)

とにかくほんとにタランティーノが自分の好きなものをこれでもかというくらい詰め込んだ作品。
最後は、審査委員長として『パルプ・フィクション』にパルムドールを与えたイーストウッドに、代わりに語ってもらいましょう。

クリント・イーストウッド1990年の名作『ホワイトハンター ブラックハート』、その中でジョン・ヒューストン(劇中ではジョン・ウィルソン)に名を借りてイーストウッドが言い放った言葉。
「映画を作るときは誰がそれを見るかなんて考えてはいけない。ただ作ればいいんだ。自分の作りたいものをな」



[原題]Kill Bill: Vol.1
2003/アメリカ/113分
[監督]クエンティン・タランティーノ
[武術指導]ユエン・ウーピン
[出演]ユマ・サーマン/デヴィッド・キャラダイン/ダリル・ハンナ/ルーシー・リュー/千葉真一/栗山千明/マイケル・マドセン

→予告編 →「怨み節」 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
大どんでん返しのある映画ベスト22

 

TB(19) CM(7) EDIT

*Comment

■>MiMi様

コメントありがとうございます。
昔の記事でも全然構いませんよ!

>飛行機に刀があるのに対してはMiMiもツッコみたくなりましたが、この際ドンドンやっちゃえー!!みたいな、反対に開き直ってしまいました(笑)

おっしゃる通りですよね。そんなことでいちいちめくじら立てていては、この映画は楽しめませんからね。
まさに「やっちまいなー!」ですよね(笑)

ぜひまた遊びにいらして下さいね。
micchii |  2006.01.26(木) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

初めまして!!こんにちは♪
TB返して頂きありがとうございました(*^-^*)
お礼を伝えにきたんですが、昔の記事にコメントしてすいません…;

飛行機に刀があるのに対してはMiMiもツッコみたくなりましたが、この際ドンドンやっちゃえー!!みたいな、反対に開き直ってしまいました(笑)

また遊びに来させて頂きますね(^0^)/

MiMi |  2006.01.25(水) 21:54 |  URL |  【コメント編集】

>loth様
いつもコメントありがとうございます!
監督自身が楽しんでいるというのが、こちらにも伝わってきましたよね^^
今後からその畳屋さんの前は安心して通れませんね(爆)

>ユキ様
コメントありがとうございます。
タランティーノ好きですよ~!
そうそう他のもおかしいですよね。でも、それは確信犯ですし、難しく考える必要なんかまったくないですよね。
新作楽しみですね♪

>ユカリーヌ(月影の舞)様
コメントありがとうございます。
自分もサントラ買いました♪
タランティーノ自身が楽しんでいるのがほんとに伝わってきましたよね^^

>こま様
コメントありがとうございます!
二人の日本語ほんとに笑えましたよね(笑)
「やっちまいなー!」が有名ですが、自分は「嘘つけー!」にぶっ飛びました(笑)
micchii |  2005.06.09(木) 18:18 |  URL |  【コメント編集】

■微妙な日本語に(^w^) ぶぶぶ・・・

いろいろと笑うポイントがあって、かなり楽しい映画でした♪
ルーシーとユマ・サーマンの日本語の会話、かなり笑えました( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
こま |  2005.06.07(火) 20:10 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

TBありがとうございます。
こちらからもさせていただきました。
写真入りで細かいレビューですね、
とても参考になりました。
私もあの歌が好きで、サントラを
買っちゃいました。

好きなものを好くなように盛り込んで創る
映画で、楽しんでるのが伝わってくる
映画でした。
ユカリーヌ(月影の舞) |  2005.06.07(火) 11:53 |  URL |  【コメント編集】

TBありがとうございますね、って遊びに来てみたらすごいタランティーノファンですね!?
うれしいです^^!
なんかキル・ビルってすごい好き嫌いが分かれるし、評判があんまり良くなかったですから、一緒に好きな人がいると嬉しいの。

そうそういちいちホントの日本は~とか考えちゃいけないの。
今までのだって結構おかしいですもんね?!
そういう意見は他の作品を見てみぃと思っちゃうもんね。

新しい作品がたのしみですよね!
ユキ |  2005.06.07(火) 00:49 |  URL |  【コメント編集】

■恨み~節~♪

TBありがとうございます。
この映画はホントに面白うございました。
タランティーノ監督が日本のシーンをあれだけ楽しんで作ってくれたら何よりです♪
監督が自分の好きなものを詰め込んだ分、こちらも楽しゅうございました(笑)

先日家の近所を歩いていたら、畳屋さんから“恨み~ぶ~し~♪”と梶芽衣子なんだろうと思える女性の歌声が聞こえてきました。心の中でニヤリとしただけですが(笑)
loth |  2005.06.06(月) 16:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://micchii.blog4.fc2.com/tb.php/174-49103426

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

キル・ビル?&? 

-----------------------------------------------キル・ビル?&?  9点 【DVD・字幕】-----------------------------------------------KILL BILL: VOL. 1 2003 (アメリカ) 113分KILL BILL: VOL. 2 2004 (アメリカ) 136分
2006/05/02(火) 19:20:18 | 見た映画の感想などなど

Kill Bill

この映画は結局何を伝えたかったのかわからなかった映画でした↓ タイトル:キル・ビル Vol.1 主演:ユア・サーマン 出演:ルーシー・リュー 監督:クエンティン・タランティーノ この映画のお話は、ヒロイン(名前が明らかにされていませんでした)が結婚式当
2006/02/05(日) 14:31:59 | ミュージックファクトリーの音楽・映画情報

KILL BILL~キルビル~Vol.1

復讐は、神が私に与えた運命KILL BILL~キルビル~Vol.1これはMiMi的には、文句ナシに面白かったです●′∀)●_ _)まず最初に言いたいのは、サントラですよこの映像に、この音ってアリみたいな感じだけど、今までになかった斬新さが素敵っきっ...
2006/01/24(火) 22:17:36 | 【MM】~movie mania~

キル・ビル Vol.1

おすすめ度:★★★★ 映画公開当時話題になった作品なので映画館へ行くかどうか迷って結局行かなかった。その作品がレンタルショップで旧作になったのを見てすぐにDVDを借りて来た。 先に見たリーくんから血がドバッと出るわ、千葉真一さんが寿司屋のオヤジの役で出...
2006/01/14(土) 11:16:18 | おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評

キル・ビル

『キル・ビル』あらすじ『奇才クエンティン・タランティーノ監督がユマ・サーマンを主演に迎えて贈るアクションエンタテイメント。組織の裏切りで重傷を負い、夫と子供を失った元殺し屋、ザ・ブライドは組織への復讐を決意。組織のボス・ビルらを抹殺すべく旅に出...
2005/11/30(水) 22:16:49 | 39☆SMASH

キル・ビル Vol.1 KILL BILL: VOL. 1 (2003年/アメリカ)

ふはは!私は、vol2より、断然、vol1の方が好き。なんつっても、笑える。ルーシー・リューのファンとしては、ラスト、頭のてっぺんが飛んでく彼女の映像を見るたびにショックを受けてしまうのですが、(それでも、フッ!てなるんだけど)オープニングの曲、聴いただけで、笑
2005/10/30(日) 16:55:21 | cube1555.com

キル・ビル Vol.1

KILL BILL Vol.1邦題:キル・ビル Vol.12003年 米監督:クエンティン・タランティーノ出演:ユマ・サーマン 、デヴィッド・キャラダイン 、ダリル・ハンナ    ルーシー・リュー 、千葉真一、栗山千明え~と。まず、飛行場と飛行機内に刀...
2005/10/06(木) 18:58:15 | nite da nite

キル・ビル/キル・ビル2

もう1週間くらい前にみた。 感想書かないでいるうちに内容忘れた。 だがしかし、昨...
2005/07/24(日) 12:28:46 | ママログ

「キル・ビルVol.1」ブッタ斬り!

「キル・ビルVol.1」★★★☆ユマ・サーマン主演、タランティーノ監督日本の任侠映画が好きだというタランティーノはオマージュという言葉を借りながらパクリまくりの映画を作った。(らしい)元ネタを知らないのでそういうことは気にならないが...
2005/07/23(土) 13:58:38 | soramove

キル・ビル Vol.1 =ヤチマイナ~!!=

 俳優陣のわかりづらい日本語はさておき、監督がニッポンオタクなだけあって日本人は喜びそうなアイテムをどんどん作中に並べたてて楽しませてくれたと思う。本当に日本が好きで日本の事をよく勉強しているのがよくわかる。『ウィーク・エンダー』の曲が流れたときはとても
2005/06/30(木) 21:26:29 | puppa's

戦々楽々 【キル・ビル vol.1】 クエンティン・タランティーノ [US'03]

 笑った。いまさらながらだが、初見である。  友人知人の範囲でも世間的にも等しく賛否両論の両方を聞いていたけれど、これは単純に面白い映画だったと思う。というかそれ以外の何物でもない。この作品を浅薄だと酷評する人は少しズレているというか、どこか頭がヘンかも
2005/06/27(月) 23:20:24 | ○0o 。ねこはしる 。o0○

■〔映画評Vol.11〕『キル・ビル VOL.1』(クエンティン・タランティーノ)

こんばんは~いやぁ、火曜日ですね、しかも後10分ほどで終ろうとしている...***うーん、日々、書きたい、形にしたいものは多数在るのですがね、形になりませんね、決まらないなぁ中々…。―決めたいっ!!だけど…、うーーん、((^^)決まらな~~い***あ~あ、******
2005/06/15(水) 22:59:58 | 太陽がくれた季節

イタイよ~!「キル・ビル Vol.1」

このblogは「辛口スポーツ批評&その他」的なコンセプトに傾向してきているが、本来blogをはじめようと思ったのは、日々刺激を得た“エンタメ”のコメントを綴ろうと思っていたのである。という事で、台風の影響もあり平日久々にDVDを見るチャンスが出来たので、ずっとチェッ
2005/06/12(日) 04:18:35 | 『節道』CAST

キル・ビル Vol.1

「キル・ビル Vol.1」     2003年/ アメリカ   製作・監督・脚本: クエンティン・タランティーノ    出演 :  ユマ・サーマン、ルーシー・リューほか「復讐」というテーマにもかかわらず暗さや陰陰とした怨念がない痛快アクションもの。痛快といって
2005/06/07(火) 11:42:36 | 月影の舞

キル・ビル Vol.1

タランティーノ監督作品。ユマ・サーマン主演(知らないんですけど)。ルーシー・リューもでています。これは、映画館で観たんですが、最大の衝撃は!最後にvol.1とでてきたことです。まったくそれまで知りませんでした。完結しないのかよ!!!!さすがのタランテ
2005/06/06(月) 21:23:30 | サイケデリック レボリューション

『キル・ビル Vol.1 』、観ました。

たった今から映画のコラムの書こうにも、全くその評価に困る作品だ。内容はスカスカB級おバカなんだけど、撮影技術は超A級。足が飛び、腕が飛び、頭飛び、血まみれオンパレードなんだけど、不思議とグロさは感じない。いっそ“只のバカ映画”と割り切って観てしまえば楽な
2005/06/06(月) 17:01:30 | 肯定的映画評論室Blog支店

キル・ビル vol.1

キル・ビル Vol.1観なきゃ観なきゃと思っててすっかり忘れてた映画『キル・ビル』を観ました。大半の人はもう観たと思いますが、どうでした…?もっと白熱したアクションなのかと思ったらなんかコメディ色のほうが強かった…(笑)日本のイメージ 演出が間違ってるね わざ
2005/06/06(月) 17:01:09 | Boolog

キル・ビル

結婚式の当日に夫とお腹の子供の命を奪われたザ・ブライドは、リンチ殺人のような状況のなか死だけは免れたたものの、4年間病院のベッドで眠り続けた。そして目を覚ました時から復讐に生きることとなるのです。ユマ・サーマンの演じるザ・ブライドは自らを鍛え、力と技を身
2005/06/06(月) 16:05:45 | I LOVE CINEMA +

キル・ビル[Kill Bill:Volume1]

★とっても濃いオタクにーちゃんの話キル・ビル Vol.12003/アメリカ=日本 監督、脚本:クエンティン・タランティーノ ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする☆すっごい映画オタクで、自分の大好きな映画のことをいっぱいお話ししてくれた。私から見れば、もう
2005/06/06(月) 15:56:23 | ヒトコトシネマレビュウ

▲PageTop

 | BLOGTOP |